タグ:SONY ( 31 ) タグの人気記事
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. XXX 5月19日(土) 6413 
Breaktime.my exhibition in Sony gallery Ginza
b0069507_04554069.jpg
私は、猫になりたい…


by mash_boss | 2018-05-20 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. XXVIII 5月4日(金) 6400
From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_06554929.jpg
Hey, what are you doing?
I am waiting for my boss.But I don't want to enter my room.



by mash_boss | 2018-05-05 08:22 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. 4月30日(月) 6396

Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.
XXⅥ
b0069507_04452690.jpg
The Imperial place.


by mash_boss | 2018-05-01 07:26 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
ゲームチェンジャー サヨナラ カシオ! 4月24日(火) 6389

b0069507_07284535.jpg
カシオがデジタルカメラ生産から撤退するというニュースが・・・
今から23年前、1995年、カシオは今のデジタルカメラの大本のような、カラー液晶ディスプレイを搭載し、撮った写真がその場で見られるQV10を発売しました。
しかも価格は¥65,000,-。
画素数はわずか25万画素でした。
事実上のデジタルカメラ時代の幕開けでした。
じゃあ、SONYのマビカは・・・と思ったのですが、マビカの記録方式はアナログ方式で、電子スティルカメラであったものの、デジタルではありませんでした。
それまでにも、デジタルカメラはありましたが、価格も高く液晶ディスプレイもありませんでした。
QV10を発売された時、フォトグラファーの多くは、まだまだだと思い、編集者やライターは便利なものができたと喜びました。
あれから23年、ゲームチェンジャーだったカシオのゲームはゲームセットになってしまいました。同じように、そろそろコンパクトデジタルカメラも、スマートフォンにとって変わられるのでしょうか?
第二の産業革命的な、アナログからデジタルへ、そしてnet時代への転換期に立ち会える事は幸せです。
※画像はWikipedia Commonsから


by mash_boss | 2018-04-25 07:45 | カメラ | Trackback | Comments(0)
Breaktime.From my exhibition in Sony gallery XV 3月7日(水) 6340

人気ブログランキング
From my exhibition in Sony gallery

XV
b0069507_06062253.jpg




人気ブログランキング、こちらのクリックお願いします。


by mash_boss | 2018-03-08 07:31 | | Trackback | Comments(0)
雨  2月22日(木) 6236

From my exhibition in Sony gallery



雨の桜
by mash_boss | 2018-02-23 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
師走 14 今日は忠臣蔵・討ち入りの日  12月14日(木) 6253
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_06164444.jpg今日は、忠臣蔵、討ち入りの日。日本のドラマの題材としては欠かせないものですが、今年はTV等でもあまり聞きません。
さて、来年、1月2日、3日の恒例ヨドバシカメラお客様ポートレート撮影イベントは、いつものOLYMPUS OMD EM1MkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとSONY7RⅡorⅢ+ZEISS Batis 1.8/85で撮影する事になり、ZEISS Batis 1.8/85が事務所に来ました。
SONYの全部の電気信号に対応しているので、カメラの全ての性能が使えます。
F1.8と明るさ控えめなので、意外と小ぶりで重くないレンズです。
ちょっと使いましたが、なかなか良さそうです。
お正月の2日、3日はこの体制で楽しく撮影します。
b0069507_06172064.jpg夜は、SONYのPRO SUPPORT会員懇親会に、連れて行っていただきました。
SONYさんがんばっています。
今年のSONYは4機種しか新製品を出しませんでしたが、みんな話題になる製品ばかりでした。
来年も、話題の中心になるのでしょうか?
Nikonのフルサイズミラーレスの噂も聞こえてくるし、オリンピック2年前の2018年、カメラ界にとって、どんな年になるのでしょうか?
b0069507_06180260.jpg東京・品川・SONY本社のクリスマスツリーです。


by mash_boss | 2017-12-15 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Day 14 Last Day 10月26日(木) 6206
人気ブログランキング

b0069507_04232224.jpg最終日は晴れました。
気持ちいい日です。
この2週間、一日一日を意識したのは初めてでした。
季節もすっかり変わりました。
そして、晴れたのは2日間でした。

b0069507_04304104.jpg最後にゲストブックにサインしていただいたのは、次の写真展「熊野古道をあるいています。」を開催するフォトグラファー山本まりこさん。
b0069507_04361270.jpg引き継ぎ記念写真です。
山本さん、2週間がんばってください。
楽しんでください。
b0069507_04380731.jpgかたづけは、あっという間。
19時20分には、ギャラリーを出ました。
写真展においでいただいた皆様、ありがとうございました。



by mash_boss | 2017-10-27 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Day 13 100P 10月25日(水)  6205
人気ブログランキング

b0069507_05284739.jpg芳名帳です。本日100ページになりました。
1ページ5名なので、500人のご芳名をいただきました。
以前、私は写真展にお伺いしても、芳名帳に名前を書く事はしませんでした。
字はへたくそだし、ちょっと恥ずかしかったのです。
2007年にキヤノンギャラリーで、久しぶりに写真展を開催して以来、拝見させていただいた写真展では、名前を書くようになりました。
その時、お名前を頂くと元気がでるような気がしましたからです。
「人が創ったものは、すべていいものだ。」と師匠の一人、ケン・モリさんが言っていたのを思い出し、サインをさせて頂いています。
サインは、クリエイティブした方へ尊敬と励ましです。される側は、次への制作意欲が沸くような気がします。

b0069507_06540588.jpeg発表されましたね〜!SONY α7RⅢ!
MASHではスポーツ写真を写さないので、α9よりα7RⅢの方が向いています。
4200万画素、動画性能満載で¥370,000,-。
Nikon D850と真っ向勝負です。
最近、スタジオストロボはワイヤレスで発光させる事が多いのですが、それでも、シンクロターミナルを付けた事はありがたいです。
ちょっと残念なのは、フォーカスエリアがα9より狭い事。カメラの「格」が違うのでしょうがないのでしょうか?
新しいティザー撮影ソフトも、もうすぐダウンロードできるようになるようだし、SONYは注目です。
来年発表と噂されるNikonの本格ミラーレス。更にはキヤノンの本格ミラーレス。老舗一眼レフメーカーの対応が注目されます。


by mash_boss | 2017-10-26 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Day 7 撮影可? 10月19日(木) 6199

人気ブログランキング
b0069507_05580030.jpg最近多くなったのは、会場撮影可の写真展です。
目的はSNS等で拡散してもらい、来場者を増やすこと等々。
現在開催中の私の写真展も会場内撮影可です。
会場で見ていると、来場者の数パーセント位の方が撮影をなさっています。
会場入り口に撮影OKの掲示をしていますが、丁寧な方は撮影していいかを、聞いてくれます。
若い方は、会場での撮影可は当然のようにさらりと撮影、時には友人との記念撮影を会場でなさる方もいます。
SONYのギャラリーは銀座の真ん中、しかもSONYのショールームにあるので、外国人観光客と思われる方もたくさん見に来られます。
時には、ギャラリー内全部が外国の方という事もあります。
比較的ゆっくり御覧になっていくのは、非アジア系の方達です。その方たちは、殆ど会場内の撮影をしません。
アジア系の方たちは、さっと見て、会場内での撮影比率も高く、友人やカップルでの記念撮影もしていかれます。
困ってしまうというか、あまり愉快でないのは、写真を複写的に撮影なさる方がいる事…
これは、日本の方とアジア系の方に多いようです。
複写的撮影禁止の表示は出してはいませんが、世の中そんなものかな~ 
会場を撮影している方の殆どはスマホで撮影をしています。カメラを持っている方も、スマホで撮影をしている方もいます。そういえば、どこかの写真展会場で、スマホでの撮影はOKでカメラでの撮影はNGという表示がありました。
コンパクトデジカメで写している方は皆無です。コンパクトデジカメ、売れないわけだよな~


b0069507_06550010.jpg夕方、フォトグラファーの山田久美夫さんとシグマの桑山さんがいらっしゃいました。
桑山さんが、バナナが好きというのは、業界でわりと知られています。今日はバナナ無いんですかと、お聞きしたら、鞄から出てきたのはシグマのdp Quattroでした。

b0069507_06581331.jpg夜は、恵比寿の弘重ギャラリーで開催中の「OTO」sound of photo 育ち盛りの写真家6任天展のオープニングレセプションへ行きました。
4人は知っているメンバーです。
写真は、中締めをする大貝君。
アサヒカメラのフリーの編集者であり、フォトグラファーでもあります。
着物姿はアサヒカメラ佐々木編集長。
パーティー等でお会いする時の9割以上は着物姿です。

「OTO写真展」の詳細はココからどうぞ

私の写真展 Toward the Landscape -見える時、見えない時-の詳細はココからどうぞ

20日(金)17時30分~18時15分は前CAPA編集長、フォトエディターの石田立雄さんとのギャラリートークです。



ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-10-20 07:23 | 写真展 | Trackback | Comments(0)