タグ:PANASONIC ( 7 ) タグの人気記事
Day off.  6月30日(日)  6617

b0069507_04282238.jpg今年も、今日で半分終わり。
今年は、平成から令和に変わり、記憶に残る年になるのでしょう。
今日は完全休養日。
土日連休は久しぶりの週末でした。
今日みたいな、完全休日の日は1日2食で十分な年齢になりました。
夕方、食事に出た時にご近所の「緑」を撮影。
雨上がりの緑、きれいでした。
新しく「肩ブラ」カメラ(毎日肩にブラ下げてスナップを撮るカメラ)に加わったα6500+E 18-135 mm F3.5-5.6 OSSで撮影。
AUTO設定のISOは2500になっていました。
ISO2500でも、ノイズは少なく実用上全く問題はありません。
でも、レンズが…
これまで、常用していたのが、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROなので、比べる方が酷というものです。
αのAPS-Cシリーズで画質を求めるなら、Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSになるのでしょう。
こうなると、8月末には発表されるというオリンパスE-M5 Mark IIIが俄然気になります。
きっと、高感度のノイズも改善されているでしょうし、画素数もアップされているかも…
もしかして、今年後半からは、やがて発売されるOlympus E-M5 Mark IIIとPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.が「肩ブラ」カメラには最適かも…
Olympusの12-40mmは短く、12-200㎜はちょっとレンズが大きいです。
その点、Vario-Tessar12-60mmはレンズの大きさも、望遠側の焦点距離もちょうど良いのです。20mmの差は大きいのです。

b0069507_04282274.jpg日高屋さんの食品サンプルのレバニラ炒めです。
食品サンプルの妙なリアル感が良く出ています。
AUTO設定のISOは800です。
ノイズは全く問題ありません。
E 18-135 mm F3.5-5.6 OSSで撮影。


by mash_boss | 2019-07-01 06:42 | カメラ | Trackback | Comments(0)
本気です。  6月21日(金) 6608
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_16371627.jpgこの写真は昨日写しました。
マクラーレン720Sです。
場所は、MASH原宿の事務所のお隣、イベントスペースの「ジング」の外に展示されていました。。
昨日、この車とは違う、マクラーレン『GT』の発表会が「ジング」で開催されました。
マクラーレン『GT』は日常での使い勝手を考慮した実用性のあるスーパーカーだそうです。
どこが実用的かというと、ゴルフバッグや大きめのバッグも積めるスペースがあり、歩道を乗り越えるときの段差や路面のバンプなども考慮して、車高も上げているとの事です。
マクラーレンは日本での累計販売台数が1000台を超え、今年度の販売台数は前年比で64%増と絶好調のようです。
新しい「GT」投入で、本気で日本市場を開拓していくようです。
気になるプライスですが、2645万円~(消費税込み)という事で、実用性があっても庶民には買えません。

b0069507_16371530.jpgさて、こちらは買える可能性がある「本気」です。
今朝の日経産業新聞です。
「パナ『ルミックス』ブランド強化」
言わずもがな、ミラーレスカメラの事です。
今年、外国語堪能なスタッフを揃えたショールームとギャラリーを銀座にオープンし、オリンピックの外国人観光客にも、日本のユーザーにも対応します。
2017年には、日本でプロサービスを開始、2018年には、アメリカでもプロサービスを開始、2019年からは、ヨーロッパ各国でもプロサービスを開始しました。
もちろん、来年のオリンピックにはプレスセンターにプロ向けサービスブースをだします。
パナソニックの販売は9割が国外。その内の5割がヨーロッパという事です。
2021年のフルサイズミラーレスカメラ出荷台数は100万台と推定され、そのうちの10%のシェア獲得を、パナソニックは目指します。
パナソニック、本気ですね〜!



by mash_boss | 2019-06-22 07:21 | カメラ | Trackback | Comments(0)
バレンタインのプレゼント? 2月14日(木) 6661
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18490981.jpg昔々、アメリカの禁酒法時代に「聖バレンタインデーの虐殺」と言われる、アル・カポネが絡んだギャングの抗争がありました。
今日のバレンタインデーは、カメラメーカーさんから、写真、いやカメラ大好きにたくさんのプレゼントが・・・

CANON,FUJI,PANASONICから、カメラとレンズの発表が・・・
少し前には、OLYMPUSもSONYも新製品を発表しました。

これって、カメラ欲しい人への一種のバレンタインデーの大虐殺です。
特にカメラを買う予定がなくても、カメラが欲しくなってしまいます。
買う予定がある人は、機種を決められなくなってしまいます。
私は、前者のほうです。
b0069507_02252808.jpg一方、去っていくものも・・・OLYMPUS PEN Fがマップカメラで生産終了扱いになったとデジカメinfoに載っていました。
(写真・上)

早速、Webを見たら「在庫限り(生産完了品)」になっていました。
私は、ブラックボディーを愛用しているのですが、噂によると次のモデルはまだ先のようです。
PENは、ある年代以上には、オリンパスのカメラの代名詞的なカメラです。
次世代モデル、お願いします。


b0069507_18493028.jpg世の中、もう春休み?
原宿のジャニーズショップの行列、どんどん長くなってきます。
なんだかんだと言っても、ジャニーズ事務所なんでしょうね~。
b0069507_18493075.jpg四谷ヒルズのクレーン、2つ揃って高くなりました。
いよいよ最終段階?


by mash_boss | 2019-02-15 08:08 | カメラ | Trackback | Comments(0)
本気だ~ C1 使えるかな~? VHS vs β~? 2月5日(火) 6652

b0069507_21045285.jpg今日も日経流通新聞からです。
2020年の東京オリンピックにパナソニックがルミックスシリーズのカメラを利用するプロカメラマン向けのサービスデポを設けるそうです。
気合入っています。
広告系としては、S1/S1RがC1(キャプチャーワン)でティザー撮影ができりるかどうか、本気度を図る大きなポイントです。(Nikon,CANON,SONY,はできます。)
パナソニックは2020年東京オリンピックでも「TOPスポンサー」です。
たしか、映像・音響部門スポンサーなので、かなり有利な場所にサービスデポを開設できるはず。
CANON,Nikon,SONYも大変です。
PANASONIC、やると決めたらグイグイ動きます。
ビデオのVHS対βみたいになるのでしょうか?(若い人わかります?)
そうか。すでにパナソニックはライカとシグマと連合組んでいるもんな~ SONYもうかうかしていられません。

b0069507_21045328.jpg大学入試始まったようです。
私の徒歩通勤経路には、法政大学と東京理科大学があります。
今朝は、やたらに若い男女が多いと思ったら、法政大学の入試の日でした。
私の受験は大昔。
でも、思い出すな~。
勉強嫌いでした。写真好きでした。
あの頃、日大芸術学部写真学科って30倍弱の人気学科でした。
今は、2倍もいっていないのでは?
私は、当時知り合った某写真誌元編集長から、写真の学校には行かなくていいと言われ、和光大学という、変わった大学に行きました。
今でいう、リベラルアーツがフォトグラファーには必要で、技術は別のところで学びなさい。という事でした。
技術はアシスタントで学びました。


b0069507_21045352.jpg原宿の今週は春節モードです。
中国からの観光客で中国の街になりつつあります。
外を見ると、珍しく着物姿の若い女性が…
今頃、原宿でこんな派手な着物をきている若い女性は、観光客の皆さんです。
b0069507_21045356.jpg春節に合わせて、原宿はショッピングウイークです。
中国では、個人持ち込み外国製製品の数量規制が個人IDでしっかり管理されるようになり、以前のような爆買いしても、持ち込みができなくなったそうです。
去年も掲示された、この「旗」。
去年は、ハングルもあったと思うのですが、今年は中国語と英語に減りました。


by mash_boss | 2019-02-06 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
SONYは・・・  9月25日(火) 6535

b0069507_02433235.jpg写真・カメラ業界の、今日の話題の1番はなんといっても、Panosonicのフルサイズミラーレスカメラ開発発表とPanasonic,Leica,SIGMAのアライアンス発表でしょう。
このアライアンス、Star allianceかOne worldか、はたまたSKY Teamか知りませんが、他のアライアンスを生むのでしょうか? 
いずれにせよ、一眼レフ時代のスクリューマウントのプラクティカ、LeicaのL39以来の事です。
Panosonicのドイツでの発表の頃、私はNikonのAPA・公益社団法人日本広告写真家協会向けのZ6,Z7の説明会後の懇親会に参加中でした。
やはり話題は、Panosonicの発表と、SONY大変だという事でした。
何故SONYが大変か? それはマウントの大きさです。
SONYは最初、フルサイズカメラ作る気はなかったのですが、APS-Cのカメラの発表会の質疑応答で、役員が記者の質問に「フルサイズもやる。」と答えてしまったので、急遽フルサイズを開発したと、聞いた事があります。
つまり、APS-C前提なのでマウント径が小さいのです。
SONY Eマウントの直径は46mmで、35mmフルサイズの対角より小さいのです。
これに対して、Nikon Zマウントは55mm,Canon RFマウントは54mm,3社のアライアンスのLマウントは51mmです。
マウントが小さいと、広角や超望遠のレンズ設計に影響があるとの事です。
将来を考えるとSONY どうするのだろう? と技術者は考えるようです。
Nikon FマウントのジレンマがSONYに変わるのでしょうか?
でも、NikonとSONYでは発売されたレンズの本数が全く違うので、そこで、ここからは、SONYの未来についてのかってな推論です。
1)SONYのもうひとつのマウント、直径50mmのAマウント(ミノルタα)を使ったミラーレスに切り替えて、従来のEマウントはアダプターで対処する。
Aマウントレンズもアダプターでフランジバックを稼いでミラーレスに対応する。
2)別の会社とアライアンスする。
3)独自の規格の直径が大きいマウントに早めに移行する。
4)SONY Eマウント続ける。

さて、今回公開されたPanasonic LUMIX S1Rの写真で、私が1番注目したのは、シンクロターミナルが付いている事です。
私のような古いフォトグラファーにとっては、シンクロターミナルがあってこそ「プロ用」の証なのです。
実際の撮影では、ワイヤレスのシンクロ持っていきますが、何かあった時の為にシンクロコードは必ず持っていくのが私の世代です。

そして、もうひとつのM4/3、来年1月に何らかの新機種という噂のオリンパスはどうするのでしょう?

いずれにせよ、2018年秋から2019年春にかけては、カメラ史上、デジタルカメラ史上の大転換点というかメルクマール的な時期になりそうです。



by mash_boss | 2018-09-26 07:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)
EOS R 購入決定⁉ パナソニックも… 8月31日(金) 6509

b0069507_01303059.jpg
噂は真実に…
やっと出てきました、CANONフルサイズミラーレスの発表時期。
名称はEOS Rで 5日発表?
MASHは、CANONを35㎜メインカメラとして使用している広告写真撮影事務所のトーン&マナーとして、EOS R を購入します。
位置づけは、5DSの代わりです。
という事は、高画素タイプです。(たぶん、発表すると思います。)
NikonのZシリーズのレンズ、フランジバックが短くなったためでしょうか、素晴らしいレンズという評判です。同じように、ミラーレス用CANONのRシリーズのレンズもきっと良いレンズだと思います。という事は高画素のカメラにも十分対応できると思うので、5000万画素の5DSの代わりに導入です。
前回のCANON EXPO 2015 TOKYOで1億画素のカメラの試作品を展示していましたが、近い将来ミラーによるブレの無いミラーレスで1億画素の壁を突破でしょうか?

パナソニックも、ライカSLマウントで9月25日にフルサイズミラーレス発表か・・・?という「噂」も出てきました。
43仲間のオリンパスはどうするか・・・
秋から冬、そして2019年の春にかけては、嵐の季節になりそうです。

b0069507_01471322.jpg29日に修理に出した212 E350 4Matic 修理終わりました。
修理代は¥21,600,-です。
イグニッションコイルはHELLAを使いました。
コンピューターで制御された今の車は、修理した後にエラーコードのリセット等の工具を使っての作業以外にもする事があります。
ヤナセやシュテルンに出すより、だいぶお安いと思いますが、比べる対象とは、だいぶターゲットが異なりますが、かなりお高いです。




by mash_boss | 2018-09-01 07:03 | カメラ | Trackback | Comments(0)
気になるカメラ 10月5日(木) 6186

b0069507_05433940.jpg今日の午後は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の会報誌編集会議に参加。
そこにあったのがこのカメラ、SONY RX10Ⅳ。
会報編集委員の小城君が持ってきました。
このジャンルのカメラ、PANASONIC DMC-FZH1,発売いらい3年たっていますがLeica V-LUX等、ちょっと気になります。
理由は簡単。高倍率の光学ズームと1インチセンサーとRAW撮影可能。
今回の写真展の作品のように、毎日カメラをぶら下げて写すカメラとしては最適に思えるのです。
ちょっと触りましたが、結構いい感じです。
絞りリングは、ムービー撮影を考慮してか、クリック無しで動きます。
高感度にしても、ノイズは少ないとか…
気になるな~





b0069507_06153200.jpg35mmフルサイズ換算、24mm~600mm!!。
小城君は600mmで飛行機を写したそうですが、OKでしたという事です。
このカメラはワイドと望遠では、レンズの長さが違いますが、Panasonic DMC-FZH1は望遠側が480mmですが、広角とワイドでレンズの長さが同じです。
レンズが大きくなると思いますが、望遠側開放値が変わらなければともっと良いのに…
ついでに、ティザー撮影も…
機材の進歩は早いです。次のモデルチェンジで可能になるかもです。



by mash_boss | 2017-10-06 07:07 | カメラ | Trackback | Comments(0)