タグ:Nikon ( 12 ) タグの人気記事
宇宙はNikonだよな〜 5月16日(水) 6411

b0069507_17202977.jpgこのブログを、よく「読んで」いただいているというYさんから、ゴールデンウイークにアメリカのヒューストンにあるNASAの工場を見学した時に写した写真を送っていただきました。


b0069507_17203059.jpgYさんが注目したのは、この写真です。
持っているのは、カメラです。
船外活動で使うのでしょうか?
熱や光線から守るためでしょうか、白いカバーで覆われています。
中身のカメラですが、2017年に53台、NASAに納入した、Nikon D5のなかの1台でしょうか?
NikonがNASAに採用されたのは1971のNikon F フォトミックFTNが最初のようです。
それ以来、35mm関係はズーッとニコンのようです。
今年の末には、Nikonが本格的というかプロユースのミラーレスを発売するというもっぱらの噂、そうなると宇宙に行くカメラはNikonのミラーレスになるのでしょうか?

フィルム時代は、月に行ったカメラとしてハッセルブラッド500EL+70mmフィルムパックが有名だったのですが、デジタルになりフィルムでいう中判は必要無くなったのでしょうか?
他には、ミノルタだって頑張っていたのをごぞんじですか?
1960年代初め、人間を乗せて地球を周回する人工衛星では、アメリカは当時のソビエト連邦に遅れをとっていました。
ソ連から遅れる事1年、アメリカ初の有人人工衛星に積まれたカメラは、ミノルタのハイマチックというカメラでした。
このカメラ、クラスでいうと普及機でレンズ交換なんかできない、レンズシャッターのEE(自動露出)のカメラだったのです。もちろん、宇宙仕様に改造はしてありました。
もうひとつ、ミノルタは露出計のスポットメーターも宇宙に行っています。
本題からそれますが、アメリカのTVドラマのFBIや犯罪関係ものを見ていると、使っているカメラは鑑識関係は殆どというか全部Nikon(ナイコン)です。でも、捜査官や刑事が容疑者を追って、行動を写す時にはCANON+白レンズの場合もあるようです。映画やTVのなかのカメラ、気になります。

貴重な写真をお送りいただいたYさん、ありがとうございました。


by mash_boss | 2018-05-17 07:28 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ところ変われば・・・ D850 男性専用? ニコンさんも大変だ? 9月15日(金)6166

今日は、福岡からのフォトグラファーとランチ、最近、福岡のフォトグラファー全体的に忙しくなってきたきたとの事でめでたい事です。
さて、彼と会ったのは、彼が東京で撮影する事になり、スタイリストを依頼されてMASHmanagementのスタイリスト2人を推薦したのですが、結果として実りませんでした。
その諸々を話しながらランチしました。
なぜ、実らなかったというと、撮影内容の変更と福岡と東京の違い・・・
スタイリストさんの仕事の範囲が、福岡と東京ではちょっと違うようです。
福岡というより、東京とそれ以外の違いと言った方が良いかもしれません。
東京はシズルやテクスチャー等は、それを作る専門家がいたり、フォトグラファーも高度な商品撮影に特科し、シズルやテクスチャー作成も得意なフォトグラファーもいますが、東京以外は、そこをスタイリストさんがこなす場合もあるようで、その仕事範囲の違いで今回は成就しませんでした。
狭い日本ですが広告写真の世界では地域が違えば結構システムの違いがあるのです。
東京のフォトグラファーは恵まれているな〜でも、要求されるハードルも高いです。
「所変われば品変わる」なんていう諺を思い出していたら、こんな記事を見つけました。
b0069507_02522196.jpg「ロンドン(CNN Money)
カメラメーカーのニコンが、新製品の「D850」を宣伝する目的で展開した広告イベントを巡って批判にさらされている。
ニコンの宣伝イベントには、D850を試用したプロの写真家32人が登場する。
問題は、その32人全員が男性だったことだった。
写真情報ブログの『Fstoppers.com』がまずこの話題を取り上げ、このカメラは男性専用なのだろうかと皮肉った。
続いてツイッターなどソーシャルメディアでも批判の声が高まり、『ニコンはD850の女性バージョンは発売しないの? ピンク色とか?』(アマチュア写真家のフアン・カルロス・ムニョス氏)などと揶揄するコメントも。
女性フォトジャーナリストのリア・ボス氏は、ニコンのカメラを愛用する米国人写真家の立場から、『32人の写真家が全員男性だったことにひどく失望した』と苦言を呈した。
批判を受けてニコンは、「この問題を提起してくれたことに感謝する』との談話を発表し、『残念ながら、私たちがこのイベントに招待した女性写真家は出席できなかった。この分野への配慮が不十分だったことは認識している』と言い添えた。
女性写真家は何人招待したのかという質問には返答がなかった。
直近の年次報告書によると、ニコンの従業員の女性比率はわずか10.6%。2021年までに25%に引き上げるという目標を掲げている。」
全部男性フォトグラファーだった事は、やっぱりちょっと問題だとは思いますが、Nikonさんも。色々大変です。
ジェンダー問題は、アメリカやヨーロッパではセンシティブな事柄なんだと再認識。
所変われば・・・です。
そういう意味では、我々の呼称は「カメラマン」ではなく「フォトグラファー」ですよ。プロのみなさん!
以前からアメリカ映画の最後のテロップ見ていると「Camera Operator」という表記になっています。
そういえば、NikonやCanon,Tamronのプロ担当には女性もけっこういらっしゃいますが、他のメーカーさんて、女性はいらっしゃらないような・・・



by mash_boss | 2017-09-16 07:32 | カメラ | Trackback | Comments(0)
DMできました。!!  写真展 §3  等々… 9月8日(金) 6159
人気ブログランキング
b0069507_00444069.jpg写真展のDMできあがりました。
枚数は1000枚です。
最近は、facebookのイベントで写真展通知をお知らせいただく事も多くなりましが、葉書はそれはそれで良い物です。
明日から、手配りもしなくては…

b0069507_00551585.jpg本日、Nikon D850の発売日です。
明後日のヨドバシカメラ京都撮影会では、D850 も貸出機材として登場する予定です。
本日、私もちょっと使ってみましたが、Rawデーターでの撮影を選ぶと16GBのカードで撮影可能枚数が158枚と表示されます。
4600万画素のデーターの大きさ実感です。

SONY Alpha Rumorsでは「次は、Eマウントミラーレスシステムに関する発表になる。90%の可能性で今後2週間以内に発表されるだろう」なんていう噂も流れ始めました。
α9の高解像度版のα9Rでしょうか?
α7Ⅱのキャッシュバックキャンパペーンをしてるし、10月下旬には何やらイベントがあるらしいです。何か動きを感じます。

CANONも5Dsの次のモデルチェンジは、6000万画素になると噂が流れています。
今年は、フルサイズデジタル一眼レフ、ミラーレスの高画素競争再開の年になるのでしょうか?
今年の後半から来年にかけては、結構面白くなるかもしれません。

b0069507_01412796.jpg明後日は、ヨドバシカメラ京都・太陽が丘撮影会です。
天気もよさそうです。初秋の1日、モデル撮影を楽しみましょう。
当日受け付け有りです。
協賛メーカーさんから、最新機材を借りて思いっきりテスト撮影もできます。
初心者の方は、初心者講習もあります。
お待ちしています。



ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-09-09 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
ヨドバシカメラ京都撮影会、NIKONやるな〜 9月3日(日) 6154

b0069507_04065962.jpg
ヨドバシカメラ京都撮影会まで、一週間になりました。
今回の目玉は、何といってもNikon D850でしょう。
9月8日発売ですが、10日の撮影会にもレンタル機材としてD850 登場します。
撮影会は、天気が重要。
どうか雨だけにはなりませんように。
参加予定のみなさん。今日から照る照る坊主を下げておいてください。

b0069507_04141897.jpg
もうひとつNikonの話題です。
Nikonがコスプレ写真の撮り方をWebで展開しているのを見つけました。
イベント等は大盛況というニュースは時々見聞きしますが、どちらかというと、一般的ではないのがコスプレの世界でしょう。
でも、コスプレをする人にとって写真は必要なツールなようです。
デジタルになり、レタッチもできるようになり、写真はより重要になったのではと、門外漢の私は推測します。
この分野にも、Nikonは対応。カメラメーカーとして、ちゃんと対応するのは、初めてでしょう。やるな〜 Nikon。


ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-09-04 07:25 | イベント | Trackback | Comments(0)
Nikon祭り  8月27日(日)    6147
人気ブログランキング


b0069507_2534957.jpgNikon100周年で開催されたファンミーティングに行って来ました。
今は、Nikonユーザーではありませんが、日本で写真を生業とする者にとっては、日本光学に敬意を表して、行かなければならないイベントです。
現在はNikonユーザーでは無いですが、高校からアシスタント時代までは、ズ〜っとNikonを使っていました。
最初に買ったフィルムカメラのNikomat FTから始まり、中古のNikon F+Motor Drive,Nikon F2+Motor Driveまで、次にニコンを買ったのは、デジタルもD70ズームキット、Nikonの仕事をした時に、ギャラの代わりにD200+18~135mmをいただきました。このカメラは毎日肩からぶら下げて使っていました。そしてD200が古くなったのでD5000を中古で買い、このカメラも毎日肩からぶら下げて使っていました。Nikonとの縁はここまでですが、今年、Nikonのカメラでは無いセクションの仕事を2回程する事があり、D810 と70~200mm,24~70mmをレンタルで使用しました。
最近、D5+105mm1.4をお借りして、D5のしっかりした作りとレンズのすばらしさにビックリしたところです。
b0069507_3202211.jpg会場に入って直ぐの現行のNikonカメラ、レンズが並んでいるトップには、発表されたばかりのD850 が鎮座していました。I AM NIKON自信に満ちた、良いコピーです。
b0069507_3251532.jpg歴史的製品のコーナーでは、名機中の名機Nokon Fが・・・ 
私が最初に買ってもらったのはフジペットというブローニーフィルムを使うカメラ、そしてCanonetになり、一眼レレフはTopcon RE superが最初です。当時としてもレアなTopcon RE superを選んだのは、当時唯一のTTL開放測光機能を持ったカメラだったからです。それも一眼レフのミラーに細いスリット切り、その隙間から入ってくる光を量るというかなり凝ったカメラでした。でも欠点は壊れる事。何回か都電に乗って、板橋区の小豆沢にあったトプコン・東京光学まで修理に行きました。
それから2年程してTopcoat RE superにまいって、壊れない事とTTL測光という事で選んだのNikomat FTでした。お小遣いを貯めて、お年玉を貯めて買いました。期待に違わず壊れませんでした。
そして、大学になりやっと手にいれたのが、中古のNikon F+Motor Drivedでした。学生闘争の催涙弾の下を一緒にくぐった相棒でした。
b0069507_3482944.jpgカメラ雑誌の各編集長が
Nikonについてのあれこれを・・・
大阪でもあるそうなので必聴です。ちなみに大阪でのこの司会は、このブログにも登場するモモちゃん事、フォトグラファーの桃井君です。
b0069507_3523181.jpgNikonファンが集まるのですからこうなります。何故かCANONのストラップも・・・ 勇気あるな〜 かくいう私もNikonでないカメラで写しました。(今はニコン、持っていないのです。かといってスマホで写すのは・・・)
b0069507_3563280.jpg電子部品を使っていない時代の、機械工学時代のカメラの分解、組み立てを見せるというコーナーもあり、そこにはかつての名機がずらりと並んでいました。感動です。
b0069507_3594244.jpg正しいニコンFは、このマーク時代の物なのです。
1949年から1968年まで使っていたマークです。NikonF 12年の歴史のなかで後期の製品はこのマークでは無いと思います。
b0069507_4105351.jpgファンミーティングの物販コーナーは飛ばして、次に向かったのは恵比寿の都写美の隣のホールで開催中の写真展、本日最終日の「写真家チェ・ゲバラが見た世界」です。
ごらんの用に長蛇の列で、1時間と少し並びました。
私の年代ならいざしらず、今もゲバラがこんなに人気があるなんて・・・ やっぱり、最近のキューバ人気と関連しているのでしょうか・・・ それにゲバラはハンサムです。
ゲバラの革命家、政治家の評価は別として、行動はロマンチストです。そこが受けるのでしょう。
この写真展は、映画のプロモーションもかねているようです。
b0069507_4231873.jpg写真展に展示されていた、ゲバラの愛用機は、NikonS2でした。
b0069507_4261718.jpg大きいレンズが気になりました。
Nikkor N F1.1 50mmでした。
このレンズ、初めてみました。F1.1なんてつくっていたのですね。
これまで、製品化されたNikonの写真用レンズでは、一番の明るさだそうで、1200本作られたそうです。このカメラとレンズがどういう経緯でゲバラに渡ったのか、興味あります。
b0069507_4405237.jpg撮影中のゲバラです。
手にしているのは、Nikon S2+Nikkor N F1.1 50mmです。

本日は、Nikonデーでした。
by mash_boss | 2017-08-28 07:07 | イベント | Trackback | Comments(0)
D850も貸し出します。 8月25日(金) 6145

人気ブログランキング

b0069507_3443775.jpg今日は、10時から10月8日(日)のヨドバシカメラ東京・豊島園撮影会の最終モデル選考をしました。
先週金曜日のオーディションで撮影した写真を並べて選考します。
2時間程で23名のモデルさんが決まりました。

ところで、オーディションの終了後、Nikonから連絡があり、9月10日(日)のヨドバシカメラ京都撮影会のNikon貸し出し機材に、9月8日発売のD850 も持ってくるとの事です。
発売されたばかりの、話題のカメラがタップリ試用できます。
105mmや85mmの1.4と組み合わせたら、This is Portraitという写真が写せそうです。
少し早めに、Nikonのブースに並ぶしかなさそうです。

オリンパスも45mm1.2を近々発表するとの事。待ちにまった45mm1.2 です。これまでは45mmは1.8でした。このレンズ、 レンズの性能は別として、コンパクトなサイズなのでEM1Mk2に付けると、バランスが悪いものでした。4/3規格なのでフルサイズに比べて被写界深度が深くなります。1.8と1.2の差は大きいはずです。
同じ3/4規格のパナソニックが発売している、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.をEM1Mk2に付けて撮影した事がありますが、そのすばらしさにビックリしました。
発売が予想される、オリンパスのPROシリーズの45mm1.2、期待大です。
このレンズ、今年の撮影会に間に合うのでしょうか?


ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-08-26 07:30 | イベント | Trackback | Comments(2)
たいした、たまげた!ⅲ 8月24日(木) 6144

人気ブログランキング
b0069507_04093353.jpg今日は1日、Photo directorとして三次君の撮影に立ち会いました。
撮影を違った立場で見られるので、おもしろい立場でした。
機材ですがカメラは、Canon 5D MkⅣ+EF24-105mm F4L IS II USM, ティザー、現像ソフトはC1version10という組み合わせでの撮影でした。
b0069507_04420843.jpg昨日のエントリーで発表発売間近と書いたら、D850,今日発表になりました。そして、発売日は何と9月8日!
お値段は価格.comの最安値で¥359,640,-という驚きのバーゲンプライス!!
同じく価格.comの最安値で、CANON 5D Mark IVは¥321,480,- 5Dsは¥387,647,- 5DsRは¥403,675,- SONY α9は ¥448,880,-です。他のメーカーさん、どうするんでしょう?
来年モデルチェンジが噂されている、5Ds、5DsRや、やがて発表されるだろう α9Rの価格設定は悩むところでしょう。
噂では、まずα9からコンシュマーの眼をそらすのが、他のメーカーさんの目下の目標とか… そういう意味での価格設定もあるのかもしれません。
いずれにせよ、D850はエポックメーキングなカメラだったと、後世では評価されるかもしれません。
そして、9月8日発売だと、10日のヨドバシカメラ京都撮影会のレンタル機材として、登場するのでしょうか?
今から、楽しみです。



by mash_boss | 2017-08-25 07:03 | カメラ | Trackback | Comments(0)
今週の目玉・・・  8月22日(火) 6142
人気ブログラムランキング
b0069507_03233808.jpgさて、今週後半の写真好きカメラ好きの最注目は、話題のNikon D850が、この土日の東京でのニコンファンミーティングで展示されるかどうか…
私は、可能性は高いと思います。
先日、某所で飲んでいる時に関係者に9月10日のヨドバシカメラ京都撮影会までに、発表間に合うの… と聞いたら否定はしませんでした。
その後のNetを見ていると、本当に発表の確率は90%以上あるのではと思います。
誰がどう見ても、100週年記念の一大イベントに、目玉商品の発表するというのは、常道中の常道でしょう。

先日の朝日新聞のNikonのトップインタビューでは
・スマホの普及でデジカメ市場が想定以上の勢いで縮小。
・ニコンの販売台数は4年前の約2400万台から4分の1の約630万台に激減し、まだ底を打っていない。
・主力事業の一つ、半導体製造装置も赤字が続いた。全社の売上高は4年前の4分の3の7488億円に落ち込んでいる。
・デジタルカメラ市場が持ち直すという旧中期経営計画は明確な間違いだった。
・財務体質が健全なうちに、攻めの構造改革をやる。
・中高級機など付加価値が付けられるところに選択と集中で資源を投入する。
・将来的には新しいミラーレスを出す計画。
・高性能なレンズとセンサーで絶対的な画質を上げる。スマホとは画質で差別化する。
なんてことを話しています。
その第一弾がD850なのでしょうか?
Nikonがんばってください。

b0069507_03010871.jpgモデル事務所から、残暑見舞いいただきました。グラノーラ食べて、健康に注意してお仕事頑張ってください という事でしょうか?
「オーツ麦由来のβグルカンについて血中コレステロール値上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、血圧低下作用、排便促進作用、免疫機能調節作用などが欧米を中心に多数報告されている。」だそうで、中高年男性にもよさそうです。
グラノーラ、知ってはいるものの、一度も食した事はありません。
そもそも、牛乳が好みでない(自分からは、すすんで飲みません)ので、シリアル系には手がでません。ヨーグルトは好きなので、ヨーグルトで試してみましょうか。
みんな、不味いって言うんだよな~(いただいたものなのに、すみません。)
良薬は口に苦し…??


by mash_boss | 2017-08-23 07:14 | カメラ | Trackback | Comments(0)
大変な時代に・・・ 6月7日(水) 6066


b0069507_3203710.jpg日曜日の撮影会で105mm1.4を使いえらく感激したNikonに関して「デジカメinfo」に定期購読専門誌・選択からとして「フジフイルムがニコンを救済する」というエントリーが載っていました。
世の中、一寸先は闇というか、何が起きるか分からないというか、デジタルの影響って凄いとしか言いよう無いと、改めて思いました。
ただ「選択」のツイッターに「6月号の記事が『うわさ』として海外サイトで紹介されました。全文を読むのには購読が必要なため、よくわからないとありますが、ちゃんとフジの反応まで書いてあるので、読んで頂きたいです。」と否定的とも捉えられるツイートをしています。どなたか「選択」お読みになっている方はいらっしゃいませんでしょうか?
現在、「選択」のWebでの公開記事一覧という項目に「名門ニコンのはかなき『余命』」という 4月号のショッキングな記事が掲載されているのですが、これを読むと大変だ~ と思います。
今回の「うわさ」がでる要因として「デジカメ市場は、ピークだった2010年に比べて、出荷台数は1/5まで減っている」という事があるようです。スマホに食われたのです。
また、Nikonに限って言えばステッパー事業でも1986年にできたオランダの会社に大きく持っていたシェアを食われてしまったそうです。デジタル時代ならではのスピードです。そのステッパーもキヤノンが全く異なる製造方法を開発して今年から反転攻勢に動くようで、こうなると何がなんだかわかりません。
こんな時に耳の中に聞こえて来るのは、何故か野坂昭如さんが歌った「マリリンモンロー ノーリターン」が聞こえてくるのです。~この世はもうすぐおしまいだ~
今年創立100年、高校生の写真小僧時代からアシスタントの時まで、Nikomat FT,Nikon F, F2とおっ世話になったNikon、がんばってください。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-06-08 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(1)
凄いレンズ!  6月5日(月)  6064

b0069507_16572020.jpg昨日の撮影会用に、Nikonから話題のAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDとD5を貸していただきました。
APAの総会懇親会中に、プロ担当の方と話していたら浮かび上がったお話です。
ヨドバシの撮影会で「105mm 1.4使ってる方、結構いますよ。」というお話からはじまりました。
「明日の撮影会で、試してみて」というお話になり、懇親会場は、銀座Nikonプラザの隣の銀座ライオンだったので、あっという間に機材が揃い、パーティーはお開きに…
2次会も少しだけお付き合いして、帰途につきました。
結構、酔っていたので、レンズとボディーが入ったNikonのペーパーバック電車のなかに忘れないように、気をはって帰りました。だって、総額80万円以上の機材が入っているのです。
そして、昨日の撮影会でお約束どおり、使用してみました。
「凄い!!」の一言です。
85mm1.4や1.2と違った雰囲気の画が撮れます。焦点距離20mmの違い、大きいです。
こういうレンズ使うと、同じ画素数のデジカメでも、倍くらいの画素数のカメラで写したのでは見間違える写真が撮れます。
b0069507_17204333.jpg撮影会で撮影したモデルさんの写真は掲載できないので、猫ちゃんの写真で勘弁を。
明るいレンズに求めるのは、ボケ味です。開放で撮影。鼻にピントを合わせたら、目はもうピントが外れています。
この距離では、被写界深度は数センチどころか1~2Cm位な感じです。
ピントが会っている鼻のシャープさは見事です。ボケもきれいです。
顔が浮き立つように撮れるこのレンズで撮影すると、もう16年才、人間だと80才を超える猫ちゃんも若々しく撮れました。
撮影会での写真、お見せできないのが本当に残念です。
レンズ=ズームが当たり前になったのは、フィルムのEOSが発売された時からです。当時EOS用に発売された28mm~80mm 2.8と80mm〜200mm 2.8はズームの常識を変えたレンズでした。それからは、各メーカーさんはズームレンズをどんどん開発して発表発売。デジタルカメラの時代になりレンズの光学的な欠点もソフト上で直せるようになると、単焦点レンズが特殊レンズのような状態になってしまいました。
久しぶりに、素晴らしい描写力の単焦点レンズでの撮影、忘れていたものを思い出させてくれました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-06 10:07 | 機材 | Trackback | Comments(0)