タグ:Canon ( 16 ) タグの人気記事
R or Z 9月15日(土) 6525
EOS R発表会。
目指すは「進化」と「拡張」のようです。
発表会初日、混んでました。
カメラに触るのに、40待ち!!の表示も。

でも、プロ向け招待状の威力で、別室でゆっくりと見られました。

EOS R、確かに良くできています。
新しいR用のレンズは、レトロフォーカスの呪縛から開放され、小さくなりました。
フランジバックの短さは、広角系レンズに効果があるでしょう。
EFレンズをアダプターを介してRに装着しても、AFのスピードは変わりません。さすが純正です。
Rレンズで1番気にいったのは、絞り操作リングがレンズ側に新設され、レンズでも絞りが変えられるようになりました。
この機能はEFレンズをRシリーズのボディに使う、4種類あるアダプターの一つにも付いています。
バッテリーは5D Mk Ⅳと一緒です。良いことです。
細かい事ですが、バッテリーグリップに入れるバッテリーマガジンのバッテリーをロックする方法が、5D Mk Ⅳから改良されました。

でも、きになる事もいくつかありました。
先ず、撮影モード変更がダイヤル直接でなくなった事。
ティザーに使うUSBがType Cになりました。
両方ともCANONの一眼レフユーザーとしては、ちょっと面倒です。
特にUSB。5D MkⅣと5DSはMicroB、時々使う5D MkⅢは別のタイプと併用するには3種類のコードが必要です。アシスタント君達要注意ですよ!

そして、やっぱり残っていた「ミラレース」ならではのEVFの問題。
ミラーレスカメラ共通の問題ですが、メーカーによって差があります。
当然、CANONもそこは気づいていて、改良はされていくでしょう。

MASHの仕事では、一眼レフとミラーレスは、それぞれの特徴を生かして使い分けするのがベターでしょう。
そこは、CANONもわかっているようで、一眼レフの開発は止めるとは言っていません。Nikonも同様です。
レフレックスの最高峰と、ミラーレスの両方をもっている、強みをどう生かしていくか・・・
そういうメーカーは、世界でCanon、Nikonの2社だけです。
レフレックスとミラーレス、All or Nothingではありません。

CANONがやがて出すであろう、このカメラの上位機種がMASHとしては注目です。

b0069507_03360549.jpgCANONの発表会に行く前、銀座に出たついでにNikonに寄り、Zシリーズを触ってきました。
こちらも、良くできたカメラでした。
写真は、マウントアダプターを介してNikon Fマウントの24mm~70mm F2.8を付けたNikon Zです。
限られた条件でしたが、EVFはきれいでした。
ニコンのプロ担当が自信を持つ事、納得です。
「ミラーレス」ならではの問題は、試する条件ではありませんでした。
こちらのカメラも、アダプターを介しての、これまでの一眼レフ用のレンズのAFスピードは問題ありません。
ただし、試してみたのは最新の一眼レフ用レンズです。
Nikonは、Nikon FマウントのAF仕様はいろいな方式のレンズがあるので、全てのレンズでスムーズかは不明です。
USBはNikonもType Cでした。
OLYMPUSのOM-D EM1 MkⅡもType Cです。
これからは、Type Cが主流になるのでしょうか?

さて、Panasonicのフルサイズミラーレスの「噂」も出てきて、今年の冬から来年前半はカメラ史上歴史に残る半年になるのでしょうか?

CANONの東京の発表会は、15~16日の三日間。場所は品川のキャノンマーケッティングの本社です。
その後、全国を回ります。


by mash_boss | 2018-09-16 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
直前の… 9月13日(木) 6522

b0069507_17262307.jpg直前のご案内になり大変恐縮・・・との「言葉」つきで、EOS Rシリーズの発表会(?)の案内葉書が昨日送られてきました。
9月5日に発表をして、Webでは掲載されていた「体験会&セミナー」の案内状が、開催日の3日前に着くって、キヤノンさんどうしたんでしょう? 告知はWebだけにするつもりだったのでしょうか?
1Dシリーズや5Dの発表会よりも、遠慮がちな感じです。
やっぱり、一眼レフに気兼ねしているのでしょうか?
なんか、テンションがイマイチあがりません。
時間があったら、行ってみようと思います。

b0069507_17262396.jpgもう一つCANONです。
原宿の事務所で愛用している、A3ノビプリンターPRO 10ですが、エラーコード200が出てストップ。
調べると、修理に出さねければ直らない故障のようです。
何ヶ月か前から、DVDやCDへのプリントができなくなりました。
通常のプリントはできるので、そのまま使っていたのですが、ついに一昨日ダウン、昨日修理センター送りになりました。
このプリンターを購入したのは、2016年1月のCANON galleryでの写真展「Old fashioned portrait 先達へのオマージュ」のモノクロプリントをするためでした。
多分、2015年の秋頃に購入。
2017年のSONY写真展のプリントもこのプリンターでしました。
作品プリントには、無くてはならない「相棒」です。
修理代は定額制で、引き取りと完成品送料も含んで2万円弱です。
Pro 1000、欲しいですがガマン、ガマン。


by mash_boss | 2018-09-14 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
9.11 2018アジア競技大会。  9月11日(火)  6520

人気ブログランキング参加中です。


b0069507_04022918.jpg
今日は、9月11日。
2011年9月11日に、ニューヨークのワールドトレードセンター(WTC)とワシントンDCの国務省にアルカイダのテロとされるジェット機がつっこんだ日です。
当時、日本ではニュースステーションの時間で、多くの人がライブでこのニュースの衝撃的な画像を見ました。
私もその一人でした。
あれから17年。
「テロとされる」と書いたのは、今だに様々な「陰謀」説があるようです。
私も、最初から「WTCに爆薬が仕掛けられていた。」「第7ビルの崩壊は不自然」という、アメリカのドキュメント番組を見た事があります。
事件の真相はともかくとして、起こった事は事実で、この事件で約3000人の方が亡くなりました。
そして、ファーストレスポンダーと呼ばれる災害に最初に駆けつける、警官や消防士、救命隊、ビルから粉塵を吸い込んだボランテイア等の癌発生率が高く、今年6月30日までに9795人の人たちが癌になっているという事です。
写真的には、2000年にコンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの比率が50:50になりました。
2001年は540万画素のNikonD1Xが5月に発売され、報道機関等でも本格的にデジタルカメラが使われるようになった年です。
この頃は、デジタル一眼レフはNikonの方がCANONより、一歩先に進んでいたような感じでした。
WTCの多くの衝撃的な写真がデジタルカメラで撮影されました。
17年前の写真を見ると、改めて写真は記録だと実感です。
9.11関連の犠牲者の方々に、合掌。
b0069507_05460376.jpg昨日のJPS広報委員会で、2018ジャカルタアジア競技大会に2週間行ってきた、スポーツ写真家の小城会員から大会中の話を聞きました。
フォトグラファーとしては、気になるのは、Sony,Canon,Nikonの「闘」です。
やっぱり、70%位がCanoで、残りはNikonとSONYだそうです。結構、SONY400mm 2.8も目立っていたようです。
掲載した写真にもGマスターレンズが写っていますね〜。(この写真写したのは、多分小城会員です。)
NikonもCanonもミラーレスを発売する事情がわかります。
これに加えて、来年はPanasonicからもフルサーズミラーレスがラインナップに加わるようです。
また、SONYはアジア大会に取材にきた各国のフォトグラファーの為にサービスデポも開設しました。オリンパスも初めてサービスデポを出しました。
2020東京オリンピックのカメラマン席の勢力図はどうなっているのでしょう。


by mash_boss | 2018-09-12 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
男たちの悪巧み・・・? そして、 9月5日(水) 6514

予定通り、CANON EOS R発表されましたね~
これで、11月11日のヨドバシカメラ福岡舞鶴公園撮影会にはNikonとCanon両雄のフルサイズミラーレスが貸し出される可能性が高くなりました。
もしかして、来年の今頃の撮影会には、パナソニックのフルサイズミラーレスも加わっていたりして… 
とにかく、今年後半から来年中頃にかけては、デジタルカメラ戦国時代というか、ミラーの時代からノンミラーへの産業革命とでも言いましょうか、激動の時代です。
プロの写真の世界に入って40年+、完全機械式カメラ、メディアはフィルムの時代から、カメラはデジタル制御、記録もデジタルの世界まで、本当に面白い時代を、現役フォトグラファーとして過ごせた幸せなフォトグラファー生活です。
b0069507_03392242.jpgさて、そんな時代を生き抜いてきたフォトグラファー2人、山岸さんと私です。
「男たちの悪巧み」と書いて何かと物議を醸したのは、安倍XX婦人です。
実は、我々も「悪巧み」を計画していて、本日はその打ち合わせに山岸さんのスタジオにお邪魔しました。

b0069507_03393145.jpgスタジオで乾杯の前には、ランチビールで打ち合わせ。
ジョッキ2杯でイイキモチです。
昔、山岸さんは全く飲め、いや飲みませんでした。
病気になってから飲めるようになったとか…
何十年まえでしょうか、「男は黙ってサッポロビール」っていう、俳優三船敏郎をキャラクターにつかったCMがありましたが、今日の山岸さんは、そんな感じです。
我々の「悪巧みは」怪しげな悪巧みではありません。(それじゃ悪巧みじゃない?)

b0069507_03393701.jpg乾杯撮影の後も談論風発、師匠の故・長友健二の縁で山岸さんとお目にかかってから30年以上になります。
その分、積もる話もありまして…
ビールでイイキモチになって外へ出たら、台風一過の暑い日差しで、クラクラしました。
b0069507_03394422.jpgさて、今日の朝はアシスタント君が、明日のロケ準備。
手前がフォトナ、奥がブロンのストロボです。
最近、ショックだったのはフォトナが3年位前に破産していた事です。
フォトナは、コメットやカコ等の後の第二世代の日本のストロボとして、一世風靡したストロボだったのに…
MASHにもかつては20台弱のフォトナがありました。
今でも、10台位のフォトナがあります。
ストロボが普及しきって、デジタルで光量をコントロールする技術が開発され、カメラもデジタルカメラになり、照明器具も多様化しました。
そんな状況下での、商売としてのストロボ屋さんて、大変なんですね。
b0069507_03395083.jpg都会の自然です。
山岸さんのスタジオからの帰りに、地下鉄明治神宮前・原宿駅の通路で撮影。
都会の真ん中の、コンクリートだらけの街にも、カナヘビ君生活しているんです。ちょっと感激です。
この小さな爬虫類君、私の子供の頃はカナヘビと呼んでいました、正式にはなんという種類なんでしょう?



by mash_boss | 2018-09-06 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
EOS R 購入決定⁉ パナソニックも… 8月31日(金) 6509

b0069507_01303059.jpg
噂は真実に…
やっと出てきました、CANONフルサイズミラーレスの発表時期。
名称はEOS Rで 5日発表?
MASHは、CANONを35㎜メインカメラとして使用している広告写真撮影事務所のトーン&マナーとして、EOS R を購入します。
位置づけは、5DSの代わりです。
という事は、高画素タイプです。(たぶん、発表すると思います。)
NikonのZシリーズのレンズ、フランジバックが短くなったためでしょうか、素晴らしいレンズという評判です。同じように、ミラーレス用CANONのRシリーズのレンズもきっと良いレンズだと思います。という事は高画素のカメラにも十分対応できると思うので、5000万画素の5DSの代わりに導入です。
前回のCANON EXPO 2015 TOKYOで1億画素のカメラの試作品を展示していましたが、近い将来ミラーによるブレの無いミラーレスで1億画素の壁を突破でしょうか?

パナソニックも、ライカSLマウントで9月25日にフルサイズミラーレス発表か・・・?という「噂」も出てきました。
43仲間のオリンパスはどうするか・・・
秋から冬、そして2019年の春にかけては、嵐の季節になりそうです。

b0069507_01471322.jpg29日に修理に出した212 E350 4Matic 修理終わりました。
修理代は¥21,600,-です。
イグニッションコイルはHELLAを使いました。
コンピューターで制御された今の車は、修理した後にエラーコードのリセット等の工具を使っての作業以外にもする事があります。
ヤナセやシュテルンに出すより、だいぶお安いと思いますが、比べる対象とは、だいぶターゲットが異なりますが、かなりお高いです。




by mash_boss | 2018-09-01 07:03 | カメラ | Trackback | Comments(0)
長老の集まり・・・ 噂の続き? 8月9日(木) 6491

b0069507_05233870.jpg今日の夜は、大山謙一郎さんの写真展 「凝視展(44) 炎えた女(もえたひと)(6)」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
大山さんの写真展は全て「擬視展」でその44回め!の写真展です。
そして「炎えた女(もえたひと)」展としては6回めという事です。凄いです。
・・・高知「よさこい」祭りを写し続けて25年…。炎天下、我を忘れて踊る女性のひたむきさは、神々しくさえ見えてきます。その姿を最新のデジタルカメラで撮影し、肉眼では気づかない表情、見過ごしてしまいそうな一瞬を写し撮った作品群です。誰もが当たり前のように写真を撮って人と共有する時代になりましたが、私が写す女性の姿を展示させていただきます。・・・
大山さん(右)は79才でも頭は柔らか。
デジタルプリントの特色を最大限に使った展示方法斬新です。

写真展、詳しくはココからどうぞ!

b0069507_05244836.jpg長老中心に記念撮影という事になりました。
最長老は、日本中のお祭りを写している芳賀日出男さん97才!!です。
私も加えていただきましたが、鼻垂れ小僧です。


b0069507_06012546.jpgさて、今日も「噂」です。
Nikonフルサイズミラーレスの新しいティザー画像です。
EVFがこれまでの正面図等と違います。
フィルム時代のNikon Fシリーズのようにファインダーが交換できたりして・・・
CANONは9月4日に「ミラーレス新型」発表。でもフルサイズかは不明という「噂」が出てきました。


by mash_boss | 2018-08-10 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
夏の夜の… 8月3日(金)  6484

b0069507_06131238.jpg今日の夜は、JPS・公益社団法人日本写真家協会恒例のビヤパーティーでした。
今年の会場は、JR水道橋駅から5分程の四川料理の新荘園。
75人程が集まり、真夏の夜の・・・になりました。
b0069507_06131258.jpg札束を握っているのは、会計係の山口、水咲会員です。
1人¥4,500,-X75=¥337,500
カメラ買えます。
b0069507_06131123.jpgこの方は、全日写連(全日本写真連盟)の事務局員さんです。
全日写連は1926年設立の写真愛好家団体で、「アサヒカメラ」は全日社連の機関誌として発行され、やがて「独立」して今のアサヒカメラになりました。
その事務局員さんが・・・ 
真夏の夜の・・・の先は「らんちき騒ぎ」です。
暑すぎる夏は、全てを狂わせます。

b0069507_06131268.jpgさて、CANONの「噂」、もちろんフルサイズミラーレスの「噂」です。
現在の一眼レフと同じEFマウントと専用マウントの2種のレンズ(当然ボディーも)が発表されるという「噂中の噂」話が…
でも、そんな事したら、コストが膨らみ経済合理性から言って無いとは思うのですが?
それより気になるのは、もしかしてフォトキナでは発表が無いのではという、書き方をしている点です。
to be or not to be… キヤノンはハムレット?

明日は仙台移動日。明後日は、
ヨドバシカメラ仙台・七北田公園撮影会です。みなさん、お待ちしています。!!

by mash_boss | 2018-08-04 06:58 | イベント | Trackback | Comments(0)
モノクロ再開? フジもニコンもキヤノンも… 暑いし、噂で忙しい? 7月25日(水) 6475


b0069507_18283588.jpg先日拝見した、FUJI+Magnumの写真展で購入した写真集HOMEで一番興味をもったページです。
エリオット・アーウイットさんのニューヨークのスタジオのデスクの上を写した写真。
見れば見るほど面白いです。
写真を見ながら、アーウイットさん何を考えているんだろうと想像を逞しくします。
写真展もいいけど、こうしてゆっくり見られる写真集っていいです。
モノクロ写真って、やっぱりいいな〜 と思っていたら「富士フイルムイメージングシステムズが、白黒写真用フィルム再生産の検討を始めたことが7月25日、同社への取材で分かった。」「あくまで検討を開始しただけ」というニュースがITmediaというサイトに載っていました。
ほんとかな〜 フィルム再生産ってそんなに簡単じゃないと思うのですが…
フジのデジタルカメラのモノクロだって、こんなにちゃんと写るのに…

アシスタント時代、モノクロプリントで結構苦労したので、私はデジタル派です。


b0069507_04092933.jpgNikonはついに自社webで「新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発」とのリリースを出しました。
これで、8月23日発表は確定でしょう。
キヤノンも「キヤノンのフルサイズミラーレスカメラは2018年中(9月の第2週の可能性が高い?)に発表される?」なんていう「噂」も出てきました。
暑い夏の後は、熱気に満ちた秋になりそうです。
写真雑誌各誌は増ページや、ムック制作で来年夏くらいまではキヤノン、ニコン特需でしょうか?
by mash_boss | 2018-07-26 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
やっぱり、CANONも・・・ 7月5日(木)  6456

写真はFAKEです‼

b0069507_01060691.jpg
Nikonの「噂」が出れば、当然CANONも・・・ という事で「噂」の記事がでました。
EOSのフルサイズミラーレスは、2019年中頃発売という「噂」です。
画素数は3000万画素と、もう少し少ない2機種だそうです。
もちろん、動画機能も全てそろっています。
さてさて、噂どおりの発売時期だとして、MASHの社カメ(会社のスタンダードカメラ)はどうするか・・・
会社のカメラは3年リースで、来年はリース終了年。
これまでは、Eos 5D系がモデルチェンジする時期と割と重なっていたので、3年リース終了後、1年リース延長くらいで5D系ニューモデルとチェンジしていました。次はどうするか・・・
おそらく、ミラーレスにはしないと思います。
理由は簡単。MASHの広告系の撮影には、ミラーレスが必要ないからです。
自然で明るい光学式ファインダーを覗き、ティザー撮影でPCの画面で画像確認をしての撮影はなんの不便もありません。
それに、レンズも色々ありますし・・・
例えば、仕事の70%位が人物撮影で35㎜サイズでOKなら、ミラーレスに変えるかもしれません。
おそらく、CANONが一眼レフの製造打ち切りをするまで(そんな事は無いと思いますが)、CANONの画質が他社の画質に大幅に劣らない限り35㎜社カメはCANONの一眼レフでしょう。
個人的には、各社のミラーレスに興味があり、使うつもりです。
例えば、ヨドバシカメラの撮影会指導、これにはミラーレスがあっています。
特に、顔認識瞳優先はミラーレスの独壇場です。

昨日エントリーした、先日の広告写真家の集まりではニコンイメージングジャパンの後にキャノンマーケッティングジャパンのプロ担当者がプレゼンをしました。
同じように、フルサイズミラーレスの件を聞くと、発売する事は認めるも、時期についてはNikonより歯切れがよくない発言なので、Nikonより遅いのかなという印象でした。そして今回の「噂」です。
いずれにせよ、来年の今頃にはNikonもCanonもミラーレスがラインナップに加わっているという事になるようです。

by mash_boss | 2018-07-06 07:00 | カメラ | Trackback | Comments(0)
13日の金曜日  4月13日(金) 6379

b0069507_03585600.jpg
今日は13日の金曜日、キリスト教徒ではない私には関係ないはずですが、何となく気を使ってしまう日です。

チョット時間を見つけて、気になっていたSIGUMA MC11 のファームウエアをアップしました。
CANON用のSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMをMC11を介して、SONY α7RⅡに付けて使用しています。
この組み合わせで写したデーターをブリッジのレンズ補正でレンズプロファイルを使用すると、ほんとにシャープで、周辺光量や湾曲、樽型の歪みなどが見事に補正されます。
フィルム時代から写真を生業にしているものにとって、これが不思議です。
電気というか、デジタルというか化学と物理の世界だった写真の世界に電気、デジタルが入る事により飛躍的に変わりました。
先日、フジフォトスクエアで銀塩フィルムフォトグループ いぶきの 写真展「2018 四季のいぶき」で中判フィルムで撮影した、ブレの無い質の高いプリントを久しぶりに拝見しましたが、シャープさという点では、高解像度のデジタル写真を見慣れた目には「フィルムって、こんなものだったんだ〜」と思ってしまいました。
よく分からないですが、ファームウエアで変わる事といい、プリントのシャープさといい、今更ながらデジタルって凄いと思いました。


by mash_boss | 2018-04-14 10:57 | 機材 | Trackback | Comments(0)