タグ:銀座 ( 82 ) タグの人気記事
シャネル 写真展 5月1日(火) 6397

今日から5月、来年の今日はもう「平成」ではありません。そして、今日はメーデー。
今の若い人は、メーデーを知らないとか・・・
いいんですかね〜 日本の労働環境。
組合の組織率は下がるは、フリーランスや職人的職業の権利を守る「ユニオン」なんてないし、労働者は資本主義の大本のアメリカの方が、組合やユニオンでしっかり守られているようです。
「働き方改革」いいんでしょうか・・・
b0069507_03270674.jpg連休の中日。
銀座で2つの写真展を拝見。
まずは、サラ・ムーンの写真展。
会場は、シャネル4Fのネクサスホールです。
この前の、ディオールの写真展もそうですし、フランスのアートの「分厚」さ凄いです。ただただ、感嘆です。

ところで、会場内では皆さん当たり前のように、スマホで会場の様子や作品を複写的に写しています。
会場には、撮影禁止も出ていないようですし、さりとて撮影可も掲示されていません。
会場の係員の女性も何もいいません。
私も、掲載した写真他数枚を撮影しましたが「いいのかな〜」と思いつつ、なにか居心地が悪かったです。
この写真展は「must」な写真展です。

サラ ムーン「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」
開催日時:2018年4月4日(水)~5月4日(金) 12:00~19:30 ※無休
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
b0069507_03270750.jpg次に拝見したのが、銀座・松屋7F特別室で開催中の「吉田大朋 美の残像 1970年代モードの美しきアーカイブ」
吉田大朋さん、日本のファッション写真の紛れも無き大御所だった写真家です。
若い方はご存じ無いかもしれません。
残念ながら、昨年、亡くなられました。
私の世代にとっては、憧れのフォトグラファーです。
この写真展、写真はもちろんですが、絶対見て欲しいのは、会場に置いて有る70年代〜80年代のファッション誌。
今は無い雑誌もたくさんあり、そのファッションページの写真の力強くて、カッコ良くて、のびのびとしていること、凄いです!

吉田大朋 美の残像 1970年代モードの美しきアーカイブ
開催日時:2018年4月30日(月)-5月 5日(土) 10:00-20:00 無休 ※最終日17:00閉場
入場料:無料

会場:銀座・松屋 7階 特別室 住所:東京都中央区銀座3-6-1

b0069507_03270721.jpg画面、左が吉田大朋さんの写真展を開催している、銀座・松屋です。
右の工事中のビルがシャネルです。
銀座は、あらゆる写真好きにとって見逃せない「地域」です。
Nikon,Canon,SONY,RICHO,Leicaといったカメラメーカー系のギャラリーの他に、シャネルやエルメスも質の高い、文化的な写真展を開催するので、チェックが必要です。

本日、ご紹介した写真展も開催を知ったのが最近です。
会期の終了もも迫っています。
お時間が有る方は、是非どうぞ。
b0069507_03270809.jpg今日のランチは、訳ありで月島のスペインクラブでランチでした。
チーズと何か(忘れました)のバケットのサンドイッチです。
チーズ嫌いですが、このチーズは濃厚で美味しかったです。
麺類も好きですが、こういったランチも好きなのです。
もちろん、スペインビールとホワイトワインもつけました。

b0069507_03270730.jpg今日は、スタジオでは三次君がコーディネーター岡本の撮影です。
レタッチの時間、納品次期からの逆算で、どうしても今日撮影しなければならないそうです。
b0069507_03270818.jpg今日の銀座で、こんな人見つけました。何を来ても自由な東京ですが、ちょっと不思議です。思わず、1枚シャッターを押しました。



by mash_boss | 2018-05-02 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. 4月30日(月) 6396

Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.
XXⅥ
b0069507_04452690.jpg
The Imperial place.


by mash_boss | 2018-05-01 07:26 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
ライカデビュー 4月12日(木)  6378
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_04202738.jpgアシスタントの今井君とライカギャラリー東京のオープニングレセプションへ…
今回は、ギャラリーの映像作家・写真家の柿本ケンサク さんの写真展 「Knock」とライカプロフェッショナルストア東京の蓮井幹生写真展 「I'm thinking between the trees」の2つの合同レセプション。
今井君は建築関係の大学から、インテリア関係の会社、そしていきなり広告系の写真の道に入り7か月、広告系写真の基本的な事はわかってきた頃ですが、そろそろ「リベラルアーツ」的なものが必要と思った直接のBoss、フォトグラファーの池島君が、その始めとして行ってこいと今日のレセプション参加になりました。
ライカのレセプションは、通常の写真のレセプションとは異なる方達が来るので刺激になります。
今井君は何を感じたでしょうか?
b0069507_04203635.jpg夕方、スタイリストの依子ちゃんが原宿の事務所に立ち寄り。
熱心に見ているのは、壇蜜の「濃密」という写真集。
なかなかの写真集なのですが、見る観点は男とは違ってコスチュームとシチュエーション中心。
職業的興味なのか男女の差なのか…
ジェンダー問題はなかなか解消しませんが、生物的な違いはやはりあるようです。
b0069507_04204473.jpg窓外の原宿、今日はやたらと白人系団体さんが多い日でした。
団体旅行客、ここ何年かで随分少なくなりました。
団体はアジア系が多いので、白人系団体さんを数時間で3つ位見ると、何だろな~ と思ってしまいます。


by mash_boss | 2018-04-13 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
凄いな~  4月5日(木) 6371


b0069507_06004006.jpg写真家・木村恵一さんの写真展「車椅子からの・・・」のオープニングレセプションにお伺いしました。
木村さんの写真を初めて拝見したのは、高校生の頃でした。文藝春秋に高速道路建設現場のドキュメント写真で、感動をしました。
それから幾年月、JPS・公益社団法人日本写真家協会に入会する時に、私の師匠の故長友健二さんに紹介されて推薦人になっていただき、作品を見ていただいたのが最初の出会いでした。
入会後、広報委員会のメンバーになった時に、担当理事が木村恵一さんでした。
広報委員会は、JPSの会報を編集していて、編集会議、作業の後によく飲み議論をしました。
その木村さんが病気になり手術の結果、車椅子生活になってしまったのが、もう7~8年前でしょうか。
車椅子といっても、全く歩行できない訳ではなく、写真展のパーティーのご挨拶やタクシーに乗る時は歩けるのが不幸中の幸いとでもいいましょうか…
その木村さんが、車椅子の高さからキヤノンの軽いミラーレスで、住み慣れた本郷、弥生、根津、千駄木、谷中など、東京の由緒ある街の姿を、優しく木村流で撮影した写真展です。
写真家はどんな状態でも時でも、気力とカメラさへあれば写真家なんだと再認識と覚悟を新たにした写真展です。
東京、名古屋、大阪のキヤノンギャラリーを巡回します。詳しくはココをクリック! 是非どうぞ!
b0069507_06005305.jpg

レセプションは、木村さんの人柄もあり大盛況。
会場に入りきれない人も出る程です。
木村さんは、何故か「へーさん」とお仲間から呼ばれる人気者です。そして「8時半の男」とも呼ばれ、写真展の中〆めには木村さんの手締めが恒例になっていました。
今回の写真展作品の撮影場所でもおわかりのように、木村さんは純粋の江戸っ子なのです。
本物の江戸っ子の手締めは力があって品があります。
私のこれまでの写真展でも、8時半頃の中〆めの手締めはいつも木村さんにお願いしました。

b0069507_06005486.jpgレセプションの後、仲間と軽く一杯やった帰り道、CHANNELの前ではストリートミュージシャンのジャズカルテットが演奏中。
22時近くの銀座にJAZZが響きます。
心地よい、春の夜でした。


by mash_boss | 2018-04-06 07:16 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
残すは一つ・・・。 2月15日(木) 6319

b0069507_05292476.jpg今日は、朝から2017年ヨドバシカメラ撮影会の福岡と東京・秋の撮影会コンテスト審査会でした。
午後に始まった、東京・秋の審査には山岸さんも参加。
ヨドバシカメラ日野専務も立ち寄られて、賑やかに進行しました。
入賞入選の皆さん、ヨドバシカメラからの連絡をお待ち下さい・・・

撮影会審査も、残すは、オーラスの年度賞審査だけになりました。

b0069507_05294448.jpg撮影会の後は、銀座の鹿児島・奄美・沖縄料理の居酒屋で、2018年ヨドバシカメラ撮影会Kickoff的飲み会へ直行。
撮影会講師、メーカーさん20人ちょっとが集まりました。
大山さん、フォトグラファー榎並悦子さんと、サクラスリングの杉山サクラさんに挟まれご満悦です。


b0069507_05293259.jpg本日のお気に入りは、鰹の塩たたき。
塩たたき、初めていただきましたが、旨かったです。



From my exhibition in Sony gallery.ⅲ
by mash_boss | 2018-02-16 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
弘法筆を選ぶ…? 1月25日(木) 6298

b0069507_04324730.jpg
カナダから新しい機材が到着しました。
リンホフM679CCカメラとレンズとシャッターです。
Netにカナダのフォトグラファーが出品していたものを購入しました。
レンズが写っていますが、これは撮影用ではなく、ピンと合わせようのルーペです。
かぶりが必要なく、それでいて煽った時に隅々まで覗けるように蛇腹で遮光をしています。
今日使用しているデジタルバックは、8000万画素のフェーズワンIQ180です。
b0069507_04344884.jpgカメラはリンホフM679CC
フィルムの6x9サイズ用のビューカメラです。
これまで使用していた、ジナーPは元々はフィルムの4x5用のカメラなので、デジタルバックを付けて撮影するのはちょっと大きくて、取り回しが不便でした。
このカメラはM679の2世代めのカメラで、前板のアオリはティルトとスイングはできますが、ライズとシフトはできません。後ろは全てのアオリが可能です。

b0069507_05032299.jpg
シャッターは、ローライの電気シャッターです。
手元で、シャッタースピード変更、絞り変更、ブランケット撮影等ができます。
ビューカメラを使った事がある方にはおわかりいただけると思いますが、これはアシスタント1人分の働きをします。
それだけでなく、小物を撮影している時や、ギリギリのライティングをしている時に、シャッターチャージや絞りの調整ようのスペースを考える必要がないので、より良い写真が撮れます。

b0069507_05154434.jpg
レンズはシュナイダーが4本です。
これまでは、今日の撮影では4x5用のN社製75mmをつかっていたのですが、小さいサイズ用に設計されたレンズで写してみてビックリ!
例えば、商品にプリントされたロゴのエッジのシャープさは全く違います。もう、元へは戻れません。
「弘法筆を選ばず」と言いますが、これはアナログ時代の事や、あるレベルまでの事でデジタルやハイレベルで紙一重の差を争う現場ではそうも行かないと実感です。
さて、この「筆」のお値段ですが、¥900,000,-でした。全部新品だと¥5,000,000,-位になってしまいます。

b0069507_05480768.jpg
夜は、今年最後の新年会。
気のおけない仲間とワイワイガヤガヤ… 日本酒美味かった〜!!

b0069507_05505433.jpg会場前の歩道にも雪だるまがありました。通りがかった人が、スマホでパチリ。雪だるま、みんな好きなんです。
b0069507_05540968.jpg
雪は大人を子供にします。
銀座通りでは、それなりの年齢の酔客が雪で遊んでいました。

b0069507_05571865.jpg
こちらは、昼前の市谷・防衛省の崖下でです。北側の歩道はカチカチに凍って一向に溶ける気配はありません。
2人が除雪作業をしていましたが、歯が立たないようでした。
東京の今朝は、48年ぶりのさむさでした。

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2018-01-26 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ライカギャラリー東京  1月18日(木) 6291

b0069507_05430876.jpg今日の夜は銀座のライカギャラリー東京のオープニングレセプションへ・・・
今回の写真展はインテリアデザイナーの森田恭道さんの「Porcelain ××××」
xxxxの部分、本当はちゃんと英単語が入るのですが、これを書くとWebの「検閲」にひっかっかて、ブロックされてしまう「危険」があるのです。
これは画像も同じ、あるフォトグラファーが果物の桃をクローズアップで某SNSに載せたら、人間のXXと判定されて掲載拒否されたとか・・・
多分、検閲ロボットがNGだしたのでしょう。
こういうのって、フォトグラファーからすると、呆れるとういか、悲しいというか、馬鹿らしいというか・・・ 
でも、世の中「コンプライアンスとガバナンス」とかで、XXXX写真とかXXXXという単語もNGのようです。
ギャラリーでXXXX写真展を開催しようとすると、メーカー系のギャラリーでは困難でしょうし、その他でもなかなか難しいかも・・・
よのなか、進歩してボーダレスになると、いろいろと大変です。

b0069507_05433101.jpgライカのレセプションは、いつもオシャレです。
シャンパンとフィンガースナックというかオードブル。
これがまたキレイでオシャレで美味しいのです。
ブレ気味でフォーカスも良くありませんが、とりあえず掲載します。
もっと、凝ったオードブルもありましたが、いただくのに夢中で写し忘れました。
b0069507_05434716.jpg銀座SONYビルの解体、だいぶ進んできました。
しばらくは公園として使い、2020のオリンピック後に新しいSONYビルを建築するそうです。
b0069507_05442349.jpgJR有楽町駅前は、まだイルミネーション真っ盛り!
2月14日のバレンタインまで点灯中です。




by mash_boss | 2018-01-19 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
今年の始まり始まり・・・  1月1日(月) 6273

b0069507_02093842.jpg例年のように、新年カウントダウンは、銀座4丁目の和光の時計台前です。
30秒前から時計台の鐘が鳴り始め、1月1日、午前0時とともに、1Fのショーウインドウが開きます。
ここ10年、とくに数年の東京の新年カウントダウンの本場は渋谷ハチコウのスクランブル交差点にお株を奪われましたが、あちらは10万人もあつまる「狂騒」。
銀座は大人のカウントダウンです。
40年以上続いている、新年の集会はいつもの男5人に紅一点、女医さんが加わり華やぎました。
b0069507_02100771.jpg今年のショーウインドウの事始めは「狛犬」です。いつ見ても、このショーウインドウのレベルは最高です。
b0069507_02095808.jpgグループの初詣は赤坂・日枝神社。
ここ2年ばかり、神社側のコストカットが露骨で、昨年の正月からはズーッと買っていた破魔矢を、ここで買うのを止めています。
買った破魔矢を巫女さんに持ってもらい、神様に奉納する踊りですが、昨年はコストカット(?)で1人でしたが、今年は2人に復活。
でも、これまでは、舞った後にお祓いをしていましたが、今年は舞の最後にお祓いを組み込んでいました。
これで、数十秒は時間短縮ができます。
この他、お参りすると時に鳴らす、鈴と布が無くなっていました。
賽銭を投げて、お願い事をするだけになりました。
昨年からは、本当の初詣は崇敬会の会員にもなっている、明治神宮にしています。

by mash_boss | 2018-01-02 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
師走27 納会  12月27日(木) 6267

b0069507_03283844.jpg
あの、ドンペリです。P2です。
某クライアント様からのいただきものです。
今日は、17時からこれで、乾杯、今年の締めをしました。
1月8日までお休みです。
でも、私は2日、3日はヨドバシカメラさんの新春ポートレート撮影。飯島チームは6日ロケで仕事始めです。
皆様、今年はどんな年でしたか?
来年はどうなるのでしょう?

やっぱり、心配なのは北朝鮮です。
来年の2月には軍事衝突か? なんて事が見聞きされます。
無事に平昌オリンピックひらかれるのでしょうか?
アメリカにトランプ大統領、中国に習近平、北朝鮮に金正恩、そして日本には… 少し遅れましたがノストラダムスの大予言は当たるのでしょうか?

どうか、来年の今頃も平和でいられますように。

b0069507_03530619.jpg
納会の後、写真界の〆の忘年会、CANONギャラリー銀座の忘年会に行きました。
今年もBVLGARIは蛇が巻きついています。


b0069507_03564555.jpg
BVLGARIの前はCartier GINZA Boutiqueです。
もう随分前ですが、Cartier銀座5丁目店ができたとき、オープニングレセプションの写真を写した事がありました。
随分違う世界が、日本にもあるものだと驚きました。
思えば、あれが今の銀座の萌芽だったのです。
銀座2丁目交差点は、4つの角にBVLGARI,Cartier,LOUIS VUITTON,CHANNELがある富の象徴の交差点です。

b0069507_04185831.jpg
そして、銀座キヤノンギャラリー忘年会です。
いつも、参加者が道にはみ出してしまうので、今年はプロのガードマンが参加者がはみ出さないようにしています。
そのため、会場内は例年にも増してすし詰め状態です。
明日、被災地に出発するので、今年は早めに失礼しました。

1年が終わりました。


ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-12-28 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
師走 08 伊奈信男賞、三木淳賞、そしてニコンサロン50週年。 12月8日(金) 6247

b0069507_07052543.jpg今日は、第42回伊奈信男賞と第19回三木淳賞、三木淳奨励賞の授賞式に出席しました。今年は、3賞受賞者はすべて女性でした。
伊奈信男賞を受賞した菅野ぱんださんは、広告やファッション誌で活躍するフォトグラファーです。
出身地、福島県伊達一帯の震災後の福島第一原発による影響を写した写真展「Planet Fukushima」で受賞しました。
広告やファッション誌で活躍するフォトグラファーがこの賞を受賞するのは珍しい事です。
文武両道ならぬ、商業・シリアス両道フォトグラファーです。
管野さんのWebサイトはコチらからどうぞ

そして、三木淳奨励賞の受賞者小倉沙央里さんは、異色の受賞者です。
修士号をもち、現在、カナダのブリティッシュコロンビア大学の博士課程在学中の研究者です。
男子もガンバレ!

b0069507_08435850.jpgこちらの男性は、菅野ぱんださんが所属するマネージメント事務所D CORDの社長緒方さんです。
オシャレです。
b0069507_08492072.jpg授賞式のおみやげは「ニコンサロン開設50週年記念 写真展案内はがきで綴る半世紀 1968~2017」です。
とてもおもしろく貴重な資料です。
1968年1月、銀座の松島眼鏡店3Fに開設されたNIKON SALON 、随分通いました。
篠山紀信さんの「The Birth」、坂田栄一郎さんの「Just wait」、小川隆之さんの「New York is 」等々影響を受けた作品は多数です。
私の夢は「銀座Nikon Salon」で写真展を開催する事。
でも、私の写すジャンルの写真とNikon Salonの写真の傾向は全く違うので、審査の応募にも出そうとはおもっていません。
Nikon Salon審査に応募できそうなテーマ、生き方を変えなければ当分見つかりそうもありません。


by mash_boss | 2017-12-09 09:25 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)