タグ:銀座 ( 90 ) タグの人気記事
お薦め写真展  9月18日(日)  6527


b0069507_02005826.jpg今日は、最近拝見した、お薦め写真展を3つ。
最初は銀座シャネル4Fネクサスホールで開催中の立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
私の拙い写真展のギャラリートークに2度もお越しいただいた、大好きな立木さんの写真展です。
これは、立木セオリーの写真展です。
嫌、セオリーというより、立木節の写真展です。
本物の「感性」とは何かを見せつけられます。そして、改めて、立木さんの写真、スナップに関する一貫性が実感できる写真展です。
立木さんのスナップ、女性写真かっこいいです。
こんな写真展を拝見すると、立木さんに2回もギャラリートークのお相手をしていただいた事、穴があったら入りたい気持ちです。

立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
開催場所:東京・銀座・シャネル4F ネクサスホール
開催期間:2018.9.1~9.28
開催時間:12:00~19:30 無休無料

次は品川のキヤノンギャラリーSで開催中の
第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」です。
川田さんの作品を最初に見たのは、アサヒカメラ誌上だったと思います。
川田さんは今年85歳の日本を代表するシリアスフォトグラファーであり、コンセプチュアルフォトグラファーです。作品は東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダン、ボストン美術館などにコレクションされています。
氏の作品は、他の写真家と異なる独特の視点をお持ちで作品は、シャープですが時にして難解です。
今回の写真展は「川田氏の作品群の中から『ロス・カプリチョス』と『ラスト・コスモロジー』を再編し、タイトル『百幻影-100 Illusions』のもと50点ずつ計100点を展示致します。」というもので、わかり易くストンと腑に落ちるものと、難解な作品が織り混ざって展示されていて、川田ワールドです。
川田さんの作品を写真展として見たのは、撮り下ろしの2013年のライカギャラリー「Unknown」以来です。
このチャンスを作ってくれたキヤノンに感謝です。

第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」
開催期間:2018.8.31~ 10.11
開崔時間:10:00~17:30 休館日:日曜日・祝日 無料

最後は東京都写真美術館の3F 
「TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら」です。
「この展覧会は、大人と子供、さまざまな立場の人たちが見たものや感じたことを自由に語りあって、作品の見方を深めていく、そんな光景が自然と生まれてくることを 目指しています。作品から読み取り、感じ取ることのできる数々の夢や想い、それから過去の記憶。想像力を働かせ、感覚をクリアにして、数々のイメージを体感し、その魅力を探してみてください。答えは一つとは限らず、きっと大人でも子供でも、楽しみや学びを新たに見つけることができるでしょう。」との序文にあるように、様々な名作を拝見できます。「お勉強」のできる写真展です。
我々が、デジタルカメラで気楽に写真が写せて、表現できるのも、このような土台の上でできるのだと、確信しました。
イロイロな表現や感性というものは、個人では無く人類として時代時代に引き継ぐDNA見たいなものがあるのではと思いました。
東京都に税金払っていてよかったです。

出品作家 50アーティスト (順不同)
ジャック・アンリ・ラルティーグ、マーティン・ムンカッチ、名取洋之助、土門拳、植田正治、林ナツミ、ジュリア・マーガレット・キャメロン、井上孝治、長野重一、牛腸茂雄、桑原甲子雄、蔵真墨、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・フランク、ジョセフ・クーデルカ、レイ・K.メッツカー、ロベール・ドアノー、山田實、荒木経惟、本城直季、渡辺義雄、ニコラス・ニクソン、ナダール、エリオット・アーウィット、ウィリアム・H.マムラー、W.ユージン・スミス、井手傳次郎、ギャリー・ウィノグランド、マーティン・パー、中山岩太、岩合徳光、フェリーチェ・ベアト、ダイアン・アーバス、瑛九、恩地孝四郎、竹村嘉夫、坂本万七、入江泰吉、今道子、岩宮武二、篠山紀信、ハロルド・ユージン・エジャートン、石田尚志、濱谷浩、木村伊兵衛、川内倫子、川田喜久治、宮崎学、山崎博、緑川洋一

開催場所:東京都写真美術館
開催期間:2018年8月11日(土・祝)~11月4日(日)休館日:毎週月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開館、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
入場料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 
開館時間: 10:00~18:00(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで



by mash_boss | 2018-09-18 06:21 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XXXIX 9月3日(月) 6512

From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_04070364.jpg
Christmas night at Roppongi Hills.
このところ、旅だミラーレスだと騒がしかったので、今日は私の好きな季節の写真。
クリスマスの六本木ヒルズです。
I'm dreaming of White Christmas…
今は暑いですが、3ヶ月もすれば…
日本には四季あって幸せです。


by mash_boss | 2018-09-04 07:09 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
本気だな~ 7月20日(金) 6470
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00502421.jpgこれは、あるレンズの鏡胴です。
マグネシュウム製で、見た目より軽くて驚きました。
発表会で、参加者に回されました。
私は、初めて見ました、そして触りました。
b0069507_00503535.jpg今日は上の鏡胴を使ったレンズ、FUJIの200mm F2の発表会でした。
APS-C用のレンズなので、35mmフルサイズ換算だと305mm相当になります。
望遠の明るいレンズが、こんな大きさでできてしまうのは、APS-Cの利点です。
手持ち撮影完全OKです。
実物のタッチ&トライでXH1に付けた状態で覗きましたが、適度な重さで手に馴染みました。
肝心のお値段は、1.4倍のテレコン同梱で¥838,500,-との事。なかなかのお値段です。
10月発売予定です。

このレンズの詳細はココからどうぞ。

b0069507_00512315.jpgもう1本、発表がありました。
8-16mm F2.8 35mmフルサイズ換算12mm~24mmの超広角ズームです。
使用感をプレゼンしたのは、ヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしているフォトグラファーの織作峰子さんです。
織作さん人気あります。
織作さんを写す参加者も結構いました。
現在銀座和光のホールで写真展開催中の織作さんは、会場から駆けつけました。

12mm~16mmの詳細はココからどうぞ。
織作さん写真展の詳細はココからどうぞ。

b0069507_00504660.jpg超広角レンズって、こんな光の入り方するんですね~!
レンズ、20枚も使っています。
気になるお値段は¥277,500,-で11月下旬発売です。

b0069507_00512357.jpgレンズ開発・発売のロードマップも発表されましたが、その中でのスターは、33mm F1.0 オートフォーカスです。
35mm換算50mmの1.0のレンズが2020年までには発売されるようです。

製品発売まで3ヶ月、4ヶ月先のレンズの発表会を開催する… これって、もうすぐ発表発売と噂されている、NikonとCanonのミラーレスへの対処なのでしょうか?
フジがレンズのみでの発表会を開催するのは、初めてとの事で力が入っています。

今年の9月のフォトキナ以降は楽しくも騒がしい事になりそうです。


by mash_boss | 2018-07-21 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
火ともし頃 恋の銀座・・・  7月9日(月) 6460


b0069507_04432689.jpg今日のタイトル、火ともし頃 恋の銀座・・・ 
若い人は知らないで当たり前の「ふたりの銀座」というデユット曲のフレーズです。
火ともし頃、銀座へ行きました。
7月の銀座は17時半過ぎなのに、まだまだ明るかったですが、ガス灯が・・・
銀座Chanel、現在工事時ながら営業中なのですが、歩道にある工事用の鉄骨の柱にガス灯のカバー。
さすが、ブランド、銀座。
Chanelオシャレです。
b0069507_04282492.jpg銀座に行ったのは、デートでは無く、銀座のお隣、京橋のフジフォトギャラリー銀座で12日まで開催中の相原さんの写真展「STAR SNOW STEEL~夜が織りなす鉄路の世界~」拝見のため。
相原さん、取材受中です。
相原さんの別の世界を垣間見ました。
撮鉄と風景写真の間を微妙に浮遊する相原さんの鉄道写真ステキです。

大阪でも開催されます。詳しくはココからどうぞ。

b0069507_05155112.jpg
相原さんの写真展の次に伺ったのは、キャノンギャラリー銀座で開催中の ー佐藤 和斗 写真展:DEER LAND -鹿たちと彩- 
写真展紹介の文中「それは誰もが知る鹿でも、奈良の人々が知る鹿でもない、氏だからこそ写し止められた、楽園で気ままに暮らす彼らの魅力が溢れる写真展です。」のとおりの、これまたステキな写真展です。こちらは11日まで。

名古屋、大阪のキヤノンギャラリーでも開催されます。


b0069507_04283355.jpgキヤノンギャラリーでバッタリお会いしたフォトグラファーの若子Jetさんと、ソニーギャラリー銀座へ・・・
昨年はお世話になりました。
こちらは、12日まで 第35回「日本の自然」写真コンテスト受賞作品展 主催/朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会 を開催中です。
アマチュアの力、凄いです。
いい写真は、アマチュアもプロも関係ありません。

写真展詳細はココからどうぞ。

b0069507_05262089.jpg最近、スニーカーのニューバランスに興味があります。そしたら、MASHのファッショニスタ・営業の岩佐君が本日ニューバランスを履いているではありませんか!しかも、こんな形で!ニューバランスについてのお話を30分。スニーカー、奧が深いです。お値段も、なかなか奥が深い。


b0069507_04400456.jpgその岩佐君(右)とフォトグラファーの岡安君が、ファッション系のイメージシートを見ながら打ち合わせ。
楽しそうでした。きっといい写真がとれるでしょう。

最後になりますが、西日本、九州の週末の集中豪雨の被害、死者がこんなに多くなるとは・・・
心が痛みます。
私の気持ちを代弁してくれるような、記事を見つけました。

亡くなられた方に合掌。


by mash_boss | 2018-07-10 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
夜の銀座 6月7日(木) 6428

b0069507_05441215.jpg夜の銀座はきれいです。
夜の銀座がきれいに思えない時は、何か問題がある時です。
夜の銀座が楽しく見える時は、Happyな時です。
今日の見え方は・・・

気分とは関係なく、客観的に見てきれいで大人の街だなと、つくづく思うのです。
左のエッフェル塔は、Chanel、右のCartierはビル全体の照明が色々と変わります。
Cartierの奥には、Swarovski,向かいにはBVLGARI,Chanelの向かいはLouis Vuitton,少し離れてTiffanyと、ゴージャスです。

b0069507_05441149.jpg銀座に行ったのは、キヤノンギャラリーの「島田 真希 写真展:DAY AFTER DAY −神、人、人、人−」のオープニングレセプション。
バリ島、何回かロケで行きましたが、ムスリムのインドネシアのなかで、バリ島ではヒンドゥー教徒が9割を占める特別な地域です。
不信心者の私でも、神を感じました。
バリ島に運命の出会いを感じた島田さんが、女性ならではの視線で捉えた写真展です。

詳しくはココからどうぞ!
b0069507_05441292.jpgそんな写真展で不信心者の代表のような2人にあいました。
フォトグラファーの横木先輩とHARUKI君です。
横木さん、最初は少し離れたところにいたのですが、最初はどなたかわかりませんでした。
横木さんとは、約1年ぶりにお会いしたのですが、その間に髪の毛をショートにして、体重は10Kg以上スリムになったとの事でした。
HARUKI君はHARUKI君です。遠くにいてもわかります。😁
b0069507_05441150.jpg日本のブランドの水準も高いです。
ショウウインドーのディスプレーの水準が高い事で有名なのは、4丁目の和光ですが、英國屋さんのショーウインドウもなかなかでした。



by mash_boss | 2018-06-08 07:14 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
価格設定。 6月5日(火) 6426

b0069507_02235748.jpg1日にエントリーした、壊れたHDDですが、本日、時間があったので状況を診断してもらいました。
結論は、ハードディスクのモーターが壊れていて、モーター交換との事でした。購入してから、半年もたっていません。
交換のお値段は怖くてきけず、そのまま返してもらう事にしました。

ハードディスクの故障は、論理障害と物理障害の2種類に分けられ、今回はあきらかに物理障害です。という事は、修復費はかなり高額になりそうです。
診断していただいたのは、私のブラウザーで最近よく広告が表示される、銀座にある大手のデーター修復業者さん。
Webを見ると、国立大学の研究室等も利用していて安心できそうです。
電話で予約をとり修理会社に行ってみました。
最初の電話の対応ですが、総合案内の女性にアンケートをされ、専門の男性に変わりましたが基本親切でした。

持ち込み先は、銀座7丁目の昭和通り沿いのきれいなビルの2フロアーで営業中の大手です。
時間より少し早く行って待っている間にロビーのモニターに流れているPVを見ていると、HDDのデーター修復ばかりでなく、スマホやタブレットからの写真データー修復が多い事も判明しました。
スマホ普及とともに、こういう修復業者さんも、忙しくなるんだと妙に納得。
なかにはスポーツ写真家のK氏も登場して、64GBのサンデスクCFカードからのデーター修復という例も・・・
待つこと10分程で個室に通されて、いかにもIT系の青年に状況説明をしました。(個室は秘密保持のためだそうです。)
「物理障害だとデーター修復に数十万円かかる事もあります。部品交換になると桁が違うことも・・・」との事。
予算はいくら位かと聞かれたので「10万円くらいと」答えると、ちょっと困った表情をして、どうしても修復したいデーターはどれですかと聞かれました。
結果がわかるまで、時間~1時間半必要という診断をお願いして、事務所にもどりました。
その後、電話がかかってきて診断結果は「モーターが壊れていたので、部品交換になります。」との事。という事は、桁が違うと先言っていたので・・・
ここでも、予算の事を聞かれたので10万円と答えると「クリーンルーム内での作業になるので、うちでは無理なので技術指導をしている業者さんを紹介しますので、そこだったら5~7万円で修理できます。」という事でした。
なになに、数十万以上かかる作業が、業者さんが違うだけでそんなに価格の差がでるなんて、どうなっているんでしょう?
実は、壊れたHDDのデーターの殆どは、他のHDDにバックアップしてあります。
という事情もあり「今回は諦めます。」と言うと「何故ですか」と質問されました。
「ほとんどのデーターがバックアップしてあったので・・・」と返答すると「気持ちが変わったんですね?」と言われました。この場面で男女の話でも無いのに「気持ちが変わる。」という表現に戸惑いながらも「そう、気持ちが変わったので、HDD戻してください」とお返事しました。
後から、Webで調べたら論理障害でも物理障害でも一律\39,800,-と場合によっては、メディア代金¥12,000,-もしくは書き込み料金\5,000,-という、評判の良い修復屋さんもありました。
HDDのデーター修復の価格設定ってどうなっているんでしょう? 

※写真はこれまで使用していたのと、現役のHDDです。

b0069507_02274489.jpg今日も「四谷ヒルズ」の工事です。
鉄骨が見えてきました。


by mash_boss | 2018-06-06 07:12 | 機材 | Trackback | Comments(0)
銀座、仙台、牛タンの夢。 6月2日(金) 6423


b0069507_23102826.jpg今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の総会でした。
ところで、APA、全国展開をし、自分のナショナリスト的著書をホテルの部屋に置いて物議を醸し、初期には自分の奥さんをTVCMに登場させた、ホテルチェーンとは、全く関係はありません。
我々、APA・公益社団法人日本広告写真家協会はもうすぐ設立60年で、当初からAPAを名乗っていますが、多勢に無勢、あちらは、たくさんTVCMを流すので、APAの文字を見れば、悔しいですが、皆さんホテルを思い浮かべます。
でも、呼び方はあちらはアパ、こちらはエーピーエーと発音します。

写真は、自己紹介をする今年の新入会員です。


b0069507_03325013.jpg
総会後の懇親会の乾杯の音頭は、オリンパスのプロ・カルチャー推進部部長の隠岐さんです。
プロ担当になられてから4年8ヶ月、7月1日付で、中国・北京のオリンパスの幹部へご栄転です。
お世話になりました。
北京でも、良いお仕事をしてください。

b0069507_23103725.jpg懇親会を一足先に抜け出して、JR有楽町駅に向かって、銀座を歩いていたら、ハマーのストレッチリムジンが・・・
都バスより長そうです。


b0069507_23104470.jpgなかからは、パーティーにでも行くようなコスチュームの女子が降りてきました。
銀座、華やかです。
どこに行くのでしょう・・・ もう少し見ていたいけど、私には行く所があるのでパス。


b0069507_23105178.jpg東京駅から東北新幹線にとびのり仙台着。
明日は全日写連の松島撮影会です。
牛タンの夢を見ながら、ひとり寂しく、おやすみなさい・・・



by mash_boss | 2018-06-03 07:11 | イベント | Trackback | Comments(0)
いいな~ 5月24日(木)6417

b0069507_06155150.jpgスタジオでは、昨日今日とオーディションです。

b0069507_06040645.jpg夜は、銀座キヤノンギャラリーでの、「桜井 秀 写真展:DRY EARTH-乾地-」のオープニングパーティーにお邪魔しました。
桜井さん(左)は、伝説の写真集団VIVOの暗室マンからプロとしての写真活動をスタート。
その後、博報堂写真部のフォトグラファーになり、定年後シリアスフォトグラファーとして、アメリカの西部を、モノクロで写し続けて、写真賞も受賞しています。
フォトグラファーとしては、最高の生き方です。
ヨドバシカメラのお正月のポートレート撮影では、宇都宮店を担当していただいています。
b0069507_06040622.jpg10年前に、ルート66を走行して写真集を出版されました。
写真展も開催されましたが、素晴らしいものでした。
桜井さんはフィルムで、しかもモノクロだけで撮影されていたのですが、今回の写真展の写真は、デジタルでの撮影です。
b0069507_06040667.jpgルート66を写した時は、奥様も同行されました。
長年の奥様のご苦労をねぎらって、ケーキにナイフ入刀です。

桜井さんの写真展詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-05-25 07:18 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
シャネル 写真展 5月1日(火) 6397

今日から5月、来年の今日はもう「平成」ではありません。そして、今日はメーデー。
今の若い人は、メーデーを知らないとか・・・
いいんですかね〜 日本の労働環境。
組合の組織率は下がるは、フリーランスや職人的職業の権利を守る「ユニオン」なんてないし、労働者は資本主義の大本のアメリカの方が、組合やユニオンでしっかり守られているようです。
「働き方改革」いいんでしょうか・・・
b0069507_03270674.jpg連休の中日。
銀座で2つの写真展を拝見。
まずは、サラ・ムーンの写真展。
会場は、シャネル4Fのネクサスホールです。
この前の、ディオールの写真展もそうですし、フランスのアートの「分厚」さ凄いです。ただただ、感嘆です。

ところで、会場内では皆さん当たり前のように、スマホで会場の様子や作品を複写的に写しています。
会場には、撮影禁止も出ていないようですし、さりとて撮影可も掲示されていません。
会場の係員の女性も何もいいません。
私も、掲載した写真他数枚を撮影しましたが「いいのかな〜」と思いつつ、なにか居心地が悪かったです。
この写真展は「must」な写真展です。

サラ ムーン「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」
開催日時:2018年4月4日(水)~5月4日(金) 12:00~19:30 ※無休
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
b0069507_03270750.jpg次に拝見したのが、銀座・松屋7F特別室で開催中の「吉田大朋 美の残像 1970年代モードの美しきアーカイブ」
吉田大朋さん、日本のファッション写真の紛れも無き大御所だった写真家です。
若い方はご存じ無いかもしれません。
残念ながら、昨年、亡くなられました。
私の世代にとっては、憧れのフォトグラファーです。
この写真展、写真はもちろんですが、絶対見て欲しいのは、会場に置いて有る70年代〜80年代のファッション誌。
今は無い雑誌もたくさんあり、そのファッションページの写真の力強くて、カッコ良くて、のびのびとしていること、凄いです!

吉田大朋 美の残像 1970年代モードの美しきアーカイブ
開催日時:2018年4月30日(月)-5月 5日(土) 10:00-20:00 無休 ※最終日17:00閉場
入場料:無料

会場:銀座・松屋 7階 特別室 住所:東京都中央区銀座3-6-1

b0069507_03270721.jpg画面、左が吉田大朋さんの写真展を開催している、銀座・松屋です。
右の工事中のビルがシャネルです。
銀座は、あらゆる写真好きにとって見逃せない「地域」です。
Nikon,Canon,SONY,RICHO,Leicaといったカメラメーカー系のギャラリーの他に、シャネルやエルメスも質の高い、文化的な写真展を開催するので、チェックが必要です。

本日、ご紹介した写真展も開催を知ったのが最近です。
会期の終了もも迫っています。
お時間が有る方は、是非どうぞ。
b0069507_03270809.jpg今日のランチは、訳ありで月島のスペインクラブでランチでした。
チーズと何か(忘れました)のバケットのサンドイッチです。
チーズ嫌いですが、このチーズは濃厚で美味しかったです。
麺類も好きですが、こういったランチも好きなのです。
もちろん、スペインビールとホワイトワインもつけました。

b0069507_03270730.jpg今日は、スタジオでは三次君がコーディネーター岡本の撮影です。
レタッチの時間、納品次期からの逆算で、どうしても今日撮影しなければならないそうです。
b0069507_03270818.jpg今日の銀座で、こんな人見つけました。何を来ても自由な東京ですが、ちょっと不思議です。思わず、1枚シャッターを押しました。



by mash_boss | 2018-05-02 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. 4月30日(月) 6396

Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.
XXⅥ
b0069507_04452690.jpg
The Imperial place.


by mash_boss | 2018-05-01 07:26 | 写真展 | Trackback | Comments(0)