タグ:銀座 ( 121 ) タグの人気記事
立木教…  8月22日(木)  6658
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03340750.jpg今日は、ライカギャラリーで本日から開始の立木義浩写真展「まばたき」のオープニングレセプションにお伺いしました。

立木さん、私の写真展のギャラリートークでお世話になっています。

スナップの名人立木さんのスナップ、ステキです。
ご本人もカッコいいです。

立木さんとLeicaの出会いは、このレコードジャケットだったそうです。
OSCAR PETERSON TRIOのON THE TOWN.
ライカM3が写っています。

b0069507_03340809.jpg写真集「Blink」も発売されました。
立木さんにサインをしていただきました。

私は、今日から立木教になりました。

立木義浩写真展「まばたき」、東京と京都のライカギャラリーで同時開催。
2つのギャラリーでの、展示写真は異なります。
2つ見て完成です。

9月から10月にかけて、ヨドバシカメラの撮影会で2回京都に伺うので、絶対にライカギャラリーに行きます。


立木義浩写真展 「 まばたき」
会場:ライカギャラリー東京 (ライカ銀座店2F) 東京都中央区銀座6-4-1 Tel. 03-6215-7070
期間: 2019年8月23日(金) - 2019年12月4日(水)
展示作品: スナップ・ショットのモノクローム作品14点

会場:ライカギャラリー京都 (ライカ京都店2F)京都市東山区祇園町南側570-120 Tel. 075-532-0320
期間: 2019年8月24日(土) - 2019年12月4日(水)
展示作品: スナップ・ショットのモノクローム作品15点



by mash_boss | 2019-08-23 07:05 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
本気です。  6月21日(金) 6608
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_16371627.jpgこの写真は昨日写しました。
マクラーレン720Sです。
場所は、MASH原宿の事務所のお隣、イベントスペースの「ジング」の外に展示されていました。。
昨日、この車とは違う、マクラーレン『GT』の発表会が「ジング」で開催されました。
マクラーレン『GT』は日常での使い勝手を考慮した実用性のあるスーパーカーだそうです。
どこが実用的かというと、ゴルフバッグや大きめのバッグも積めるスペースがあり、歩道を乗り越えるときの段差や路面のバンプなども考慮して、車高も上げているとの事です。
マクラーレンは日本での累計販売台数が1000台を超え、今年度の販売台数は前年比で64%増と絶好調のようです。
新しい「GT」投入で、本気で日本市場を開拓していくようです。
気になるプライスですが、2645万円~(消費税込み)という事で、実用性があっても庶民には買えません。

b0069507_16371530.jpgさて、こちらは買える可能性がある「本気」です。
今朝の日経産業新聞です。
「パナ『ルミックス』ブランド強化」
言わずもがな、ミラーレスカメラの事です。
今年、外国語堪能なスタッフを揃えたショールームとギャラリーを銀座にオープンし、オリンピックの外国人観光客にも、日本のユーザーにも対応します。
2017年には、日本でプロサービスを開始、2018年には、アメリカでもプロサービスを開始、2019年からは、ヨーロッパ各国でもプロサービスを開始しました。
もちろん、来年のオリンピックにはプレスセンターにプロ向けサービスブースをだします。
パナソニックの販売は9割が国外。その内の5割がヨーロッパという事です。
2021年のフルサイズミラーレスカメラ出荷台数は100万台と推定され、そのうちの10%のシェア獲得を、パナソニックは目指します。
パナソニック、本気ですね〜!



by mash_boss | 2019-06-22 07:21 | カメラ | Trackback | Comments(0)
始まりました。 6月20日(木) 6607
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03232293.jpgヨドバシカメラ撮影会は、前半を終了し8月から後半戦になりますが、今日から始まったのが「審査」です。
今日は、4月の京都・嵐山着物撮影会の審査でした。
審査会場は、3月18日にオープンした、ヨドバシカメラの本社会議室です。
ピカピカの本社、きれいです。
b0069507_03232261.jpg午後は、フォトグラファーの桃井君がハッセルブラッドX1D II 50Cの発表会の帰りに寄ってくれました。
その後、前CAPA編集長石田さん(写真の人です。)と打ち合わせ。

b0069507_04025777.jpg
これが、桃井君が行った発表会で登場した、中判カメラハッセルブラッドX1D II 50Cです。
5000万画素で、センサーのサイズは 43.8 x 32.9mmです。
外観は前のモデルと変わりませんが、AFスピードやファインダー等々が前のモデルより、改良されています。
そして、お値段もお安くなりました。
富士のGFX50Rを意識しているのでしょう。
私から見たこのカメラというか、ハッセルブラッドの最大の特徴はシンクロが1/2000秒まで同調する事です。
フィルム時代の銘機500シリーズもレンズシャッターで1/500秒までのシンクロ同調で、本当に助かりました。
ハッセルブラッドは他のシリーズのカメラでも、1/2000のシンクロ同調です。
フィルムカメラからの特徴を継いでいます。
1/2000まで同調はデーライトシンクロの自由度が、ライバル機よりはるかに高いです。
高速同調、プロにとっては重要です。

b0069507_03232284.jpg石田さんと打ち合わせの後、一緒に銀座CANONギャラリーの小澤太一君の写真展「SAHARA」のオープニングレセプションに伺いました。
小澤君の新境地です。

写真展詳細はココからどうぞ!
b0069507_03232217.jpgそして、小澤君の娘さん、3歳です。
おもちゃのカメラを持って撮影中?
でも、将来は豆になりたいそうです。⁉
ほんとうにカワイイです。




by mash_boss | 2019-06-21 07:02 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
なりたい事と、なれる事。アシスタントについて。 6月3日(月)6950
人気ブログランキング参加中です。
MASHは、現在セカンドアシスタントを募集しています。
募集の途中報告です。
こちらの希望する人物と、応募してくる方の「ズレ」もあります。

募集要項の「アシスタントの覚悟」の「30才過ぎてから一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、応募可能年齢は26歳位までです。(それでもという方は、挑戦は可能です。)」の゛挑戦は可能です。”という事で、応募してきた女性と面接しました。
応募のメール等は、しっかりしていて、常識もあるちゃんとしたメールでした。
学生等が送ってくるメールとは違います。
国立大学を出て、それなりの会社で働き、年収は500万円代後半。
会社に対して倫理的不満がおありなようです。
写真は、ある世界では有名な方を撮り続けていて、少し印刷物にもなっています。
写真に伸び悩みがあり、もっと前に進むには、どっぷり写真の世界に浸からなければと、アシスタントに応募してきました。
もちろんプロにはなりたいようですが、どういうプロになりたいかは、ご自分でわからないようです。アシスタントになったら年収が下がる事も覚悟の上です。
MASHがアシスタント募集している事は、彼女の写真関係の知り合いから知ったようです。
似たような作品や、まねたような作品を写したくなく、独自の写真を写したいので、写真の雑誌や本は、見たり読んだりしないとの事。
写真のテクニック等も本で学ぶより、実際の撮影現場で学んだ方がいいと思うので今回応募、ライティングやテクニックの本や雑誌も見ないという事です。
好きな写真家はアンリ・カルティエ=ブレッソンとの事。
作品を拝見しましたが、残念ながら、感性も感じられず、写真的にはプロになれる要素は感じられませんでした。
20代前半の大学や専門学校出たての人でしたら「叩き直せる」かも知れませんが、30才を結構すぎている人には無理な話です。この事は、彼女に率直にお話しました。
デジタルになり、カメラでもスマホでも簡単にある程度の写真が撮れるので、プロにも簡単になれてしまうと思う方が、特に社会人に多いようです。
1時間弱お話しました。納得なさったようで「色々とお恥ずかしい限りでしたが、仕事をすることについての根本は分野が違っても変わらないことを見直せました。今の自分の環境があるからこそ、できることがあることも再認識でき、お時間を割いていただき感謝しております。梅雨入り前の貴重なひとときをありがとうございました。」とのメールをいただきました。

もうひとつは、若い男子です。
誰でもが知っている超優秀な進学校を出て、東京六大学の優秀な大学に進学、1年間休学した後中退してプロのフォトグラファーを目指している、若い男子を試験的に採用しました。
私だったら、大学絶対に卒業するのに~
結論は、勉強ができる頭はいいのですが、フォトグラファーになれる頭ではないのです。
「あがり症」という面もあるようで、焦ると「頭が真っ白になる」ようです。
試験採用中に色々あり、このままだと、スタッフやキャストに怪我をさせてしまうような事故を起こしかねないので、本採用はせず退職してもらいました。

なりた事と、なれる事が大いに違うのがフォトグラファーのアシスタントであり、プロのフォトグラファーになるという事です。

色々考えるに、フォトグラファーのアシスタントって難しい職業だと思います。
「細心の注意を払う心と、大胆不敵な心を持ち、柔らかい頭を持ち、飽くなき探求心と持続力を持ち、体力があり、機械関係にもデジタルにも興味があり、写真が好きでいて、そのレベルある一線は超えていか、超える要素がある…」という人、そう思う人がアシスタント向きです。ハードル上がったでしょうか? 

MASHアシスタント募集要項です。ここからどうぞ!

b0069507_04144511.jpg千葉県、白子の玉ねぎです。
水にさらさないで、食べるのだそうです。
先輩のフォトグラファーからいただきました。
玉ねぎ好きなので嬉しい限りです。
b0069507_04144580.jpg今日は、写真弘社の銀座のギャラリーで、ラムダプリントの写真展「4人のカメラ eyes」を拝見。
相原正明、織作峰子、菅原一剛、長倉洋海さんという、あまりみない組み合わせの写真展です。
6月6日(木)まで開催中です。モノクロプリントに興味のある方はどうぞ! 
b0069507_04144443.jpgもうひとつ拝見しました。
フォトグラファーの並木隆さんが指導なさっている、第12回フォトクラブ四季彩写真展「K・A・G・E ~光の旋律~」を拝見。
日頃何かとお世話になっている方も出展なさっています。
並木さんの指導もあってか、結構新しい作風も多く、楽しめました。
6日(木)14:00までです。


by mash_boss | 2019-06-04 07:23 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
銀座、仙台  6月1日(土) 6948

b0069507_02493516.jpg毎年、6月の第一土曜日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の総会です。
今年から、会場変更。
総会は2時間弱で無事終了。
会長の閉会宣言とともに、会場早退。
今年は、懇親会パス。
b0069507_02493426.jpg今年のAPA総会会場近くにあって、ビル建て替え工事でしばらく閉店していた、ラーメンの名店「共楽」が、3年ぶりにリニューアルオープンです。
ラーメンというより、昔ながらの中華そば。
デコラティブでもなく、醤油味の昔懐かしいタイプ。
私は、ワンタン麺が好きです。
今日は、時間が無いため向かいの立ち食いそば屋で我慢。
今度、ちゃんと食べに行きます。

b0069507_02493525.jpg16時20分のハヤブサに乗り、仙台移動。
18時過ぎから、明日の全日写連・松島撮影会の世話役の方達と、前夜祭。
明日は、天気も良さそうなので、お酒を安心して楽しめました。
でも、一昨日の事があるので、酒量は控えめ。
乾杯ビール小ジョッキ1杯、ハイボール1杯、日本酒冷酒小さめのグラスで1杯、水1杯で終了。
水が重要です。

ところで、東海道新幹線は、時刻表も見ないでも「ひかり」はたくさん走っていますが、東北新幹線は仙台まで早く行こうと思ったら、そうは行きません。
東海道新幹線が「異常」なのでしょう。


by mash_boss | 2019-06-02 06:49 | イベント | Trackback | Comments(0)
諸々Ⅴ 5月30日(木) 6496

b0069507_07114269.jpg今日の夜は、銀座に4月にオープンしたLIMIXギャラリーでの写真展「相原正明 写真展 Earthrait ~光彩の大陸・オーストラリア~」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
相原さんがオーストラリアに関わって30年、Panasonicがミラーレスを発売して10年を記念した写真展です。
相原ワールドです。
5月31日(金)~6月26日(水)
会場時間:11:00~19:00(最終日のみ15:00まで)
入場料:無料
是非どうぞ!

LUMIXギャラリー、写真展詳細はココからごうぞ!

b0069507_08131653.jpg会場には、ここ2年間ばかり、相原さんのオーストラリア撮影のアシスタントを務めている、フォトグラファーの山口君もいました。
関西からの参加です。

b0069507_07114257.jpgオープニングレセプションの後は、オー バカナル 銀座で、CAPA前編集長の石田さんと、一杯。
b0069507_07114363.jpg午前中は、JPS会員で香港をベースにアジア一帯の写真関係諸々を色々やっている、柴田君がプロデュースしている「東京写真月間 2019Japan Photo Globe Presents / Meets Hong Kong」にお邪魔しました。


b0069507_07114212.jpg会場内では、こんなものも売っています。
b0069507_07114203.jpg今日の原宿の車です。
60年代の車のレプリカでしょうか?
ロールバーも装着、音も勇ましく、やる気満々です。
b0069507_07114268.jpg四谷ヒルズです。
外壁パネル、貼り終わりました。
でも、まだもうちょっと作業が残っているようです。



by mash_boss | 2019-05-31 08:21 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
機材準備 5月18日(土)  6484

b0069507_20013200.jpgMASHでは、今日を挟んで10日ばかり、都内某所の大きなスタジオで、3セット組んでの大きな撮影が続いています。
市ヶ谷のスタジオはこれから必要になる機材や、使い終わった機材の中継基地になっています。
クライアントさんや、代理店に支障のない範囲で書ける事はこれまで。
「プロカメラマン達の撮影日記です。秘密の撮影も多いのですが、各方面OKのものを掲載。プロの世界を少しだけ覗けます。」とは十数年前に、ブログランキングに登録した時の謳い文句です。
それから、どんどん縛りがきつくなりました。
Net時代、特にSNSが盛んになって、広告系撮影の「秘密保持」が、うるさく言われるようになりました。
ロケ先で、風景写真をSNSにアップする場合は、位置情報を切ってください。
スタイリストさんや、ヘアメイクさんにも秘密保持をお願いします。…
もちろん、モデルさんも…
SNSの影響、ただただ驚くばかりです。
これまでは、個人がこんなに通信手段と「メディア」を持つなんて、想像もできませんでした。
それが、今はスマホひとつで個人TV、個人Radio等々ができてしまいます。
用心しないと秘密はダダ洩れです。

携帯電話どころか、FAXも一般的で無い時代から仕事をしてきた私の世代ですが、昔の事なんてとっくにわすれて、あの頃はどうやって仕事をしていたのか、思い出せない今日この頃です。
「便利になるは、気を使う事も多くなる事」です。



by mash_boss | 2019-05-19 07:06 | 機材 | Trackback | Comments(0)
届きました‼ 5月16日(木) 6482

b0069507_01260568.jpg待っていたXQDカードリーダー、ヨドバシ.comから届きました。
知らなかったのですが、XQDカードでも[USB]と記されているカードのみ対応するそうです。
どうも、USB非対応のカードは、少し前の製品で今は生産終了のようで、現在入手できる製品は、全てUSB対応のようです。

b0069507_01260977.jpgちゃんと、マウントできました。フ~

b0069507_01255679.jpgライカギャラリー東京のオープニングレセプションにお邪魔しました。
今回は医師であり写真家である石井靖久さんの、医学を背景に構成された脳で自然を捉えた写真展 「細胞の海、神経の森」 です。
石井さんの本業は、内科のお医者さんです。
それにしても、肩にさがっているLeica気になります。

b0069507_01255166.jpgPanasonicが、Leicaストア東京&ギャラリーの斜め前に、4月にLumixのショールームとギャラリーをオープンしました。
ここは、鳳鳴春銀座店という老舗の中華料理屋さんでした。
LeicaとPanasonic、 Lマウントの両雄が道を挟んで相対します。
ライバルというより、アライアンスの戦略なのでしょうか?
Sigmaもご近所にオープンですか?😉

b0069507_01254898.jpgショールームに入ったら、おねえさまがミネラルウオーターをくれました。
できたばかりなので、空いています。
カメラをゆっくり触れます。
5月23日発売予定ののルミックスG99も触れます。

2Fギャラリー、壁面はちょっと複雑ですが長さ47m、何と言っても土日オープンがいいですね!
メーカー系ギャラリーは、日曜クローズが多いのです。
銀座ギャラリー巡りが一か所増えました。

b0069507_01261575.jpg朝、スタジオに行く道すがら紫陽花を見つけました。
これから、色づいていくのでしょう。


by mash_boss | 2019-05-17 06:58 | 機材 | Trackback | Comments(0)
長老  3月7日(木) 6682
今日の夜は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の会長、熊切圭介さんの写真展「揺らぐ街」(キヤノンギャラリー銀座)のオープニングパーティーに伺いました。
熊切JPS会長(左)と田沼前JPS会長(右)です。
熊切会長85才、田沼前会長90才です。
熊切会長は、少し体調を崩されていますが、田沼前会長はお元気です。
長寿日本そのものです。
人口減少日本、高年齢者もお元気で働いていただかなければ…
私の世代になると、サラリーマンの友人達が定年をむかえます。
それまで、元気だった人も定年を過ぎると輝きが弱まります。
人材がもったいない・・・
また、年老いた親の看護で、現役を離れたり、仕事をセーブするフォトグラファーも見受けられます。
日本の写真界も日本の縮図です。

写真展詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2019-03-08 07:18 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
削除警告!  2月8日(金)6655 
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06080270.jpg
今日は、写真の多様性を確認する2つの写真展御紹介です。
最初は、六本木で今日から始まった山縣勉写真展「観察 SURVEILLANCE」です。
山縣君は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員として一緒に活動しているフォトグラファーです。
JPSのなかでも、少ないArt系のフォトグラファー、シリアスフォトグラファーです。

「彼女たちに興味を持ったのは、きっと自分が年をとったせいなのだろう。多くの20歳代の女性から感じる不可解な冷淡さと、同時にもつ大胆さ。彼女たちを覗いてみたい、解き明かしたいという欲望は、こうした方法を私にとらせた。」

ちなみに、写真展紹介のために、写真展プレスレリースから数点の写真を構成し、アップしようとしたら「削除警告」が出ました。
初めての経験です。

「観察 SURVEILLANCE」は、実は写真集を見るべき写真展なのです。



b0069507_06081466.jpg「こうした方法」とはこれです。
動物等の生態を写す、赤外線カメラです。
動きを感知すると、自動的にシャッターが切れます。
フラッシュも赤外線なので、被写体はいつ写されているか、気が付きません。

「趣旨を説明し、動体を検知すると自動的に撮影する赤外線監視カメラを女性たちに預けた。操作が不要で、音や光を発することなく撮影し、画像を確認する機能はない。
彼女たちは自分の部屋でカメラを前に動き回った。
撮影者はいない。
カ メラを回収するとき、彼女たちは私以上に撮られた写真に興味津々だった。
まるで他人を覗き見るかのように。」


b0069507_06082022.jpg山縣君です。
経歴は​慶応義塾大学法学部法律学科卒業し、某大手企業に就職。その後フリーのフォトグラファーになったという、異色な経歴です。

生態観察のようなこの写真展。
改めて、女性という生物と男性という生物は違うな~ と感じます。
女性心理の奥深さ、不可解さは永遠の謎です。

男は、自分の部屋にカメラを据えて自動撮影、それを発表される。なんて事は思いもつきません。
女性写真家は、20代の男に同じような発想をするのでしょうか。
男と女の間には
深くて暗い川がある
誰も渡れぬ川なれど
エンヤコラ今夜も船を出す
(黒の舟歌 作詞能吉利人)

写真展詳細はココからどうぞ!


b0069507_06083008.jpgさて、こちらはフォトグラファー レスリー・キーさんとディレクター井上嗣也さん、有名タレントとのコラボ写真展「Bookish」のオープニングレセプションにです。
会場は、銀座のライカギャラリー東京です。

こちらは、とてもわかり易い写真展です。


b0069507_06083598.jpg
カッコイイ写真の写真展です。

見終わった後、家に帰り何故か、写真家新正卓を思い描いていました。
新正さんは「河を渡った。」といって、コマーシャルフォトから写真表現者に変わりました。
新正さんは、1970年代の日本の広告写真状況を「70年代の職業写真家時代の僕を取り巻く環境は、金髪で碧い眼、八頭身のマヌカンにすべての広告界が主体性なく傾斜した時代で、流行の上澄みというか、風俗の先端に立つためのいじましい努力、そんなことに辟易としはじめた自分自身への悶えみたいなものからの脱却を意識していました。」
この頃、アシスタントをしていた私は、実感としてわかります。
今、デジタルで写真が写しやすく、メディアの種類も増えました。でも、エディトリアル、広告系のフォトグラファーの職業としての寿命は短くなったように思います。経済状況は新正さんの頃より、遥かに悪くなっています。現在を生きるコマーシャルフォトグラファーは、いつ河を渡るのでしょうか?

レスリー・キー写真展詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2019-02-09 09:12 | 写真展 | Trackback | Comments(0)