タグ:銀座 ( 100 ) タグの人気記事
審査をしました。 11月8日(木) 6562

b0069507_06143856.jpg今日は朝から、ヨドバシカメラ撮影会の仙台と札幌の撮影会コンテストの審査をしました。
両撮影会とも、昨年よりコンテスト応募数も増え、レベルも上がっています。
全国から参加するベテラン以外にも、地元の方達の活躍が特徴的な両撮影会コンテストでした。
b0069507_06141530.jpg夜は、HARUKI君の写真展「遠い記憶Ⅱ」のオープニングレセプションに伺いました。
HARUKI君、いつも楽しく、お酒も大好きです。
でも、写真が一番好きな事がわかる写真展です。

左は、HARUKI君が兄のように慕う、Photographerの横木さんです。

HARUKI写真展「遠い記憶Ⅱ」の詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-11-09 07:05 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLIV 11月2日(金) 6557
From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_04261273.jpg
Not on the suny side street.

by mash_boss | 2018-11-03 07:27 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
最後の… 10月19日(金) 6543

b0069507_22091782.jpg今日の午後は、ヨドバシカメラ福岡撮影会のモデルと講師の組み合わせを作りました。
福岡撮影会は11月11日です。
今年最後のヨドバシ撮影会です。
4月の京都・嵐山から始まった今年のヨドバシカメラ撮影会・2018年シリーズも、福岡で大団円です。

ヨドバシカメラ福岡・舞鶴公園モデル撮影会の詳細はココからどうぞ!
b0069507_22092171.jpg夜は、今日からSONYギャラリー銀座で始まっった写真展「End of Sumer」の初日にうかがいました。
ちょうど1年前に、私はここで写真展を開催しました。
あれから1年、早いです。
会場に伺うと、山岸さんとモデルのまりんさん、フォトグラファーの土屋君、藤里君とのギャラリートークが始まったところで、山岸さんに見つかってしまいました。

山岸ワールド堪能できる、「End of Sumer」の詳細はココからどーぞ!
b0069507_22092539.jpgSONYギャラリーの2フロアー下のショールームのAIBO君のコーナーです。
珍しく、空いていたので暫く遊びました。
このポーズは、ハロウイン限定の狼男のポーズだそうです。
それらしい、鳴き声もします。
お鼻の丸はカメラのレンズで、AIBO君の目だそうです。
結構かわいいし、癒やされます。


by mash_boss | 2018-10-20 07:06 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
完全OFF  10月13日(土) 6539

b0069507_01583809.jpg今日明日は、完全OFF。
土日2日続けての休日は久しぶりです。
昼食を抜き、早めの夕食というか、飲みでした。
近所の焼き鳥屋の塩レバです。
ビールと、ハイボールでイイキモチになりました。


b0069507_01584552.jpg
木曜日に行った榎並さんの写真展で撮ってもらった写真です。
沼田さん、貫禄です。
私は何故か嬉しそうです。

b0069507_02293746.jpg昼間は、Netflixを見ていました。
今日見たのは、アルゼンチンに潜伏していた、ナチの戦犯アイヒマンを捕まえるNetflixオリジナル映画「Operation final」。
アイヒマンが南米で捕まったというニュースが世界的に流れたのは、私が小学生だった頃でした。その内幕を描く映画、面白い!勉強になります。
あっという間の2時間でした。
ネットでこういう映画を見られると、日本の地上波のTV、特に民方の番組って何だろうと思います。
Netflix、お金払う価値十分あります。


by mash_boss | 2018-10-14 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
今日も色々。  10月11日(木) 6537
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_04020800.jpg今日は珍しくピンクバックです。
そして、珍しくシンクロコードです。
2つあるブロンのワイヤレスのシンクロトランスミッターが、どういうわけか両方とも調子悪く、シンクロコードを使用です。
最近はWifiを筆頭にコードレスですが、イマイチ信用できないです。
b0069507_04020928.jpg撮影が終わり、グラスワイン。
オリーブ、いけました。
b0069507_04020901.jpg夕方、悦っちゃんこと、榎並悦子さんの写真展「彩風・南ぬ島」を銀座キヤノンギャラリーで拝見。
沖縄の八重山諸島の自然を写した写真、きれいです。
榎並さんの新境地です。


b0069507_04020902.jpg榎並さんの写真展の後、地下のキヤノンサロンへ移動。
今日は、若手を集めたEOS Rの説明会を開催しているのですが、MASH関連のフォトグラファー2人が参加しているので、榎並さんの写真展でお会いした写真家・沼田早苗さんと覗いてみました。
説明会が終わり、懇親会ちゅうでしたが、そこには木村恵一さんが… 心は、青年なのです。


by mash_boss | 2018-10-12 07:06 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLII 10月8日(月・祝) 6534
From my exhibition in Sony gallery Ginza
b0069507_02013152.jpg
恵比寿の東京都写真美術館です。
会場撮影OKの写真展。
シャッター音が響きました。



by mash_boss | 2018-10-09 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
御挨拶  10月1日(月・都民の日)  6541
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02161661.jpgGINICHI・銀一さん、ご存知でしょうか?
東京にある、プロフェッショナルフォトグラファー向け機材・レンタルショップの老舗です。
写真愛好家の皆さんには、カメラバック「クランプラー」の輸入・販売元の方がお馴染みかもしれません。
その幹部、吉田さんが定年と雇用延長のご挨拶に来てくれました。
GINICHI・銀一さん、その名の通り、銀座一丁目にお店がありました。
現在は、もんじゃ焼きのお店で有名な月島にあります。

銀一さんは、先代が1956年に新橋でカメラ機材の販売を始め、1958年に銀座一丁目に移転、それ以来60年日本のプロフェッショナルフォトグラファーに、カメラだけでは無く撮影機材、スタジオ機材等を届けてくれています。
吉田さんは、私がフリーのフォトグラファーとして独立して何年目かに新卒で銀一に入社してきました。
それからもう40年弱になるのか~

私がフリーになった頃は「いい時代」だったのでしょう。
フォトグラファーの熊谷晃さんのチーフアシスタントから独立して、すぐに銀一さんで伝票で機材やレンタルができました。
今、思えばそれは熊谷さんが銀一さんへの支払いをキチッとしていて、良い仕事をしていてくれたおかげでだと思います。先代の社長にも、結構お声がけをいただきました。
今は、私自身は殆ど月島のお店には伺う事も少なくなりましたが、フリーになりたての頃は毎日のように銀座一丁目のお店に行く用がありました。
そんな頃にピカピカの新入社員で入ってきた吉田さん、「お互い若かったね。」とオジサン2人でもりあがりました。
お世話になった銀一さんに対して、小さな恩返しは「カメラは銀一さんから買う」事です。
CanonもLeafもPhase 0neも銀一さんから買っています。それは、少し大げさですが競争の激しい東京の広告系写真事務所の矜持です。
銀一さん、これからもお世話になります。
b0069507_02161534.jpg久しぶりの、四谷ヒルズ定点観測です。
文字通り、台風一過の青空です。
前回掲載したのは、9月4日ですので、約一月で縦も横も大きくなりました。
もう、お隣のビルよりも少しだけ高くなりました。


b0069507_02161626.jpg9月27日に、知的財産権侵害と裁判で敗訴したマリカーです。今日も元気に原宿を走っています。
今後、どうなるのでしょう。
それはともかくとして、今日みたいな晴れた日は、気持ちいいだろうな~
低い位置から見る東京は、別の東京が見えるのでしょう。
タクシーの運転手さんからは評判悪い公道カートですが、一度は乗ってみたいです。


by mash_boss | 2018-10-02 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ニコンZ 7 テスト 9月30日(日)  6540


b0069507_21062989.jpg今日は、月に1度のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブの作業日ですが、Nikonプラザ銀座ショールームにお勤めの江藤さんが、発売されたばかりのNikon Z7とNIKKOR Z 24-70mm f/4 S、D850、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ってきてくれたので、実戦テストの場になってしまいました。

まずは、キットズームのNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを装着。

b0069507_21062940.jpg三脚に付ける前に、色々触ってみます。
江藤さんから説明を受ける、CANON使いの佐藤会員です。
Z7を今日初めて触ります。
普段は、EOS 5D MkⅣと5DsRを使用しています。
ボケフォト主宰者の堤会員(右)もかなりの関心です。
ボケフォトのメンバーは、オールドレンズを使う「土台」として、SONYα7系を使うメンバーが多いですが、Zシリーズも様々なレンズアダプターが発売されるでしょうから、オールドレンズの「土台」の選択肢が増えます。

b0069507_21062931.jpgカメラのセッティング中です。
Nikon使いの岡野会員がセッティング中です。
ミラーレスカメラでストロボを使ったスタジオ撮影の場合、最初にするのは、EVFに撮影状態を反映させないモードにする事です。
そうしないと、撮影値まで絞るとファインダーが暗くなってしまいます。

通常ティザー撮影に使用しているC1が、まだZシリーズに対応していないので、Nikonキャプチャーをバージョンアップして使用しました。
b0069507_21062803.jpgオートフォーカスのターゲットをオートにした場合、どこをターゲットにしているかを見てみました。
コントラストの強い部分を検知しているようです。
b0069507_21062842.jpgポスターでも、顔認識です。
藤原紀香を選ぶか、山田優を選ぶか・・・
一瞬迷いましたが、このカメラは山田優を選びました。
藤原紀香の方が、眉毛も左右あるのに・・・
Z7は山田優の方が好み? 
b0069507_21062705.jpgこういう被写体では、こんな部分を検知しています。
複写でも、置きピンで写さないでAFで写した方が、気づかずにわずかにピントがずれた場合でも救われます。
b0069507_21181173.jpg次に、Fマウントの現役レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRと少し前のレンズですが、名レンズと言われるAi AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6DをアダプターFTZを介してテスト撮影をしました。
名レンズ70-180mmマクロは果たして、4575万画素にどう答えるか?
一方、大三元レンズと言われるFマウントレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、Z7と組むとどういう結果をだすのか? 興味津々です。

b0069507_21181234.jpgD850とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの本来の組み合わせでも撮影をしました。
b0069507_21181272.jpg撮影結果を見比べます。
中央では、Nikonカレッジの講師でもある石田会員がレンズによる違いを確認中です。
ボケフォトの岡本君も気になるようです。
Nikonの説明によると、Z7の絵作りは最近の傾向(インスタ映え)にあわせて、若干派手にしてあるとの事です。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRをD850とZ7に付けて写すと、D850ではビビットにして、その他若干修正するとZ7に地下づきます。

総合的な性能は、やはりミラーレス用に設計されたZレンズ、NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sが高評価でした。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRも実用上は問題ありませんが、Z用の24-70mmより大きいのが難点です。
名レンズ、Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6Dは4570万画素には若干非力でした。
この他にも、新たに回析現象を電子的に解決するモードがZシリーズにあるので、それも試しました。
今日の撮影条件では多少効き目がありました。
これは、別の条件で試してみないと何ともいえません。
b0069507_21063042.jpg本来のアーカイブ撮影ですが、今日も何点か、スキャナーではNGな作品がありました。
ポスターのCの部分が金色のメタリックです。
スキャナーでスキャニングすると、黒くなってしまいます。
単純に複写しても、黒くなってしまいます。
b0069507_21063010.jpgそこで、ポスターの裏の白を使って写り込みを作ります。こんな感じで撮影をします。
b0069507_21063094.jpgこちらのポスターは、ロゴがメタリックになっているので、やはり写り込みを作って複写です。
b0069507_21062906.jpg台風24号が接近中なので、アーカイブ作業は早めに終了しましたが、岡野君はミニカーを被写体に、Z7と愛用のAi AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6Dの組み合わせでテスト撮影をしました。
このミニカーは、岡野君のテスト撮影の定番のようです。

本日の結論は、Zレンズがなくても、手持ちのFマウントレンズシリーズ(なるべく新しめのモデル)で、十分使えます。
でも、これから揃っていくZレンズのSラインはそれを超える性能のレンズになると思うので、できれば専用レンズの方が高いパフォーマンスを得られると思います。
特にレンズの「大きさ」では、Zシリーズが有利です。
このカメラ、Eos R,LUMIXのフルサイズ、従来のSONYα7シリーズと、この秋から来年の春過ぎまでにフルサイズカメラの選択幅が増えましたが、ユーザーは悩みます。


by mash_boss | 2018-10-01 07:13 | 撮影 | Trackback | Comments(2)
朝と夜  9月28日(金) 6538

b0069507_05552835.jpg昼前、ヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしているフォトグラファー塙君の写真展「Paris ~liberté~」を拝見しました。
ちょうど、JPSの熊切君がいました。
パリの日常生活のスナップ、粋です。

写真展詳細はココからどうぞ!

b0069507_05553585.jpg夜は、JPS広報委員仲間の小城君の写真展「Exciting Moment of Sports Vol.1」のオープニングレセプションにお伺いしました。
小城君は、スポーツフォトグラファーやカメラ関係の編集者としても活動中です。

写真展詳細はココからどうぞ!

b0069507_05553979.jpgジャーン! こちらにも熊切君が・・・
今日は、写真展集中拝見日なのでしょう。


by mash_boss | 2018-09-29 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLI 9月24日(月・祝) 6534


From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLI

b0069507_20450837.jpg

私のキヤノンギャラリーでの個展「テストシューティングな時」の展示プリントにリフレクションです。



by mash_boss | 2018-09-25 07:28 | 写真展 | Trackback | Comments(0)