タグ:恵比寿 ( 18 ) タグの人気記事
見るべき写真展  1月20日(日) 6636

b0069507_20214170.jpg今日の午後は久しぶりに、恵比寿のTOP Museum=都写美=東京都写真美術館にいきました。
一番の目的は、マイケル・ケンナの45年回顧展。
これまでの作品のなかから選んだ作品の展示です。
驚いたのは、写真を始めた初期の作品から、最近の作品までスタイルが変わらない事です。
どの作品も、彼の美意識が貫かれたクラッシクなスタイルですが、その中に新しさもある「素晴らしい作品」としか言いようがありません。




b0069507_20214632.jpgメインのA 45 YEAR ODYSSEYは、作品数100点の写真展です。
メインの写真展のみ、撮影可ですが、複写的撮影と商用利用は禁止されています。
会場内には、併設されている写真展が2つあり、一つはナチス強制収容所のアウシュビッツ跡を撮影したImpossible to Forget.
この写真展は写真の力が、よ~くわかる、遺憾なく発揮された写真展です。
もうひとつは、10年にわたり日本の古い家屋で日本人女性をモデルにして撮影した未発表のヌード作品「裸婦」です。正直こちらは、私には?です。
こちらの2つは、撮影禁止です。

広告系の私にとって面白かったのは、会場入り口で映像が流れている、2つのモニターの左側。
マイケル・ケンナのCommercial Work.広告写真です。
クライアントは、ロールスロイス、マセラッティー、Jeep.三井ホーム等々。
彼の写す高級ブランドの広告写真は「高貴」です。
紙媒体でゆっくり見てみたいです。

ケンナ以外には、
3階展示室では「建築 × 写真 ここのみに在る光」。
2階では「小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家 vol.15」を開催中です。
2階は、ほかの2つの写真の世界とは全く違いますが、アートとしては面白い展示です。
3階は、建築と写真のかかわりがきちっと学べます。また建物がかかわった名作が見られます。

こういう美術館が東京にあるのは、幸せな事です。

3つの写真展、27日(日)までですが、行くべき写真展です。
詳しくはココからどうぞ!
b0069507_20215293.jpg久しぶりに、晴海埠頭の客船ターミナルにも行きました。
目的は、定点的に写している2020東京オリンピック選手村建設現場。
完全にオリンピックに間に合います。

3か月前の10月14日の様子はココからどうぞ!
その3か月前の7月7日の様子はココからどうぞ!
特に意識して3か月毎に行く訳ではないのですが、一種の「体内時計」です。
10月も7月も、ここの帰りに「ホープ軒」と「東京オート洗車」に行っていますが、今日はパスして都写美でした。
次は、4月に行くことにしましょうか?
4月14日(日)にSEVEN SEAS MARINER.4875tが入港し、15日(月)19時に大阪に向けて出港します。
夜の晴海もいいかも・・・
b0069507_20215827.jpg市ヶ谷のお濠の桜です。
もう、小さな「芽」が・・・
寒の入りしたばかりですが、春は、そこまでです。

こういう事に気が付くようになったのは、年になったから?


by mash_boss | 2019-01-21 08:54 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLVIII  12月22日(土) 6606

From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_07355414.jpg
at Ebisu garden place
Last 3 photos




by mash_boss | 2018-12-23 07:52 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLII 10月8日(月・祝) 6534
From my exhibition in Sony gallery Ginza
b0069507_02013152.jpg
恵比寿の東京都写真美術館です。
会場撮影OKの写真展。
シャッター音が響きました。



by mash_boss | 2018-10-09 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
お薦め写真展  9月18日(日)  6527


b0069507_02005826.jpg今日は、最近拝見した、お薦め写真展を3つ。
最初は銀座シャネル4Fネクサスホールで開催中の立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
私の拙い写真展のギャラリートークに2度もお越しいただいた、大好きな立木さんの写真展です。
これは、立木セオリーの写真展です。
嫌、セオリーというより、立木節の写真展です。
本物の「感性」とは何かを見せつけられます。そして、改めて、立木さんの写真、スナップに関する一貫性が実感できる写真展です。
立木さんのスナップ、女性写真かっこいいです。
こんな写真展を拝見すると、立木さんに2回もギャラリートークのお相手をしていただいた事、穴があったら入りたい気持ちです。

立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
開催場所:東京・銀座・シャネル4F ネクサスホール
開催期間:2018.9.1~9.28
開催時間:12:00~19:30 無休無料

次は品川のキヤノンギャラリーSで開催中の
第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」です。
川田さんの作品を最初に見たのは、アサヒカメラ誌上だったと思います。
川田さんは今年85歳の日本を代表するシリアスフォトグラファーであり、コンセプチュアルフォトグラファーです。作品は東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダン、ボストン美術館などにコレクションされています。
氏の作品は、他の写真家と異なる独特の視点をお持ちで作品は、シャープですが時にして難解です。
今回の写真展は「川田氏の作品群の中から『ロス・カプリチョス』と『ラスト・コスモロジー』を再編し、タイトル『百幻影-100 Illusions』のもと50点ずつ計100点を展示致します。」というもので、わかり易くストンと腑に落ちるものと、難解な作品が織り混ざって展示されていて、川田ワールドです。
川田さんの作品を写真展として見たのは、撮り下ろしの2013年のライカギャラリー「Unknown」以来です。
このチャンスを作ってくれたキヤノンに感謝です。

第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」
開催期間:2018.8.31~ 10.11
開崔時間:10:00~17:30 休館日:日曜日・祝日 無料

最後は東京都写真美術館の3F 
「TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら」です。
「この展覧会は、大人と子供、さまざまな立場の人たちが見たものや感じたことを自由に語りあって、作品の見方を深めていく、そんな光景が自然と生まれてくることを 目指しています。作品から読み取り、感じ取ることのできる数々の夢や想い、それから過去の記憶。想像力を働かせ、感覚をクリアにして、数々のイメージを体感し、その魅力を探してみてください。答えは一つとは限らず、きっと大人でも子供でも、楽しみや学びを新たに見つけることができるでしょう。」との序文にあるように、様々な名作を拝見できます。「お勉強」のできる写真展です。
我々が、デジタルカメラで気楽に写真が写せて、表現できるのも、このような土台の上でできるのだと、確信しました。
イロイロな表現や感性というものは、個人では無く人類として時代時代に引き継ぐDNA見たいなものがあるのではと思いました。
東京都に税金払っていてよかったです。

出品作家 50アーティスト (順不同)
ジャック・アンリ・ラルティーグ、マーティン・ムンカッチ、名取洋之助、土門拳、植田正治、林ナツミ、ジュリア・マーガレット・キャメロン、井上孝治、長野重一、牛腸茂雄、桑原甲子雄、蔵真墨、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・フランク、ジョセフ・クーデルカ、レイ・K.メッツカー、ロベール・ドアノー、山田實、荒木経惟、本城直季、渡辺義雄、ニコラス・ニクソン、ナダール、エリオット・アーウィット、ウィリアム・H.マムラー、W.ユージン・スミス、井手傳次郎、ギャリー・ウィノグランド、マーティン・パー、中山岩太、岩合徳光、フェリーチェ・ベアト、ダイアン・アーバス、瑛九、恩地孝四郎、竹村嘉夫、坂本万七、入江泰吉、今道子、岩宮武二、篠山紀信、ハロルド・ユージン・エジャートン、石田尚志、濱谷浩、木村伊兵衛、川内倫子、川田喜久治、宮崎学、山崎博、緑川洋一

開催場所:東京都写真美術館
開催期間:2018年8月11日(土・祝)~11月4日(日)休館日:毎週月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開館、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
入場料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 
開館時間: 10:00~18:00(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで



by mash_boss | 2018-09-18 06:21 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza. XXXVIII 8月22日(水)6504

From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_05254359.jpg
前回から、1ヶ月近く間が空いてしまいました。
snapshot at EBISU garden place
「恋人達の時間」という写真が荒木経惟さんの写真が本にあったような…
この後、どうなったかは知りません。


by mash_boss | 2018-08-23 07:28 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
日本終了、お疲れ様!  7月3日(火) 6454
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05105852.jpg
大会前はあまり盛り上がっていなかったサッカーワールドカップ2018、予選リーグでコロンビアをくだし、セネガルに追いついて引き分けになってから、俄然盛り上がってきました。
「日本代表も逞しくなってきた」というのが、感想です。
それも、本日未明で一応終了。
日本vsベルギーはエンタティメント性に溢れた試合でした。
新しいタレントも出てきて、今後世代交代が進みのでしょう。
TVやネットで色々なコメントがでていますが、セルジオ越後さんの次のコメント納得です。

「どっちがチャンス多かったということを考えたら、惜敗というよりは内容的にはもっと大きな差があった」「冷静になって全部振り返ってみてください。10人の相手に1勝しただけで、あとは2敗1分のチームがどうして強いと言えるんですか」

次の代表監督には、前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏の名前が上がっているといいます。
次のワールドカップでは新しい監督と新しい選手で、もうひとまわり逞しくなった日本代表を見てみたいと思います。
4年に1度のサッカーワールドカップは、サッカー以外にも色々目覚めさせてくれます。
その前に東京オリンピックがあるんだ~!

b0069507_05411884.jpg夜は、恵比寿の弘重ギャラリーの -育ち盛りの写真家5人展・リターン2「あい~AI~」-のオープニングに出席。
プロ4人とセミプロ1人の写真展。
楽しそうで、いいな~
育ち盛りというより、育ち過ぎ?

あまり詳しくは載っていませんが、詳しくはココからどうぞ!



by mash_boss | 2018-07-04 07:19 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.   4月8日(日) 6374
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.

XXIII
b0069507_03433857.jpg
東京の夕陽・・・ 私が大好きなものの一つです。
夏の夕陽、私にとって、お酒がなくてもHappy hourです。
恵比寿ガーデンプレイスから見た六本木ヒルズです。


by mash_boss | 2018-04-09 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
写真の力 4月4日(水) 6370


b0069507_03370014.jpg
今日は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員会のついでにJCIIフォトサロンで昨日から始まった「吉田謙吉写真展・満洲風俗・1934年」を拝見しました。
吉田謙吉(1897-1982)さんは、舞台装置家として、また「考現学」提唱した人で多方面に才能を発揮した方のようです。
この写真展は『経済知識』特派記者として1934年8月に満洲を取材した時に撮影した写真の写真展です。
「風俗の問題は、余程客観的態度を持つてかからない限りうかうかと物珍らしさに掠はれてしまひ、その真を伝へられない結果に陥り易い」という方針で、当時の小型カメラのライカで撮影した写真展です。
「機関銃的な風俗採集の役割はライカ」と、約1カ月間に384枚を撮影したとの事ですが、今の感覚では「機関銃的」と書きながらでも、1ヶ月でたったフィルム10本と少し… デジタルの今だったら撮影枚数の「桁」が違ったと思います。吉田さんの時代にデジタルカメラがあったらな~
展示方法も面白く、動画では表現できない写真の記録生が分かる写真展です。写真的にも、記録としても面白い写真展です。
写真は「写しておくもんだ!」と実感です。
連休中も開館している写真展です。
お時間のある方は是非どうぞ!
詳細はココからどうぞ。

b0069507_03370974.jpg夜は平田ヒロモトさんの写真展「カリフォルニア ファインダーfly and drive in good breeze」のオープニングレセプションに伺いました。
会場は、恵比寿のアメリカ橋ギャラリーです。
平田さんは広告写真家ですが、普段の仕事から解き放れてカリフォルニアを旅した、気持ち良い写真展です。
こちらは「客観的」では無く「主観的」な撮影ですが、10年も経てば自然に記録になります。それが写真の面白いところです。

平田さんの仕事の写真はココからどうぞ。
写真展の詳細はココからどうぞ。

開催期間が短いのでご注意を!でも土日オープンしています。

by mash_boss | 2018-04-05 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
久しぶりの都写美。 3月15日(木) 6350

b0069507_04534692.jpg今日の夜、久しぶりに恵比寿のTOP MUSEUM・東京都写真美術館に行きました。
木曜と金曜日は、20時まで開館しているので仕事帰りにゆっくり見られます。
公立美術館も、ずいぶん来場者の事を考えてくれるようになりました。
b0069507_04535355.jpg都写美に行ったのは、APA AWARD 2018 第46回公益社団法人日本広告写真家協会公募展の広告作品部門、写真作品部門展と併設されている第九回「全国学校図工・美術写真公募展」それに「写真発祥地の原風景 長崎」を見るためです。
今年は明治150年だそうですが、その頃写された写真の記録性を実証する写真展と、デジタル写真の最先端の広告写真、新鮮な子供の目の写真展、いづれもすばらしく、行って良かったと思う写真展でした。
APA AWARD 2018 写真展は今度の日曜日18日まで、「写真発祥地の原風景 長崎」は5月6日(日)までです。2つの写真展とも有料です。

b0069507_04540615.jpg原宿に春が来ました。
表参道に1本だけある、コブシの花が、桜より一足早く満開になりました。
春です。!
b0069507_04541439.jpgこちらは、原宿駅前のGAP前でのパフォーマンス。
元気でがんばっていました。
ハニカムトーキョー?? 
そのうちメジャーになるのでしょうか?




by mash_boss | 2018-03-16 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Day 7 撮影可? 10月19日(木) 6199

人気ブログランキング
b0069507_05580030.jpg最近多くなったのは、会場撮影可の写真展です。
目的はSNS等で拡散してもらい、来場者を増やすこと等々。
現在開催中の私の写真展も会場内撮影可です。
会場で見ていると、来場者の数パーセント位の方が撮影をなさっています。
会場入り口に撮影OKの掲示をしていますが、丁寧な方は撮影していいかを、聞いてくれます。
若い方は、会場での撮影可は当然のようにさらりと撮影、時には友人との記念撮影を会場でなさる方もいます。
SONYのギャラリーは銀座の真ん中、しかもSONYのショールームにあるので、外国人観光客と思われる方もたくさん見に来られます。
時には、ギャラリー内全部が外国の方という事もあります。
比較的ゆっくり御覧になっていくのは、非アジア系の方達です。その方たちは、殆ど会場内の撮影をしません。
アジア系の方たちは、さっと見て、会場内での撮影比率も高く、友人やカップルでの記念撮影もしていかれます。
困ってしまうというか、あまり愉快でないのは、写真を複写的に撮影なさる方がいる事…
これは、日本の方とアジア系の方に多いようです。
複写的撮影禁止の表示は出してはいませんが、世の中そんなものかな~ 
会場を撮影している方の殆どはスマホで撮影をしています。カメラを持っている方も、スマホで撮影をしている方もいます。そういえば、どこかの写真展会場で、スマホでの撮影はOKでカメラでの撮影はNGという表示がありました。
コンパクトデジカメで写している方は皆無です。コンパクトデジカメ、売れないわけだよな~


b0069507_06550010.jpg夕方、フォトグラファーの山田久美夫さんとシグマの桑山さんがいらっしゃいました。
桑山さんが、バナナが好きというのは、業界でわりと知られています。今日はバナナ無いんですかと、お聞きしたら、鞄から出てきたのはシグマのdp Quattroでした。

b0069507_06581331.jpg夜は、恵比寿の弘重ギャラリーで開催中の「OTO」sound of photo 育ち盛りの写真家6任天展のオープニングレセプションへ行きました。
4人は知っているメンバーです。
写真は、中締めをする大貝君。
アサヒカメラのフリーの編集者であり、フォトグラファーでもあります。
着物姿はアサヒカメラ佐々木編集長。
パーティー等でお会いする時の9割以上は着物姿です。

「OTO写真展」の詳細はココからどうぞ

私の写真展 Toward the Landscape -見える時、見えない時-の詳細はココからどうぞ

20日(金)17時30分~18時15分は前CAPA編集長、フォトエディターの石田立雄さんとのギャラリートークです。



ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-10-20 07:23 | 写真展 | Trackback | Comments(0)