タグ:国立競技場 ( 2 ) タグの人気記事
優しい写真たち。 2月10日(日) 6657 
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_21233878.jpg今日の午後は、外回り。
世田谷美術館で、昨日から始まった「田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964」を拝見しました。
イヤ~ いいですね~!
この写真展中に90才・卒寿になる、前JPS会長、今でも現役の田沼さんの写真展、金曜日に見た2つの写真展と異なり、素朴な写真展です。
これが日本?と思ってしまう、どこかの難民キャンプの子供と思う位の様子の子供達が、たくさん写っていますが、どの子供達も、元気でイキイキして、可愛くて、太った子なんていません。
子供達や下町を見る田沼さんの目が優しくて、それでいて興味津々なのがわかります。
気持ちが和む写真展です。
併設で展示されている、世田谷区に住んでいた、水上勉、遠藤周作、岡本太郎等の文化人のポートレート写真展も、見ごたえがあります。
会期は4月14日まで、平成から次の元号にまたがる、昭和の写真展です。
是非、ご覧になってください。
※掲載した写真は展覧会Webサイトからの転載です。
b0069507_21233677.jpg世田谷美術館の前では、女の子達が遊んでいました。
田沼さんだったら、どう写すでしょう。
でも、色々とうるさくなった現在、オジサンが、街角で子供にカメラを向けるだけで、子供は逃げるかもしれないし、親は怒るだろうし、フォトグラファーは写すことさへ自粛してしまう・・・

こうなったのは「個人情報保護法」のせい、と思うのは極論でしょうね。
もうこれから先は、田沼さんのような、町の子供達の写真展は、開催できなく、されなくなるのでしょうか?
b0069507_21344030.jpg入口です。ここから先は、撮影禁止です。
スマホのおかげ?で、写真展では会場や展示している写真を、どの写真展でも写していいと思っている人がたくさんいます。
何とか保護法で、町の人々は写せなくなり、スマホでルールは破られていく・・・

何かおかしい・・・


b0069507_21233768.jpgここは、フォトスポット、記念撮影を写す場所です。
「SNSアップも大歓迎です!」と書いてありました。

b0069507_21233726.jpg世田谷美術館は、砧公園の隣です。砧公園を挟んで専用駐車場があります。
美術展の半券、レストラン等のレシートと検印があれば、駐車可です。
砧公園、広いです。
私が最初に行ったのは、長友さんのアシスタントをしている時でした。
タレントさんを連れてのロケでした。
東京にもこんな広い場所があるんだとびっくりしました。
もともとは「紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地が前身である砧公園は、戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていました。」との事です。どうりで、平たくなくアンジュレーションがあるのが、代々木公園と違い、よりイイ感じな撮影場所になるのです。

b0069507_21233720.jpg写真展に行く前に、いつもの横浜・都筑区のオートプライドでオイルとフィルターを交換しました。
オートプライドも今日は半休体制でDr.蟹沢とメカニック1名体制です。
実は今日、スタジオを出る時、スターターは回るものの、エンジンは始動しませんでした。
丁度、燃料ポンプが壊れた時のような感じです。イヤ~な予感です。
2~3回、同じ動作を繰り返し、これでエンジンがかからなかったら、レッカーかと暗い気持ちになった時にエンジンかかりました。
警告灯点灯は無し。
オイル交換ついでに、テスターで見てもらいましたが、異常な記録はありませんでした。
Dr.蟹沢曰く、こういう事は、起こりにくい車なので、何かおかしな事があったら連絡ください。となりました。

b0069507_21233723.jpg本日の〆は、国立競技場前のホープ軒のワンタンメン、ワンタンWです。
今年最初のホープ軒です。
時間によっては、ワンタンが食べられない事もあるので、ホープ軒のワンタン好きとしては、今日は大満足です。
本日の夜は、誰にも会わないし明日は休みだし、ニンニクを多めに入れました。それに豆板醤も少し入れて、最後の方にお酢を入れて食べると、口のなかがスッキリします。
ホープ軒ラーメン、どうしても止められないソウルフードです。


by mash_boss | 2019-02-11 07:32 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
いい場所みっけ。  8月11日(木・山の日)  5739


b0069507_1305314.jpg今日、ほんと〜に、久しぶりに自分で洗車しました。
何故かというと、購入した車屋さんがCar Beauty PROというコーティングをサービスでしてくれたのですが、コーティングを長く(1年)持たせるには、専用のトリートメントシャンプーで洗うと効果があるというのです。
そして、機械洗車はコーティングを長く持たせるにはNGとも言われました。というわけで、この車になって2回行った、いつもの東京オート洗車でもオプションの「手洗い」を+1,000,-で頼みました。
いつかは、専用のトリートメントシャンプーで洗車したいと思っていたのですが、スタジオの駐車場には水道がないし、なかなか車を洗える場所がありません。
郊外にあるような洗車場は都心には無いし、どうしようかと思っていたら、首都高速の子会社が運営している駐車場には洗車ブースがあって、誰でも使っていいとWebに載っているのを発見!
さっそく、本日行ってきました。そういえば、日比谷公園の地下駐車場で「洗車」という文字を何回か見かけなしたが、今までは全く意識外でした。
洗車ブースがある首都高速運営駐車場は都内に4つあるのですが、今日行ったのは、海岸通りの首都高の地下にある汐留駐車場。中央区と港区にまたがる大きな地下駐車場です。
455台駐車できる駐車場のB2の端っこに洗車スペースがありました。洗車スペースは7〜8台分あるのですが、一般が使えるのは2台分だけ。あとはハイヤー会社2社分の専用スペースになっていました。
B2は、定期契約者中心のフロアーらしく、休日の今日は黒塗りのハイヤーばかりが駐車していました。休日なので、法人相手のハイヤーは暇なのでしょう。
一般用の各ブースには、長いホース付きの蛇口と、短いホース付きの蛇口があります。それと、車の屋根の上を洗うときに使う、ビール瓶用のプラスティックの箱が2〜3個ありました。バケツやタオル類、スポンジ等は持参しなければなりません。
ハイヤー会社専用の洗車ブースには、洗剤やワックス、脚立、タオル等が置いてありました。
洗車は1時間弱で終了したので、1時間分の駐車場代420円を払っておしまい。安い、空いている、夏なのに太陽直射ではない等々いろいろ便利です。
b0069507_217959.jpg洗車のあとは、遅い昼食兼早い夕食で、2020東京オリンピックの国立競技場前の千駄ヶ谷のホープ軒で、ワンタン麵のワンタンWを頂きました。
ホープ軒のラーメン、油が多いので、食べる回数は1年に数回に制限しています。
今日は、この後に誰にも会わないので、おろしニンニクをたくさん入れてしまいました。
b0069507_2414970.jpgホープ軒の前の「今」です。
塀のむこう側は、国立競技場でした。つまり2020年には、ここに新国立競技場ができるあがっているのです。
塀の上に見える金網は、神宮第二球場のバックネットです。
旧国立競技場でJリーグの試合後やイベントがあった後、ホープ軒は賑わっていました。現在は、神宮球場でヤクルトの試合の後には混みます。
ホープ軒、今はまだ外国人観光客は少ないですが、2020東京オリンピックの時には、お店がどんな状態になるか楽しみです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-12 07:46 | | Trackback | Comments(0)