タグ:四谷 ( 25 ) タグの人気記事
アレレ・・・  2月18日(月) 6665
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_02283425.jpg今日の昼前のJR原宿駅構内です。
何してるんだろ〜 
通りがけに覗いてみたら、自転車を組み立てているのか、分解しているのか・・・?
初めて見る光景です。

時々空港で、専用ケースに入れた分解した自転車を荷物として預ける人を見ますが、そういう人って、いかにも自転車乗りというスタイルですが、この二人は普通の姿です。
歩きながらの撮影で、写した時は気が付かなかったのですが、もしかしてタンデムの自転車でしょうか?
世の中、いろんな人がいるもんです。

b0069507_02283586.jpgお馴染み、四谷ヒルズです。只今、26階〜28階の鉄骨を組み立て中です。
31階建てなので、残すところあと3階です。
このペースだと、3月中旬には31階に組み上がるでしょう。

b0069507_03180157.jpgこの写真は、去年の6月1日です。
横位置で写し始めて、31階になっても、収まるだろうと思っていました。
今でも、横位置撮影で収まると思いますが、クレーンは切れてしまいます。そこで今は縦位置撮影です。
本当に定点撮影は、よ〜く考えて始めなければ・・・ 勉強になりました。
その後、7ヶ月と18日で28階まで育ちました。

by mash_boss | 2019-02-19 07:26 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
どこまでいくんだろう? 2月13日(水) 6660
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_17315712.jpg凄いレンズが発表されました。
Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3です。35mmフルサイズ換算24mm〜400mmです。
望遠比16.6倍です。面積ですと、1番望遠の200mmで撮影すると。1番ワイド12mmで写した画面の1/275.56の面積の写真が撮れます。(ちょっと分かりにくいですか?)
私が昨年、殆ど毎日ぶら下げていたOlympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは凄い性能のレンズでしたが、新しいレンズはTV用のレンズみたいな望遠比です。
こういうレンズって、新しいガラスとスーパーコンピューターの計算があっての成果物なのでしょうか?
画質は実用上問題ないとしても、突き詰めればPROの名前が付く12mm〜100mmが上回っているのでしょうね。
でも、つべこべ言わず新しいレンズ、使ってみたい1本です。日常写真に腸望遠の世界が加わります。どんな世界が撮れるのでしょう。
この先、ズームレンズってどこまで、いくんでしょう?

b0069507_17305537.jpg本日、スタジオではアシスタントの今井君が新人アシスタント君(まだ未公開です。)のトレーニングを兼ねて機材整備。
これは、35mmスティル系の機材達、カメラ・レンズ類です。
この他には、動画系のSONY、中判カメラのMamiya RZ+レンズ,PHASE ONE 645DF+レンズ ,ビューカメラLinhof M679CCと専用レンズ3本,そしてデジタルバックのleaf3300万画素、Phaseone 8000万画素等があります。
広告系のフォトグラファーのアシスタントは、これらの機材の使い方等を覚える必要があります。
Capture1とPhotoshopも必須科目です。
思うに、フィルム時代のアシスタントより、デジタルになった今は機材面では覚える事が多いようです。

誰だ! 初期の頃、デジタルになれば撮影簡単になります。なんていう戯言(ざれごと)を言ったフォトグラファーは!
確かに、一面ではそうですが、トータルではデジタルカメラ、写真は、フィルムのそれより、遥かに奥が深いです。

2000年にデジタル元年(コンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの出荷比率が50:50になった年)を迎えてから19年。
普通の人が買うカメラも、スマホのカメラ機能も、フィルムカメラより、単純な撮影なら簡単になりました。でも、できる事がたくさんあって(複雑になって)、使わない、使いこなせない機能もたくさんあります。
つまり、簡単ではなくなりました。
「デジタルだから、写真は簡単に写せます。撮影コストも安くなります。」と先人がミスリードしたおかげで、今を生きるフォトグラファーは苦しんでいるのです。

b0069507_17305551.jpg建築中の四谷ヒルズです。
上層階は、まだ組み立て中ですが、下の方では貼り終わった外壁パネルのガラス掃除をしていました。
窓掃除用のゴンドラは使えないので、ロープ1本の職人技で清掃していました。



by mash_boss | 2019-02-14 07:18 | 機材 | Trackback | Comments(0)
宣伝カー  1月16日(水) 6232
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_02231455.jpg原稿書きで煮詰まって、外を見たら「宣伝カー」がとまっていました。
今頃、ここまで作り込んだ宣伝カー、珍しいです。
製作費、どのくらいでしょう。
これで、走り回っての広告、究極のアナログです。
webで調べたら、2017年から走っているそうです。
安全基準等を通すのが大変だったとか・・・
となるところが、単にアナログの宣伝カーと違います。

b0069507_02305804.jpgこちらは、日本で最初の宣伝カーです。
「キリンビール」を販売していた明治屋が1909(明治42)年につくった「ナンバーワン自動車」です。

b0069507_02231411.jpg定点撮影中の「四谷ヒルズ」、現在は20~23階を建設中です。
高さ96mになりました。
この角度からは、今年初めてです。
31階建てのビルになるので、あと8階高くなります。
最終的には、145mになります。
b0069507_02231336.jpgこんな掲示があるのを、今日知りました。
完成は、来年2020年1月です。
b0069507_02231496.jpgもうひとつ気になっているのが、JR原宿駅前再開発工事。
完成したらIKEAの初めての「都市型店舗」がテナントになります。
他にもテナントが入りますが、まだ公表されていません。
こちらの完成は2020年春。オリンピックちょっと前です。



by mash_boss | 2019-01-17 07:08 | | Trackback | Comments(0)
初撮影 1月9日(水) 6225
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02020698.jpg今日は、私にとっての仕事初撮影。
長年のクライアントさん、阿波遊木さんのイメージ撮影です。
商品と今回のお題は、昨年末に徳島から送られて来ているので、頭の片隅に撮影商品のイメージがちらつきながら、年末年始を過ごしました。
b0069507_02020511.jpgアオリを使って、ピント面を調節したいカットが1つあるので、ビューカメラを引っ張りだしました。
今日使用したデジタルバックはLeafの3300万画素。
レンズは、デジタル用のローデンシュトック150mm ローライエレクトリックシャッター付き。
この組み合わせを使うと、1画素の大きい中判デジタルバックと専用レンズが叩き出す解像力とディティールの豊かさは、35mmフルサイズの比ではありません。
「写真写していてよかった!」と心の中でさけんでしまいます。

撮影しながら「アオリ」という作業というかテクニック、現在ではどのくらいのフォトグラファーが知っていて、使っているのだろうと思ってしまいました。
アオリの効果は、デジタルで可能なのかもしれません。
何回かに分けて撮影してピントを合わせたり、形を撮影後に修正したり、撮影後にボカシを作ったりはデジタルでPCでできますが、撮影時にいっぺんに色々な要素ができるアオリ効果は、今のところデジタルではできません。
そもそも、アオリ自体をプログラムを開発する人に伝えなければできないですよね。
消えゆくテクニックなのでしょう。
b0069507_02143981.jpg撮影後は、池嶋チームの明日のファッション撮影ロケ準です。
冬は、雨が少なく、特に今年は記録的に雨が少ないので、天気の心配が少ないです。
b0069507_02020694.jpgこのブログでは殆ど登場しないライカM6、巻とりクランクの交換となりました。
池嶋くんが「ウメハラカメラサービス」で修理しました。
本来、M6は修理対象品ではないのですが、クランクは「電気」と関係ない部分なので、修理してくれました。
b0069507_02020652.jpgこれが、交換した壊れた部品の裏側です。
だいぶ前に、カメラを落とした時に、少し軸が曲がったらしく、その後何回かフィルムを巻き取っているいるうちに、亀裂が入ってしまいました。
修理代金は部品代混みで\16,000,-でした。
b0069507_02020592.jpg今年最初の「四谷ヒルズ」レポートです。
市ヶ谷から撮影です。
定点撮影ポイントの奥側から躯体を組んでいくので、この状態では撮影ポイントからは、高くなった躯体部分は見えません。
それにしても、手前のクレーンを高くするところ見たいです。
予想するに、来週の連休明けには、きっと高くなっているのでしょう。



by mash_boss | 2019-01-10 07:13 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
ラス前 12月26日(水) 6010

b0069507_00543906.jpg毎年この頃になると始めるのが、東日本大震災被災地撮影の準備です。
今年は、国道6号線の福島第1原発の放射線での帰還困難区域を通るコースを選びました。
そこは、窓が閉まる4輪車以外通行禁止。バイクも自転車もトラクターもオープンカーも通れません。
4輪車も止まってはいけません。
帰還困難区域は、時間が止まっています。そこを、走りながら写真を写すために、吸盤付きのカメラホルダーにオリンパスPEN F+17mm 1.8+レリーズの体制で望みます。
カメラのセッティングは、マニュアルで1/250.F5.6に固定。ISOはAUTOに設定してISO感度で露出を調整します。この設定はデジタルだからできる事です。
ピントもマニュアルで被写界深度を利用します。フォーカスリングが動かないようにテープで固定します。
色温度AUTO、Raw、オートパワーOFFを切って撮影します。
b0069507_00543947.jpgさて、アシスタントの今井君、何を思ったかドレッドヘアーにしました。
12時間もかかったそうです。費用は¥50,000,-だそうです。
な、な、な、なんでかな~

b0069507_00543893.jpg今年最後の「四谷ヒルズ」です。
外壁工事が進んでいます。
工事はしているものの、クレーンは動いていませんでした。
そして、いつの間にかクレーンが高くなっていました。
クレーンを高くする行程を、ぜひ見たいと思います。
完成すると、ビルの高さはこの倍くらいになります。
そうなると、オリンパスの12mm~100mmでは入らなくなります。
撮影するレンズを考えないと・・・


by mash_boss | 2018-12-27 06:52 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
押忍! 10月3日(水) 6543

b0069507_01273639.jpg今日の朝、スタジオに行く途中でスナップです。
市ヶ谷、飯田橋は法政大学のお膝元。
こんな法政大女子が、目に入りました。おしゃれしたい年頃なのに珍しい。
女の子なのでチアリーダーなのでしょうが、きらびやかなイメージとは随分ちがいます。
オシャレしたい年頃なのに、応援団90周年記念Tシャツです。彼女は、応援団にプライドをもっているのでしょうね〜
押忍のしたには、礼儀・節度・闘志と書いてありました。

法政大学応援団の活躍ぶりはココからどうぞ!

b0069507_04061712.jpg事務所で「お手軽」複写です。見た目はお手軽ですが、見えないところで、結構工夫はしているのです。こんなに見た目は簡単に複写ができるのも、デジタルカメラだからこそです。フィルム時代には考えられません。
あるイベントに必要になり、学生時代の拙い写真を複写していますが、カメラRawで少し調整して現像すると、オリジナルのプリントより良いプリントができてしまいます。
オリジナルのネガは、保存状態が悪くボロボロというか、ものによっては触るとずれて崩れてしまうので、使用できない状態です。
ネガが使用できたとして、私のプリント技術で引き伸ばし機を使って印画紙にプリントするよりも、デジタルカメラ撮影での画像処理の方が、きれいなプリントを短い時間と低コストでできてしまいます。
普通の撮影より、こういう撮影と後処理にデジタルの底力を見せられました。

b0069507_01273765.jpg昼過ぎ、横断歩道の先で何やら人だかりが・・・
ワンちゃんが、そっちは行きたく無いよ! と駄々をこねて寝そべっているようす。
それを面白がって、女子高生や観光客が写していました。
しばらくしたら、諦めたのか何事も無かったように、歩き出しました。
オチャメな奴です。



by mash_boss | 2018-10-04 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
御挨拶  10月1日(月・都民の日)  6541
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02161661.jpgGINICHI・銀一さん、ご存知でしょうか?
東京にある、プロフェッショナルフォトグラファー向け機材・レンタルショップの老舗です。
写真愛好家の皆さんには、カメラバック「クランプラー」の輸入・販売元の方がお馴染みかもしれません。
その幹部、吉田さんが定年と雇用延長のご挨拶に来てくれました。
GINICHI・銀一さん、その名の通り、銀座一丁目にお店がありました。
現在は、もんじゃ焼きのお店で有名な月島にあります。

銀一さんは、先代が1956年に新橋でカメラ機材の販売を始め、1958年に銀座一丁目に移転、それ以来60年日本のプロフェッショナルフォトグラファーに、カメラだけでは無く撮影機材、スタジオ機材等を届けてくれています。
吉田さんは、私がフリーのフォトグラファーとして独立して何年目かに新卒で銀一に入社してきました。
それからもう40年弱になるのか~

私がフリーになった頃は「いい時代」だったのでしょう。
フォトグラファーの熊谷晃さんのチーフアシスタントから独立して、すぐに銀一さんで伝票で機材やレンタルができました。
今、思えばそれは熊谷さんが銀一さんへの支払いをキチッとしていて、良い仕事をしていてくれたおかげでだと思います。先代の社長にも、結構お声がけをいただきました。
今は、私自身は殆ど月島のお店には伺う事も少なくなりましたが、フリーになりたての頃は毎日のように銀座一丁目のお店に行く用がありました。
そんな頃にピカピカの新入社員で入ってきた吉田さん、「お互い若かったね。」とオジサン2人でもりあがりました。
お世話になった銀一さんに対して、小さな恩返しは「カメラは銀一さんから買う」事です。
CanonもLeafもPhase 0neも銀一さんから買っています。それは、少し大げさですが競争の激しい東京の広告系写真事務所の矜持です。
銀一さん、これからもお世話になります。
b0069507_02161534.jpg久しぶりの、四谷ヒルズ定点観測です。
文字通り、台風一過の青空です。
前回掲載したのは、9月4日ですので、約一月で縦も横も大きくなりました。
もう、お隣のビルよりも少しだけ高くなりました。


b0069507_02161626.jpg9月27日に、知的財産権侵害と裁判で敗訴したマリカーです。今日も元気に原宿を走っています。
今後、どうなるのでしょう。
それはともかくとして、今日みたいな晴れた日は、気持ちいいだろうな~
低い位置から見る東京は、別の東京が見えるのでしょう。
タクシーの運転手さんからは評判悪い公道カートですが、一度は乗ってみたいです。


by mash_boss | 2018-10-02 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
四谷ヒルズ  8月27日(月) 6506

b0069507_15525774.jpgNikon Zの話題が続いたので、今日は息抜き。
写真の特性の一つ、記録性の写真です。
前回四谷ヒルズの定点観測を掲載したのは、7月27日でした。
それから一ヶ月、お盆休みで工事は一週間以上お休みでしたが、再開とともに、背が高くなりました。
ここから見えない後ろの方でも、上物の工事が始まりました。


b0069507_05391983.jpg完成予想パースです。
現在定点撮影をしている場所の反対側から見たパースです。
こうなるまで、あと1年4か月です。
四谷の街も大きく変わります。
2019年度竣工予定。工事現場の塀には2020年1月6日オープンと表示されています。
高層ビルが1本できると、それを核に周りも変わっていきます。楽しみですが、その頃は私はこの世にオサラバでしょう。


by mash_boss | 2018-08-28 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
今日もNikon… 7月27日(金) 6477
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_03031247.jpg
伝統の赤が効いてますね~!!
そろそろNikonの話題から離れたいのですが、カッコいい画像が1日ずつ公開されるので、離れられません。(ニコンの戦略にハマりました。)

Nikonが、8月23日発表の新しいフルサイズミラーレスの新しい画像を発表しました。(画像の上の部分です。)
左右が揃ったので、これまで発表された画像と組み合わせて、いろいろ強調してみました。
次は前面の画像発表でしょうか?
昨日エントリーした、正面の想像画像には「赤」がありません。
やっぱりFAKEなのでしょうか?

Nikonはティザーという、焦らし作戦で発表です。
CANONはどういった発表のしかたをするのでしょうか? 
興味津々です。

b0069507_03434997.jpgご迷惑をかけました。
投稿を37しかしていない、私のinstagramが。偽Raybanに乗っ取られました。
対処しました。

だいぶ前に、Raybanに勤めている人に聞いたのですが、当然ですが、困っているようです。
偽レイバンサイトに入るとどうなるんですか? と聞いたら、その時点ではそこで買うと偽物レイバンが送られて来る との事でした。

b0069507_03434971.jpg
定点観測中の「四谷ヒルズ」です。
上モノが4階位の高さまで組み上がってきました。

by mash_boss | 2018-07-28 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
39日め  7月19日(木) 6469

b0069507_03564647.jpg久しぶりの定点観測写真です。
四谷ヒルズの建築進行記録ですが、基礎工事が終了して「上物」の工事が始まったとエントリーしたのが、6月5日でした。
それから39日め、やっと次の階の工事が始まりました。
2015年、中国で57階建て高層ビルがわずか19日間で完成(組み上がった)と話題になりました。
安全性や確実性等を考えれば、早ければ良いというわけではないですが、これからどのくらいの速さで、組み上がっていくか興味津々です。

b0069507_04391875.jpgちなみに、39日前の6月4日の写真です。
かってに四谷ヒルズと呼んでいる「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」という長い名前のビル建設、完成予定は2020年の1月です。
あと1年半で完成するんですよね?
プランだと、工事現場をかこう塀は、来年の夏には撤去されるそうです。
その頃には、建築そのものは終了して、内装や付帯設備の工事になるのでしょう。



by mash_boss | 2018-07-20 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)