タグ:写真 ( 440 ) タグの人気記事
Classic Moments. 7月30日(火) 6636
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03281481.jpgBRUTUS 8月1日号、写真の特集です。
特集は「決闘写真論」、懐かしいです。
1976年にアサヒカメラに連載していたのと同じタイトルです。アサヒカメラの内容は「篠山紀信vs中平拓馬」の写真論です。この組み合わせ、当時も今も画期的です。
内容も濃い物でした。お二人は凄いです。
若かりし頃、必死に読んだ気がします。
今回のBRUTUSのタイトル、それをオマージュしたのでしょうか?
内容は「現代写真の基礎知識」のサブタイトルのとおりです。
「基礎知識」といっても、カメラやレンズ等の「メカ」ではなく、写真そのものの知識です。
現在の写真表現は突然現れたのでは無く、写真が発明されて以来の様々な表現の上に成り立っています。
それを、お勉強するのも悪くはないです。「クラッシック」を知る。大切な事です。「温故知新」重要です。
デジタルカメラになって、テクニック的にも変わったように、写真そのものに対する「知的欲求」も変わってしまったようです。
「カメラ・写真」雑誌は、どうしてもメカや今の写真に偏りがちです。特にデジタルになり、カメラやレンズがドンドン出てくるので、それを追っかけるのに精いっぱいといった感じです。
フィルム時代は、カメラ・写真誌も「写真文化」にページをさく余裕も、読者からの欲求もあったのでしょう。
いつのころからでしょうか、『ポップカルチャーの総合誌 』と銘打つBRUTUSや、PEN等は「カルチャー」として写真を捉えて、時々特集をしてくれるようになりました。
専門誌が「忙しい」デジタル時代、それ以外の雑誌もチェックする必要があります。

そういえば、美術手帖も以前は面白い写真特集やっていたけど、今はどうなっているんでしょう?


b0069507_03281469.jpg梅雨明けとともに、暑くなりました。
皆さん、ご注意を!
週末に行く札幌も、144年間の観測史上最高に温度が高い「最低気温」だったとか…
最高気温も30℃以上!
一昔前なら、考えられない札幌の夏です。
地球温暖化の影響でしょうか?
このところ、どんどん気候が変わっています。


by mash_boss | 2019-07-31 06:58 | 写真 | Trackback | Comments(0)
APAアーカイブ  7月21日(日) 6627

b0069507_21083647.jpg今日は、毎月1回実施しているAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ撮影でした。
「広告写真は、消費される写真です。
ほっておけば広告の掲載期間が終了すれば消えていってしまいます。
でも、その作品は情報の宝庫。
写っている風景、モデルさんの着ている衣装、ヘアメイク、モデルさん自身、キャッチコピー、商品自体・・・  ポスター本体の、紙質、印刷・・・ 後になれば、その時代を読み解く鍵にもなります。
そんな、写真を使った広告作品をアーカイブして残そうというAPAアーカイブ。」
今日は、その66回目でした。

b0069507_21083796.jpg参加者のAPA正会員小林宗政さんが持ってきてくれたカラーメーターSEKONIC SPECTROMASTER C700でストロボの正確な式温度を計ってみました。
C700は「デジタルカメラのセンサーまたはフィルムの特性に合わせた各モードがあり、より正確な色温度の測定を実現しました。」というカラーメーターです。
b0069507_21083701.jpg今日は、電車の車内用のポスター類を撮影。
中吊り、中吊りW、額面、額面ワイド、JR額面W等々、サイズが多種類あり整理に一苦労です。
b0069507_21083641.jpgこれは、JR窓上という規格です。
写真が使われていないので、これは撮影しません。
掲示場所以外にJR、私鉄各社で大きさが微妙に違ったりして、リサイズをするデザイナーは大変だと思います。
b0069507_21083653.jpg撮影が終わり、北海道・写真の町東川町に向けての梱包作業です。
東川町、最近は移住する人が多い町として、TV等で取り上げられる事が多くなりました。
b0069507_21083505.jpg今日は、こんな感じでパッケージしました。
隙間にはクッションを入れて送ります。
本日の発送枚数は205枚でした。



by mash_boss | 2019-07-22 06:46 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
なりたい事と、なれる事。アシスタントについて。 6月3日(月)6950
人気ブログランキング参加中です。
MASHは、現在セカンドアシスタントを募集しています。
募集の途中報告です。
こちらの希望する人物と、応募してくる方の「ズレ」もあります。

募集要項の「アシスタントの覚悟」の「30才過ぎてから一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、応募可能年齢は26歳位までです。(それでもという方は、挑戦は可能です。)」の゛挑戦は可能です。”という事で、応募してきた女性と面接しました。
応募のメール等は、しっかりしていて、常識もあるちゃんとしたメールでした。
学生等が送ってくるメールとは違います。
国立大学を出て、それなりの会社で働き、年収は500万円代後半。
会社に対して倫理的不満がおありなようです。
写真は、ある世界では有名な方を撮り続けていて、少し印刷物にもなっています。
写真に伸び悩みがあり、もっと前に進むには、どっぷり写真の世界に浸からなければと、アシスタントに応募してきました。
もちろんプロにはなりたいようですが、どういうプロになりたいかは、ご自分でわからないようです。アシスタントになったら年収が下がる事も覚悟の上です。
MASHがアシスタント募集している事は、彼女の写真関係の知り合いから知ったようです。
似たような作品や、まねたような作品を写したくなく、独自の写真を写したいので、写真の雑誌や本は、見たり読んだりしないとの事。
写真のテクニック等も本で学ぶより、実際の撮影現場で学んだ方がいいと思うので今回応募、ライティングやテクニックの本や雑誌も見ないという事です。
好きな写真家はアンリ・カルティエ=ブレッソンとの事。
作品を拝見しましたが、残念ながら、感性も感じられず、写真的にはプロになれる要素は感じられませんでした。
20代前半の大学や専門学校出たての人でしたら「叩き直せる」かも知れませんが、30才を結構すぎている人には無理な話です。この事は、彼女に率直にお話しました。
デジタルになり、カメラでもスマホでも簡単にある程度の写真が撮れるので、プロにも簡単になれてしまうと思う方が、特に社会人に多いようです。
1時間弱お話しました。納得なさったようで「色々とお恥ずかしい限りでしたが、仕事をすることについての根本は分野が違っても変わらないことを見直せました。今の自分の環境があるからこそ、できることがあることも再認識でき、お時間を割いていただき感謝しております。梅雨入り前の貴重なひとときをありがとうございました。」とのメールをいただきました。

もうひとつは、若い男子です。
誰でもが知っている超優秀な進学校を出て、東京六大学の優秀な大学に進学、1年間休学した後中退してプロのフォトグラファーを目指している、若い男子を試験的に採用しました。
私だったら、大学絶対に卒業するのに~
結論は、勉強ができる頭はいいのですが、フォトグラファーになれる頭ではないのです。
「あがり症」という面もあるようで、焦ると「頭が真っ白になる」ようです。
試験採用中に色々あり、このままだと、スタッフやキャストに怪我をさせてしまうような事故を起こしかねないので、本採用はせず退職してもらいました。

なりた事と、なれる事が大いに違うのがフォトグラファーのアシスタントであり、プロのフォトグラファーになるという事です。

色々考えるに、フォトグラファーのアシスタントって難しい職業だと思います。
「細心の注意を払う心と、大胆不敵な心を持ち、柔らかい頭を持ち、飽くなき探求心と持続力を持ち、体力があり、機械関係にもデジタルにも興味があり、写真が好きでいて、そのレベルある一線は超えていか、超える要素がある…」という人、そう思う人がアシスタント向きです。ハードル上がったでしょうか? 

MASHアシスタント募集要項です。ここからどうぞ!

b0069507_04144511.jpg千葉県、白子の玉ねぎです。
水にさらさないで、食べるのだそうです。
先輩のフォトグラファーからいただきました。
玉ねぎ好きなので嬉しい限りです。
b0069507_04144580.jpg今日は、写真弘社の銀座のギャラリーで、ラムダプリントの写真展「4人のカメラ eyes」を拝見。
相原正明、織作峰子、菅原一剛、長倉洋海さんという、あまりみない組み合わせの写真展です。
6月6日(木)まで開催中です。モノクロプリントに興味のある方はどうぞ! 
b0069507_04144443.jpgもうひとつ拝見しました。
フォトグラファーの並木隆さんが指導なさっている、第12回フォトクラブ四季彩写真展「K・A・G・E ~光の旋律~」を拝見。
日頃何かとお世話になっている方も出展なさっています。
並木さんの指導もあってか、結構新しい作風も多く、楽しめました。
6日(木)14:00までです。


by mash_boss | 2019-06-04 07:23 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
セカンドアシスタント募集中です。!


セカンドアシスタントフォトグラファー募集中です。!
募集詳細を必ずお読みください。


募集詳細
by mash_boss | 2019-04-27 23:36 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(3)
Last month of Heisei  06/30  What's happening? 4月25日(木) 6731

b0069507_05292962.jpg
?!


by mash_boss | 2019-04-26 07:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Last month of Heisei  12/30 混沌京都 4月19日(金) 6725

b0069507_06181028.jpg京都にいます。
目的は、京都グラフィー取材。
JPS・公益社団法人日本写真家協会会報誌用の取材です。
日曜日にヨドバシカメラ大坂万博記念公園のモデル撮影会があるので、一日早く大坂ならぬ、京都入りです。

Pressパスを発行してもらいました。

b0069507_06181037.jpg相棒は、モモちゃん事、フォトグラファーの桃井君です。
桃井君もヨドバシモデル撮影会で講師をします。

ここは、堀川小池ギャラリーのフジフイルムプロデュースのマグナム ライブ ラボです。
b0069507_06181151.jpg京都を歩いていると、こんな光景が時々見られます。
東京から来た者には、痛々しいです。

b0069507_06181195.jpgBMWがメインスポンサーになっているアルバートワトソン写真展。
見るべき写真展です。
語彙の豊富で無い私には「凄い」としか表現できません。

会場は、重要文化財の旧日本銀行京都支店の京都文化博物館別館です。
1906年竣工のこの建物も「凄い」です。
表にはスポンサーのBMW 8シリーズ・クーペ(M850i xDrive)が展示されています。
お値段は1714万円。これも「凄い」です。
b0069507_06181156.jpg世界限定1000部の写真展です。
価格は24万円です。
会場で変えます。蔦屋書店から届けられるそうです。
b0069507_06181101.jpgこちらは、ずっと身近な写真展。
生まれた時からデジタルの高校生、写真甲子園上位校にロモを渡して、フイルムで撮影して貰った写真展です。
若さいっぱいでです。
b0069507_06181192.jpg高校生の写真展を開催中の京都天狼院のギャラリーの片隅にはこんなフライヤーが・・・
「秘めフォト部」きになるな〜

b0069507_06181285.jpg最後に行ったのはBarです。
のみに行ったのではありません。
写真家甲斐扶佐義さんが経営する木屋町のバー 八文字屋に展示してあるのは、JPS会員で元Nikonの四方さんの写真「父への詫び状」。
心にジンと染み入る写真展です。
会場がBarなので、19時からオープンです。
もちろん、お酒も少しいただきました。
b0069507_06181214.jpg甲斐扶佐義さんです。
甲斐さんは「モノクロフィルムにこだわり、長年かけて京都の町や人々を撮り続け、現在まででのべ42冊もの写真集を出版。多い時には1日に2000カットも撮影していたそうだ。」「長年の、京都の一大風俗を撮影し続けた活動が認められ、2010年には京都美術文化賞を受賞した。」(引用メシ通2016/02/11から)
お店にあった、甲斐さんの写真集も拝見しましたが、良い写真がいっぱい。きっと甲斐さんの人柄で写せた写真です。
京都グラフィー、甲斐さん肯定的に曰く、ヒッピーと彼女が独自に始めたイベント。との事。ヒッピーという言葉、懐かしい! 久しぶりに聞きました。

このイベント、私は、東京ではできなかったと思います。
東京では「官製」になってしまうかも。

京都グラフィーが無ければ、甲斐さんの事は知る事はできませんでした。感謝です。

b0069507_06181286.jpg19時過ぎに、お店を出ました。京都の金曜日の夜は、楽しげにふけていきます。

明日は、KG+メイン会場を見て、昼過ぎには大坂入り、午後は、ヨドバシカメラモデル撮影会会場万博記念公園を「ロケハン」です。

モデル撮影会、参加希望、詳細はココからどうぞ!



by mash_boss | 2019-04-20 07:35 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
諸々Ⅳ 3月31日(日) 6706

b0069507_22594492.jpg久しぶりに、恵比寿の都写美(東京都写真美術館)一気見です。

3F 「写真の起源 英国」
2019.3.5(火)—5.6(月・振休)

2F 志賀理江子「ヒューマン・スプリング」
2019.3.5(火)—5.6(月・振休)

B1 大石芳野写真展「戦禍の記憶」
2019.3.23(土)—5.12(日)

この3つを一気見すると「写真」の幅広さ、歴史、今がわかります。
でも、頭がグチャグチャになるかも・・・
地下1階の大石芳野さんの写真展は、3階「写真の起源 英国」から連なる写真の役割そのものの写真展です。
「戦禍の記憶」は戦争には大義があるかも知れないが、犠牲は常に無辜の人々に残る事を40年にわたって、証明し続けた大石さんの集大成的写真展です。


b0069507_22594487.jpg2F 志賀理江子「ヒューマン・スプリング」の入り口ホールです。
「頭がグチャグチャ」の元の展示です。
写真家が写した写真の展示ですが、写真展ではありません。
インスタレーションです。
現代美術がお好きな方はどうぞ!
写真が好きで、幅広く写真を捉えられる人もどうぞ!
一般的な写真こそ写真と信じている方、木戸銭返せ! になるかも・・・
「自己責任」でご覧ください。

3F 「写真の起源 英国」はお勉強です。
今は、デジタルでお気楽に写している「写真」ですが、お気軽で無い写真誕生の歴史がわかります。
私にとっては面白かったです。ご覧になる場合は、時間の余裕を持ってご覧下さい。
歴史に興味無い方はつまらないかも…


b0069507_22594397.jpg定点観測中の2020東京オリンピック選手村です。
前回は1月20日でした。
外観はそんなに変わっていません。
前回の様子は、ココからどうぞ!

b0069507_05322800.jpg定点観測の撮影場所、晴海客船ターミナルには「INSIGNIA」が180日間の世界一周クルーズの途上で初入港していました。
昨日の夕方に前港神戸から入港し、今日の夜に次港広島に向け出港との事です。
180日間の世界一周に最初から最後まで乗っている方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?何をしている方なのでしょうか?
遠い世界の方達には違いありません。
オリンパスの12mm〜100mmの12mm側で撮影しましたが、7mm〜14mmでないと全部が入りません。

b0069507_22594352.jpg
最近はまっている飛行機撮影。
今日は羽田空港の撮影ポイントの一つ、京浜島つばさ公園に、初めていきました。
本日は、風向きの都合でB滑走路22への着陸は無しでした。
公園前の駐機場には、ロールスロイス製エンジン「トレント1000」のトラブルでエンジンを外された787と原因は不明ですが777が駐機していました。
787のエンジントラブルの元の対策済み部品交換は今年いっぱいかかるようです。
b0069507_22594437.jpg頭がグチャグチャになった都写美から出てきて見上げた空の雲がきれいでした。
頭が新鮮になりました。


by mash_boss | 2019-04-01 07:08 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
写真研究会 11月4日(日) 6558

b0069507_04172166.jpg和光大学写真研究会の大学祭写真展に伺いました。
数年前に拝見した時は、失礼ながら「何なのこれ?」っていうレベルでした。
久しぶりに拝見したら、内容がガラッと変わっていてビックリでした。
普通の写真あり、インスタレーションあり、サイアノタイプありでかなり面白かったです。

彼が持っているのはNikon F フォトミックです。
1959年〜1974年まで生産された名機Nikon Fにフォトミックファインダーを着けた高級モデルです。
ボディーは、いわゆる富士山マークのモデルです。
懐かしい!このカメラとNikon SP、憧れのカメラでした。
1962年に、このモデルが発売された時の価格が50mm F2付で、¥67,500,-。
当時の大卒初任給が平均¥17,130,-とどこかの資料にありました。
今年の大卒初任給は平均¥205,000,-ですから、約12倍になっています。という事は、当時のNikon Fフォトミックを今の価格に換算すると¥810,000,-になります。今のNikonの最高級機D5のXQDモデルが、直販サイトでは¥750,600,-です。
今も昔も高級機の価格はあまり変わらないようです。
56年も前のカメラ、今の大学生が大事に使っています。
デジタルカメラで、将来こういう事って可能なのでしょうか?
b0069507_04172216.jpg会場までの廊下や階段のホールの床には写真がばらまかれていて、会場まで誘導しています。

部員と少し話しましたが、若い人の興味対象は、かなり細分化しています。
デジタル、Web=メディアの多様化=細分化になるのでしょう。
b0069507_04172123.jpg写ルンです。展も開催中でした。

写ルンです。の新しい使い方?
この姿、オジサンには「痛い!」です。


by mash_boss | 2018-11-05 07:29 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
アッ! 赤城さんだ~ 11月3日(土・祝・文化の日) 6558
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_23345109.jpg今日は、母校・和光大学の大学祭に参加。
卒業生で作るクリエイティブユニットCWUとして大学祭に参加をしました。
APA・公益社団法人日本広告写真家協会の後輩でもある、フォトグラファーの福原君の撮影ブースにいるのは、教え子と一緒の写真雑誌等でお馴染みの写真家赤城耕一さん!
今年の後期から写真史(写真機史ではありません。)を教えているのです。非常勤講師に就任です。
いつもは、写真展のパーティー等でお会いします。その赤城さんが母校の先生~
ちょっと不思議な感じです。
赤城さん、後輩のために良い授業をお願いします!
b0069507_23352276.jpgこちらは、1973~74年頃の和光大学A棟です。
おそらく、バリケード封鎖中で座り込んで、アジ演説を聞いているのは学費値上げ反対の全中闘、全学中央闘争委員会です。


b0069507_23353342.jpg今年の同じ場所です。
二階建てだったA棟は、だいぶ前に10階建の大きな新A棟に変わり、「全中闘」に変わりヒップホップダンスのサークルが踊っていました。
十年ひと昔と言いますが、44~45年前は大昔です。歴史上のひとこまになります。

ちなみに、和光大学は変わった学校で、校歌も校旗も門もありません。
体育会も無ければ、応援団もチアリーディングもありません。
まとまるのが嫌いな大学です。
校歌の代わりというのでは無いですが、私の時代は、その当時でも十分懐メロだった「青い山脈」を何かにつけ歌っていました。
そして、インターナショナルもそれなりに必要な歌でした。

和光大学クリエイティブユニット・CWUがオープンする「おとなBar」は11月3~4日、和光大学祭H304教室で営業です。



by mash_boss | 2018-11-04 07:54 | イベント | Trackback | Comments(0)
Happy Halloween   10月15日(月)  6540
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_07135718.jpg今の季節、世の中ハロウィンです。
何なんでしょう?
新しいお祭りだと思えばいいのでしょうが・・・
日本人の柔軟性ですね。
なんたって、日本には八百万の神々がお住まいになっているのです。
b0069507_07135869.jpg今日の午後は、JPS公益社団法人日本写真家協会の広報委員会の日でした。
よくわかりませんが、急遽事務局内の写真を写すことになりました。
ディレクターは、全事務局長(左)。
計画なディレクションで撮影しやすかったです。

お二人とも黒い服をきているのは、葬儀の帰り。
JPS会員の高橋延明さんが62歳で御逝去されました。
合掌

(撮影・小城崇史)

b0069507_07135892.jpgJPSの広報委員会、今日は会報校正の日。
皆さん文字を読む能力が高いです。
広報委員会、12名のメンバーがいるのですが、全員が揃うことは1年で1回あるかどうかです。
今日は、桃井君が揃えば全員集合でした。
11人が揃うのも、久しぶりです。


by mash_boss | 2018-10-16 07:45 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)