タグ:写真展 ( 460 ) タグの人気記事
久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935

久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935_b0069507_00151895.jpg久しぶりの都写美です。
東京都写真美術館は、2月29日から新型コロナウイルスのため臨時休館中でしたが、6月2日から再開しました。
三か月とチョットぶりにオープンです。

本日楽しみにしていたのは、再開とともにスタートした「森山大道の東京 ongoing」

森山さん、何というか、マイルドな方向というか、定型というか、そういう方向にon goingしているようです。
この写真展は、森山ワールドのイントロダクション的写真展だとおもいました。


久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935_b0069507_00152604.jpgこちらは、7月19日まで会期が延長された2F展示室の「写真とファッション90年代以降の関係性を探る」です。(題名のアンダーラインはオリジナルに付いています。)

こちらの写真展は、面白いけど「食い足りない」感じです。

撮影OKの写真展です。
久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935_b0069507_01144906.jpg都写美があるのは、恵比寿ガーデンプレイス。
オープン当初からあった恵比寿三越ですが、来年の2月28日に閉店する事が決まりました。開店は1994年なので26年の歴史に幕を下ろします。
「ECおよび周辺施設との競争激化により業績が低迷し、近年は数億円規模の赤字が続いていた状態で、新型コロナウイルスによる影響が長期化する見通しから、三越伊勢丹ホールディングスは商圏が広い伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の基幹3店に経営資源を集中するという。」との事です。
また、地下にあった、元マクドナルドで現在はバーガーキング恵比寿ガーデンプレイス店も3月31日に閉店していました。ファーストフードにとっては、難しい立地(家賃が高い?)なのでしょう。

久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935_b0069507_00154679.jpg久しぶりに定点撮影中の晴海客船ターミナルからの2020東京オリンピック選手村です。
すっかり完成したようです。
前回は2月1日なので、四か月ぶりです。

この選手村を、新型コロナウイルスの患者隔離施設に使ったらという話も出ました。
選手村は完成したものの、肝心のオリンピックは来年に延期。
来年、オリンピック開催できるのでしょうか?

時期は未定ですが、撮影場所の晴海客船ターミナルは廃止がきまっています。
7月14日には「東京国際クルーズターミナル」が青海にオープンします。


久しぶり~ 東京Step2‐6  6月6日(土)  6935_b0069507_00162083.jpg晴海客船ターミナル内部です。
しばらくの間、コロナウイルスで閉じられていましたが、今は外側の施設とトイレだけ使えます。



by mash_boss | 2020-06-07 07:53 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
始まりは3連荘・・・ 1月6日(月) 6786

始まりは3連荘・・・ 1月6日(月) 6786_b0069507_06214644.jpg毎年、業界仕事始めは四谷のポートレートギャラリーの企画展と新宿御苑前のシリウスフォトギャラリーの企画展のオープニングで始まります。
今年のポートレートギャラリーの企画展は、スポーツ写真の水谷たかひと君。
ヨドバシカメラの撮影会、お正月の記念撮影でもお世話になっています。
スポーツの名場面をご覧になりたい方は、是非どうぞ。
2件目に伺ったのは、ヨドバシ撮影会でお世話になっている榎並悦子さんの「光の記憶 見えなくても見えるもの ー視覚障害をいきる。」(アイデムフォトギャラリー)です。
榎並さんが24歳の時に写した視覚障害者の施設が閉園されることになり、その1年前から再度撮影をしたドキュメンタリーです。

水谷たかひと新春企画展・スポーツ報道写真展「PRELUDE」1月7日(火)〜 1月22日(水)の詳細はココからどうぞ! 

榎並悦子年頭企画展「光の記憶 見えなくて見えるもの—視覚障害を生きる」1月6日 ~1月15日ココからどうぞ!

始まりは3連荘・・・ 1月6日(月) 6786_b0069507_06214667.jpg3番目にお伺いしたのは、APAの中部支部長のデン真さんの写真展「祭り、行こまい! −祭りの宝庫、愛知 祭り紀行−」1月6日〜1月15日(オリンパスギャラリー)です。
愛知県内のお祭りを写した力作です。

写真展詳細はココからどうぞ!
始まりは3連荘・・・ 1月6日(月) 6786_b0069507_06214618.jpg榎並さんの写真集と水谷君の写真集も出版されました。
始まりは3連荘・・・ 1月6日(月) 6786_b0069507_06214682.jpgデンさんの写真集と掲載誌です。



by mash_boss | 2020-01-07 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
諸々 12月11日(水) 6760

諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315880.jpg原宿には、雑誌の街頭撮影フォトグラファーがたくさんいます。
デジタルになり、女性のフォトグラファーも増えました。

諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315739.jpg年末ですね~
ピクトリコさんから、カレンダーが、明治神宮からはお札が届きました。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315982.jpg夜は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の表彰式と「忘年会」。
今年、写真界で初めて文化勲章を受章した田沼元会長のご挨拶。
「スマホ」に負けるなと檄を飛ばすされました。
それを、スマホで撮る人も…
現実と言えば現実ですが、トホホです。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315989.jpgこの方は、ケンコートキナーの田原さん。
JPSの会員でもあります。
いつも、何か面白い製品を、会場にお持ちになります。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315901.jpg今日は、前ボケ装置。
イロイロ考えますね~
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315701.jpgこちらは、今年写真展を開かれた方々の記念撮影後のスナップです。
左から、山岸さん、京都の中田さん、元会長の田沼さんも写真展開催されました。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315752.jpgJPSの広報委員として一緒に行動している池内さん。
今年写真展を開催されました。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315910.jpg
会場では、恒例のプレゼント抽選も…
前CAPA編集長の石田さんはVELBONの三脚があたりました。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315816.jpgライカジャパンさんにはヒーターが…

私は、昨年アサヒカメラ1年分が当たりましたが、今年はだめでした。
諸々 12月11日(水) 6760_b0069507_05315839.jpg来年のAPA展のPRも…
一つ一つ行事をこなしながら、大晦日に向けてまっしぐら…



by mash_boss | 2019-12-12 07:26 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
見るべき写真展。 12月14日(金)6598

見るべき写真展。 12月14日(金)6598_b0069507_18332208.jpgライフに代表される、グラフジャーナリズム誌が消えて何年になるでしょうか?
紙からTV、そのTVも危うくなり、今やWebの時代です。
そう、このブログだってWebだからできるので、紙媒体だったら絶対不可能です。
かくて、新聞、雑誌の廃刊は増え続けています。
でも、媒体は変われども、重要なのは掲載する「中身」です。

今日拝見した高橋 智史 写真展「RESISTANCE」−カンボジア・屈せざる人々の願い− を見ると、「中身」の重要性を改めて認識させられます。
カンボジアを長く、そして自分の立ち位置を明確にした「客観的」立場ではない骨太の報道写真を見ると、あらためて「写真」の力を感じます。
しかし、ドキュメント系、報道系のフォトグラファーの発表の場、つまり紙媒体の仕事が減っています。
そういう意味では、この写真展、写真展という「場」だけで無く、Web版を作って全世界に発信して欲しい「コンテンツ」です。
世界的に有名な日本のドキュメント系のフォトグラファーが、日本人のドキュメント系フォトグラファーが一番Webの使い方が遅れていると話されているのを、お聞きしました。
アメリカでは、ドキュメントのフォトグラファーはインスタやFacebookで積極的に発信し、仕事に結びつけているとの事です。
「紙」媒体は実用的にも、社会的にも残るとしても、もう、どうひっくり返ったとしてもWebより「優位」にたつ事は無いとおもいます。
一時、フィルムかデジタルかなんていう時代もありましたが、今やフィルムは「趣味嗜好」的に残っているだけです。
同じように、写真家にとって大事なのは「媒体」では無く、見ていただくもの、コンテンツの質です。
アナログとデジタルの違いは、アナログは媒体と情報が一緒、デジタルは媒体と情報が別と某評論家さんが言っていましたがそのとおりです。
以前写真はフィルムという媒体がなければ成立しませんでしたが、デジタル写真はメモリーカードでも、CDでもハードディスクでも媒体は何でもいいのです。
写真家の写した中身、情報は様々な媒体と結びつき広がっていきます。
Web時代になり、フォトグラファーは全世界に無料で発信できる媒体を自分で持てるし、マニピュレータートする事もできるようになったのです。
ドキュメント系のフォトグラファーにとっては、ある意味1番いい時代を迎えたのかもしれません。
皮肉なことですが、トランプ大統領がツイッターという新しいメディアを使って、新聞、TVに代表される以前からのメディアを飛び越えて発信しているのは、好き嫌いは別として、Webメディアの使い方がうまいとおもいます。

何はともあれ、今回は「写真展」という媒体で表現した高橋さんの写真展、カンボジアの民衆の置かれた立場を知らせてくれます。
是非ご覧になってください。

高橋 智史 写真展 「RESISTANCE」−カンボジア・屈せざる人々の願い−
オリンパスギャラリー東京 
期間:2018年12月14日(金)~19日(水)
開催時間:午前11:00 〜 午後7:00 
最終日 午後3:00 木曜休館 
入場無料

オリンパスギャラリー大阪 
期間:2019年 2月 1日(金)~14日(木)
開催時間:午前10:00 〜 午後6:00 
最終日 午後3:00 
日曜・祝日休館 入場無料
見るべき写真展。 12月14日(金)6598_b0069507_18332231.jpg今日の朝のスタジオへの道で写しました。
東京の紅葉も終わりです。
中学の時の英語の教科書に載っていた、オー・ヘンリーの「最後の一様」を思い出します。


by mash_boss | 2018-12-15 07:26 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
なんかせわしない~! 12月5日(水) 6589
昼過ぎに、風景写真家の相原さんが7日から始まる写真展のハガキもって、事務所いらっしゃいました。
風景写真、朝も早いし、寒いし、蚊に刺されるだろうし私には、絶対できません。風景写真家って凄いです。
相原さん、年末から来年にかけて、写真展2つ開催です。凄いです。

頂く写真展の案内は、来年のものばかりになる今日この頃。
せわしなくなってきました。
師も走る「師走」。転ばないようにしっかり地に足をつけて走りましょう。


相原正明写真展[STAR SNOW STEEL~夜が織りなす鉄路の世界]
期間/12月7日(金)~12月13日(木)
時間/月~金曜日 午前10:00~午後6:00 土,最終日 午前10:00~午後5:00
12月9日(日)開館

Nikon Z7 企画展相 原 正明 写真展「SPIRIT」
THE GALLERY 新宿2
開催日時:2019年2月19日(火) 〜 2019年3月 4日(月) 日曜休館
開催時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)

THE GALLERY 大阪
開催日時:2019年4月25日(木) 〜 2019年5月 2日(木) 日曜休館
開催時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)

なんかせわしない~! 12月5日(水) 6589_b0069507_07141025.jpgハマっている、四谷ヒルズの別角度です。
また3階分高くなります。
手前のクレーンが、いつのまにか高くなっています。クレーンが高くなるところ見てみたいです。

なんかせわしない~! 12月5日(水) 6589_b0069507_05521018.jpg夜は、写真好き女子(?)2人と愛新覚羅の女性3人に囲まれて、シャンペンです。
第二次大戦後作られた唯一のシャンパンハウスの逸品だそうです。
曰く「持続性のある泡立ちの淡い藁のような黄金色。 
レモン果汁のかたまりやブリオッシュ、土の生き生きしていて、どちらかといえばエキゾチックなじゃこうのような香りがある。 
大柄でこくがあって、しなやかで、調和がとれた愛らしい酸が完熟したパイナップルとグレープフルーツの味わいをさらにいきいきとさせている。
輪郭がくっきりとしたシャンパーニュである。フィニッシュは完熟感があり、新鮮さがあって長い。 クラシックなアペリティフ・スタイルのシャンパーニュでフレッシュで清潔、辛口で花のようなレモンの香りと 味わいが感じられる。」
何だか難しく、私の舌ではわかりません。でも美味しかったです。
アペリティフのシャンパンだそうで、メインディッシュはオシャレにしたかったのですが、銀だことドミノピザでした。😅

by mash_boss | 2018-12-06 07:17 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
長老の集まり・・・ 噂の続き? 8月9日(木) 6491

長老の集まり・・・ 噂の続き? 8月9日(木) 6491_b0069507_05233870.jpg今日の夜は、大山謙一郎さんの写真展 「凝視展(44) 炎えた女(もえたひと)(6)」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
大山さんの写真展は全て「擬視展」でその44回め!の写真展です。
そして「炎えた女(もえたひと)」展としては6回めという事です。凄いです。
・・・高知「よさこい」祭りを写し続けて25年…。炎天下、我を忘れて踊る女性のひたむきさは、神々しくさえ見えてきます。その姿を最新のデジタルカメラで撮影し、肉眼では気づかない表情、見過ごしてしまいそうな一瞬を写し撮った作品群です。誰もが当たり前のように写真を撮って人と共有する時代になりましたが、私が写す女性の姿を展示させていただきます。・・・
大山さん(右)は79才でも頭は柔らか。
デジタルプリントの特色を最大限に使った展示方法斬新です。

写真展、詳しくはココからどうぞ!

長老の集まり・・・ 噂の続き? 8月9日(木) 6491_b0069507_05244836.jpg長老中心に記念撮影という事になりました。
最長老は、日本中のお祭りを写している芳賀日出男さん97才!!です。
私も加えていただきましたが、鼻垂れ小僧です。


長老の集まり・・・ 噂の続き? 8月9日(木) 6491_b0069507_06012546.jpgさて、今日も「噂」です。
Nikonフルサイズミラーレスの新しいティザー画像です。
EVFがこれまでの正面図等と違います。
フィルム時代のNikon Fシリーズのようにファインダーが交換できたりして・・・
CANONは9月4日に「ミラーレス新型」発表。でもフルサイズかは不明という「噂」が出てきました。


by mash_boss | 2018-08-10 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
あいうえお・・・  2月6日(火)  6310

あいうえお・・・  2月6日(火)  6310_b0069507_05273154.jpg今日の夜は、ちょっと変わった写真展にお邪魔しました。
それは、第3回 業界写真クラブ写真展「あいうえお東京 partⅢ2002-2017」。
何の業界かというと、写真業界です。
カメラメーカーさん、編集者さん等の我々フォトグラファーがお世話になっている方達の写真展です。
司会進行は、編集者の板見さん。
板見さんとは、2006年8月から〜2007年2月まで、ポータルサイトのエキサイトのismコンシェルジュで連載をしていました。
板見さんが、Nikonを軸に戦後日本写真史、私がNikon D200を使っての撮影編を担当していました。
今見ても、初心者にはなかなか面白い役に立つ連載です。
昔の記事がすぐに探せて、残っているのがWebの良いところ、興味のある方は、こちらからご覧下さい。

あいうえお・・・  2月6日(火)  6310_b0069507_06122291.jpgところで、「あいうえお東京 partⅢ2002-2017」ですが、東京の地名・施設名を「あいうえお」順に撮影をするという企画です。「あ」なら浅草、「う」なら上野といったふうです。
2002年から初めて、15年間で28「ふ」の深川まで撮影したそうです。「ん」から始まる地名・施設名を除いて残るは17字、あと10年以上はかかります。
さて、写真の「質」ですが、これが高いのです。「門前の小僧習わぬ経を読む」といっては失礼ですが、職業柄たくさんの写真を見ているので、玄人はだしなのです。
みなさん、お元気でこの企画が無事終了する事を祈ります。

「あいうえお東京 partⅢ2002-2017」
開催期間:2月6日(火)〜12日(月・祝)
開催場所:JCIIクラブ25
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII ビル(地下1階)電話(03)3261-0300
開館時間:10:00~18:00
休館日:原則として毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)



by mash_boss | 2018-02-07 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
始動準備  1月5日(金)  6278

始動準備  1月5日(金)  6278_b0069507_02455142.jpg今日は歯の治療のために、原宿へ行きました。
今日から、世の中本格的に始動し始めたようですが、原宿はまだ少し休日気分が残っています。
本日は、治療と平行して1ヶ月に1回の割合で行う、歯のクリーンアップの日でした。
15年ぶり位に歯医者さんに通っていました。
本日、治療後の経過も順調なので、次のクリーンアップは3ヶ月後になりました。
食事をしていたら、歯から詰め物が取れたのが、今回の治療の始まりでした。
結局、別の歯医者さんで治療した歯2本と、新たに1本の治療をし、左奥下に斜めにはえた親知らずを、紹介された大学病院で抜いて、足かけ2年かかった歯医者さん通いも終わりです。
幸いな事に、歯は丈夫な方で、助かっています。
始動準備  1月5日(金)  6278_b0069507_02452851.jpg歯医者さんの後は、第三京浜を一走りして、横浜のオートプライドで5000Km 毎のオイルチェンジ。
Valvoline supergurd 5W-30 7Lと工賃で¥12,420,-なり。
ガソリンスタンドや大型自動車部品ショップでのオイル交換より、適切なオイルを選んでくれて、ちゃんとしたメカニックが丁寧に交換してくれてお値段もリーズナブル。
そして、何より安心です。

始動準備  1月5日(金)  6278_b0069507_03324217.jpg夕方は、写真展オープニングが2つ。
最初は、四谷のポートレートギャラリーでの恒例年明け企画展のオープニングです。
今年は「新春企画展 自然とエスキモーの生に満ちた暮らし、40年ぶりの公開中村 征夫写真展『極夜』地球最北の村 シオラパルクへ1977」です。
このオープニングは写真界にとっての新年会のようなもので、メーカーさんも、フォトグラファー、雑誌編集者もたくさん来るので、ここに参加すれば、一通りあいさつできてしまします。
今回の写真展は、中村征夫さんの見応えある写真展ですが、人が多すぎて、後日ゆっくり拝見する事にしました。

始動準備  1月5日(金)  6278_b0069507_02442723.jpg
2つめは、野町和嘉さんの、アイデムフォトギャラリー「シリウス」年頭企画展野町和嘉写真展「異境エチオピア」です。
始動準備  1月5日(金)  6278_b0069507_02450245.jpg会場は、ポートレイトギャラリーから、地下鉄2駅はなれているので、皆さん回遊魚のように「シリウス」に流れてきました。
野町さん、新年早々、品川のキヤノンオープンギャラリー1,銀座キヤノンギャラリー、そしてシリウスと同時に3箇所で写真展を開催です。
凄い事です。!!

中村征夫さん写真展詳細はココからどうぞ。

野町和嘉写真展「異境エチオピア」の詳細はココからどうぞ。

2018年キヤノンカレンダー 野町 和嘉 写真展:World Heritage Journey 世界遺産を訪ねての詳細はココからどうぞ。

2018年キヤノンカレンダー作家展 野町 和嘉写真展:PLANETの詳細はココからどうぞ。



by mash_boss | 2018-01-06 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
日常生活 10月27日(金)  6207
人気ブログランキング

日常生活 10月27日(金)  6207_b0069507_08311778.jpg写真展も終わり、今日から日常生活。まずは、お世話になった方に差し上げるプリントを制作。プリントに反射する光がきれいなので、思わず1枚撮影。
日常生活 10月27日(金)  6207_b0069507_08404614.jpg夜は、APA・日本広告写真家協会の新入会員展のオープニングレセプションに出席。腰は、22人の新入会員を迎えました。
公益社団法人日本広告写真家協会2017年新入正会員展「Echoes」の詳細はココからどうぞ
11月1日までです。


by mash_boss | 2017-10-28 08:57 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
Day 14 Last Day 10月26日(木) 6206
人気ブログランキング

Day 14  Last Day 10月26日(木) 6206_b0069507_04232224.jpg最終日は晴れました。
気持ちいい日です。
この2週間、一日一日を意識したのは初めてでした。
季節もすっかり変わりました。
そして、晴れたのは2日間でした。

Day 14  Last Day 10月26日(木) 6206_b0069507_04304104.jpg最後にゲストブックにサインしていただいたのは、次の写真展「熊野古道をあるいています。」を開催するフォトグラファー山本まりこさん。
Day 14  Last Day 10月26日(木) 6206_b0069507_04361270.jpg引き継ぎ記念写真です。
山本さん、2週間がんばってください。
楽しんでください。
Day 14  Last Day 10月26日(木) 6206_b0069507_04380731.jpgかたづけは、あっという間。
19時20分には、ギャラリーを出ました。
写真展においでいただいた皆様、ありがとうございました。



by mash_boss | 2017-10-27 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)