タグ:六本木 ( 19 ) タグの人気記事
削除警告!  2月8日(金)6655 
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06080270.jpg
今日は、写真の多様性を確認する2つの写真展御紹介です。
最初は、六本木で今日から始まった山縣勉写真展「観察 SURVEILLANCE」です。
山縣君は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員として一緒に活動しているフォトグラファーです。
JPSのなかでも、少ないArt系のフォトグラファー、シリアスフォトグラファーです。

「彼女たちに興味を持ったのは、きっと自分が年をとったせいなのだろう。多くの20歳代の女性から感じる不可解な冷淡さと、同時にもつ大胆さ。彼女たちを覗いてみたい、解き明かしたいという欲望は、こうした方法を私にとらせた。」

ちなみに、写真展紹介のために、写真展プレスレリースから数点の写真を構成し、アップしようとしたら「削除警告」が出ました。
初めての経験です。

「観察 SURVEILLANCE」は、実は写真集を見るべき写真展なのです。



b0069507_06081466.jpg「こうした方法」とはこれです。
動物等の生態を写す、赤外線カメラです。
動きを感知すると、自動的にシャッターが切れます。
フラッシュも赤外線なので、被写体はいつ写されているか、気が付きません。

「趣旨を説明し、動体を検知すると自動的に撮影する赤外線監視カメラを女性たちに預けた。操作が不要で、音や光を発することなく撮影し、画像を確認する機能はない。
彼女たちは自分の部屋でカメラを前に動き回った。
撮影者はいない。
カ メラを回収するとき、彼女たちは私以上に撮られた写真に興味津々だった。
まるで他人を覗き見るかのように。」


b0069507_06082022.jpg山縣君です。
経歴は​慶応義塾大学法学部法律学科卒業し、某大手企業に就職。その後フリーのフォトグラファーになったという、異色な経歴です。

生態観察のようなこの写真展。
改めて、女性という生物と男性という生物は違うな~ と感じます。
女性心理の奥深さ、不可解さは永遠の謎です。

男は、自分の部屋にカメラを据えて自動撮影、それを発表される。なんて事は思いもつきません。
女性写真家は、20代の男に同じような発想をするのでしょうか。
男と女の間には
深くて暗い川がある
誰も渡れぬ川なれど
エンヤコラ今夜も船を出す
(黒の舟歌 作詞能吉利人)

写真展詳細はココからどうぞ!


b0069507_06083008.jpgさて、こちらはフォトグラファー レスリー・キーさんとディレクター井上嗣也さん、有名タレントとのコラボ写真展「Bookish」のオープニングレセプションにです。
会場は、銀座のライカギャラリー東京です。

こちらは、とてもわかり易い写真展です。


b0069507_06083598.jpg
カッコイイ写真の写真展です。

見終わった後、家に帰り何故か、写真家新正卓を思い描いていました。
新正さんは「河を渡った。」といって、コマーシャルフォトから写真表現者に変わりました。
新正さんは、1970年代の日本の広告写真状況を「70年代の職業写真家時代の僕を取り巻く環境は、金髪で碧い眼、八頭身のマヌカンにすべての広告界が主体性なく傾斜した時代で、流行の上澄みというか、風俗の先端に立つためのいじましい努力、そんなことに辟易としはじめた自分自身への悶えみたいなものからの脱却を意識していました。」
この頃、アシスタントをしていた私は、実感としてわかります。
今、デジタルで写真が写しやすく、メディアの種類も増えました。でも、エディトリアル、広告系のフォトグラファーの職業としての寿命は短くなったように思います。経済状況は新正さんの頃より、遥かに悪くなっています。現在を生きるコマーシャルフォトグラファーは、いつ河を渡るのでしょうか?

レスリー・キー写真展詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2019-02-09 09:12 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
恒例行事 12月12日(水)  6596
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06585474.jpg今日は、APAアーカイブ用の今年の広告作品を、「コマーシャル・フォト」編集部に引き取りにいきました。
b0069507_06585659.jpgWebやデジタルサイネージュの影響で、紙媒体のポスター等の広告物が減っています。
今年、引き取った量は、昨年の2/3位です。
昨年は一昨年の、やはり2/3位だったので、ここ2年で如実に紙媒体広告作品は減りました。
b0069507_06585529.jpg夕方からは、公益社団法人日本写真家協会の恒例行事に出席です。
b0069507_06585580.jpg表彰式の後は、これも恒例の記念撮影です。
今年の使用カメラは、α7シリーズの開発で、第44回「日本写真家協会賞」を授賞したSONYの、α7RⅢで撮影です。
b0069507_06585593.jpgこれもまた恒例のくじ引きで、アサヒカメラ1年分が🎯ました。!
ラッキー!
b0069507_06585516.jpg写真家協会の後は、六本木のBar「 山崎文庫」で開催中の横木安良夫さんの写真展の「忘年会」に出席しました。
横木さん、本当に写真が好きなんだという事がわかります。
是非、見に行くべき写真展です。

今年も、あと19日です。


横木安良夫写真展「SCRAPS 1949-2018」
開催期間:2018年10月1日(月)〜12月31日(月)
会場:Bar 山崎文庫
住所:東京都港区六本木4-8-9 B1(俳優座楽屋口向かい)
開廊時間:17:00~27:00 月・木・祭日
休廊日:日曜
入場料:無料 / Barチャージ料別(1,000円、17:00〜20:00までに写真展来場の方は無料)※喫煙可
詳しくはココをどうぞ!



by mash_boss | 2018-12-13 07:28 | イベント | Trackback | Comments(0)
思い出BOX アートセンター 11月9日(金) 6563 

b0069507_04075873.jpg今日の夜は、六本木にあったレンタルスタジオの老舗「アートセンター」のOB写真展に伺いました。
会場は渋谷の並木橋近くのスペースEDGEです。
初めて伺いましたが、以前は倉庫だったとかで、なかなか趣のある会場です。
b0069507_04083915.jpg六本木・アートセンターは、1960年代の後半にオープンし、2002年に閉鎖されました。
1970年代後半、六本木と麻布周辺には、アートセンター、麻布スタジオ、Ryuスタジオ、乃木坂スタジオ、十番スタジオ、ちょっと別格で六本木スタジオ、赤坂スタジオなどのレンタルスタジオがあり、写真を志す若者達は、レンタルスタジオのアシスタント・スタジオマン、カメラマンのアシスタントを経て、青山や原宿に事務所を持ち、麻布スタジオやアートセンター、六本木スタジオで撮影をするというのが、ある種の夢でした。

b0069507_04084497.jpg私は、スタジオマンの経験はありませんが、長友健二さんのアシスタントの頃は週に2~3回、フリーになった頃には、月2~3回アートセンターにお世話になっていました。
フリーの頃にアシスタントとして手伝ってくれたアシスタント君達が会場にいたり、名前が写真の下に貼ってあったり、涙が出るほど懐かしかったです。
みんな、戦友みたいなものです。
b0069507_04084994.jpg私の好きな写真家の一人、中道順詩さんも、アートセンターのスタジオマンを8ヶ月経験なさったそうです。
知りませんでした。
b0069507_04085352.jpgアートセンターがコマーシャル・フォト誌に出していた歴代の広告も展示されています。
社長だったAPAの先輩でもある三浦波夫さんは、アイディアマンであり、面倒見の良い方でした。
フリーになって初めての写真展「First & Last」はアートセンターイベントスペースというアートセンターが持っていたギャラリーを三浦さんが無料で提供してくれました。

アートセンターで2年間スタジオマンをすると、ニューヨークに行くか、ハッセルブラッドを貰えるなんて事もしていました。
広告に載っている東京の電話局番、まだ3桁です。

第9回 写真展・アートセンター祭りの詳細はココからどうぞ! 11日(日)までです。!

b0069507_04085832.jpg今日の原宿の車です。
6月にモデルチェンジした、3代目、トヨタセンチュリーです。
実に21年!ぶりのフルモデルチェンジです。
日本で唯一のショーファードリブンの車です。
お値段は単一グレードで、¥1,960万だそうです。

一度運転してみたいな~
センチュリーの諸々はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-11-10 07:37 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
久々、六本木ヒルズ。 10月26日(金) 6550
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05272888.jpg久しぶりに六本木ヒルズに行きました。
東京映画祭一色でした。

何となく写したこの写真。
Camera Rawで現像してみてビックリ!
肉眼では見えなかった夜空の雲が見えました。
カメラはオリンパスE-M1 Mark II です。
レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
絞りF4.5 シャッタースピード1/13 ISO2500で撮影。もちろん、手振れ補正ONです。
Rawで撮影です。
私はスナップでもRawです。
デジタルカメラはRawで撮影してこそ本領を発揮します。
4/3規格という画像センサーが小さいE-M1 Mark IIでもダイナミックレンジは12.8EVもあります。
フィルム、特に我々プロが使っていたポジフィルムでは考えられない数字です。
ラチチュード広いです。‼
正確にはフィルムのラチチュードとデジタルカメラのダイナミックレンジは違うのですが、フィルム時代を知っている私にとっては、ラチチュードが広いという表現の方がピッタリきます。

b0069507_05272840.jpg本日、六本木ヒルズに行ったのは、BEAMS六本木ヒルズのオープニングレセプションとパーティーのためです。
ミッドタウンにはBEAMSありましたが、六本木ヒルズには無かったっけ~?という感じです。
お店の場所は、今年5月までザラ六本⽊ヒルズ店が入居していたウェストウォーク2階と3階です。

b0069507_05272934.jpgBEAMは人気者です。
まだ、アシスタント時代に原宿の2~3坪の小さなビームスから服を借りて、作品撮影をしました。
こんな大きくなるとは、全く予想できませんでした。凄いです。
b0069507_05272821.jpg今回一緒に行ったのは、MASHのプロデューサーの岩佐君。
アパレル関係の仕事もしていたので、身に着けるもの大好きで、MASHで一番オシャレです。
スニーカーを見る笑顔、嬉しそうです。



by mash_boss | 2018-10-27 07:09 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XXXIX 9月3日(月) 6512

From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_04070364.jpg
Christmas night at Roppongi Hills.
このところ、旅だミラーレスだと騒がしかったので、今日は私の好きな季節の写真。
クリスマスの六本木ヒルズです。
I'm dreaming of White Christmas…
今は暑いですが、3ヶ月もすれば…
日本には四季あって幸せです。


by mash_boss | 2018-09-04 07:09 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Fuji内覧会 4月26日(木) 6392

b0069507_03550004.jpg
FUJIFILM Imaging Plazaの内覧会にお邪魔しました。
場所は、皇居前の丸の内の明治安田生命ビルの商業施設MYプラザ3Fです。
ここは、日本史の教科書や映画等に出てくるGHQ(General Headquarters)として1945~1952年まで使用され、1997年、昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定された明治生命館が一部残っている場所です。

b0069507_03550195.jpg
中に入ると、明治生命館が一部保存されています。
この明治生命館は、1階店頭営業室や連合軍対日理事会の会場となった2階会議室をはじめとする執務室、応接室などの文化的価値の高い主要室を一般公開しています。
日本の戦後の歴史を(といっても若い人は興味がないでしょうが)刻んだの貴重な場所です。

b0069507_03550135.jpg
MYプラザの3FにあるFUJIFILM Imaging Plazaは「Xシリーズ」「GFXシリーズ」や交換レンズの魅力を発信する場で、製品のタッチ&トライコーナーや、セミナールームやギャラリー、更にはライティングやテザー撮影を体験できるスタジオ、そしてプロサービスの拠点も設けられています。
六本木の東京ミッドタウン内の「FUFJIFILM SQUARE」は富士フイルムの全体のショールム、こちらはX、GFXを始めとする、デジタル写真の魅力を発信する場所のようです。
ユーザにとってうれしいのは、年中無休で11時~20時オープンという営業時間です。
一般営業開始は、28日(土)からです。

b0069507_03550171.jpg
ギャラリー部分です。

b0069507_03550084.jpg
本日、朝、スタジオに行くと、池嶋君がMac miniを修理(?)でした。
このMac miniは事務所でプリント出力用に使用していますが、2~3前から起動途中に止まってしまうようになりました。
HDDからSSDに交換してOSを入れ直してまっさらな状態からリスタートです。
何でも、このMac miniはメモリーがON BOARDでないので増設でき、ハードディスクも2層で入れられる貴重なタイプとの事です。

b0069507_03550153.jpg
Mac修理の傍らでは、今井君が撮影準備中。
本日は、RZ67に8000万画素のPhaseを付けての撮影です。
このRZ、独立して苦労してハッセルを揃えたのですが、ハッセルはスクエアなので雑誌の表紙やカタログに使うとなると、実質6x4.5での使用になります。RZの6x7のフィルムは約2倍の面積になるので、その魅力には勝てずに導入してから30年以上たっています。(ここまでのお話は、フィルムの知識が無いとわからないと思います。)
MASH歴代のフォトグラファーの汗と涙が染み付いているカメラです。
ハッセルは、今では全くと言っても良いほど使っていませんが、RZはPhaseやLeefを使う時に頻繁に使用しています。
レンズシャッターのオーバーホールも随分していないけど、丈夫で長持ちです。
正に、プロ用カメラです。


by mash_boss | 2018-04-27 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
写真のdiversity  4月11日(水) 6377

b0069507_01461236.jpg今日は、写真集中日。
最初は、MASHスタジオ。
この1週間続いている「預かり撮影」。つまり撮影商品をお預かりして、クライアントは立ち会わず撮影する仕事です。
この1週間撮影していたのは、各種コードです。効率を考えて2セット組んであります。
こういう撮影は、クリエイティビティーとは正反対で、色々なコードを基準にそって撮影する「反復練習」「筋トレ」的撮影で、再現力、正確性、注意力、持続性が必要で、マルチパーパスな広告系フォトグラファーの基礎中の基礎です。アシスタントを鍛えるには絶好の仕事です。
という事で、入社半年めの今井君が、フォトグラファー池嶋君の監督の下、撮影中です。
「見るとやるとでは大違い。」この種の仕事は、アシスタントをしていると、つまらない仕事ですが、やってみると大変さがわかります。という事で、アシスタントを次のステージにステップアップするには絶好の仕事です。
今井君は、人物撮影希望のようですが、こういうのしっかりやっていると、後できっと役にたつ事うけあいです。
こういうのは水泳と同じで、体で覚えた事は忘れません。そして、現在はデジタルだけでフォトグラファーになったフォトグラファーがいらっしゃいますが、彼ら彼女らとは違う、希少種というか本格的なフォトグラファーになる為の第一歩なのです。
今井くんと同期に入社した某君は、すでに2ヶ月と少しで脱走。ガンバレ今井!!
という事で、MASHではアシスタント募集中です。詳しくはココをどうぞ!

b0069507_01461184.jpg市谷の事務所には、Pen4月15日号が…
忘れられない写真。
時々、Penは写真特集をしますが、結構おもしろいのです。
この号の表紙の写真、写真家の故深瀬昌久さんが、MASHのスタジオで写された写真です。
1980年代の中頃、MASHではPolaroid20x24カメラをお預かりして、Polaroid本社のアーティスティックなプログラムに協力していました。
当時、アメリカのPolaroidは20x24カメラで世界何カ国かのフォトグラファー達に作品を写してもらい、コレクションをしていました。
何年か続いたこのプロジェクトで、選ばれたフォトグラファーの1人に深瀬さんがいました。
当時、何日かスタジオに通って、黙々とご自分の写された写真にピンを刺されていました。
プロジェクト結果は「スーパーイメージの世界」という写真集になったり、西武美術館で写真展をしたりしました。
深瀬さんの他にも、沢渡朔、奈良原一高、山崎博、森山大道、藤原新也、石元泰博、横尾忠則、操上和美、田原桂一、内藤正敏、石内都、柴田敏雄、有田泰而、植田正治、川田喜久治、久留幸子、池田満寿夫といった写真家の方達がMASHのスタジオで撮影し、ロケやご自分のスタジオでの撮影にはMASHのスタッフが同行し、協力をしました。
当時、MASHにかかわっていたアシスタント君達は良い経験をしたと思います。
「おいしい」時代でした。
ちなみに、PENが前身の「ギリー」として発刊されたのもこのころでした。
私はギリー時代に何回か撮影をしたことがありました。
その後、PENと名前を変え、版元もTBSブリタニカ→阪急コミュニケーションズ→CCCメディアハウスに変わりました。
残ってほしい雑誌です。
b0069507_01461214.jpg午後は六本木フジフイルムスクエアの Gallery Xで開催中のHASEO君の写真展「〜RED〜Predators Of The City IX」を拝見。
「赤」のHASEO Worldを堪能しました。
写真展は4月19日まで開催中です。
詳しくはココからどうぞ!
b0069507_01461131.jpg次は、同じフジフイルムスクエアの写真歴史博物館 企画写真展「昭和が生んだ写真・怪物 時代を語る林忠彦の仕事」を拝見。
何回か見た、有名な写真ばかりですが、しっかりしたプリントで見る名作は、何回みても良いもです。
写真のクラシック、若いフォトグラファーの方、必見です。
写真展詳細はココからどうぞ!
個人的には、会場に置いてあった「AMERICA 1955 林忠彦写真集」、さっと見ただけですが興味を惹かれる写真集です。林先生、こんな写真も写していたんだと驚きです。上手な人は何を写しても上手です。
b0069507_02274479.jpgフジフイルムスクエア最後は「四季と対峙し、思いを託した銀塩フィルムフォトグループ いぶき 写真展『2018 四季のいぶき」です。
これはもう、日本のアマチュアフォトグラファー凄さを実感です。
本当に「脱帽」です。
残念ながら、写真展は12日までです。

b0069507_01461219.jpg
次の予定、JPS国際交流セミナー『香港の今』講師 : Andrew Wong (アンドリュー・ウォン 写真家)まで少し時間があったので、六本木をウロウロ。
このボロボロの建物は「ラーメン・大八」だった建物です。
懐かしいです。六本木で飲んだ後、何回か食べた事がありました。
チリチリの麺で昔からの志那ソバ風でした。
今のような、ラーメンブームのずっと前でした。
当時、深夜まで営業していたラーメン屋さんは、ここと、ホープ軒くらいだったでしょうか…
きっと地権でもめているんでしょうね。
そうでなければ、こんな形で残っているはずはありません。

今日は、写真の多様性を実感した一日でした。


by mash_boss | 2018-04-12 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.   4月8日(日) 6374
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.

XXIII
b0069507_03433857.jpg
東京の夕陽・・・ 私が大好きなものの一つです。
夏の夕陽、私にとって、お酒がなくてもHappy hourです。
恵比寿ガーデンプレイスから見た六本木ヒルズです。


by mash_boss | 2018-04-09 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
久しぶりの六本木ヒルズ 9月17日(日) 6168 

b0069507_06435745.jpg台風18号接近中のなか、六本木ヒルズへ久しぶりに行きました。
六本木ヒルズが完成したのは、2003年4月という事なので、もう14年たつのですね〜
完成した当時は、色々な取材でロケに行きました。
かつてのクライアント、Timeの日本支社が六本木ヒルズに入っていたので、オフィス部分にも、何回かいきましたが、ここ7~8年はごぶさたでした。
今日、印象に残ったのは、三菱重工の世界遺産関連の企業広告のコルトンです。
三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーンや占勝閣、旧木型場、第三船渠等のモノクロ写真が随所にありました。
きらびやかな六本木ヒルズの施設にモノクロ写真。不思議にマッチするとともに存在感を示していました。
今は、六本木だと、フジフォトギャラリーの入っている、後からできた東京ミッドタウンのほうに行く回数が多くなりました。
久しぶりに行った六本木ヒルズ、規模はミッドタウンより大きいし、店舗数も多いし。欅坂はロデオドライブみたいだし、面白さ再発見でした。


by mash_boss | 2017-09-18 08:12 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
ご挨拶。写真展§4 9月12日(火) 6163
人気ブログランキング

b0069507_02243109.jpg昼過ぎ、六本木の立木義浩事務所へ、ご挨拶に伺いました。
10月14日(土)17:00~ から「写真展Toward the landscape -見える時、見えない時-」ギャラリートークのゲストを引き受けてくださったので、展示する作品を見ていただきました。
持っていった作品を肴に1時間ちょっと、色々と楽しいお話ができました。
この続きをギャラリートークでできたらと思います。
立木さんは、私の世代のフォトグラファーにとっては、憧れの人なのです。
1960年代後半から始まった日本の高度経済成長時代、立木さん、篠山紀信さん、沢渡朔さん、荒木経惟さん、繰上和美さん、有田泰而さん・・・達は、それまでの土門拳さん、秋山庄太郎さん、中村昌也さん達と違った「風」をまとって登場しました。
特に、立木さんは「夜のヒットスタジオ」という番組で、毎週タレントさんやミュージシャンのステキな写真を発表していました。それを憧れの眼差し見ていたのが、我々の世代の写真少年だったのです。
2014年暮れにCANONギャラリーの忘年会で初めて立木さんと立ち話、2015年の暮れにCANONギャラリーの忘年会の流れで立木さんを中心にみんなでお酒を飲み、その時に写真展Old fashioned portraitのギャラリートークのゲストを無謀にもお願いし、2016年前の1月にギャラリートークをして、その年の秋に立木さんの写真展でお会いしたくらいで、しらふで、ちゃんとお話するのは初めてなのです。
立木さんにギャラリートークのゲストを、図々しくも再度お願いしたのは、憧れの写真家だからだけではありません。
立木さんがCAPAに連載している「スナップショット - 日常茶飯事」や写真集「動機なき写真」などの、立木さんの、私には絶対撮れないであろうスナップ写真がすきなのです。
さて、お話の名手である立木さんとどんなギャラリートークになるやら、全く予想はつきません。
(ギャラリーには、皆様におすわりいただける椅子がありません。もしかしたら、ギャラリーの床におすわりになっていただく事になるかもしれません。)

写真展Toward the landscape -見える時、見えない時- の詳細はココからどうぞ

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-09-13 07:45 | 写真展 | Trackback | Comments(0)