タグ:テスト ( 3 ) タグの人気記事
明るい暗室 東京Step3_14 6月25日(木) 6956
人気ブログランキング参加中です。
明るい暗室 東京Step3_14   6月25日(木) 6956_b0069507_00555456.jpg今日の夕方は、昨日に続いて土曜日に撮影したモデルさんのプリント作業。
コンタクトプリントを作り、荒選びをしてテストプリント。

プリントのイメージが決まらず、苦戦中です。

かつて、中平拓馬さんは「なぜ、植物図鑑か」のなかで、都市からの声を聴くには、フォトグラファーはシャッターを押す以外してはいけない。その後のプリント作業は「別の意志」が入ってしまう。故にカラーネガで撮影し、自動現像、プリントはサービスサイズにすべき、というような事を書いています。
ポートレートのプリント作業は、その真逆。
プリント時に意志を込めます。
明るい暗室 東京Step3_14   6月25日(木) 6956_b0069507_00565444.jpg意志を込めるため、Photoshopで「現像」「覆い焼」「焼き込み」をするのですが、その概念はフィルム、印画紙時代と全く同じです。
左の写真はリチャード・アベドンとマグナムのデニス・ストックのジェームス・ディーンのプリント(引き伸ばし)をした時のプリント作業メモです。
プリンターが書いたメモ、実に細かいです。
1枚のプリントの露出、凄い時間がかかると思います。
時間をかけて露光し、印画紙現像して上がりを見て、気に入らない部分があったら、OKな部分は同じ作業を繰り返し、NGな部分は変えてまた現像・・・
露光時間以外に、現像液の温度、疲労度等々も管理しなければなりません。今から思えば、本当に大変な作業をしていました。

デジタルになり、Photoshopでは、一つ一つの指示がレイヤーや調整レイヤーになります。
NGな部分のレイヤーだけを調整し、その部分の変わり方はリアルタイムで確認できます。
現像液の管理も必要なく、デジタル=数値なので、同じものが何枚でもできます。
暗室作業を知る者として、デジタルの恩恵とインクジェットプリンターの進歩には感謝以外はありません。
足りないのは、自分のイメージです。(トホホ…)


by mash_boss | 2020-06-26 06:58 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
秘め事・・・  1月28日(日) 6301
人気ブログランキングに参加中です。

秘め事・・・  1月28日(日) 6301_b0069507_03001546.jpgこの頃あらためて思う事、「写真はデジタルになって簡単になった、お金がかからなくなったって嘘だよな〜。」
フィルムと現像代はかからなくなったけど、それ以外はお金はかかるし、技術的に奥が深いというか難しくなっています。
「美は細部に宿る」と言いますが、細部にこだわりだすと、僅かな差を埋めるというか縮めるのに、デジタル写真はえらくお金がかかります。
「簡単になった」というのも、写るんですとスマホ、どっちがいつでもどこでも簡単に写るかといえばスマホですが、その程度、せいぜい35mmフィルムを使っていた写真の領域まで。
もっと進むとそうは行きません。
「写真で食べて行く」、入り口は簡単になったけど、続けるのは大変だと再認識する今日この頃です。

今日の写真、2000年代のはじめに写しました。
ハッセルブラッドにプラナー120mmを付けて、フィルムはフジのFP100です。そうテスト撮影のインスタント写真です。
この後、赤い靴にピントをちゃんと合わせて撮影しました。
本番のフィルムの方は、それなりに写っていましたが、このテスト写真の方が気になっったのでしょう、スキャンして残してありました。
露出を決めて、フレーム決めてポラ(テスト)を引く。(写す) 1分まって剥がす時のドキドキ感ってデジタルでは味わえません。
このドキドキ感って「写真を写す作業」に、精神的影響を与えていたと思うのです。
そもそもフィルム時代、誰でもが写せる訳では無かったスタジオ写真、ライティングをしてポラを何枚か写し、最終ポラを依頼者に見せるまでの作業は「秘め事」だったのに、デジタルになってそれが白日の下に・・・
そこから、写真は呪術の世界から理屈(数字)の世界になりました。良い事なのか、あまり良くなかった事なのかは、もう少し時間がたたないとわかりません。


by mash_boss | 2018-01-29 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
秒間10コマ ストロボ撮影。   10月6日(火)  5334


秒間10コマ ストロボ撮影。   10月6日(火)  5334_b0069507_6514122.jpgスタジオにプロストロボのPro 8aがきていました。
ある、仕事で秒間10コマ程度をストロボ同調で撮影する必要があるので、それができるストロボという事で、本日そのテストを行います。
MASHにある、ブロンカラーのスコロも秒間10コマくらいは発光するはずですが、まずは、定番のPro8でテストです。
テスト本番は夜なのですが、午前中にプレテストをしてみました。
人物、横位置でだいぶ余裕を持って全身を写すフレーミングですと2台2灯でISO100でF5.6。
広告撮影なので、F11位は欲しいので、6台6灯必要です。

カメラはE0S 7DMkⅡを使用します。画素数2000万画素。1DXは秒間12コマですが画素数が1800万画素、この200万画素の差が、広告には必要なのです。
やはり、ハイクラスカメラでは、感度はそこそこで良いので、画質の良い高画素数が必要なのです。
秒間10コマ ストロボ撮影。   10月6日(火)  5334_b0069507_7514590.jpg昨日、液晶をNGにしてしまったMacbook Pro13、修理に出すので、専門店に問い合わせました。
型番を見てくれとの事なので、指示にしたがって調べたらA1425という型番。2013年に一時作られた、珍しいモデルとかで、通常の型番だったら、即日修理が2日かかるとの事。直さなければ、使いにくいので、明日、修理屋さんに持っていきます。ちなみに修理代は¥44,000,-だそうです。痛いです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-10-07 08:00 | 機材 | Trackback | Comments(0)