タグ:カメラ ( 143 ) タグの人気記事
いつから・・・ 6月21日(木) 6442

今日は、夏至でした。
東京の日の入りは19時ちょうど。
冬至の頃の日没は16時30分頃だったので、2時間30分も日没が遅いのです。
ちなみに、昼の時間は5時間10分も違います。
ロケ中心のフォトグラファーは嬉しい時期季節です。

b0069507_03503494.jpg
さて、今日の写真は、先日、早めの夜の地下鉄の中で写しました。
撮影帰りのフォトグラファーが座っていました。

この写真を見て、フォトグラファー諸氏は何を思うのでしょう。
もちろん、見るフォトグラファーの年代や、仕事の種類で違うと思います。

機材の進歩によって、特に照明機材がコンパクトになり撮影に向かう機材パッケージが小さくなりました。
このフォトグラファー氏のパッケージ、以前の機材だったら、もうひとつバッグが必要だったと思います。
公共交通機関での移動も、地下鉄やJRが網に目のように発達している東京都心部、駐車場難、駐車違反取締の厳しい都心部の移動では理にかなっているとは思います。
でも、混む時間帯の移動だったら、フォトグラファー自身も大変ですし、周りのお客さんにも迷惑かかるな~ と思います。

私の世代のフォトグラファーだったら「フォトグラファーっていつから電車移動になってしまっったんだ」と、ちょっと悲しく思うでしょう。
今の、取材撮影等の仕事中心の若いフォトグラファーだったら「そんなの当たり前だよ、おじさん何いってるの?」なんていう声が聞こえてきます。
そもそも、今の東京の若いフォトグラファー、車を持つっていうのは、なかなかハードルが高いのです。

つまり、ギャラが・・・ 他にも、車に関する駐車場代やガソリン代等の経費も撮影経費としてクライアントさんが、なかなか認めてくれなくなりました。
いつのまにか、雑誌取材や通販等の撮影では「フォトグラファー=車」という意識が、無くなっています。

だいぶ前に撮影のギャラを、打ち合わせから撮影、レタッチまでにかかる時間で割ったら、コンビニの店員さんの時給と同じ位でした。たしか、その頃のコンビニの時給は800円くらいだったので、今は、時給も上がっているようなので、確実にコンビニの店員さんの時給より安い時給で働いています。
コンビニの店員さんは、体一つで働けますが、フォトグラファーはカメラだって自前なんです。悲しい事にデジタルになってカメラの買い替えも早くなりました。
この若いフォトグラファーの未来はどうなるのだろう とも思ってしまいます。

今の社会、格差社会と言われますが、実はフォトグラファーの世界も、以前に比べて凄い格差構造になっています。
上の方のギャラが上がっての格差社会では無く、底辺のギャラが下がっての格差社会ですから大変なのです。
原因はデジタルです。なぜ、デジタルなのかは、長くなるので割愛しますが、「風が吹けば桶屋が儲かる」より簡単な理由でデジタルです。
明るくないお話になってしまいました。
b0069507_03504067.jpg

こちらは、本日の夕方に新宿駅の山手線ホームで撮影です。
山手線の乗客の乗り降りを写していました。
何がおもしろいんでしょうかね~?
「所変われば品変わる。」と言いますが、観光客にとっては興味があるんでしょう。
我々にとっては、何を写しているのかを知るのも、新鮮です。


by mash_boss | 2018-06-22 07:16 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
今日の機材だて・・・ 5月23日(水) 6416

b0069507_03504118.jpg今日の撮影は、1年振りに依頼された撮影でした。
クライアントさん、再度発注いただきありがとうございます。
珍しく「取材モノ」です。
金融関係者が集まる、セミナーでの講師の撮影です。
服装はジーンズは憚られる、ジャケット着用です。
アシスタント君は必要無しです。
写真の使用目的、その大きさもはっきりしているので、本日のカメラはオリンパスです。
機材の大きさと、顔認識瞳優先のAFと音の静かさで機材を選びました。
メインで使うレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROと思いつつ、使わないかもしれなけど、とりあえず持って行こうとバッグに入れたM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROをOM-D MkⅡに着けてメインレンズで撮影する結果になりました。
35mmフルサイズのサンニッパだったら、今回のような撮影には大きくて持って行けません。
サブカメラは、PEN FにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを着けて使用しました。イメージとしては、望遠系はNikon F ワイド系はライカをぶら下げていた、ベトナム戦争当時の報道カメラマンのイメージです。オリンパスのこの組み合わせでちょっと困るのは、2つのカメラの画素数が違う事です。
今日のような会場には、ライター兼カメラマンも何人かいて、高倍率ズームで撮影をしています。
フィルム時代やデジタル初期だったら、カメラマンを連れて行く状況の撮影なのですが、今は手ぶれ防止、高倍率ズーム、高感度OKになったので、カメラマンを必要とする領域が、どんどん少なくなっているのを実感しました。
そんな時代に、フォトグラファーが必要と思い、声をかけてくれたクライアントさん「あんたは、エライ!」です。良い写真写さなければ・・・
設定はオートホワイトバランス、ISOオート上限設定ISO3200、絞り優先オート、顔認識瞳優先AF、Raw、で撮影しました。
ストロボは持って行ったものの、使える雰囲気ではなかったので、使用しませんでした。ISO3200くらいまでなら、今回の仕事では使える画が撮れる、現在のデジカメ凄いです。
今日の会場は蛍光灯照明なので、無音シャッターだと予期せずに画面にストライプが入る恐れもあるので使用しませんでした。
機材は進歩し、撮影のしかたも変わります。



by mash_boss | 2018-05-24 07:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.   4月24日(月) 6388
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.
XXV
b0069507_06152701.jpg
車で移動する時は、いつも助手席にカメラを置いています。
危なく無いように撮影しています。



by mash_boss | 2018-04-24 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
The End. 4月6日(金) 6372

b0069507_04371149.jpgついにこの日が…
経済原則から言えば当然ですが、本日、富士フイルムがモノクロフイルムと印画紙の生産、販売終了の告知をしました。
ちょっと大げさですが、歴史的な日です。
富士が富士写真フイルムから「写真」を取り去り富士フイルムに社名を変更、会社の組織変更をしたのが2006年10月1日。
それから約12年、いつかは来るだろうと思っていた日が来ました。
Made in japanの通常モノクロフイルムは日本から無くなります。
b0069507_05241246.jpg私が最初にフイルムを使ったカメラ、FUJI PETです。
使用フイルムはブローニーフイルムを使用します。
つまり、中判カメラです。
レンズはf75mm,ピントは固定です。
シャッタースピードは1/50とB.
絞りはF11,16,22です。写真の赤丸が晴天用22、緑の丸が明るい曇り用の16、紺の丸が暗い曇り用の11です。
これに、ネオパンS(ISO50)、ネオパンSS(ISO100)、ネオパンSSS(ISO200)を組み合わせて露出をきめます。
例えば、夏はネオパンSを使い、晴天だったら絞りF22で写します。春と秋はネオパンSS、冬はネオパンSSSで曇りだったらF16、もう少し暗かったらF11で写します。
自然の光の強さと、モノクロフイルムのラチチュードと絞りを組み合わせて写します。
1/50の固定シャッタースピード、フイルムの感度、絞りで5段分の露出変化を作るという「巧」みな写し方でした。
これで、絞りとシャッタースピードとフイルム感度の相関関係が覚えられます。
こんな時代から使っていたモノクロフイルム、ついに終了です。
寂しいですが、しょうがないです。
果たして、カラーフイルムの終了は…
※フジペットの写真はハヤタ・カメララボさんのHPからお借りしました。


by mash_boss | 2018-04-07 06:12 | カメラ | Trackback | Comments(0)
トーン&マナー 3月2日(金) 6335


b0069507_02334981.jpgCP+行ってきました。
CP+に行く事は写真業界にいる事の「トーン&マナー」といったところでしょうか。
こちらは、言わばメインストリート。
SONYのブースが一番大きかったような・・・
勢いそのものでしょうか?

b0069507_02472457.jpg
会場には、知っている関係者がたくさん。
桜スリングスの桜ちゃんは、オリンパスのブースの一角でデモ中でした。
がんばるな〜!

b0069507_02514736.jpg
ツッチー、フォトグラファーの土屋君は自分の出番の合間に、いつもの装備でアチコチ廻っているようでした。
b0069507_02525907.jpg
相原さんはフジで熱血講演中。
b0069507_02532865.jpg
HarQこと山口晴久氏もいました。
b0069507_02543380.jpg
こちらはSIGMAです。
センサークリーニングサービスをしていました。
忘れがちですが、シグマはレンズメーカーではなく、カメラメーカーなのです。
b0069507_02551475.jpg
カメラメーカーの大きなブースもいいですが、そんな大きくないブースも結構面白いです。
マウスコンピューターには、重さは5Kg程ありますが、AdobeRGBを表示する17インチ液晶パネルの大きなノートブックが出ていました。
個人的には、ロケのティザー撮影用にはいけるかも・・・
b0069507_02554591.jpg
マニアック中のマニアック。ここは、完全にB to Bのブースです。
面白いです。
b0069507_03012411.jpg
昨年あたりから、結構大きなブースを構えるようになった、中国、香港、韓国のメーカーさんが増えました。
こちらは、ミラーレスカメラに色々なレンズを付けるアダプターの大手、Kiponのブースです。
これからは、ムービーカメラのように、ボディーとレンズの分業になっていくのでしょうか?
b0069507_02560946.jpg
クリップオンストロボのアクセサリーは、もちろんアジアのメーカーです。
クリップオンストロボは、アジア製頑張っています。
b0069507_02565404.jpg
今年はカメラ博物館も出展していました。
NHKが使っていた16mmムービーカメラです。
400フィートのマガジン付です。
400フィートで連続撮影可能時間は10分もいかなかったでしょう。
現在のビデオカメラとは雲泥の差です。
この頃のムービーは、今のようにディレクターもカメラを持ち気軽に写すなんて事は、できませんでした。
b0069507_02571354.jpg
こちらは、ズーッと古いVirtual reality?
立体写真です。

カメラ博物館ブース必見です。

b0069507_02573242.jpg
ツアイスブースには、ヨドバシカメラ撮影会講師のなかから、山岸伸、HARKI、西尾豪、土屋勝義、上田晃司の5人のフォトグラファーとプロデューサでありフォトグラファーのRyu Yudaiさんの写真が展示してありました。
b0069507_03031230.jpgCP+に行ったら、見逃してはいけないのは、会場に行くまでにある、みなとみらいギャラリーで開催中の「後生に遺したい写真」写真展です。
b0069507_03034077.jpg
受付には、日本写真家協会前事務局長の高田さんがいらっしゃいました。

公益社団法人日本写真家協会 日本写真保存センター主催のこの写真展、明治から1970年代の日本を写した様々な写真が見られます。
つくずく思うのは、写真の記録性です。
写した人が思ってもみなかった貴重な記録が、後生の人間からみると、写り込んでいるのです。
b0069507_03041590.jpg入場者は多く、みなさん熱心にご覧になっています。
一点一点に付けられた解説を読みながら見ると、1時間近くかかります。
でも、必見です。

3日(土)4日(日)は天気も良さそうです。
CP+、この2日間は、今日よりも各種イベントが充実しています。
写真やカメラに興味のある方、横浜までお出かけになってはいかがでしょうか?
ネットで事前登録しておけば無料。そうでないと1,500円の入場料が必要になります。


by mash_boss | 2018-03-03 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
弘法筆を選ぶ…? 1月25日(木) 6298

b0069507_04324730.jpg
カナダから新しい機材が到着しました。
リンホフM679CCカメラとレンズとシャッターです。
Netにカナダのフォトグラファーが出品していたものを購入しました。
レンズが写っていますが、これは撮影用ではなく、ピンと合わせようのルーペです。
かぶりが必要なく、それでいて煽った時に隅々まで覗けるように蛇腹で遮光をしています。
今日使用しているデジタルバックは、8000万画素のフェーズワンIQ180です。
b0069507_04344884.jpgカメラはリンホフM679CC
フィルムの6x9サイズ用のビューカメラです。
これまで使用していた、ジナーPは元々はフィルムの4x5用のカメラなので、デジタルバックを付けて撮影するのはちょっと大きくて、取り回しが不便でした。
このカメラはM679の2世代めのカメラで、前板のアオリはティルトとスイングはできますが、ライズとシフトはできません。後ろは全てのアオリが可能です。

b0069507_05032299.jpg
シャッターは、ローライの電気シャッターです。
手元で、シャッタースピード変更、絞り変更、ブランケット撮影等ができます。
ビューカメラを使った事がある方にはおわかりいただけると思いますが、これはアシスタント1人分の働きをします。
それだけでなく、小物を撮影している時や、ギリギリのライティングをしている時に、シャッターチャージや絞りの調整ようのスペースを考える必要がないので、より良い写真が撮れます。

b0069507_05154434.jpg
レンズはシュナイダーが4本です。
これまでは、今日の撮影では4x5用のN社製75mmをつかっていたのですが、小さいサイズ用に設計されたレンズで写してみてビックリ!
例えば、商品にプリントされたロゴのエッジのシャープさは全く違います。もう、元へは戻れません。
「弘法筆を選ばず」と言いますが、これはアナログ時代の事や、あるレベルまでの事でデジタルやハイレベルで紙一重の差を争う現場ではそうも行かないと実感です。
さて、この「筆」のお値段ですが、¥900,000,-でした。全部新品だと¥5,000,000,-位になってしまいます。

b0069507_05480768.jpg
夜は、今年最後の新年会。
気のおけない仲間とワイワイガヤガヤ… 日本酒美味かった〜!!

b0069507_05505433.jpg会場前の歩道にも雪だるまがありました。通りがかった人が、スマホでパチリ。雪だるま、みんな好きなんです。
b0069507_05540968.jpg
雪は大人を子供にします。
銀座通りでは、それなりの年齢の酔客が雪で遊んでいました。

b0069507_05571865.jpg
こちらは、昼前の市谷・防衛省の崖下でです。北側の歩道はカチカチに凍って一向に溶ける気配はありません。
2人が除雪作業をしていましたが、歯が立たないようでした。
東京の今朝は、48年ぶりのさむさでした。

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2018-01-26 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
現在、MASHは撮影アシスタントを募集中です。
MASHでは、アシスタントフォトグラファーを募集します。
甘い言葉で誘う気はありません。修行のできる方を募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影60%、人物撮影40%です。経験は問いませんが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
人にもよりますが、約3年間の無事アシスタント生活を終了後、MASHのフォトグラファーになるもよし、フリーランスフォトグラファーになるもよしです。
待遇は以下ですが、必ず「アシスタントの覚悟」を読んでください。

募集職種:撮影アシスタント
募集人員:1名
仕事内容:撮影助手。スタジオ・機材の維持管理。
資格:26歳位まで(経験不問)。学歴不問。国籍不問(外国籍の方は不法滞在で無い事。日本語でコミュニケーションができる事。)
大学卒業程度の学力または写真専門学校卒業程度の写真、カメラの知識は必要です。
要普通自動車免許。免許を持っているだけで無く実際に運転できる事。
給料:¥180,000,- 交通費支給。21時以後夕食補助有。
賞与:業績に応じての金額
勤務日:月〜金。土日、祝日休み。夏期、年末年始休暇有。休日出勤の場合は代休。2年め以降有給休暇有り。
勤務時間:原則9:30〜18:30  ロケーションの場合早朝出勤あり。
社会保険完備
※保証人必要
応募方法: メールで履歴書、職務経験がある人は職務経歴書もお送りください。後日面接日をお知らせします。

履歴書 等送り先、問い合わせ先。info@mash-jp.net


「アシスタントの覚悟」
by mash_boss | 2018-01-10 09:36 | スタジオ | Trackback | Comments(0)
不思議な…  11月6日(月) 6215
人気ブログランキング

b0069507_02513544.jpg原宿に事務所を開いて10年近く。いろんな物事が見られる街ですが、今日はこんな写真が撮れました。
何でしょうね?
特別なイベントを開催している訳ではないのですが、怪獣がタバコを吸っていました。
不思議で楽しい街です。原宿は。

b0069507_02595148.jpgライカから、報道発表の招待状が送られてきました。
11月22日です。
ライカのプレス発表はオシャレでカッコいいので、楽しみです。
肝心の新製品は噂のLEICA CLやNoctilux-M 75mm f/1.25、APO-Summicron-SL 75mm f/2、Elmarit-TL 18mm f/2.8などでしょうか?
発表は楽しみですが、なかなか買えるお値段ではありません。

b0069507_03293282.jpg現実的な製品で気になるのは、8日にも発表されるというPanasonic G9です。
ボディースタイルかっこいいですね。
シンクロターミナルも使いやすい位置についているし、高速連写は私には必要ありませんが、スペック的には魅力的です。
今年のヨドバシカメラ撮影会で使ったレンズで43マウントのPanasonic Leica DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH./POWER O.I.S.名前は長いですが、とても良いレンズでしたし、Panasonicは今後注意すべきカメラになりそうです。


by mash_boss | 2017-11-07 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
諸々 Ⅴ 10月31日(火) 6211
人気ブログランキング
b0069507_05540730.jpgこれは、ブロンカラーストロボのチューブ(発光管)をカバーするパイレックスとかガラスグローブと呼ばれる部品です。
アンバーがかった色が特色です。
ひびが入ったので交換する事にしました。
お値段は¥20,000,-也です。(高いですね。)

b0069507_06072493.jpg交換は自分達でするので、送られて来たパイレックスの梱包を開けたら、既に割れていました。
検品していないのか、輸送途中で割れたのか… 過剰包装は困りものですが、今回は結構簡単な包装で送られて来たのです。
何れにせよ、クレーム交換になりました。

b0069507_06511510.jpgこの手鏡のような物は、LEDライトです。撮影用の照明にも使われるようになりました。明るいし、安定しているし、消費電力は少ないし言う事ない照明機材です。
b0069507_06541049.jpgこんなに薄いのです。色温度も変えられます。タングステンライト、ストロボ、キノフロ、LEDと照明器具の進歩も、デジタルカメラの進歩に合わせるように、ここ20年で随分変わりました。



by mash_boss | 2017-11-01 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
昭和ヴィンテージ  10月29日(日)  6209
人気ブログランキング
b0069507_04564967.jpg
日曜ですが、お仕事でした。写真展に2週間集中すると、色々しわ寄せが… 
今日の撮影は「昭和ヴィンテージ」。
ライティングも昭和にしました。
つまりストロボ+傘。
昭和のフィルム時代の照明機材はストロボかタングステンライト、最後の方にHMIが加わりました。
デジタルになり、ライティングソースも変わりました。
キノフロやLEDが加わり、撮影条件で色々なライトが選べるようになりました。
私がアシスタントだった頃は、ストロボのヘッドに付けるアクセサリーはアンブレラだけでした。
その後、ジャンボアンブレラ、ライトボックス、オパライト、オクタドーム等など多種多様になりました。
ストロボ自体も、フレンチバルカーかトーマスバルカーだったのが、Proストロボが加わりました。
国産はコメットだけでしたが、それにプロペット、サンスター、フォトナが加わり、ジェネとヘッド1体のモノブロックが発売され、メーカーも淘汰され、今のストロボのメインストリームはブロンカラーかプロフォトです。
今は、中国製の破格の値段のストロボも出始め、さあ、これからどうなることやらです。

b0069507_05380463.jpg撮影が終わり、スタッフ・キャストで記念撮影です。
メンバーは少なく、クライアント兼スタイリスト、プロデューサー、AD、モデル2人、モデルマネージャー、ヘアメイク、フォトグラファー、アシスタント2人の11人。
今日の記念撮影は「今」そのもの。
360度写るカメラです。

b0069507_05570985.jpgこの、目玉オヤジみたいのが、上の写真を写した360度カメラです。
ギャラクシーの360度カメラです。
2万円台で購入できるらしいです。







by mash_boss | 2017-10-30 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)