タグ:アシスタント ( 141 ) タグの人気記事
なりたい事と、なれる事。アシスタントについて。 6月3日(月)6950
人気ブログランキング参加中です。
MASHは、現在セカンドアシスタントを募集しています。
募集の途中報告です。
こちらの希望する人物と、応募してくる方の「ズレ」もあります。

募集要項の「アシスタントの覚悟」の「30才過ぎてから一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、応募可能年齢は26歳位までです。(それでもという方は、挑戦は可能です。)」の゛挑戦は可能です。”という事で、応募してきた女性と面接しました。
応募のメール等は、しっかりしていて、常識もあるちゃんとしたメールでした。
学生等が送ってくるメールとは違います。
国立大学を出て、それなりの会社で働き、年収は500万円代後半。
会社に対して倫理的不満がおありなようです。
写真は、ある世界では有名な方を撮り続けていて、少し印刷物にもなっています。
写真に伸び悩みがあり、もっと前に進むには、どっぷり写真の世界に浸からなければと、アシスタントに応募してきました。
もちろんプロにはなりたいようですが、どういうプロになりたいかは、ご自分でわからないようです。アシスタントになったら年収が下がる事も覚悟の上です。
MASHがアシスタント募集している事は、彼女の写真関係の知り合いから知ったようです。
似たような作品や、まねたような作品を写したくなく、独自の写真を写したいので、写真の雑誌や本は、見たり読んだりしないとの事。
写真のテクニック等も本で学ぶより、実際の撮影現場で学んだ方がいいと思うので今回応募、ライティングやテクニックの本や雑誌も見ないという事です。
好きな写真家はアンリ・カルティエ=ブレッソンとの事。
作品を拝見しましたが、残念ながら、感性も感じられず、写真的にはプロになれる要素は感じられませんでした。
20代前半の大学や専門学校出たての人でしたら「叩き直せる」かも知れませんが、30才を結構すぎている人には無理な話です。この事は、彼女に率直にお話しました。
デジタルになり、カメラでもスマホでも簡単にある程度の写真が撮れるので、プロにも簡単になれてしまうと思う方が、特に社会人に多いようです。
1時間弱お話しました。納得なさったようで「色々とお恥ずかしい限りでしたが、仕事をすることについての根本は分野が違っても変わらないことを見直せました。今の自分の環境があるからこそ、できることがあることも再認識でき、お時間を割いていただき感謝しております。梅雨入り前の貴重なひとときをありがとうございました。」とのメールをいただきました。

もうひとつは、若い男子です。
誰でもが知っている超優秀な進学校を出て、東京六大学の優秀な大学に進学、1年間休学した後中退してプロのフォトグラファーを目指している、若い男子を試験的に採用しました。
私だったら、大学絶対に卒業するのに~
結論は、勉強ができる頭はいいのですが、フォトグラファーになれる頭ではないのです。
「あがり症」という面もあるようで、焦ると「頭が真っ白になる」ようです。
試験採用中に色々あり、このままだと、スタッフやキャストに怪我をさせてしまうような事故を起こしかねないので、本採用はせず退職してもらいました。

なりた事と、なれる事が大いに違うのがフォトグラファーのアシスタントであり、プロのフォトグラファーになるという事です。

色々考えるに、フォトグラファーのアシスタントって難しい職業だと思います。
「細心の注意を払う心と、大胆不敵な心を持ち、柔らかい頭を持ち、飽くなき探求心と持続力を持ち、体力があり、機械関係にもデジタルにも興味があり、写真が好きでいて、そのレベルある一線は超えていか、超える要素がある…」という人、そう思う人がアシスタント向きです。ハードル上がったでしょうか? 

MASHアシスタント募集要項です。ここからどうぞ!

b0069507_04144511.jpg千葉県、白子の玉ねぎです。
水にさらさないで、食べるのだそうです。
先輩のフォトグラファーからいただきました。
玉ねぎ好きなので嬉しい限りです。
b0069507_04144580.jpg今日は、写真弘社の銀座のギャラリーで、ラムダプリントの写真展「4人のカメラ eyes」を拝見。
相原正明、織作峰子、菅原一剛、長倉洋海さんという、あまりみない組み合わせの写真展です。
6月6日(木)まで開催中です。モノクロプリントに興味のある方はどうぞ! 
b0069507_04144443.jpgもうひとつ拝見しました。
フォトグラファーの並木隆さんが指導なさっている、第12回フォトクラブ四季彩写真展「K・A・G・E ~光の旋律~」を拝見。
日頃何かとお世話になっている方も出展なさっています。
並木さんの指導もあってか、結構新しい作風も多く、楽しめました。
6日(木)14:00までです。


by mash_boss | 2019-06-04 07:23 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
セカンドアシスタント募集中です。!


セカンドアシスタントフォトグラファー募集中です。!
募集詳細を必ずお読みください。


募集詳細
by mash_boss | 2019-04-27 23:36 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(3)
Last month of Heisei 20/30 アシスタント 4月11日(木) 6717

b0069507_03232825.jpgMASHは、現在アシスタントを募集しています。
撮影プロダクションにとって、入社したアシスタントを効率よく育てるかはとても重要。
スタジオの将来にかかわります。
入社したアシスタント君にはいくつか読んでもらいたいものをわたします。
そのなかで、一番重要なのは、左の写真の書類です。
MASHに採用されたアシスタントが必ず読む必要のある「教科書」です。


表紙には、
「この『基本業務内容』は歴代の MASH のアシスタント諸君によって作成されたものに、加筆して作られたものです。
フォトグラファーのアシスタントは、『写真の技術』を覚える前に日常生活、社会生活の決まり事を覚える必用があります。それらの決まり事を合理的に覚えるために、このパンフレットを役立ててください。
このパンフレットは「マニュアル」ではありません。ここに、書かれていることのみを実⾏していれば良いわけでは ありません。
自分で気づいた事は、進んでやってください。つねに、+αを心がけてください。 」
なんて事で始まります。そして、以下に続きます。

アシスタントの三大基本
時間を守る、約束の時間の10分前に…
アポイントメントやミーティングでは、指定された時間の10分前に現地に到着すること。

返事や電話は、ハッキリと!
返事や電話応対では、相手が一度で理解出来ように大きな声ではっきりと話すこと。

整理整頓
撮影現場・事務所内は「どこ」に「何」が「いくつ」あるのかを把握しながら、誰もが「気持ち良く」利用できるように常に整理・整頓を徹底すること。

要は、どういう職種でも社会人の基本は同じです。

b0069507_04071794.jpg気分を変えて、桜が終われば、次は新緑です。



by mash_boss | 2019-04-12 07:08 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
お勉強  2月22日(金) 6669
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_01513024.jpg今年の初めは、ドレッドヘアーだった、アシスタントの今井君です。
ドレッドヘアーから一転して、丸坊主に鼻ピアスと暴走族というか、ヤーさんの使い走りみたいになりましたが、外見とは違い優しい青年です。(アシスタントだってクリエーターです。当然スタイルの自己主張があってもいいのです。でも、鼻ピアスは問題になる事もあります。)
今日の午前中は、原宿の事務所に「ブック」の勉強に来ました。
MASHに入社して、もうすぐ1年半です。
最近、作品撮影に意欲が湧いてきたようです。
作品撮影のブックを作るため、色々なブックを見て、お勉強です。

b0069507_01513066.jpg様々なBookを見せて、レクチャーしました。
フォトグラファーのBookで一番大切な事。
それは、ブックを見れば、本人がいなくてもフォトグラファーの全てがわかるように作る事です。
これって、なかなか難しいです。

b0069507_01505907.jpg今日も、コンタクトプリントを午後いっぱいプリントしました。
昨日のエントリーで、コンタクトプリントをするための、いい方法を、お教えくださいとお願いしたら、APA会員の岡野君から、コンタクトプリントの為だけに、ブリッジを使っているとコメントをいただきました。Mac使いさんからもブリッジのコンタクトプリントの便利性をお教えいただきました。
ブリッジは毎日使っているのに、こんな機能もあるとは知りませんでした。早速使ってみたら、便利でした。ブリッジはプリント作業に使えるんだと、今更ながら感心です。
ただ一点残念なのは、ページ表記が1/8~7/8とかの表記ができない事です。
kookyさんはライトルームのコンタクトプリントでのIDプレートの使い方を示唆していただきました。
お教えいただいた皆様ありがとうございました。
b0069507_01502889.jpgコンタクトプリントをしながら、外を見たら高校生で溢れていました。
修学旅行のシーズンでは無いし、そうだとしてもこんなに大勢の事はないし、東京の高校生みたいだし、いったい何がおこったのでしょうか?
b0069507_02091971.jpgおまけです。
今日は222で猫の日だそうです。
18才のアムちゃんです。
小さいとき、何かとアムっとかみつくので、アムちゃんという名前になりました。
お年のせいで、目も濁ってきました。
長生きしてください。


by mash_boss | 2019-02-23 07:17 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
リスク  2月20日(水) 6667
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18211275.jpgアシスタント君Bが、車庫入れで車をぶつけました。
キャラバンをベンツにぶつけました。
仕事中や、新人アシスタント君の車両事故は、リスクとして背負わなければならない事柄です。
リスクヘッジの一つとして、任意保険の対人、対物、同乗者保険等全部入っています。
特に、対人は手厚くはいっています。
車に対する考え方ですが、基本的には仕事の「道具」と思っています。
外側をピカピカにしても、エンジン等のメカをメンテナンスしなければ、本末転倒です。
MASHの車は、外側はそんなにピカピカではありませんが、メカの面倒はしっかりみています。
さて、キャラバンは車両保険で修理をする事にしました。
ベンツはキャラバンの対物保険で修理しようと思ったのですが、同じ所有・使用者どうしの場合は対物保険は適用外になるとの事でした。
車ばかりでは無く、例えば車の所有・使用者と同じ塀等にぶつけても対物保険は使えないそうです。
ベンツは、購入したお店が板金修理部門があるので、持っていきました。
写真の3本のラインの真ん中のラインに、指で触るとわかるくらいの小さな凹みができました。そこをパテで埋めて塗装をすると、塗装面積を結構広くしなけらばならないので、見積もり金額¥50,000,-でした。
キャラバンの塗料がついた部分はコンパウンドで拭けばとれそうなので、とりあえずお願いしてみたら、きれいにとれました。
ついでに、フロントバンパーに付いていた、洗車では落ちない汚れとりもお願いしたら、こちらもきれいにとれました。
金額は、何と両方で2千円+税!できれいにとれました。

b0069507_18210868.jpg今日の日経流通新聞の一面です。
フジのチェキ、売れに売れて3月に終了する\2018年度は、目標としていた年間1000万台販売の目標を達成するだろうとの事です。
チェキと同じような自己現像式のインスタントフィルムを先に開発したのは、今は無いアメリカのポラロイド社でSX70「アラジン」カメラを発売した1972年 でした。
その後、何年かして同じようなフイルムを発売したコダックを特許侵害でポラロイドが訴え、勝訴しました。
コダックは発売を止めました。
コダックと同じにしか見えない、インスタントフイルムを発売していたフジフイルムも発売停止になるのかと思いきや、そのまま継続発売になりました。(当時は、結構謎でした。)
その後、ポラロイドは正方形のSX70や680フィルムより小型で長方形の、Joycamフィルムを発売、ヒッパレーという安いカメラを発売し、若い層にインスタント写真ブームを起こしました。その頃、やや遅れてフジフイルムがチェキを発売したのが1998年でした。
私は、その頃に日本ポラロイドの広告写真全般を撮影していたので、競争の厳しさ、面白さを体験させてもらいました。(正直、品質はフジの方が良かったです。)
その後、アメリカのポラロイドが連邦破産法の適用を受けて破綻してしまいました。
フジフイルムのチェキはカメラ付き携帯電話が普及した2004年には発売台数10万台に落ち込みましたが、地道に販売を続け、しっかりとしたマーケッティングと、近年はデジタルとの融合、そして他社にはまねられない、生産技術で、今は第三のチェキブームを起こしました。

競争を戦ったものの端くれとして、悔しいと思うとともに成るべくしてなった結果と納得です。
私は、アメリカと日本の企業体質の差を、フォトグラファーながら感じ勉強しました。
製品を長く育てていく気質や、生産技術のち密さ、消費者の製品を見る目の厳しさは、日本の右にでる国は無いと思います。でも、発想の自由さ独創さは、イマイチと思います。それに判断の遅さもです。
その結果が、スマホや液晶TV、半導体といった製品で、最初は優位でも後から負けてしまう原因の一部でしょう。
これからは、変わる事に、もっと勇気を持たなければと思います。



by mash_boss | 2019-02-21 07:29 | | Trackback | Comments(0)
カメラが欲しい!  2月9日(土) 6656
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_08363336.jpg今日は、雪の予報が半分外れた寒い東京でした。

さて、何故か、最近カメラが欲しくてたまりません。
デジカメinfoを毎日欠かさず見ているからでしょうか?
仕事のカメラは、アシスタント時代から、フリー、そして会社組織になってもCANON F1から、New F1,AE-1,A-1,D30,D60,
5D,5D MkⅡ,MkⅢ,MkⅣ,5DsとズーツとCanonです。
一方、肩から毎日ぶら下げるカメラは、別のカメラにしたいのです。
ON(仕事の広告系撮影)とOFF(撮影会や作品撮影)を切り替えたいのです。
ONの撮影はADやクライアントさんとの完全共同作業、OFFの場合は、共同作業ではなく、私個人の判断でできるのです。
不思議に、カメラを変えれば気分が変わります。スイッチを切り替わります。
昔、故・藤井秀樹さんの撮影後のスタジオに入った事があります。
仕事の後だったのか、作品撮りの後だったかは不明ですが、いろんな種類のカメラが、スタジオにありました。
旧知のアシスタント君曰く、撮影の直前にカメラを決めるのだそうです。
わかります。その気持ち。でもアシスタント君は、大変だったでしょう。
フィルム時代は、撮影目的によって、フィルムサイズが限定されてしまうので、自ずと使用カメラが変わりました。
デジタルの今は、フィルムサイズにすると35㎜から8x10くらいまで、1台のカメラでOKです。
気分を変えるには、メーカーを変えるしかないのです。
今日掲載の写真は、今年すでに発表されたか、あるいはすぐに発表されるであろうカメラです。
2019年になって、2か月たっていないのにもう5機種です。
CP+に向かってまっしぐらです。物欲、いやカメラ欲、ほっといても、そそられます。
という訳で、欲しいカメラの条件は

・写りが良いこと。
・センサーのおおきさは、気にしないこと。
・高感度ノイズの少ないこと。
・レンズが交換できること。
・レンズは35mm換算、1本で24mm~200mm位のズームが使えること。
・電池の持ちが良い事。
・大きすぎないこと。
・小さすぎないこと。
・肩からぶら下げていても、ダイヤル等が動かないこと。
・肩からぶら下げていても、付属品が落ちないこと。
・丈夫なこと。
・連写機能は適度なこと。
・動画機能も適度なこと。
・お値段も適度なこと。
・雨にも負けず、風にも負けず…。
そういうカメラを、私は欲しい。


by mash_boss | 2019-02-10 08:47 | カメラ | Trackback | Comments(1)
坊主頭になりました。 1月30日(水) 6646

b0069507_04170071.jpg
アシスタントの今井君、今朝、丸坊主になっていました。
思わず「何かやらかしたの?」と聞いてしまいました。
要は、ドレッドヘアって維持するのが結構たいへんで、編み込みを外そうと試してみたけど、とてもできそうも無いので、ドレッドをやめるために坊主にしたそうです。
彼曰く、ドレッドヘアは日本人の頭皮の質や気候に合わないようです。やっぱり天然で髪の毛が縮れていないと難しいようです。
髪の毛、1ヶ月で1Cm伸びるとして、その部分はドレッドになっていないのです。2ヶ月では2Cm・・・ 3ヶ月もすれば変な髪形になってしまいます。
髪の毛を染めている人が、染めてから2ヶ月もすれば染めていないのが目立つのと同じです。
今井君は今回の経験で、ドレッドヘアにしたいという人がいたら、お薦めはしないそうです。
ちなみに、今後はしばらくヘアスタイルは坊主頭で行くそうです。


by mash_boss | 2019-01-31 07:02 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
育って来ました。 5月11日(金) 6406
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05243667.jpg今日の午前中は、スタジオの空きを見つけてJPS・公益社団法人日本写真家協会会報とWeb用の複写をしました。
今回から、アシスタントの今井君にやってもらう事にしました。
諸々細かい注意をしながらのOJTといったところです。
入社7ヶ月。育って来たという感じです。
複写、広告系のフォトグラファーの基本の基だと思うのですが、広告系といわず、フォトグラファーで複写できない、やったことの無い若いフォトグラファー多いんですよね〜
複写が大好きなフォトグラファーっていないと思います。私は嫌いです。
でも、アシスタント時代に複写で鍛えられました。
複写は、ライティングの基本、商品扱いの基本、些細な注意の大切さ、観察力の大切さ、集中力の持続、場合によっては「手の抜き方」、更にデジタルになってライブビューのありがたさ、画像処理ソフトの基本等々の撮影の基本が学べるのです。

b0069507_05243679.jpg今日の夕方、Webで調べものをしていたら、突然「ウイルス感染注意!」「マルウエアなんちゃらかんちゃら」のアラートが出ました。初めての経験なのでもうビックリ。あわてて、Avast Mac Securityでフルスキャンをしました。
出は出は・・・
さらに、楽天カードから楽天何とかに¥190,000,-のチャージをしましたとのメール。さらにさらに、4月の下旬から先週に掛けて、¥40,000,-弱のTVを別々のお店から買ったというメールが9通もきました。
そもそも、私は「楽天カード」持っていないのです。
楽天のWeb調べたら、同様のメールがばらまかれているので御注意を、とのお知らせがありました。
皆さん楽天からのメールに御注意を!
それにしても、PCは便利で不便だ!!
b0069507_05243614.jpg昼過ぎ、原宿の事務所の外が騒がしいと思ったら、救急者と消防車とパトカーが・・・
明治神宮前原宿駅で何かあったようです。
いつの頃からか、救急者と消防車が連動して来る場合が有るようになりました。
PA連携というのだそうです。
「救急現場において、階段や通路の状況で搬送時間を要したり、交通事故現場では、二次災害の発生しそうな場合等、救急隊のみでは傷病者への観察や処置に専念できないことが予想される場合に救急車に加えてポンプ車などの消防車を同時に出動させ、それぞれの隊員が連携し、救急活動を迅速、かつ安全に行う」というものらしいです。
それに、パトカーですが事故か事件です。でも、すぐに終わったので大した事なかったようです。

by mash_boss | 2018-05-12 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
天敵  3月5日(月) 6338

人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02352439.jpg今日は、水を使った撮影。
ストロボにとって、水は大敵です。
飛び散った飛沫が、ストロボのジェネの空いているソケットにはいったら、ショートして爆発です。
大型ストロボの場合、ジェネからヘッドに600v以上の電圧の電流が流れます。
私のアシスタントの頃は、湿気の多い日や某レンタルスタジオの地下のスタジオは湿気が多く、ビリビリとくるジェネもあったりして、怖かったものでした。
あるスタジオでは、アシスタントが感電して亡くなったなんていう噂もあったりしました。
昔のストロボより、今のストロボは絶縁性が高くなったとはいへ、やっぱり水は怖いです。


b0069507_02353232.jpgヘッドも、防塵防滴なんて全くしていない、マミヤRZのレンズも手作りの防滴です。


b0069507_02353966.jpgちょっと分かりにくいですが、あるセンサーを使ったのですが、それも手作り防滴です。
とにかく、死にたくなかったら防滴を…
水は天敵です。

b0069507_03274667.jpg夜は、東京都写真美術館ホールで開催された、APAアワード表彰式に出席。
写真部門・奨励賞には、いつもAPAアーカイブを手伝ってくれる堤さんも入賞しました。
おめでとうございます。


人気ブログランキング参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2018-03-06 07:30 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
卒業生 1月15日(月) 6288

b0069507_03480946.jpg久々の三次君です。
以前からのこのブログをご覧になっていただいている方はご存じだと思いますが、 三次君は14〜15年前でしょうか、MASHにアシスタントとして入社しました。
それから、MASHのスタッフフォトグラファーになり、その後フリーランスのフォトグラファーとして独立。
今も、MASHからの仕事を受けてもらっています。
今日は、原宿のコーディネーター岡本発注のレギュラーの撮影で、古巣のMASHのスタジオを使います。
Bossの私から見ると、たくましくなったな〜 と思うのですが、それとともにMASHに来た時の若い時の三次君の姿が頭から離れません。
50代後半から30才チョイ前まで、私やMASHのアシスタントをしていた何人かの卒業生が、MASHに出入りしたり、関わったりしています。
b0069507_05132565.jpgこちらは、2004年11月の三次君です。
この日、大阪出身の三次君は酉の市に行った事が無いというので、一緒にいきました。
もう、14年も前です。
b0069507_03484417.jpg今日の三次君のレギュラー撮影は、ちょっと特殊な撮影で、定常光の小さいライトを9灯使います。
これは、Fiilex P360 Pro というLEDライトです。
Fiilexは2013年に発売開始された、比較的新しい製品です。
このメーカーはLEDライト使用に特化しているようです。

カメラやレンズは日本製品が世界的に幅をきかせていますが、ライティング用品やスタンド、三脚等々は、日本製は振るいません。
最近、レンズ類は韓国、台湾、中国などのメーカーが冒険心を持った製品をどんどん売り出しています。
このままでは、レンズもTVや携帯電話のように品質にこだわりすぎて、ガラパゴス化してしまうのではと思ってしまします。
b0069507_03492712.jpgこちらは、DEDOライトのLEDライトです。
非球面レンズを使ったスポットライトです。
DEDOライトは、ハロゲンランプを使った製品もラインナップにあります。
なぜ、違うメーカーライトを使うのか・・・
Fiilexの方が、レンタル料金がお安いのです。
メインのライトをDEDOライトにして、サブはFiilexという訳です。
プロですから、機材費計算も重要です。

by mash_boss | 2018-01-16 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)