タグ:かメラ ( 158 ) タグの人気記事
Last month of Heisei  08/30 テクノロジー 4月23日(火) 6729

b0069507_03384152.jpgヨドバシカメラ撮影会の講師をしていると、最新のカメラを使う事ができます。
それはイコール、最新のテクノロジーに触れられるという事です。
そのなかで、フィルム時代から仕事をしている私の世代のフォトグラファーが驚くのは、オートフォーカスの進歩とシャッタースピードが速くなった事、しすて最高感度が高くなった事です。
今の一眼レフのオートフォーカスの元祖は、1985年2月発売のミノルタα-7000です。34年前です。
メーカーがミノルタだったので、プロの間では使うフォトグラファーは全くと言っていいほど、使う人がいませんでした。
プロの間でオートフォーカスが広まったのは、CANON EOSシリーズの記念すべき1号機EOS650が発売された1987年、NikonはF501が発売された1986年です。
私も、Canon NewF1を使いながら、EOS650,620,EF28~80mm F2.8,80~200mm F2.8を購入し、AFの便利さに驚きました。
それから、30年以上経ちAFは進化し、人物、ポートレート撮影に最適の瞳優先AFが一般的になり、F1.2なんていう明るいレンズの、開放でも目にピントがピタリと合うようになりました。
サンプル写真は、ボディーはオリンパスE-M1X、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROで撮影。目にピッタリとピントがあっています。
こういう写真は、オートフォーカスでも瞳優先AFが無ければ撮影できませんでした。

b0069507_03385191.jpgシャッタースピード高速化も、表現範囲を広くしました。
サンプル写真のシャッタースピードは1/5000秒。
高速シャッターが使えるようになり、薄日の下でもF1.2 という明るいレンズが、絞り開放で使えるようになりました。
瞳優先AFとF1.2 レンズで撮影。
被写界深度浅いです。

3月に発売されたFUJI XT30は何と1/32000秒なんていうとてつもない高速シャッターを備えています。
デジタルにはフィルムにあった相反則不軌なんて無いのでしょう。

そして、最高感度が高くなった事も驚きです。
iso12800なんて、フィルム時代は夢にも考えられませんでした。
モノクロフィルムはISO1600が増感現像をしての実用限度。
広告系の写真ではカラーリバーサルは余程の事が無い限りISO400のフィルムは使いませんでした。
それが、デジタルになり、ISO800で撮影する事も可能になりました。

デジタルカメラは、昭和の終盤に生まれ、平成で大きく成長しました。
もうすぐ来る令和の時代には、カメラはどんな進歩を遂げるのでしょうか?
その第一幕は「フルサイズ」の競演でしょうか? 楽しみです。


by mash_boss | 2019-04-24 07:09 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Xが来た!  3月20日(木)  6695

人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06173296.jpgOlympus E-M1Xのデモ機が届きました。
First impressionは取説が厚い!
デジタルカメラ、色々できるようになり、ムービーも撮れるようになると、自然に取説は厚くなるんでしょう。
Olympusのカメラを使っている私としては、取説を読まなくても初期設定を無事終了しました。
とりあえず、読まなければと思ったのは、このカメラに初めて搭載されたNDフィルターの設定です。
F1.2の明るいレンズが、ガラスのNDフィルター無しで夏のドピーカンでも使えます。
情報ではしっていたものの、ISO感度が64から使えるのはフィルム時代の尾を引いている私としては感動です。
エクタクロームだって、コダクロームPKRだってISO64だったのです。
さて、肝心のカメラ本体ですが、少し大きめですがEM1 MkⅡにバッテリーパックを付けた状態より、はるかに一体感があります。
何より嬉しいのは、バッテリーが2個同じ場所に入るようになった事です。

取説は、最初から全部読もうとせず、暇なときに少し読んだり、必要とする機能が付いているかどうかわからなくなった時に、見るのでいいのです。

まあ、このカメラは「とりあえずカメラを持っていこう」というカメラでは無く、写す目的があった時に持ち出すカメラだと思いました。
でも、明日からは毎日ぶらさげてみます。


by mash_boss | 2019-03-21 07:35 | カメラ | Trackback | Comments(1)
新製品。  3月6日(水) 6681

b0069507_22330159.jpgピクトリコから3月7日に発売開始される、インクジェットプリンター用ペーパー「GEKKO レッドラベル プラス」のサンプルが送られてきました。
2015年に生産終了した、レッドラベルの後継品だそうです。
3年とチョットで復活し、新たに「プラス」が付けられたレッドラベル、どんなプリントが出来上がる楽しみです。
ピクトリコの「GEKKO ラベル」シリーズ、良い紙で、写真展に使った事がありますが、製品が生産終了になることが難点です。
以前あった何種類かのペーパーが無くなったままです。レッドのようにリニューアルされるのでしょうか?

フィルム時代の印画紙の種類は、今のインクジェットペーパーに比べて、少なかったです。
インクジェットプリントになって、多様なペーパーが発売されるようになり、プリントの楽しみが遥かに増えました。

b0069507_22330189.jpg昨日と今日の日経流通新聞では、デジタルカメラ関連の連載記事がありました。
この新聞、度々デジタルカメラを取り上げるのですが、経済的側面からデジタルカメラを捉えるので、当然カメラ雑誌等とは全く違う切り口になり面白いです。
今回の特集は「エレクトロニクス」面に掲載されました。確かに今のカメラはエレクトロニクスとは切っても切れませんが、私の世代では若干違和感を感じるのです。
連載で印象に残ったのは、スマホで写真・映像を楽しむ人が増えているので「その1%でもカメラ業界に入ってきてくれれば元気になる。」という言葉です。
「フルサイズ元年」は、なかなか厳しいようです。


by mash_boss | 2019-03-07 07:01 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
まだ、あったんだ!  3月2日(土) 6677
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06420373.jpgCP+で入場手続きすると、入場証と一緒にくれるれる、写真・映像用品年鑑を見ていたら、懐かしい35mmフィルムの現像タンク‼
まだ売っているんだ~!
パターソンのこの現像タンク、大学生の頃使っていました。
当時は、画期的製品でした。
35mmとブローニーフィルムの現像は、現像タンクで現像するのが一般的ですが、フィルムを巻くリール、ベルト式とステンレス製の溝だけのリールがありました。
ベルト式は、簡単に使用できるが、フィルムに傷がつきやすい。
溝式はフィルムが傷つきにくいが、フィルム装填にコツが必要で価格も高いという、どちらも、一長一短の方式でした。
そこに登場したのが、このパターソンの現像リールとタンクでした。
ベルト式とステンレスリールの良さを併せ持つ製品で、使いやすく、フィルムにも優しい画期的製品だったのです。まだあったんだ~!😂

ところで、この年鑑を発行している一般社団法人・日本写真映像用品子業会とCIPA・一般社団法人カメラ映像機器工業会の前身である日本写真機工業会って、仲がおよろしくなく、イベントを開催するにも色々大変でした。
日本写真機工業会は1960年からデパートの催事場でカメラショーを開催し、多い時には全国で、年十か所以上カメラショーを開催していました。
1970年からは日本写真映像用品子業会も写真用品ショーを開いていました。
ズーっと以前は、時期は同じでも、会場が違ったり、そのご会場が同じでもフロアーが違ったり、同じ会場でも区分けがはっきりしていたり・・・
長年連れ添っても、口をきかないご夫婦のような感じでした。
それが、時代の流れとともに(デジタルカメラとともに?)一緒にイベントをひらくようになりました。
この他に、IPPF・国際プロフェッショナル・フォト・フェアやラボショーなんていうイベントもありました。
それが、2005年にカメラショー、写真用品ショー、IPPF、ラボショーが一緒になって、ビックサイトでのPIE・フォトイメージングエキスポになり2010年からCP+になりました。これもデジタルの影響でしょう。
今更ながら、恐るべしデジタル!
世の中が、何か変わる陰には必ずデジタル有です。

by mash_boss | 2019-03-03 08:20 | 機材 | Trackback | Comments(0)
どこまでいくんだろう? 2月13日(水) 6660
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_17315712.jpg凄いレンズが発表されました。
Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3です。35mmフルサイズ換算24mm〜400mmです。
望遠比16.6倍です。面積ですと、1番望遠の200mmで撮影すると。1番ワイド12mmで写した画面の1/275.56の面積の写真が撮れます。(ちょっと分かりにくいですか?)
私が昨年、殆ど毎日ぶら下げていたOlympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは凄い性能のレンズでしたが、新しいレンズはTV用のレンズみたいな望遠比です。
こういうレンズって、新しいガラスとスーパーコンピューターの計算があっての成果物なのでしょうか?
画質は実用上問題ないとしても、突き詰めればPROの名前が付く12mm〜100mmが上回っているのでしょうね。
でも、つべこべ言わず新しいレンズ、使ってみたい1本です。日常写真に腸望遠の世界が加わります。どんな世界が撮れるのでしょう。
この先、ズームレンズってどこまで、いくんでしょう?

b0069507_17305537.jpg本日、スタジオではアシスタントの今井君が新人アシスタント君(まだ未公開です。)のトレーニングを兼ねて機材整備。
これは、35mmスティル系の機材達、カメラ・レンズ類です。
この他には、動画系のSONY、中判カメラのMamiya RZ+レンズ,PHASE ONE 645DF+レンズ ,ビューカメラLinhof M679CCと専用レンズ3本,そしてデジタルバックのleaf3300万画素、Phaseone 8000万画素等があります。
広告系のフォトグラファーのアシスタントは、これらの機材の使い方等を覚える必要があります。
Capture1とPhotoshopも必須科目です。
思うに、フィルム時代のアシスタントより、デジタルになった今は機材面では覚える事が多いようです。

誰だ! 初期の頃、デジタルになれば撮影簡単になります。なんていう戯言(ざれごと)を言ったフォトグラファーは!
確かに、一面ではそうですが、トータルではデジタルカメラ、写真は、フィルムのそれより、遥かに奥が深いです。

2000年にデジタル元年(コンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの出荷比率が50:50になった年)を迎えてから19年。
普通の人が買うカメラも、スマホのカメラ機能も、フィルムカメラより、単純な撮影なら簡単になりました。でも、できる事がたくさんあって(複雑になって)、使わない、使いこなせない機能もたくさんあります。
つまり、簡単ではなくなりました。
「デジタルだから、写真は簡単に写せます。撮影コストも安くなります。」と先人がミスリードしたおかげで、今を生きるフォトグラファーは苦しんでいるのです。

b0069507_17305551.jpg建築中の四谷ヒルズです。
上層階は、まだ組み立て中ですが、下の方では貼り終わった外壁パネルのガラス掃除をしていました。
窓掃除用のゴンドラは使えないので、ロープ1本の職人技で清掃していました。



by mash_boss | 2019-02-14 07:18 | 機材 | Trackback | Comments(0)
フォローフォーカス 2月12日(火) 6659
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18215551.jpg今日の池嶋チームは、商品撮影ですが、Movieも撮影します。
SONYα7RⅡ+SIGMAMc11+CANON+EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM+フォローフォーカスで撮影です。
三脚も雲台も、Movie用です。

フォローフォーカス付けると、何かプロっぽくなりますね〜


b0069507_18215527.jpg
定点撮影・四谷ヒルズです。
いよいよ最終段階に入る為に、クレーンが高くなりました。
今日は、もう一基のクレーンを高くする工事をしていました。



by mash_boss | 2019-02-13 07:45 | カメラ | Trackback | Comments(0)
カメラが欲しい!  2月9日(土) 6656
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_08363336.jpg今日は、雪の予報が半分外れた寒い東京でした。

さて、何故か、最近カメラが欲しくてたまりません。
デジカメinfoを毎日欠かさず見ているからでしょうか?
仕事のカメラは、アシスタント時代から、フリー、そして会社組織になってもCANON F1から、New F1,AE-1,A-1,D30,D60,
5D,5D MkⅡ,MkⅢ,MkⅣ,5DsとズーツとCanonです。
一方、肩から毎日ぶら下げるカメラは、別のカメラにしたいのです。
ON(仕事の広告系撮影)とOFF(撮影会や作品撮影)を切り替えたいのです。
ONの撮影はADやクライアントさんとの完全共同作業、OFFの場合は、共同作業ではなく、私個人の判断でできるのです。
不思議に、カメラを変えれば気分が変わります。スイッチを切り替わります。
昔、故・藤井秀樹さんの撮影後のスタジオに入った事があります。
仕事の後だったのか、作品撮りの後だったかは不明ですが、いろんな種類のカメラが、スタジオにありました。
旧知のアシスタント君曰く、撮影の直前にカメラを決めるのだそうです。
わかります。その気持ち。でもアシスタント君は、大変だったでしょう。
フィルム時代は、撮影目的によって、フィルムサイズが限定されてしまうので、自ずと使用カメラが変わりました。
デジタルの今は、フィルムサイズにすると35㎜から8x10くらいまで、1台のカメラでOKです。
気分を変えるには、メーカーを変えるしかないのです。
今日掲載の写真は、今年すでに発表されたか、あるいはすぐに発表されるであろうカメラです。
2019年になって、2か月たっていないのにもう5機種です。
CP+に向かってまっしぐらです。物欲、いやカメラ欲、ほっといても、そそられます。
という訳で、欲しいカメラの条件は

・写りが良いこと。
・センサーのおおきさは、気にしないこと。
・高感度ノイズの少ないこと。
・レンズが交換できること。
・レンズは35mm換算、1本で24mm~200mm位のズームが使えること。
・電池の持ちが良い事。
・大きすぎないこと。
・小さすぎないこと。
・肩からぶら下げていても、ダイヤル等が動かないこと。
・肩からぶら下げていても、付属品が落ちないこと。
・丈夫なこと。
・連写機能は適度なこと。
・動画機能も適度なこと。
・お値段も適度なこと。
・雨にも負けず、風にも負けず…。
そういうカメラを、私は欲しい。


by mash_boss | 2019-02-10 08:47 | カメラ | Trackback | Comments(1)
何だろう? 2月7日(木) 6654
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05371710.jpg
原宿には、いろいろなロケチームが来ますが、今日のロケ隊は?です。
撮影場所、道路の中央分離帯です。ちょっと危ないですが、分からないではないです。
でも、不思議なのはスマホで撮影している事。
キャップを被った男性がフォトグラファーのようでした。
女性は記録用の撮影?
ヘアメイクさんもいました。
スマフォのカメラのサンプル写真撮影でしょうか?
私がポラロイドの仕事をしていた時には、カタログや広告に使うポラロイド写真は、ポラロイドカメラで写していましたし、某コンパクトカメラのカタログを撮影した時には、発売前のコンパクトカメラで撮影しました。
でも、カメラ以外は普通のカメラと同じ、補助光も使っていました。
レフとかLEDとか、補助光くらいあててもいいと思うのですが・・・
そんなもの使わなくてもきれいに撮れる機能がついたカメラ搭載の、新形スマホ?


b0069507_05371764.jpg今日の午後は、ヘアメイクのYOCÖさんが担当している某タレントさんの髪の手入れでした。
スタンバイ中です。



by mash_boss | 2019-02-08 07:14 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ショック・・・ 冬は鬼門だ~ 1月29日(月) 6645


b0069507_04532056.jpg毎日、カメラを肩から裸でぶら下げていると、色々な事が起き、わかる事もあります。
今回も、それです。
UN製のOLYMPUS PEN F用のグリップ(写真・左)、本日なくしました。
朝、家を出るときは確かにカメラに付いていたのですが、四谷で定点撮影「四谷ヒルズ」を写そうとしたら「アレレ何か変だぞ!」と思ったら、グリップが無くなっていました。
カメラボディーの三脚穴にねじ込んで固定するのですが、ネジを固く締めても緩む事が多々ありました。
肩からぶら下げて歩いているうちに落ちたのだと思います。
写真右の、現在は使う事の無くなった電子ビューファインダー、OLYMPUS EPL系のカメラを使っていた時に、初期の形は肩からぶら下げていると、いつの間にか無くなっていました。後期は落ちにくくなりました。
写真はありませが、レンズフードも改良前のモデルは、気がついたら無くなっていました。これも改良後は外れなくなりました。
色々な物が、気が付かないうちに外れてしまう季節は、冬が多いのです。
冬になると着る事が多いダウンのコートと相性が悪いようです。
コートを着ると、もこもこに膨らみますが、そこにカメラが触れて色々な事がおこるようです。
でも、でもですよ。カメラやアクセサリーメーカーさんも、もう少し工夫がほしいです。
暴論かもしれませんが、メーカーさんの方達って当然ながらカメラを大切に扱いますが、毎日ぶら下げていると、わざとではないですが、大切ではない扱いになります。また、メーカーさんで毎日カメラを肩や首からぶら下げている方っているのでしょうか? (フォトグラファーだって、毎日カメラをぶら下げている人は、ほとんどいません。)それらも、外れる原因の一つかも・・・
今日、外れてしまったUN製のグリップ。ヨドバシカメラでは販売終了品になっています。3年前位に買ったので、サードパーティーの製品なので生産は終了しているのでしょう。
PEN Fには純正品グリップもあるのですが、いまいち食指が動きません。
しばらくは、グリップ無しで使います。


by mash_boss | 2019-01-30 07:06 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ラス前 12月26日(水) 6010

b0069507_00543906.jpg毎年この頃になると始めるのが、東日本大震災被災地撮影の準備です。
今年は、国道6号線の福島第1原発の放射線での帰還困難区域を通るコースを選びました。
そこは、窓が閉まる4輪車以外通行禁止。バイクも自転車もトラクターもオープンカーも通れません。
4輪車も止まってはいけません。
帰還困難区域は、時間が止まっています。そこを、走りながら写真を写すために、吸盤付きのカメラホルダーにオリンパスPEN F+17mm 1.8+レリーズの体制で望みます。
カメラのセッティングは、マニュアルで1/250.F5.6に固定。ISOはAUTOに設定してISO感度で露出を調整します。この設定はデジタルだからできる事です。
ピントもマニュアルで被写界深度を利用します。フォーカスリングが動かないようにテープで固定します。
色温度AUTO、Raw、オートパワーOFFを切って撮影します。
b0069507_00543947.jpgさて、アシスタントの今井君、何を思ったかドレッドヘアーにしました。
12時間もかかったそうです。費用は¥50,000,-だそうです。
な、な、な、なんでかな~

b0069507_00543893.jpg今年最後の「四谷ヒルズ」です。
外壁工事が進んでいます。
工事はしているものの、クレーンは動いていませんでした。
そして、いつの間にかクレーンが高くなっていました。
クレーンを高くする行程を、ぜひ見たいと思います。
完成すると、ビルの高さはこの倍くらいになります。
そうなると、オリンパスの12mm~100mmでは入らなくなります。
撮影するレンズを考えないと・・・


by mash_boss | 2018-12-27 06:52 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)