e power 9月19日(水) 6529

b0069507_05283092.jpg今日も熊本です。
レンタカーで移動していますが、一番小さい普通車を予約したのですが、レンタカー会社の都合で、お値段はそのままでひとつ上のクラスの車になりました。
その車が、日産お得意のe-powerのNOTEでした。
2018年上半期、普通乗用車で登録台数日本1になった車です。
日産がトヨタを抜いたのは久しぶりです。
この2日間で550Km位走った感想は「良く走るけど???」です。
e-powerって、ガソリンエンジンで発電し、電池に充電してモーターで走る電気自動車です。
パワーもあり、シートも疲れず、良く走ります。
げも、シフトダウンの喜びも無いし、エンジンを回す喜びもありません。
将来、大容量でコンパクトな電池ができて、充電時間も早くなったら、なくなってしうのでしょうか?

b0069507_05282965.jpg熊本市は、路面電車が走っています。
懐かしいです。
子供の頃の東京のようです。
今回は、市電にのるチャンスはありません。
b0069507_05282930.jpg天草空港、見にいきました。
レンタカーのカウンターも食堂もありません。
飛行機の発着時以外の時間に行ったら、ターミナルビルには誰もいませんでした。
売店もしまっていました。
ほんと、のんびりしたローカル空港です。
b0069507_05282943.jpg富岡城にあった距離標識です。
直線距離だと、東京より上海の方が、110Kmも近いのです。
b0069507_05282983.jpg崎津教会です。
6月に世界遺産になりましたが、教会の建物ではなく「漁具や貝殻を祈りの対象に見立てるなど漁村特有の信仰形態が続いた天草の崎津集落」という事で、教会として世界遺産になったのは、長崎の大浦天主堂だけです。
b0069507_05283071.jpg馬刺しも、馬肉のスジの煮込みも、だご汁も美味しかったですが、この水前寺海苔、さっぱりして秀逸です。

明日は、阿蘇をとおって、宇佐神宮、平和資料館を見て、大分空港です。



# by mash_boss | 2018-09-20 06:37 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
Long And Winding Road 9月18日(火)6528

b0069507_03472096.jpg今日から3日間お休みです。
ほとんど初めての一人旅。
学生時代は、あちこち行きましたが、友達と一緒で、思い返すと一人旅は人生2回目です。
アシスタントから一本立ちしてからは、初めてです。
ロケはたくさん行きましたが、スタッフと一緒。
あとは、家族と一緒の旅行でした。

MASHで一番休み下手なのが、私です。
社員諸氏は休み上手です。
高度経済成長の最後を担う私の世代は、休まない、いや精神的に休めないのです。
今回、休もうと思ったのはJALのマイレージが9月になると、期限切れ分がけっこうあるので、もったいないと思い、ミステリーツアーみたいのに応募したら、大分が当たったからです。
思うと、マイレージ随分無駄にしました。
最初にマイレージに入ったのは1980年代のはじめの頃でした。ユナイテッド航空でした。
あの頃、ハワイロケに1年に4〜5回行っていたり、そも他もユナイテッドが飛んでいるところは、クライアントの都合でユナイテッドを随分使いました。
あの頃、マイルを意識していたらな〜 「後悔先に立たず。」です。

人生、最終4コーナーを曲がり、やりたい事をやろうと思う今日この頃です。
この旅も、その一つです。

羽田でANAのハンガーの前をとおりました。
エンジンを外した機体や、エンジンそのもがたくさんありました。
787のRR製エンジンの不具合で、7月に欠航をしたのに、まだ処理は終わっていないのでしょうか?

b0069507_03472025.jpg今日のフライトは、向かい風が強く通常の高度より低く飛びますとの、機長のアナウンス。
そのせいか、下界がよく見えます。江ノ島です。
b0069507_03472049.jpg中部国際空港「セントレア」です。初めてみました。
b0069507_03472106.jpg大分空港のバゲージ・クレームには、何故か雲丹の軍艦巻がまわっています。
3週間程前に、大分にきた時にも同じウニが・・・
少し飽きたので、次は違うものを・・・
b0069507_03472188.jpg大分から向かったのは、宮崎の天岩戸神社です。
大分から210Kmありました。・・・
普通は、宮崎空港から行くのでしょうが、当たったのが大分なのでしょうがないです。
大分空港ー天野岩手神社間の75%は高速道路ですが、何とSAどころかパーキングエリアも無いのです。!! ビックリです。

天岩戸神社、神社案内ツアーに参加すると、天照大神がこもった洞窟が、遠くから見られます。
ツアーで無ければ見られません。
無料で時間にして20分ほどなので、オススメです。
でも、おこもりになった洞窟は、撮影禁止でした。

天野岩戸神社から熊本市までは、100Km弱。
本日、300Km+走りました。
道がすいていたので、こなせた距離です。
b0069507_03472150.jpg本日の最終目的地は、熊本市です。
なぜ、熊本か?九州で行った事が無いのが熊本県だからです。
ホテルについて、すぐに肥後路というお店にいきました。
熊本出身のフォトグラファー大山さん行きつけの、熊本の家庭料理のお店です。
馬刺し美味かった!
明日は、天草です。



# by mash_boss | 2018-09-19 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
お薦め写真展  9月18日(日)  6527


b0069507_02005826.jpg今日は、最近拝見した、お薦め写真展を3つ。
最初は銀座シャネル4Fネクサスホールで開催中の立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
私の拙い写真展のギャラリートークに2度もお越しいただいた、大好きな立木さんの写真展です。
これは、立木セオリーの写真展です。
嫌、セオリーというより、立木節の写真展です。
本物の「感性」とは何かを見せつけられます。そして、改めて、立木さんの写真、スナップに関する一貫性が実感できる写真展です。
立木さんのスナップ、女性写真かっこいいです。
こんな写真展を拝見すると、立木さんに2回もギャラリートークのお相手をしていただいた事、穴があったら入りたい気持ちです。

立木義浩写真展・Yesterdays黒と白の狂詩曲。
開催場所:東京・銀座・シャネル4F ネクサスホール
開催期間:2018.9.1~9.28
開催時間:12:00~19:30 無休無料

次は品川のキヤノンギャラリーSで開催中の
第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」です。
川田さんの作品を最初に見たのは、アサヒカメラ誌上だったと思います。
川田さんは今年85歳の日本を代表するシリアスフォトグラファーであり、コンセプチュアルフォトグラファーです。作品は東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダン、ボストン美術館などにコレクションされています。
氏の作品は、他の写真家と異なる独特の視点をお持ちで作品は、シャープですが時にして難解です。
今回の写真展は「川田氏の作品群の中から『ロス・カプリチョス』と『ラスト・コスモロジー』を再編し、タイトル『百幻影-100 Illusions』のもと50点ずつ計100点を展示致します。」というもので、わかり易くストンと腑に落ちるものと、難解な作品が織り混ざって展示されていて、川田ワールドです。
川田さんの作品を写真展として見たのは、撮り下ろしの2013年のライカギャラリー「Unknown」以来です。
このチャンスを作ってくれたキヤノンに感謝です。

第127回展 川田 喜久治「百幻影-100 Illusions」
開催期間:2018.8.31~ 10.11
開崔時間:10:00~17:30 休館日:日曜日・祝日 無料

最後は東京都写真美術館の3F 
「TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら」です。
「この展覧会は、大人と子供、さまざまな立場の人たちが見たものや感じたことを自由に語りあって、作品の見方を深めていく、そんな光景が自然と生まれてくることを 目指しています。作品から読み取り、感じ取ることのできる数々の夢や想い、それから過去の記憶。想像力を働かせ、感覚をクリアにして、数々のイメージを体感し、その魅力を探してみてください。答えは一つとは限らず、きっと大人でも子供でも、楽しみや学びを新たに見つけることができるでしょう。」との序文にあるように、様々な名作を拝見できます。「お勉強」のできる写真展です。
我々が、デジタルカメラで気楽に写真が写せて、表現できるのも、このような土台の上でできるのだと、確信しました。
イロイロな表現や感性というものは、個人では無く人類として時代時代に引き継ぐDNA見たいなものがあるのではと思いました。
東京都に税金払っていてよかったです。

出品作家 50アーティスト (順不同)
ジャック・アンリ・ラルティーグ、マーティン・ムンカッチ、名取洋之助、土門拳、植田正治、林ナツミ、ジュリア・マーガレット・キャメロン、井上孝治、長野重一、牛腸茂雄、桑原甲子雄、蔵真墨、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・フランク、ジョセフ・クーデルカ、レイ・K.メッツカー、ロベール・ドアノー、山田實、荒木経惟、本城直季、渡辺義雄、ニコラス・ニクソン、ナダール、エリオット・アーウィット、ウィリアム・H.マムラー、W.ユージン・スミス、井手傳次郎、ギャリー・ウィノグランド、マーティン・パー、中山岩太、岩合徳光、フェリーチェ・ベアト、ダイアン・アーバス、瑛九、恩地孝四郎、竹村嘉夫、坂本万七、入江泰吉、今道子、岩宮武二、篠山紀信、ハロルド・ユージン・エジャートン、石田尚志、濱谷浩、木村伊兵衛、川内倫子、川田喜久治、宮崎学、山崎博、緑川洋一

開催場所:東京都写真美術館
開催期間:2018年8月11日(土・祝)~11月4日(日)休館日:毎週月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開館、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
入場料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 
開館時間: 10:00~18:00(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで



# by mash_boss | 2018-09-18 06:21 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
お祭り  9月16日(日) 6526

b0069507_01385173.jpgこの土日は、牛込の鎮守府、神楽坂の赤城神社のお祭りでした。
昨今は、建築家隈研吾さんが設計した社殿とマンションや赤城カフェ、そして神楽坂という地名で、ちょっと名の売れた赤城神社ですが、歴史は古く設立は1300年、今から718年前という歴史のある神社です。
私の家は、祖父の代からこの神社の氏子です。
赤城神社の氏子地域は、東京の山の手と下町の両方の風情がある、独特の地域です。
氏子地域は、名前のとおり坂が多く、路地も入り組んでいるので神輿の渡御も大変です。
b0069507_01391718.jpg神楽坂、今では「観光地」になっていますが、私の子供の頃は、料亭の町で普通の人びとには、あまり縁が無い町でした。
もっと前、大正時代は新宿より賑わっていた繁華街だったようです。その後、少し停滞してしまいました。
でも、料亭はちゃんと残って、庶民には関係ない繁盛をしていたようですが、時代の流れとともに、料亭も少なくなりました。
いつの頃からでしょうか、近所の日仏学院や暁星学園の前にあったフランス人学校の影響でしょうか、小洒落たフランス料理屋さん等ができ始めてました。
こじつけかもしれませんが、坂が多く伝統のお店が多いこの地域は、モンマルトルの丘をフランス人には思い浮かばせるなんて事をTVでみました。
ただのボート乗り場だったのが、カナルカフェなんいう名前のオープンカフェになったりもしました。
神楽坂の変化が感じられ、雑誌に登場する事が増え始めた頃に放送された2007年のTVドラマ、嵐の二宮和也主演、倉本聰脚本「拝啓、父上様」のヒットで、その後、街の変化と観光地化がすすみました。TVの影響力、健在でした。
今日の夕方は、そんな神楽坂の早稲田寄りにある赤城神社の祭礼のメインイベント、氏子地域の中の赤城下町、築地町、改代町、水道町、西五軒町、横寺町、神楽坂六丁目の7町連合渡御でした。
赤城神社の氏子の町は28あるのですが、昔からの町名が変わったのが通寺町が神楽坂6丁目に変わっただけで、あとは江戸時代からの町名を引き継いでいます。
もう随分前ですが、郵便番号を導入するにあたり、東京の多くの町名と地域が変更されましが、新宿の旧牛込区地域では町名変更反対運動が起こり、古い町名は残りました。

b0069507_01391040.jpg
この地域の最近の傾向は、子供の数が増え始めまた事です。
統廃合の計画があった小学校がそのまま存続になりました。
原因のひとつは、デジタル化? と交通の便の良さ。
赤城神社の氏子町会の半分の地場産業は印刷と製本でした。
千代田区に接する東京のど真ん中にありながら、近くにある大日本印刷(DNP)の本社工場や榎町工場、少し離れていますが共同印刷等のの下請け工場地域だったのです。
デジタルになり、Web発展と反比例して、雑誌や広告の印刷物が減るとともに、DNP等の一次下請けだった大きな印刷、製本工場から小さな工場まで、猛烈な勢いで閉まって行きました。
そして、その跡地にできたのが、マンションです。
交通の便も地下鉄東西線、有楽町線、南北線、大江戸線、JR中央総武線と良いのでマンションが増えていきました。
最近では、地域によっては「裏神楽坂」なんていう呼び名も付き始めました。
最近は、この辺にできるマンションは億を超える物件も増えています。
恐るべしデジタル! 産業が変わってしまったのです。

b0069507_01385743.jpgこのワンちゃんは、ご主人を駅まで送る奥さんと毎日我が家の前を通るワンちゃんです。
人懐っこく可愛いワンちゃんですが、今日はハッピを着て、お祭りに参加です。

2日間のお祭り、天気も持ち無事終了です。
来年は、赤城神社の大きな神輿が久しぶりに出ます。
それはそれで、結構大変なようで氏子28町会の役員さんは、忙しくなります。

神楽坂、4年前には新潮社の倉庫をリノベーションしてLa Kaguというおしゃれなショプになったりして、どんどん変化しています。
東京のどこにも無い面白い街です。



# by mash_boss | 2018-09-17 07:47 | イベント | Trackback | Comments(0)
R or Z 9月15日(土) 6525
EOS R発表会。
目指すは「進化」と「拡張」のようです。
発表会初日、混んでました。
カメラに触るのに、40待ち!!の表示も。

でも、プロ向け招待状の威力で、別室でゆっくりと見られました。

EOS R、確かに良くできています。
新しいR用のレンズは、レトロフォーカスの呪縛から開放され、小さくなりました。
フランジバックの短さは、広角系レンズに効果があるでしょう。
EFレンズをアダプターを介してRに装着しても、AFのスピードは変わりません。さすが純正です。
Rレンズで1番気にいったのは、絞り操作リングがレンズ側に新設され、レンズでも絞りが変えられるようになりました。
この機能はEFレンズをRシリーズのボディに使う、4種類あるアダプターの一つにも付いています。
バッテリーは5D Mk Ⅳと一緒です。良いことです。
細かい事ですが、バッテリーグリップに入れるバッテリーマガジンのバッテリーをロックする方法が、5D Mk Ⅳから改良されました。

でも、きになる事もいくつかありました。
先ず、撮影モード変更がダイヤル直接でなくなった事。
ティザーに使うUSBがType Cになりました。
両方ともCANONの一眼レフユーザーとしては、ちょっと面倒です。
特にUSB。5D MkⅣと5DSはMicroB、時々使う5D MkⅢは別のタイプと併用するには3種類のコードが必要です。アシスタント君達要注意ですよ!

そして、やっぱり残っていた「ミラレース」ならではのEVFの問題。
ミラーレスカメラ共通の問題ですが、メーカーによって差があります。
当然、CANONもそこは気づいていて、改良はされていくでしょう。

MASHの仕事では、一眼レフとミラーレスは、それぞれの特徴を生かして使い分けするのがベターでしょう。
そこは、CANONもわかっているようで、一眼レフの開発は止めるとは言っていません。Nikonも同様です。
レフレックスの最高峰と、ミラーレスの両方をもっている、強みをどう生かしていくか・・・
そういうメーカーは、世界でCanon、Nikonの2社だけです。
レフレックスとミラーレス、All or Nothingではありません。

CANONがやがて出すであろう、このカメラの上位機種がMASHとしては注目です。

b0069507_03360549.jpgCANONの発表会に行く前、銀座に出たついでにNikonに寄り、Zシリーズを触ってきました。
こちらも、良くできたカメラでした。
写真は、マウントアダプターを介してNikon Fマウントの24mm~70mm F2.8を付けたNikon Zです。
限られた条件でしたが、EVFはきれいでした。
ニコンのプロ担当が自信を持つ事、納得です。
「ミラーレス」ならではの問題は、試する条件ではありませんでした。
こちらのカメラも、アダプターを介しての、これまでの一眼レフ用のレンズのAFスピードは問題ありません。
ただし、試してみたのは最新の一眼レフ用レンズです。
Nikonは、Nikon FマウントのAF仕様はいろいな方式のレンズがあるので、全てのレンズでスムーズかは不明です。
USBはNikonもType Cでした。
OLYMPUSのOM-D EM1 MkⅡもType Cです。
これからは、Type Cが主流になるのでしょうか?

さて、Panasonicのフルサイズミラーレスの「噂」も出てきて、今年の冬から来年前半はカメラ史上歴史に残る半年になるのでしょうか?

CANONの東京の発表会は、15~16日の三日間。場所は品川のキャノンマーケッティングの本社です。
その後、全国を回ります。


# by mash_boss | 2018-09-16 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XL 9月14日(金)6523
人気ブログランキング参加中です。
From my exhibition in Sony gallery Ginza.
b0069507_05441591.jpg
お断りしておきますが、この写真はFAKEです。
作り物です。
バリ島にロケに行った時に写しました。
夕方の最後のカット。ポーズを付けてカメラのセットを変えている間に、
モデルさんが、本当に寝てしまいました。朝からの撮影で疲れていたのでしょう。
プランとは違いましたが、起こさずにそのまま撮影。
少し寝かせてあげました。


# by mash_boss | 2018-09-15 07:29 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
直前の… 9月13日(木) 6522

b0069507_17262307.jpg直前のご案内になり大変恐縮・・・との「言葉」つきで、EOS Rシリーズの発表会(?)の案内葉書が昨日送られてきました。
9月5日に発表をして、Webでは掲載されていた「体験会&セミナー」の案内状が、開催日の3日前に着くって、キヤノンさんどうしたんでしょう? 告知はWebだけにするつもりだったのでしょうか?
1Dシリーズや5Dの発表会よりも、遠慮がちな感じです。
やっぱり、一眼レフに気兼ねしているのでしょうか?
なんか、テンションがイマイチあがりません。
時間があったら、行ってみようと思います。

b0069507_17262396.jpgもう一つCANONです。
原宿の事務所で愛用している、A3ノビプリンターPRO 10ですが、エラーコード200が出てストップ。
調べると、修理に出さねければ直らない故障のようです。
何ヶ月か前から、DVDやCDへのプリントができなくなりました。
通常のプリントはできるので、そのまま使っていたのですが、ついに一昨日ダウン、昨日修理センター送りになりました。
このプリンターを購入したのは、2016年1月のCANON galleryでの写真展「Old fashioned portrait 先達へのオマージュ」のモノクロプリントをするためでした。
多分、2015年の秋頃に購入。
2017年のSONY写真展のプリントもこのプリンターでしました。
作品プリントには、無くてはならない「相棒」です。
修理代は定額制で、引き取りと完成品送料も含んで2万円弱です。
Pro 1000、欲しいですがガマン、ガマン。


# by mash_boss | 2018-09-14 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ホントかな~? トモダチルール  9月12日(水) 6521 

b0069507_02332529.jpgFacebook、様々な方達から「トモダチ」申請をいただきます。
本日、凄い方から申請をいただきました。
凄すぎてビックリしましたが、どう考えてもFAKEです。
皆さんのところにも、きているのでは?
誰が何の目的で・・・
中国国内だったら、罪になるそうです。
Gen Jinpingさん、本物はXi Jinpingです。
そもそも、中国では一般の人はFACEbook
使えない、見られないはずです。(VPNというのを使えば見られるとの事です。)
共産党幹部だったらいいのでしょうか?
ちょっと調べたら、今年の8月28日現在、上海で以下のWeb関連が使えないそうです。
・LINE・Facebook・Youtube・Twitter・Soundcloud・Google検索・Googleのサービス(Gmail.GoogleMAP.カレンダー.Google+.アナリティクスなどなど)・Google playストア・DropBox・インスタグラム・ニコニコ動画。
彼の国は大国、大国っ言うけど、本当の大国は自分自身でそんな事言わないと思うし、大国のくせに、世界からの情報が国民に入ってくる事、怖いんでしょうね。

さて、現在の私のFacebookトモダチは990人。
トモダチ申請、様々な方達から頂きますが、原則以下の方は遠慮させていただいています。
私のトモダチルールです。
基本情報の掲載が無い方。
タイムラインが、自分のお顔だけの方、怪しい方。
読めない言語の方。

トモダチ1000人めは、どんな方でしょう?

b0069507_02332573.jpg今日、原宿では民族衣装の外国人女性がスマホ中でした。
インド、パキスタン、スリランカあたりの衣装でしょうか?
民族衣装の方、珍しいです。


# by mash_boss | 2018-09-13 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
9.11 2018アジア競技大会。  9月11日(火)  6520

人気ブログランキング参加中です。


b0069507_04022918.jpg
今日は、9月11日。
2011年9月11日に、ニューヨークのワールドトレードセンター(WTC)とワシントンDCの国務省にアルカイダのテロとされるジェット機がつっこんだ日です。
当時、日本ではニュースステーションの時間で、多くの人がライブでこのニュースの衝撃的な画像を見ました。
私もその一人でした。
あれから17年。
「テロとされる」と書いたのは、今だに様々な「陰謀」説があるようです。
私も、最初から「WTCに爆薬が仕掛けられていた。」「第7ビルの崩壊は不自然」という、アメリカのドキュメント番組を見た事があります。
事件の真相はともかくとして、起こった事は事実で、この事件で約3000人の方が亡くなりました。
そして、ファーストレスポンダーと呼ばれる災害に最初に駆けつける、警官や消防士、救命隊、ビルから粉塵を吸い込んだボランテイア等の癌発生率が高く、今年6月30日までに9795人の人たちが癌になっているという事です。
写真的には、2000年にコンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの比率が50:50になりました。
2001年は540万画素のNikonD1Xが5月に発売され、報道機関等でも本格的にデジタルカメラが使われるようになった年です。
この頃は、デジタル一眼レフはNikonの方がCANONより、一歩先に進んでいたような感じでした。
WTCの多くの衝撃的な写真がデジタルカメラで撮影されました。
17年前の写真を見ると、改めて写真は記録だと実感です。
9.11関連の犠牲者の方々に、合掌。
b0069507_05460376.jpg昨日のJPS広報委員会で、2018ジャカルタアジア競技大会に2週間行ってきた、スポーツ写真家の小城会員から大会中の話を聞きました。
フォトグラファーとしては、気になるのは、Sony,Canon,Nikonの「闘」です。
やっぱり、70%位がCanoで、残りはNikonとSONYだそうです。結構、SONY400mm 2.8も目立っていたようです。
掲載した写真にもGマスターレンズが写っていますね〜。(この写真写したのは、多分小城会員です。)
NikonもCanonもミラーレスを発売する事情がわかります。
これに加えて、来年はPanasonicからもフルサーズミラーレスがラインナップに加わるようです。
また、SONYはアジア大会に取材にきた各国のフォトグラファーの為にサービスデポも開設しました。オリンパスも初めてサービスデポを出しました。
2020東京オリンピックのカメラマン席の勢力図はどうなっているのでしょう。


# by mash_boss | 2018-09-12 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
今日は編集。 9月10日(月) 6519

b0069507_02233871.jpg
今日の夕方は、JPS・公益社団法人日本写真家協会会報の編集会議。
先週金曜日は、浅間国際フォトフェスティバルでアートな写真を取材し、日曜日は撮影会指導、今日はJPSで写真集を前に作業。
写真って本当に幅が広いと、改めて感心してしまいました。そして、それぞれが楽しいです。
でも、失ってはいけないのは、自分の立ち位置というか、アイデンティティー。
それと、頭の柔らかさ。
私の、よって立つところは、広告系写真。
ヨドバシカメラ撮影会のモデルを見る目、良いモデルの判断もどうしても、広告系の目で見てしまいます。
三つ子の魂百まで と言いますが、そのとおりだと思う事、しきりです。
問題は、頭の柔らかさ…
自分ではまだまだ大丈夫と思っていてもね~。
とても難しい問題です。


# by mash_boss | 2018-09-11 07:13 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
雨ニモマケズ…  9月9日(日) 6518
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05193198.jpg台風21号の大風の被害から間もない大阪。
ヨドバシカメラ大阪万博記念公園ポートレート撮影会、雨で始まりました。
開会式を開始しようとしたとたん、強い雨になりました。
絶望的な気分になりましたが、10分弱で止み、無事スタートしました。

b0069507_05194395.jpg開会式から逆上る事2時間ほど前です。
「腹が減っては戦ができぬ。」といいますが、朝食はしっっかりいただきます。
私は、鯖の塩焼き定食をいただきました。
この時は、青空も見えたのですが…
b0069507_05195391.jpg綺麗どころと、そうでない人達・・・
b0069507_07002570.jpgいつも明るいさくらチャンは、雨模様のなかでも、やっぱり明るかったです。
b0069507_05200052.jpg
今回のトピックス。
織作先生が、金曜日に足の甲に日々を入れてしまいました。
あまり移動ができなくなったので、私と西尾講師が担当する初心者講習を、織作さんに変わりました。
織作さん、お大事に。
b0069507_05200610.jpg戦い住んで日が暮れて、帰りの新幹線は大山さん、モモちゃん、HARUKIの4人が一緒でした。
新幹線で爆睡のはずが、爆飲みになってしまいました。

参加者の皆様、協賛メーカーの皆さん、ヨドバシカメラのスタッフの皆さん、運営スタッフの皆さん、そして講師のみなさん、オツカレ様でした。

次の撮影会は9月23日、京都です。
撮影会詳細はココからどうぞ!



# by mash_boss | 2018-09-10 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
大阪です。 9月8日(土)  6517

b0069507_04292448.jpg大阪です。
ヨドバシカメラ万博記念公園モデル撮影会のロケハン中です。
太陽の塔は、台風21号の大風にも負けず元気です。

1970年の大阪万博、訳あって行けなかったのです。
2025大阪万博招致、成功をする事を切に願っています。

b0069507_04292565.jpg元元気な証拠。?
夕方になると、目がひかります。


b0069507_04292482.jpg初参加の、お茶目なポーズの相原講師を内田講師が撮影中です。
b0069507_04292533.jpg夜は、恒例「天気祭り。」
肉タワーを撮影中なのは、X食女子? 
佐藤講師と山本講師。

b0069507_04292532.jpg天気祭りには「大阪のドン」フォトグラファーの友田さんも、特別参加。
友田さんは、9月23日の京都撮影会の講師です。
「悪巧み」乾杯中を、写されてしまいました。

関西地区の皆さん、万博記念公園モデル撮影会お待ちしています。



# by mash_boss | 2018-09-09 07:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
再訪  9月7日(金) 6516
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00510635.jpg今日は、珍しい取り合わせです。
左から、元玄光社・フォトテクニック編集部で、今はフォトグラファーとして、また香港ベースでアジアをカバーするフォトコーディネーターとして活動する柴田君、JPS副会長松本さん、そしておなじみ桃井君の4人組です。
b0069507_00484775.jpgJPS・公益社団法人日本写真家協会事務局前に、9時集合。
隣の宝島社の前には、スタイリストさんの返却でしょうか、ロケバスが来ていました。
b0069507_00484769.jpg向かった先は、長野県御代田町の「浅間国際フォトフェスティバル」です。
オープニングレセプションに次いで、2回めの訪問ですが、今日はJPS会報誌の取材です。
b0069507_00484966.jpgTOPの写真はこのイベントカメラ「猫も杓子も」(ダミアン・プーラン作)で撮影しました。
猫が持っているカメラに向かって撮影後、下部にあるモニターに出てくるQRコードをスマホやパッドで読み込むと、写真が送られてきます。
b0069507_00484803.jpg真面目に取材中です。
今日は、カメラ・桃井君、編集・柴田君、つなぎ役・私、視察・松本副会長です。
b0069507_00484961.jpgアニエス・ヴァルダ+JRのフォトトラックで撮影した大きなポートレートが会場にたくさん展示されていますが、その中に見知ったお顔が…
資生堂のCD,フォトグラファー金澤氏ではありませんか・・・

残念ながら、現在はフォトトラックはありません。

b0069507_00484829.jpg今日の不思議な体験。
カメラ・オブスキュラの中です。
ピンホール写真機の中です。
驚いたのは、この写真が撮れた事。
写真ではちゃんと見えますが、肉眼ではここまで見えません。
オリンパスOM-D E-M1 MkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROでISO1600 Rawで1.6秒 F5で撮影、殆どブレていないのです。
恐るべしブレ防止装置。

b0069507_00485038.jpg今回のフォトフェスティバルの中で、普通の写真の展示が2つあります。そのなかの一つ、川内倫子さんの作品です。こうして、透過光で見ると透明感のある作品が紙で見るより、より透明に見えて清々しい感じがします。
もうひとつの普通の写真は、森山大道さんの「北海道」です。
b0069507_00485011.jpgVRのマスクを付けるためのアイマスクを付けた桃井君です。
チャーリー・イングマンのパワフルな母親も写したVR必見です。

b0069507_00485188.jpg8月11日のこのブログにも載せましたが、気になるこの右ハンドルのアメリカ使用のバス。
フォトグラファーの小城君の推察のとおり、在日米軍家族のスクールバスだったそうです。
なんと、仮ナンバー付けてここまで自走してきたのだそうです。!!
走っているバス見たかったです。


b0069507_00534494.jpgアマナの広報の方にご案内いただきながら会場を巡る事2時間弱。
前回は、レセプション中心でしたが、今回は説明を受けながら作品を堪能しました。
終了後にいただいた、IMAcafeのコーヒーゼリー、体に沁みました。

浅間国際フォトフェスティバル、9月30日までです。
高原の秋を感じながらのフォトフェスティバル気持ちいいです。

フォトフェスティバル詳細はココからどうぞ!


# by mash_boss | 2018-09-08 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
広告系写真家の写真展 9月6日(木) 6515
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_04265491.jpg今日の夜は、舞山秀一写真展「I'M HEAR 1986~2018」のオープニングレセプションにうかがいました。
見ごたえのある、写真展です。
お医者さんに様々な専門診療科があるように、フォトグラファーの世界にも専門があります。
舞山氏は広告系フォトグラファー。
何故「系」を付けたかというと、広告作品以外にタレントさんの写真集を写したり、CDジャケットの写真も数多くこなしているからです。
ただし、視点はタレントさんやグラビアアイドルを中心に写しているフォトグラファーとは、一味違います。
広告や広告系のフォトグラファーは、写真の世界の表面にはあまり出てきません。
写真展もあまり開きません。
そういう意味でも貴重な写真展です。
ギャラリー巡りをしている方もいらっしゃると思いますが、普段ご覧になっている写真展とは趣が異なると思いますが、是非見るべき写真展です。
写真展詳細はココからどうぞ!

b0069507_04272629.jpg乾杯の挨拶をする、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の白鳥会長です。
白鳥さんこそは「系」が付かない広告写真家だと、私は思います。
白鳥さんは、これもそうなのか、あれもそうなのかという広告写真を数多く撮影されています。
でも、広告作品には撮影者の名前が載りません。
白鳥さんは、広告写真家は「技術提供者」の事あると、おっしゃっています。
「技術提供者」には、だれでもがなれるわけではありません。
デジタルカメラで写真の壁は低くなりましたが、奥の深さはフィルム時代と何も変わりません。
広告写真や広告に対する見方、思考回路をしっかり学び、身に付けたいのなら、他の地域の方は気分を害されるかもしれませんが、若い人達は東京に出てきた方がいいでしょう。それが現実です。
b0069507_04273235.jpg話題は全く異なりますが、本日原宿で見た車です。同じクルマを、以前、夜の原宿でみました。
1950~60年代のスポーツカーのレプリカでしょうか?
トノカバーにゴーグル、イギリスのオールドスタイルです。
カッコいいです。でも、暑い上にゲリラ豪雨なんてものがある現在の夏。結構リスキーなスタイルです。



# by mash_boss | 2018-09-07 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)