日曜は撮影会! 10月5日(金) 6545
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03165830.jpg
7日の日曜日は、ヨドバシカメラ撮影会です。
場所は立川の昭和記念公園です。初めての会場です。
心配していた台風25号も、日本海側にそれて、大丈夫そうです。
東京の撮影会は参加するメーカーさんも多数で、ちょっとしたカメラショーです。
ヨドバシカメラ撮影会は、モデルさんを写したい人も、最新カメラを使ってみたい人も楽しめます。

もちろん、初心者もOK。
初心者講習もありますので、ポートレート初心者ばかりでなく、カメラ初心者もどうぞ!

昼休みには、協賛メーカーさんのテントで講師が参加者のお相手をします。
日頃の疑問、聞きたい事をお聞きください。


b0069507_03160053.jpg
会場の昭和記念公園は広いです。
地方の会場も含めて、広さは一番だと思います。
地図上の12が開会式会場です。
移動時間や撮影時間の事を考えると、赤線で囲った部分位が現実的な撮影範囲です。
モデルさんが30人、楽しい撮影会になりそうです。
皆さん、お待ちしています。

撮影会詳細はココからどうぞ!



# by mash_boss | 2018-10-06 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
ヨドバシカメラと世界に一台のLeicaの日  10月4日(木) 6544

b0069507_02293846.jpg
今日の午後、今度の日曜日のヨドバシカメラ撮影会の会場、昭和記念公園にロケハンに行きました。
広い!本当に広いです。
台風25号もそれるようで、天気もよさそうです。
10月ですが、天気予報では30℃超えの予報も出ています。今年最後の熱中症注意日かもしれません。
園内にはレストラン、売店もありますが混雑が予想されるので、昼食はご準備の上参加した方が良いと思います。
コンビニは、最寄りの西立川駅の公園とは反対側の出口に、コンビニがあるようでが、他で準備したほうが良いかもしれません。
b0069507_02302238.jpg
台風25号の影響か、倒木もありました。

b0069507_02302180.jpg
銀杏も沢山落ちていました。


b0069507_02305172.jpg
昭和記念公園に行く前は、ヨドバシカメラ本社で名古屋撮影会のコンテスト審査をしました。
終了後にロケハンに行くので、お昼はパワーランチ!
同行したマネージャー愛新覚羅が中国ネットワークで見つけて、よく行くという新大久保「小魏鴨脖店」(しゃおうぇいやぼー)にいきました。
「鴨脖」とは鴨の首肉の事です。


b0069507_02305149.jpgこれが、鴨の首肉です。お初です。
ビニールの手袋をはめて、手づかみでいただきます。
ビールを飲みながらが最高のお料理です。

b0069507_02305145.jpg本日のメイン、ビーフンです。
結構なボリュウムがあります。
沸騰した鉄鍋で出てきます。
スープはあっさりしていますが、ジワリと辛さが効いています。
色々なトッピングができます。
今日は、羊肉(¥200.-)をトッピングしました。
店内は中国語飛び交っていますが、日本語通じます。
今日は愛新覚羅同行だったので、彼女と店員さんの中国語やり取りを聞いていると、ここは北京か上海か・・・

b0069507_02311227.jpg夜は、Leica銀座ギャラリーの故植田正治さんの写真展写真展「濱の人たち」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
挨拶をされる、植田正治さんのお孫さん増谷寛さんです。

植田正治さん、大好きな写真家のおひとりです。
70近くになって、ファッション写真を始めたり、福山雅治さんに写真を教えたり、多方面で活躍されました。

わたしは、Polaroid20X24プロジェクトの時に、米子でお会いした事があります。

植田正治さん、詳しくはココからどうぞ!

b0069507_02311187.jpgLeicaギャラリーでお会いした、日本で唯一の“東京駅フォトグラファー”であり鉄道写真歴40数年の佐々木直樹さんが持っていたLeica X2の東京駅バージョンです。
世界で一台のLeica X2です。
東京駅大丸内のLeica大丸店で10台限定で発売され、ボディに貼ってある外装レザーが10台それぞれ違うので、世界で一台のLeica X2となります。

b0069507_02311280.jpgあまりにも有名な植田さんの作品「子狐登場」登場です。
プリントには、色々なバージョンがあって、これは柔らかいプリントバージョンで、Leica京都ギャラリーで展示されるプリントは「覆い焼」がハッキリわかるバージョンです。
そう、今回の植田正治さんの写真展は、銀座と京都のギャラリーで別バージョンを同時開催なのです。東京は2月3日まで、京都は2月21日までです。
どうにか算段して京都のギャラリーに行きたいものです。

b0069507_02311277.jpgこの写真が、今回の東京での写真展で初公開のプリントです。
今年の7月にご逝去された、植田さんの娘さん和子さんの遺品のなかから見つかった、写真です。
植田さんが写した和子さんです。
この写真だけ、Leicaで写した写真ではありませんが、特別公開です。

Leicaギャラリー銀座・植田正治写真展「濱の人たち」詳細はココからどうぞ!
Leicaギャラリー京都・植田正治写真展「風景のなかの静物」詳細はココからどうぞ!


# by mash_boss | 2018-10-05 06:46 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
押忍! 10月3日(水) 6543

b0069507_01273639.jpg今日の朝、スタジオに行く途中でスナップです。
市ヶ谷、飯田橋は法政大学のお膝元。
こんな法政大女子が、目に入りました。おしゃれしたい年頃なのに珍しい。
女の子なのでチアリーダーなのでしょうが、きらびやかなイメージとは随分ちがいます。
オシャレしたい年頃なのに、応援団90周年記念Tシャツです。彼女は、応援団にプライドをもっているのでしょうね〜
押忍のしたには、礼儀・節度・闘志と書いてありました。

法政大学応援団の活躍ぶりはココからどうぞ!

b0069507_04061712.jpg事務所で「お手軽」複写です。見た目はお手軽ですが、見えないところで、結構工夫はしているのです。こんなに見た目は簡単に複写ができるのも、デジタルカメラだからこそです。フィルム時代には考えられません。
あるイベントに必要になり、学生時代の拙い写真を複写していますが、カメラRawで少し調整して現像すると、オリジナルのプリントより良いプリントができてしまいます。
オリジナルのネガは、保存状態が悪くボロボロというか、ものによっては触るとずれて崩れてしまうので、使用できない状態です。
ネガが使用できたとして、私のプリント技術で引き伸ばし機を使って印画紙にプリントするよりも、デジタルカメラ撮影での画像処理の方が、きれいなプリントを短い時間と低コストでできてしまいます。
普通の撮影より、こういう撮影と後処理にデジタルの底力を見せられました。

b0069507_01273765.jpg昼過ぎ、横断歩道の先で何やら人だかりが・・・
ワンちゃんが、そっちは行きたく無いよ! と駄々をこねて寝そべっているようす。
それを面白がって、女子高生や観光客が写していました。
しばらくしたら、諦めたのか何事も無かったように、歩き出しました。
オチャメな奴です。



# by mash_boss | 2018-10-04 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
国慶節の原宿 10月2日(火) 6542
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02445069.jpg原宿には、写真も動画も様々なロケチームが来ます。
今日の昼に見かけたのは、かなり本格的なムービーチーム。原宿の街を写していました。
カメラはTVの街頭インタビューに使うような小型では無く、SONYの映画用やCM用の4KカメラにレンズがFUJIのシネレンズ85-300mm。
こうなると、我々スティールの機材価格と桁が違います。
ムービー機材は、通常レンタルですが、レンタルフィーもカメラ、レンズ、付属品等々で1日10万を超えると思います。
こういうムービー機材のファインダー覗いてみたいです。
b0069507_02445137.jpg新しい猫カフェ?! と思ったら大違い!
「ポール & ジョーの猫モチーフのコスメ&カフェメニューなどが揃う限定ストア」だそうです。(ほんものの猫はいません。
どおりで、若い女の子が並んでいました。
期間限定で、今日から10月14日までです。

男子には関係ないと思いますが、詳しくはココからどうぞ!

b0069507_02445143.jpg昨日から、中華人民共和国の国慶節Weekだそうで、今年のこの時期の中国の海外旅行者は700万人!で、人気の旅先は日本が1位とニュースで見ました。
だいぶ以前は、国慶節のニュースは、天安門広場前の軍事パレードだったのですが、中国も変われば変わるものです。
でも、あの消えた女優・范冰冰さんはどこにいってしまったのでしょう?こういうところは変わっていないようです。

秋晴れの今日は、各国の観光客が原宿を楽しんでいました。
こちらの女性グループは、ヒジャブ着用なので、マレーシアかインドネシアからの観光客でしょうか?
ヒジャブ、国や地域によって派手なものはNGという決まりがあるそうですが、この4人、特に右端の人のヒジャブは結構派手です。それに、同じようなジーンズの上下。どこの人でしょう。
観光客を見ているだけで、結構楽しめます。


# by mash_boss | 2018-10-03 07:20 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
御挨拶  10月1日(月・都民の日)  6541
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02161661.jpgGINICHI・銀一さん、ご存知でしょうか?
東京にある、プロフェッショナルフォトグラファー向け機材・レンタルショップの老舗です。
写真愛好家の皆さんには、カメラバック「クランプラー」の輸入・販売元の方がお馴染みかもしれません。
その幹部、吉田さんが定年と雇用延長のご挨拶に来てくれました。
GINICHI・銀一さん、その名の通り、銀座一丁目にお店がありました。
現在は、もんじゃ焼きのお店で有名な月島にあります。

銀一さんは、先代が1956年に新橋でカメラ機材の販売を始め、1958年に銀座一丁目に移転、それ以来60年日本のプロフェッショナルフォトグラファーに、カメラだけでは無く撮影機材、スタジオ機材等を届けてくれています。
吉田さんは、私がフリーのフォトグラファーとして独立して何年目かに新卒で銀一に入社してきました。
それからもう40年弱になるのか~

私がフリーになった頃は「いい時代」だったのでしょう。
フォトグラファーの熊谷晃さんのチーフアシスタントから独立して、すぐに銀一さんで伝票で機材やレンタルができました。
今、思えばそれは熊谷さんが銀一さんへの支払いをキチッとしていて、良い仕事をしていてくれたおかげでだと思います。先代の社長にも、結構お声がけをいただきました。
今は、私自身は殆ど月島のお店には伺う事も少なくなりましたが、フリーになりたての頃は毎日のように銀座一丁目のお店に行く用がありました。
そんな頃にピカピカの新入社員で入ってきた吉田さん、「お互い若かったね。」とオジサン2人でもりあがりました。
お世話になった銀一さんに対して、小さな恩返しは「カメラは銀一さんから買う」事です。
CanonもLeafもPhase 0neも銀一さんから買っています。それは、少し大げさですが競争の激しい東京の広告系写真事務所の矜持です。
銀一さん、これからもお世話になります。
b0069507_02161534.jpg久しぶりの、四谷ヒルズ定点観測です。
文字通り、台風一過の青空です。
前回掲載したのは、9月4日ですので、約一月で縦も横も大きくなりました。
もう、お隣のビルよりも少しだけ高くなりました。


b0069507_02161626.jpg9月27日に、知的財産権侵害と裁判で敗訴したマリカーです。今日も元気に原宿を走っています。
今後、どうなるのでしょう。
それはともかくとして、今日みたいな晴れた日は、気持ちいいだろうな~
低い位置から見る東京は、別の東京が見えるのでしょう。
タクシーの運転手さんからは評判悪い公道カートですが、一度は乗ってみたいです。


# by mash_boss | 2018-10-02 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ニコンZ 7 テスト 9月30日(日)  6540


b0069507_21062989.jpg今日は、月に1度のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブの作業日ですが、Nikonプラザ銀座ショールームにお勤めの江藤さんが、発売されたばかりのNikon Z7とNIKKOR Z 24-70mm f/4 S、D850、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ってきてくれたので、実戦テストの場になってしまいました。

まずは、キットズームのNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを装着。

b0069507_21062940.jpg三脚に付ける前に、色々触ってみます。
江藤さんから説明を受ける、CANON使いの佐藤会員です。
Z7を今日初めて触ります。
普段は、EOS 5D MkⅣと5DsRを使用しています。
ボケフォト主宰者の堤会員(右)もかなりの関心です。
ボケフォトのメンバーは、オールドレンズを使う「土台」として、SONYα7系を使うメンバーが多いですが、Zシリーズも様々なレンズアダプターが発売されるでしょうから、オールドレンズの「土台」の選択肢が増えます。

b0069507_21062931.jpgカメラのセッティング中です。
Nikon使いの岡野会員がセッティング中です。
ミラーレスカメラでストロボを使ったスタジオ撮影の場合、最初にするのは、EVFに撮影状態を反映させないモードにする事です。
そうしないと、撮影値まで絞るとファインダーが暗くなってしまいます。

通常ティザー撮影に使用しているC1が、まだZシリーズに対応していないので、Nikonキャプチャーをバージョンアップして使用しました。
b0069507_21062803.jpgオートフォーカスのターゲットをオートにした場合、どこをターゲットにしているかを見てみました。
コントラストの強い部分を検知しているようです。
b0069507_21062842.jpgポスターでも、顔認識です。
藤原紀香を選ぶか、山田優を選ぶか・・・
一瞬迷いましたが、このカメラは山田優を選びました。
藤原紀香の方が、眉毛も左右あるのに・・・
Z7は山田優の方が好み? 
b0069507_21062705.jpgこういう被写体では、こんな部分を検知しています。
複写でも、置きピンで写さないでAFで写した方が、気づかずにわずかにピントがずれた場合でも救われます。
b0069507_21181173.jpg次に、Fマウントの現役レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRと少し前のレンズですが、名レンズと言われるAi AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6DをアダプターFTZを介してテスト撮影をしました。
名レンズ70-180mmマクロは果たして、4575万画素にどう答えるか?
一方、大三元レンズと言われるFマウントレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、Z7と組むとどういう結果をだすのか? 興味津々です。

b0069507_21181234.jpgD850とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの本来の組み合わせでも撮影をしました。
b0069507_21181272.jpg撮影結果を見比べます。
中央では、Nikonカレッジの講師でもある石田会員がレンズによる違いを確認中です。
ボケフォトの岡本君も気になるようです。
Nikonの説明によると、Z7の絵作りは最近の傾向(インスタ映え)にあわせて、若干派手にしてあるとの事です。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRをD850とZ7に付けて写すと、D850ではビビットにして、その他若干修正するとZ7に地下づきます。

総合的な性能は、やはりミラーレス用に設計されたZレンズ、NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sが高評価でした。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRも実用上は問題ありませんが、Z用の24-70mmより大きいのが難点です。
名レンズ、Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6Dは4570万画素には若干非力でした。
この他にも、新たに回析現象を電子的に解決するモードがZシリーズにあるので、それも試しました。
今日の撮影条件では多少効き目がありました。
これは、別の条件で試してみないと何ともいえません。
b0069507_21063042.jpg本来のアーカイブ撮影ですが、今日も何点か、スキャナーではNGな作品がありました。
ポスターのCの部分が金色のメタリックです。
スキャナーでスキャニングすると、黒くなってしまいます。
単純に複写しても、黒くなってしまいます。
b0069507_21063010.jpgそこで、ポスターの裏の白を使って写り込みを作ります。こんな感じで撮影をします。
b0069507_21063094.jpgこちらのポスターは、ロゴがメタリックになっているので、やはり写り込みを作って複写です。
b0069507_21062906.jpg台風24号が接近中なので、アーカイブ作業は早めに終了しましたが、岡野君はミニカーを被写体に、Z7と愛用のAi AF Zoom Micro Nikkor ED 70-180mm F4.5-F5.6Dの組み合わせでテスト撮影をしました。
このミニカーは、岡野君のテスト撮影の定番のようです。

本日の結論は、Zレンズがなくても、手持ちのFマウントレンズシリーズ(なるべく新しめのモデル)で、十分使えます。
でも、これから揃っていくZレンズのSラインはそれを超える性能のレンズになると思うので、できれば専用レンズの方が高いパフォーマンスを得られると思います。
特にレンズの「大きさ」では、Zシリーズが有利です。
このカメラ、Eos R,LUMIXのフルサイズ、従来のSONYα7シリーズと、この秋から来年の春過ぎまでにフルサイズカメラの選択幅が増えましたが、ユーザーは悩みます。


# by mash_boss | 2018-10-01 07:13 | 撮影 | Trackback | Comments(2)
直接対決! 9月29日(土) 6539

b0069507_04133084.jpg今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の中部支部大会に参加しました。
会場は、敷地内に国宝の茶室如庵がある名鉄犬山ホテルです。
犬山市初めて行きました。
このホテル、54年の歴史を来年8月31日に営業を終了し、インターコンチネンタルホテルズグループと提携し、同グループのブティックホテル「インディゴ」にリブランド、「ホテルインディゴ 犬山 有楽苑」として2年後に再オープンするそうです。
b0069507_04133185.jpg支部大会も終わり、懇親会会場で賛助会社各社の機材アピールが始まりました。
オリンパスは4/3システムのコンパクトさをアピール。
b0069507_04133136.jpgキヤノンはー6EVでもピントが合う事をアピール。
b0069507_04133132.jpgニコンはマウントチェンジの意味をアピールです。

SONYも支部大会に参加したものの、機材アピールは静観の構えでした。

ニコン、キヤノンのそれぞれの発表会に行きましたが、2社のカメラを直接比較できる場は懇親会前の機材アピールタイムが初めてです。
ここでも、話題に上がったのはパナソニックのフルサイズ参戦。
ユーザーは来年の春が待ちどおしいですが、メーカーさんは大変です。




# by mash_boss | 2018-09-30 07:29 | イベント | Trackback | Comments(0)
朝と夜  9月28日(金) 6538

b0069507_05552835.jpg昼前、ヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしているフォトグラファー塙君の写真展「Paris ~liberté~」を拝見しました。
ちょうど、JPSの熊切君がいました。
パリの日常生活のスナップ、粋です。

写真展詳細はココからどうぞ!

b0069507_05553585.jpg夜は、JPS広報委員仲間の小城君の写真展「Exciting Moment of Sports Vol.1」のオープニングレセプションにお伺いしました。
小城君は、スポーツフォトグラファーやカメラ関係の編集者としても活動中です。

写真展詳細はココからどうぞ!

b0069507_05553979.jpgジャーン! こちらにも熊切君が・・・
今日は、写真展集中拝見日なのでしょう。


# by mash_boss | 2018-09-29 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
今日は色々・・・ そして、また雨。 9月27日(木) 6537

よく降りますね~ 雨。
東京は今日で18日連続雨。何と112年ぶりの記録更新とか。
おまけに、最高気温17.5℃で11月並み。
そして、明日は久しぶりの晴れで、26℃だとか・・・
1日で10℃も気温が違うなんて、体がついていかないというか、タフでなければやっていけません。

b0069507_05204789.jpg今日の昼、新宿西口ヨドバシカメラへ買い物に行きました。
毎度お馴染み、撮影会告知大ポスターが。
今年の秋の東京撮影会会場はは、初めての昭和記念公園です。
どんな会場か、楽しみです。

撮影会詳細はココからどうぞ!
b0069507_05210401.jpg夜は、メキシカンで打ち合わせ。
お相手は、コンテンツサービスプロデューサー氏とPr/CD氏と、初めてお会いするAD/Visual artist女史との3人。
デジタルになり、画像を使えるメディアが増えて色々な表現ができるようになると、色々な職業が増えて、お役目の肩書が増えていきます。追いつくの大変です。

コンテンツサービスプロデューサー氏はプロジェクションマッピングとVRの制作をしています。
よく名前が出てくるカメラは、SONYのα7シリーズ。
VRは2台同時に使って8K画像をつくってるそうです。
AD/Visual artist女史の使用機材はLUMIXのGHシリーズ。その訳は29分の壁が無いからだそうです。

うちわサボテンとアボガドのサラダです。

b0069507_05210415.jpg
初めてのメンバーが加わった、打ち合わせ兼食事の場所を決めるのって、結構気をつかいます。
今回は、行きつけの居酒屋さんをコンテンツサービスプロデューサー氏がリクエストしてきましたが、先日私とPr/CD氏が行ったら、お店の外観、内装は同じですが「内容」が全く変わってしまったので即NG。
代わりに、北京ダックのお店とメキシカンを提案したら、メキシカンに難なく決定です。
コンテンツサービスプロデューサー氏はカルフォルニア、AD/Visual artist女史がテキサスの経験があり、メキシコ料理喜んでくれました。

カジキマグロのファフィータです。
テーブルで、テキーラでフランベしてくれます。

21時半には終了。
プロ同士の、良い打ち合わせができました。


# by mash_boss | 2018-09-28 06:56 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
プリンター修理完了 & 色々・・・ 9月26日(水) 6536

b0069507_04114129.jpg
13日に修理りに出した、CANONプリンター Pro10が先週の21日に戻ってきました。
予定では、もう少し時間がかかるはずだったのですが、早い仕上がりと大きなダンボール箱にビックリです。

b0069507_04122063.jpg
ダンボール箱の内は、こんなふうになっていました。
プロの梱包です。
修理内容は、
プリンタヘッド不具合でプリンタヘッド交換。
用紙搬送部吸引力低下の為、交換及び機内清掃。
修理金額は、搬送費も含んで税込み\17,820,-でした。

b0069507_04130418.jpgフォトキナからのLUMIX S1Rの写真です。
ePHOTOzineからの転載ですが、シャドウ部を明るくしました。
前面にもボタンやスイッチ結構あります。

b0069507_04102480.jpg
デジタルカメラは、どのカメラも同じですが、デジタルカメラはボタンがいっぱいです。
それを使いやすく、どう配列するかは各メーカーさんの腕の見せ所です。
LUMIX、比較的使いやすそうな、ボタンとスイッチの配列です。
個人的にはFUJIのXTシリーズのダイヤル多めが使いやすいと思うのです。

b0069507_04102446.jpg
ZENIT M,興味のあるカメラです。
中身はライカM Typ240ベースという事です。
ゼニット、懐かしいです。ソビエト連邦時代から武骨なカメラ作っていました。その名残りあるデザインです。
車の世界では、poor man's △△△なんていう呼び方があります。以前のMaseratiは、poor man's Ferrariなんて呼ばれていました。
このカメラはpoor man's Leica?



# by mash_boss | 2018-09-27 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
SONYは・・・  9月25日(火) 6535

b0069507_02433235.jpg写真・カメラ業界の、今日の話題の1番はなんといっても、Panosonicのフルサイズミラーレスカメラ開発発表とPanasonic,Leica,SIGMAのアライアンス発表でしょう。
このアライアンス、Star allianceかOne worldか、はたまたSKY Teamか知りませんが、他のアライアンスを生むのでしょうか? 
いずれにせよ、一眼レフ時代のスクリューマウントのプラクティカ、LeicaのL39以来の事です。
Panosonicのドイツでの発表の頃、私はNikonのAPA・公益社団法人日本広告写真家協会向けのZ6,Z7の説明会後の懇親会に参加中でした。
やはり話題は、Panosonicの発表と、SONY大変だという事でした。
何故SONYが大変か? それはマウントの大きさです。
SONYは最初、フルサイズカメラ作る気はなかったのですが、APS-Cのカメラの発表会の質疑応答で、役員が記者の質問に「フルサイズもやる。」と答えてしまったので、急遽フルサイズを開発したと、聞いた事があります。
つまり、APS-C前提なのでマウント径が小さいのです。
SONY Eマウントの直径は46mmで、35mmフルサイズの対角より小さいのです。
これに対して、Nikon Zマウントは55mm,Canon RFマウントは54mm,3社のアライアンスのLマウントは51mmです。
マウントが小さいと、広角や超望遠のレンズ設計に影響があるとの事です。
将来を考えるとSONY どうするのだろう? と技術者は考えるようです。
Nikon FマウントのジレンマがSONYに変わるのでしょうか?
でも、NikonとSONYでは発売されたレンズの本数が全く違うので、そこで、ここからは、SONYの未来についてのかってな推論です。
1)SONYのもうひとつのマウント、直径50mmのAマウント(ミノルタα)を使ったミラーレスに切り替えて、従来のEマウントはアダプターで対処する。
Aマウントレンズもアダプターでフランジバックを稼いでミラーレスに対応する。
2)別の会社とアライアンスする。
3)独自の規格の直径が大きいマウントに早めに移行する。
4)SONY Eマウント続ける。

さて、今回公開されたPanasonic LUMIX S1Rの写真で、私が1番注目したのは、シンクロターミナルが付いている事です。
私のような古いフォトグラファーにとっては、シンクロターミナルがあってこそ「プロ用」の証なのです。
実際の撮影では、ワイヤレスのシンクロ持っていきますが、何かあった時の為にシンクロコードは必ず持っていくのが私の世代です。

そして、もうひとつのM4/3、来年1月に何らかの新機種という噂のオリンパスはどうするのでしょう?

いずれにせよ、2018年秋から2019年春にかけては、カメラ史上、デジタルカメラ史上の大転換点というかメルクマール的な時期になりそうです。



# by mash_boss | 2018-09-26 07:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)
Breaktime. From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLI 9月24日(月・祝) 6534


From my exhibition in Sony gallery Ginza.XLI

b0069507_20450837.jpg

私のキヤノンギャラリーでの個展「テストシューティングな時」の展示プリントにリフレクションです。



# by mash_boss | 2018-09-25 07:28 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
晴れてよかった!  9月23日(日) 6533

b0069507_07373140.jpg
ヨドバシカメラ京都太陽が丘公園ポートレート撮影会講師控え室です。
CanonのRシリーズ宣伝キャラクターのフォトグラファー土屋君が、Nikon Zを・・・!
ヤッター!とニッコールクラブ顧問のフォトグラファー佐藤倫子さん。
いずれにせよ、今年の秋から来年の春にかけては、Nikon Z,Canon R,Panasonicフルサイズ、さらにはオリンパス? と話題がつきません。


b0069507_07373175.jpgホテルを出発する時は曇っていて「ロケハンは、晴れだったのに〜」とおもいましたが、会場に着く頃には、晴れました。
雲は秋の雲でしたが、気温は30℃。
今年最後(?)の日焼けになりました。


b0069507_07373290.jpgお客さんの数も多く、高校生と一般を合わせて600名近くの参加者がありました。
秋の1日を、モデル撮影で楽しみました。
来年は「春にも京都で撮影会を開催します。」とのヨドバシカメラ日野総合プロデューサーからの発言もあり、もりあがりました。



# by mash_boss | 2018-09-24 08:25 | イベント | Trackback | Comments(2)
ロケハン 9月22日(土) 6532


b0069507_05295039.jpg今日の午後は、ヨドバシカメラ京都撮影会・京都太陽が丘公園の会場ロケハンをしました。
雨の東京を出発、浜松あたりで晴れ始め、京都は晴れでした。
b0069507_05221752.jpgロケハンも終盤のHARUKI君です。
どうしたんでしょう?
明日は正常に戻るはずです。
b0069507_05221807.jpg今日のロケハンはレンタカーで行きました。車を返してロケハン参加者で、夕方の鴨川沿いを散策です。
気温も下がり、川からの風が涼しく気持ち良い時間でした。

b0069507_05221804.jpgフォトグラファーの散策は、より道たくさんです。
b0069507_05221837.jpgより道で写した彼岸花です。
めったに写さないお花を写すのも、撮影ジャンルの違うフォトグラファーとの散策の賜物です。

b0069507_05221891.jpg逆光がきれいでした。


b0069507_05221987.jpg花見小路はあいかわらずの人出です。
台風21号の被害で、関空が閉まっていた時は、観光客も減ったそうです。
b0069507_05221958.jpg花見小路にある、ライカギャラリーで木村伊兵衛さんの作品を拝見。
やっぱり、凄い!
外の喧騒とは別の、静かな時間が流れます。
b0069507_05221924.jpg
今日の、天気祭りは「おばんざい」でした。
明日は、天気も良さそうなので、一安心です。


# by mash_boss | 2018-09-23 06:04 | ロケーション | Trackback | Comments(0)