明るい暗室   216/365     8月2日(火)   7417

明るい暗室   216/365     8月2日(火)   7417_b0069507_05385498.jpg久しぶりに、午後はプリント作業に集中しました。
明るい暗室です。
ペーパーは、PICTORICOのRED RAVELです。
このペーパーは厚手なので、私が使っているプリンター キヤノン Pro10の場合、プリンターのユーティリティーで[用紙のこすれを改善する]を使用します。
厚手のペーパーを使用する場合、プリントヘッドと用紙の間隔を広げて、用紙のこすれを改善することができます。

同じような機能は、EPSONのプリンターにも付いているので、厚手のペーパーでプリントする時は、お忘れなく!

明るい暗室   216/365     8月2日(火)   7417_b0069507_05385517.jpg今朝の日経産業新聞にSONYの映画撮影用デジタルカメラVeniceの利用が多くなってきているとの記事が載っていました。
話題の「トップガン マーヴェリック」でも使用されています。

SONYはデジタルムービーカメラ 「シネアルタ」 で、2000年に映画カメラに参戦、ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」が「シネアルタ」で撮影された、初の100%デジタル撮影映画になりました。
その後、何本もの映画作品がシネアルタで撮影されましたが、映画カメラの巨人ARRIやPANAVISIONの牙城を崩せませんでした。
その後、デジタル映画カメラにRedやBlackmagic等も参入、競争が激しくなってきました。
2018年に「シネアルタ」に新しく Venice というカメラシステムを発表しました。
Veniceは2019年の公開された映画では、わずか5本の作品にした使用されませんでしたが、2021年に公開された映画では、28作品に使用されています。わずか2年で6倍弱という急成長です。
スティルカメラ界で、SONYはミラーレスで、一眼レフのNikonとCanonに挑戦。NikonとCanonの牙城を崩しました。
ムービーカメラ界のこれからは、どうなっていくのでしょう?

明るい暗室   216/365     8月2日(火)   7417_b0069507_05385522.jpg本日の原宿の車は、Uber Taxi by 日の丸交通です。
Uberアプリで呼べるタクシーのようです。Uberが規制されている日本での苦肉の策のようです。

本来のUberは、日本の規制や既得権の犠牲者の象徴のひとつです。
Uber、公認白タクです。日本のお役所は、なかなかOKしないでしょう。

この車種はシエンタです。
車種でも、他のタクシーと差別化しているのでしょうか・・・?




# by mash_boss | 2022-08-03 07:21 | プリント | Trackback | Comments(0)
盛夏     215/365    8月1日(月)    7416

盛夏     215/365    8月1日(月)    7416_b0069507_04291084.jpg今日から8月です。
暑い!
都心は猛暑日が続いています。

JR原宿駅のビルボードです。
このポスター、昼に見たのですが「今夜は、ハイボール飲むぞ!」と決めてしまいました。
サントリーさんの思い通りになってしまいました。
(正しい広告効果です。)

井川遥さん、ステキですね~😊
ハイボールがいいのか、井川さんがいいのか・・・
どっちでもイイです。とにかく今夜は、ハイボール‼
盛夏     215/365    8月1日(月)    7416_b0069507_05301257.jpg12時過ぎに、歩いていたらセミが・・・
この姿、ちょっと早いです。

都心の今年の夏が、例年と少し違うのはセミが鳴きません。
正確に言うと、セミが鳴きだすのが遅いし、鳴き方もおとなしいのです。
MASHのスタジオから、四ツ谷駅に行く道は、いつもの夏だったらうるさいほどセミが鳴いていて、木を見るとセミがとまっています。
今年は、違います。
初めて見たセミが、この姿・・・😢

セミは何年かに一回、大量に発生する年があると聞きました。
今年は、その反対なのでしょうか・・・
それとも、地球温暖化のせい?
気象的に違った事が起きると、すぐに地球温暖化が脳裏に浮かぶほど、アンバランスな地球に住んでいる事を実感する事が、多くなりつつあります。だいじょうぶかな~

盛夏     215/365    8月1日(月)    7416_b0069507_04291296.jpg暑い時は、涼しい事務所で作業です。
土曜日の作品撮影のコンタクトプリントを作りました。

私は、紙のコンタクトプリントから、セレクトする方が選びやすい世代です。

色々やりましたが、最近は、Bridgeでコンタクトプリントを出し、シームレスにRaw現像をしています。
Bridge+Camera Raw、どんどん使いやすくなっています。

盛夏     215/365    8月1日(月)    7416_b0069507_04291295.jpg事務所の窓の外は猛暑なのですが、いつになく「女子」が多いのです。
彼女達がスマホを向ける先は・・・
盛夏     215/365    8月1日(月)    7416_b0069507_04291107.jpgこの宣伝トラックです。
先日までヴーヴ・クリコのイベントが開催されていた、お隣のjing 原宿で今日から始まったイベントの宣伝トラックです。

「すとぷり」???
ストロベリープリンスという、日本の6人組のミュージシャンという事です。
ストプリのファンは「すとぷりすなー」と呼ばれるとか・・・
今日から、28日まで原宿は夏休みの「すとぷりすなー」で賑わうようです。

2022年6月時点で「すとぷり」のYouTubeでの動画総再生数が57億回!を突破しているらしいです。

「すとぷり」、オジサンはもちろん知りませんでした。😅






# by mash_boss | 2022-08-02 07:27 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
夢のレンズでした。     214/365    7月31日(日)   7415

夢のレンズでした。     214/365    7月31日(日)   7415_b0069507_03231732.jpg古いHDDをゴソゴソと整理していたら、夢のレンズで撮影の写真が出てきました。
夢のレンズは、Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED です。APA-C用です。
発売は2005年です。
何たってこのレンズ1本で、35㎜フルサイズ換算27㎜~300㎜の写真が撮れるのです。
しかも、手振れ補正装置付きです。
ビデオカメラのレンズなら納得ですが、スティル写真で10倍+のズーム比です。
正に、デジタル時代の申し子のようなレンズです。

こちらの写真は、最広角の18㎜で撮影。




夢のレンズでした。     214/365    7月31日(日)   7415_b0069507_03231780.jpgこちらの写真は、最望遠200㎜で撮影した写真です。
この2枚が1本のレンズで撮れてしまうのです。

一眼レフ用の実用ズームレンズは、1959年代に登場したAuto NIKKOR Telephoto Zoom 8.5cmF4-25cm F4.5が、世界で初めてと言われています。
このレンズ、1964年の東京オリンピックの時は、盛んに使われていました。
60年代の中頃には、サードパーティー製のズームレンズも発売されるようになりました。
その頃のサードパーティ製のレンズは、今のレンズとは雲泥の差、月とスッポンの性能でした。(解像力や周辺光量落ち、ひどかった~)

ズームレンズを仕事で使うようになったのは、CANONの場合はEOSシリーズが発売されてからです。
EOS用の28㎜~80㎜ 2.8と80㎜~200㎜ 2.8は画期的レンズでした。
この2本のレンズを使った時の、驚きと感動は今でも忘れられません。

2枚の撮影場所は、バリ島のケチャックダンス会場へ行く途中です。
実際に撮影してみて10倍+のズーム比の凄さを実感しました。
ポータルサイトExciteに、NIKONがシリーズ記事広を掲載した時に、それ用に撮影しました。
撮影は2007年2月、カメラはNikon D200です。
D200もNikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF ED も、当時はエポックメーキングな製品でした。


# by mash_boss | 2022-08-01 07:24 | カメラ | Trackback | Comments(0)
久しぶり!    213/365   7月30日(土)    7414


久しぶり!    213/365   7月30日(土)    7414_b0069507_07372119.jpg今日は、久しぶりの作品撮影。

モデルは、6月にオーストラリアから来た、ミマナちゃん。
ヘアは、N.Yから一時帰国中のKAZUTO君。
メイクは、TAKA君。彼も2年前にコロナが爆発的に流行る前に、10年いたN.Yから帰国しました。
スタイリストは、ヨリちゃんです。

新型コロナウイルスが流行り始めて、かなりの間、モデル事務所は、作品撮影にはモデルさんを出してくれませんでした。
まん延防止措置が出ている間も、作品撮影はしにくい雰囲気です。

これまでだったら、こんなに感染者が増えたら、作品撮影NGが出てもおかしくないのですが、今回は、そんな事はありませんでした。
行動規制、飲食規制が出ていない事が影響しているのでしょうか?
それに、慣れも大きいようです。
現在の東京は、60人に1人が新型コロナに感染中だとか・・・
何といっていいのやらです。

久しぶり!    213/365   7月30日(土)    7414_b0069507_07372009.jpg本日のセットNo2です。
Beauty Dishと、Light Boxです。

先日塗った4x8のボードがバックになります。
久しぶり!    213/365   7月30日(土)    7414_b0069507_07372106.jpgヘッドはブロン、ライトボックスはプロフォトの組み合わせです。
久しぶり!    213/365   7月30日(土)    7414_b0069507_07372155.jpgスタジオのMacの横には、何気に8TBのHDD.
以前のデーターを整理中です。
大容量のHDDは便利ですけど、ちゃんと整理して、バックアップを取らないと、1つのHDDが壊れたら、かなりの量のデーターが無くなってしまいます。
怖いです。😱




# by mash_boss | 2022-07-31 09:22 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
Club Houseに行ってきました!   212/ 365 7月29日(金)  7413
人気ブログランキング参加中です。
Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225864.jpgCLUB HOUSEに行ってきました。
MASHのスタジオから徒歩5分のところに、昨日オープンしたPENTAX CLUB HOUSEです。
四ツ谷のランドマークCOMORE YOTSUYAの隣です。
新宿にあった、リコーイメージングスクエア東京は3月28日にクローズ。
それに代わる施設が、PENTAX CLUB HOUSEとして7月28日にオープンしました。
場所は、JR四ツ谷駅、東京メトロ南北線、丸の内線四ツ谷駅からも5分程度のところです。

赤い Vespa Primavera 125が目印です。
Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225735.jpg中はこんな感じです。
少し、小ぶりですがまとまっています。
CLUB HOUSEには、PENTAXの開発の方もいるので、色々話せます。


Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225785.jpgこれは、板橋区前野町に旭光学の本社があった時に、掲示されていたPENTAXのロゴです。
年季が入っています。
こういう展示、いい感じです。

Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225765.jpg訳ありカメラも展示されています。
これはMETALICAとMEMORICAです。
旭光学時代に、PENTAX SPを発売したあと、将来の向かうべき方向を探るべく試作したカメラです。

メタリカは縦走りフォーカルプレーンシャッターで、絞り優先AE。
メモリカは横走布幕フォーカルプレーンシャッターで、シャッタースピード優先AE。

結局、メタリカが1966年のフォトキナに出品されました。

Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225665.jpgこちらは、参考出品のCLUB HOUSE SETです。

「どうしてもという希望者がいた場合には、調子に乗って販売するかもしれない」と書いてありました。


Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225663.jpgPENTAX LX GOLDです。
1981年に35mm一眼レフ、世界初1000万台(製造?)突破したことを記念して300台のみ生産された特別モデルです。
24金メッキで、メッキを保護するために、特別なコーティングがしてあります。
白い手袋も付いていました。
ボディーとレンズに貼ってある皮はクロコダイルです。

Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225693.jpg小物やTシャツも販売しています。


Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225561.jpg表に面したショウウインドウには、PENTAX 6x7が展示されていました。
初期のモデルにおきた、フィルムのタケノコ現象には、悩まされました。

Club Houseに行ってきました!   212/ 365         7月29日(金)  7413_b0069507_15225550.jpgお土産をいただきました。
団扇の裏側は、何も印刷していない白で、レブ版に使えるのです。
団扇には、通し番号が降って有り、あとで抽選があるとか・・・ 何があたるんでしょう。

スマイルビスコは、いただいてしまいました。

CLUB HOUSE、 小ぶりだけど、PENTAXファンにとっては、嬉しいスペースだと思います。
フォトウオールはあるものの、小ぶりでもいいから、ギャラリー的スペース欲しいところです。

PENTAX CLUB HOUSEの詳細はここからどうぞ!



# by mash_boss | 2022-07-30 07:41 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)