<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
何だろう? 2月7日(木) 6654
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05371710.jpg
原宿には、いろいろなロケチームが来ますが、今日のロケ隊は?です。
撮影場所、道路の中央分離帯です。ちょっと危ないですが、分からないではないです。
でも、不思議なのはスマホで撮影している事。
キャップを被った男性がフォトグラファーのようでした。
女性は記録用の撮影?
ヘアメイクさんもいました。
スマフォのカメラのサンプル写真撮影でしょうか?
私がポラロイドの仕事をしていた時には、カタログや広告に使うポラロイド写真は、ポラロイドカメラで写していましたし、某コンパクトカメラのカタログを撮影した時には、発売前のコンパクトカメラで撮影しました。
でも、カメラ以外は普通のカメラと同じ、補助光も使っていました。
レフとかLEDとか、補助光くらいあててもいいと思うのですが・・・
そんなもの使わなくてもきれいに撮れる機能がついたカメラ搭載の、新形スマホ?


b0069507_05371764.jpg今日の午後は、ヘアメイクのYOCÖさんが担当している某タレントさんの髪の手入れでした。
スタンバイ中です。



by mash_boss | 2019-02-08 07:14 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
神の泡  2月6日(水) 6653

b0069507_06215117.jpg
BIER REISE'98の「アサヒ樽生Ⓕ(マルエフ)」の泡です。本日、いただきました。
旨~い。
ビールは、ビールそのものも大切ですが「泡」「つぎ方」が重要です。
今日、池嶋くんに連れて行ってもらったBIER REISE'98は、ビール党にとっては有名なお店。
私は知りませんでした。
旨いビールを飲む前に、アマナの撮影ロボットを拝見しました。
洋服の置き撮り用、トルソーに着せた洋服撮り用、モデルのムービー、スティル用のロボットというか撮影装置。
完成度がすこぶる高く、ビックリです。
この撮影装置、どのくらい普及するかはわかりませんが、ある層のフォトグラファーの仕事は確実に無くなっていきます。
この撮影装置、重要なのは、洋服をきれいに置いたり、皺をとったり、修正したりする現場スタイリスト。
彼女彼らが撮影する洋服を整え、シャッターを押せばきれいな写真が写せます。
ライティングやピント合わせ、シャッター、iPadでできるのです。
モデル撮影も全く同じ、スタイリストさんに加え、ヘアメイクと撮影に慣れたモデルさんがいれば、ムービーとスティルが写せます。
いやはや、大変な時代です。
フォトグラファーは、人でしか写せない写真を写す技術が無ければ残れません。

若いフォトグラファーの諸氏、高い技術かその人にしか無い本当の感覚が無ければ残れません。
私の前や私、そしてもう少し後の時代のフォトグラファーは極論すれば「写せる」だけで、仕事になりましたが、デジタルカメラになり、スマホが発達し、こういう装置が開発された現在では、それでは全く仕事になりません。

大変な時代になりました。


by mash_boss | 2019-02-07 07:32 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
本気だ~ C1 使えるかな~? VHS vs β~? 2月5日(火) 6652

b0069507_21045285.jpg今日も日経流通新聞からです。
2020年の東京オリンピックにパナソニックがルミックスシリーズのカメラを利用するプロカメラマン向けのサービスデポを設けるそうです。
気合入っています。
広告系としては、S1/S1RがC1(キャプチャーワン)でティザー撮影ができりるかどうか、本気度を図る大きなポイントです。(Nikon,CANON,SONY,はできます。)
パナソニックは2020年東京オリンピックでも「TOPスポンサー」です。
たしか、映像・音響部門スポンサーなので、かなり有利な場所にサービスデポを開設できるはず。
CANON,Nikon,SONYも大変です。
PANASONIC、やると決めたらグイグイ動きます。
ビデオのVHS対βみたいになるのでしょうか?(若い人わかります?)
そうか。すでにパナソニックはライカとシグマと連合組んでいるもんな~ SONYもうかうかしていられません。

b0069507_21045328.jpg大学入試始まったようです。
私の徒歩通勤経路には、法政大学と東京理科大学があります。
今朝は、やたらに若い男女が多いと思ったら、法政大学の入試の日でした。
私の受験は大昔。
でも、思い出すな~。
勉強嫌いでした。写真好きでした。
あの頃、日大芸術学部写真学科って30倍弱の人気学科でした。
今は、2倍もいっていないのでは?
私は、当時知り合った某写真誌元編集長から、写真の学校には行かなくていいと言われ、和光大学という、変わった大学に行きました。
今でいう、リベラルアーツがフォトグラファーには必要で、技術は別のところで学びなさい。という事でした。
技術はアシスタントで学びました。


b0069507_21045352.jpg原宿の今週は春節モードです。
中国からの観光客で中国の街になりつつあります。
外を見ると、珍しく着物姿の若い女性が…
今頃、原宿でこんな派手な着物をきている若い女性は、観光客の皆さんです。
b0069507_21045356.jpg春節に合わせて、原宿はショッピングウイークです。
中国では、個人持ち込み外国製製品の数量規制が個人IDでしっかり管理されるようになり、以前のような爆買いしても、持ち込みができなくなったそうです。
去年も掲示された、この「旗」。
去年は、ハングルもあったと思うのですが、今年は中国語と英語に減りました。


by mash_boss | 2019-02-06 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
大変だ~ 2月4日(月) 6651
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03383163.jpg
今日は立春。
春です。でも春だというのに、写真関係者にとって肌寒い情報が…
今朝の日経流通新聞によると、カメラ映像機器工業会(CIPA)の発表で、2018年の全ての種類のデジタルカメラ出荷台数は2017年から22%も減った1942万台で、2019年は更に減って1690万台になる予想とか…
2014年から2018年の5年間で4000万台強から2000万台弱と半分以下になっています。
ついに、2018年のコンパクトデジタルカメラの出荷台数はミラーレスや一眼レフといった、レンズ交換式カメラの出荷台数を下回り、35%も減ったようです。完全にスマホに食われました。
2000年代初期に、たしか全世界のデジタルカメラ出荷台数が1億台に行くか?という年もあったような気がします。
その中でも、ミラーレスカメラのみ1.4%と微増です。
Nokon,Canon,の2大メーカーがミラーレスを発売する訳がわかります。
後数年で、現在の出荷台数の半分位になり、底を打つという予想もあるようです。
写真を写すショット数は伸びていますが、スマフォで写しているのです。
これから、いったいどうなるのでしょう。

b0069507_03383127.jpg話は全く異なり、これは河豚のヒレ?
原宿の日本料理屋さんの厨房のガラス窓に貼ってありました。
なんでも、今日のニュースでは今年の春節に来日する中国人観光客の最近のはやりは、日本で河豚を食べる事とスキーをする事だとか…
2016年に中国でも指定された処理で毒を抜いた河豚が解禁になり、食べられるようになったそうで、ふぐ料理店もでき始めています。
今は日本にも中国産河豚が輸入されて広く使われているそうですが、それでも河豚は日本で食べるのが本物だそうです。



by mash_boss | 2019-02-05 07:20 | カメラ | Trackback | Comments(0)
プリントセミナー無事終了です。 2月3日(日) 6650
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05373047.jpgヨドバシカメラ「フォトコンテスト応募のための作品づくりプリントセミナー」無事終了しました。
終了後、有志の皆さんとちょっと一杯。
皆さん、お疲れさまでした。

b0069507_05373078.jpg朝、10時30分に会場に行きました。
会場は、ヨドバシカメラ新宿西口本店の向かい側のビルの6Fです。
広~い!
b0069507_05373014.jpg昨年の各撮影会の入賞作品を掲示しました。
掲示作業中の愛新覚羅です。

b0069507_05372943.jpg13時30分に受付開始です。
b0069507_05373145.jpgセミナー中です。
遠くは、仙台、京都からもお越しいただき、ありがとうございました。(撮影:全日写連 神奈川県本部の神部さん)

b0069507_05373062.jpgプログラムは、私が1時間、休憩を挟んでCANONさん20分、EPSONさん20分、最後は質疑応答でした。
b0069507_05372911.jpg今回、セミナーの前に、プリント作業について色々お聞きし、プロとは違うキヤノンのDPPやプリントアプリの使い方をお教えいただいた、コンテスト上位入賞の常連、金井さんと打ち上げ記念撮影です。

セミナースタッフ、メーカーさん、お疲れ様でした。



by mash_boss | 2019-02-04 07:19 | イベント | Trackback | Comments(0)
準備完了 2月2日(土) 6650
更新を通知する
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02055101.jpg今日は、朝から明日のヨドバシカメラプリントセミナーの準備。
ギリギリにならないと、熱が入らないのは悪い癖です。
家から一歩も出なかったので、夜は近所のゴエモンでちょっと一杯。
まずは、鯵の骨せんべい。
パリパリに揚がっていて、絶品です。

今日は、カメラをOLYMPUS PEN F, レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROに変更。写りがオールドカメラとぜんぜん違います。
特にこのレンズは近寄れるので、料理撮影にはピッタリです。

プリントセミナーの詳細はココからどうぞ!

b0069507_02055076.jpg大きな骨せんべいの元は、この鯵フライ。
このお店のアジフライ。
アツアツで、大きくて、アジフライ弁当の鯵とは、これまたぜんぜん違います。
b0069507_02055146.jpg10秒レバーも最高。
でも、レバ嫌いの人には絶対食べられません。
思うに、レバ嫌いな人が、嫌いなところがレバ好きには美味しいのです。
b0069507_02065503.jpg久しぶりに、日本酒熱燗。
「ふふふ。」という小豆島のお酒です。
初めていただきました。

b0069507_02055081.jpg熱燗でいただきましたが、結構な辛口でした。
それと、結構色が濃いおさけです。

自宅に戻り、爆睡後、パワポの最終調整です。


by mash_boss | 2019-02-03 08:54 | イベント | Trackback | Comments(0)
店頭   2月1日(金) 6649
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_04234192.jpgこの前。お正月だと思ったら、もう2月です。
早いです!
2月3日(日)、プリントセミナーです。
今日、セミナーに使う、お店プリントをしにヨドバシカメラ新宿西口、プリント館に行きました。
自意識過剰でしょうか、こんな小さな写真でも、店頭で発見するとビックリします。

交番等に指名手配犯の写真が掲示されていますが、犯人はきっと恐怖だろうと思います。

プリントセミナーの詳細はココからどうぞ!
プリントセミナーの後、一杯やりませんか?
b0069507_04234228.jpg昨日から使っている10年前のデジタルだと充分オールドカメラ+14年前のデジタル時代のオールドレンズでの撮影です。
空の青が、OLYMPUSのブルーと違います。
赤が絵の具を塗ったように、ベターっとしています。(飽和しているのでしょうか?カメラのせい) 
b0069507_04234215.jpgこちらは、最広角の18mmで開放での撮影した、原宿・神宮橋方面です。
レンズの左側の画像の崩れ方が・・・
これは、きっと私が使っている間に、どこかにぶつけた結果でしょうか?
フレアーは、そんなにでも無いし(レンズの性能)、良い露出(カメラの性能)です。

やっぱり、デジカメとデジカメ用レンズは新しい方がいいですね。


by mash_boss | 2019-02-03 08:53 | イベント | Trackback | Comments(0)
古いカメラ 1月31日(木) 6648

b0069507_02213566.jpg
今日の午後は、2月3日のヨドバシカメラの「フォトコンテスト応募のための作品づくりプリントセミナー 」のパワーポイント作りでした。
慣れない作業なので、結構つかれます。プリント中に外を外を見たら、遂に雨が!…
東京で雨って、何日ぶりでしょう? これでインフルエンザ少しは収まるのでしょうか?

プリントセミナーの詳細はココからどうぞ!

b0069507_02214122.jpg毎日肩からぶらさげているカメラ、今日はちょっと古いカメラNikonD5000+TAMRON AF18-200mmF/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACROを引っ張りだしました。

D5000の発売は2009年の5月。
もう10年前のカメラです。
画素数はAPS-Cの1200万画素。今から見ると可愛いもんです。
対にしたレンズは2005年発売ですので、14年前のレンズになります。

最広角側画角75°です。


b0069507_02214793.jpgこちらは、最望遠側画角7.5°です。倍率約10倍、凄いです。TAMURONのWeb見たら、現在は18mm-400mm、倍率22.2倍なんて凄いレンズがありました。

1日使ってみて感じたのは、APS-C規格の一眼レフの光学ファインダー、小さいです。
ミラーレスの電気ファインダーの方が、ずっと見やすいです。

「デジタル時代のカメラとレンズは、新しいもの程良い」という、フォトグラファー桃井君の説が正しいというのを、実感です。



by mash_boss | 2019-02-01 07:09 | カメラ | Trackback | Comments(0)