<   2019年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
13年前の予想。 2月17日(日) 6664
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18461882.jpg「ケータイ売り場はデジカメ売り場でもある。」納得のコピーです。
これは、13年前の2006年のauのポスターのコピーです。
今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ撮影でした。
2006年~2012年のB全ポスターと社内中吊りポスターを複写しました。
その中で、一番納得させられたのが、このポスターのコピーです。
13年前に、今の状況を予想しています。コピーライター氏、炯眼です
この当時は、わずか320万画素だった画素数が、今や10倍以上の4000万画素カメラ付きのスマホやRawデーター撮影可能のスマホまで登場、13年前のコピーどおりになりました。
ちなみに、世界初のカメラ付き携帯は1999年9月に発売された、PHS携帯のVP-210で画素数は、わずか11万画素だったそうです。20年間で画素数は36倍強になりました。
これから先は、どうなるのでしょう?!

b0069507_18462924.jpgこんな実物が貼ってあるポスターもありました。
つくるの、手間もお金もかかったでしょう。
b0069507_18463709.jpg今日は、電車の中の中吊りも撮影しました。
東京の山手線の新型車両は、デジタルサイネージュが大幅に採用され、額面広告等の電車車両内の紙媒体は減っています。
これは、やがて全国の車両に普及していくでしょう。
その中で、中吊りは週刊誌などの広告媒体掲示用等として残りましたが、先の事はわかりません。
中吊り広告は貴重な広告資料になるかもしれません。



by mash_boss | 2019-02-18 07:09 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
初体験  2月16日(土) 6663

b0069507_00405954.jpg最近はまっている東京湾岸地域めぐり、今日は城南海浜公園に初めて行って来ました。
ここは、羽田空港から離着陸をする飛行機の撮影ポイント。
フォトグラファー仲間の小城君も相原さんも、ここで飛行機写していると思います。
ここまで来たのですから、私も飛行機撮影に初挑戦。
本日の使用機材はMkⅡでは無いOLYMPUS EM1とスバラシイM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROでした。
この写真は40mm(35mm換算80mm)です。
この時代のミラーレスのオートフォーカスは逆光に弱いので、ピーキング使用マニュアルフォーカスで撮影になりました。

大砲のようなレンズを持った飛行機写すフォトグラファーがたくさんいて、新参者の私、睨み付けられたら怖いな〜
なんて思いながら、恐る恐る撮影ポイントに行きました。
着いた時間が、昼過ぎだったせいか、フォトグラファーも疎らで、ノンビリしていました。
お一人だけ、Nikonの500mmまでのズームのフォトグラファーがいらっしゃいましたが、早々に引き上げていかれました。
皆さん、スマホを見ながらの撮影していたようなので、フライトレーダー24でも見ながら離陸する飛行機をまっているのでしょうか?
管制塔からの無線を聞きながら写している人は、見ませんでした。


b0069507_00585554.png城南島公園は、B滑走路とC滑走路を使って離着陸する飛行機しか写せません。
今まで、何回も羽田空港から飛行機にのっていますが、その殆どの札幌、福岡便はD滑走路が増えてからは、離陸はほとんどD滑走路、着陸はC滑走路というパターンが多く、Bからの離陸って記憶にありません。
という訳で、小一時間いましたが、C滑走路から離陸した飛行機は4〜5便だけでした。後半は、遠いD滑走路離陸、A,C滑走路着陸が殆どでした。

要は、風向きを確認しないと飛行機は写せないという事を勉強しました。
少し離れた、京浜島つばさ公園という公園も、飛行機撮影のポイントのようなので、次はそこでチャレンジ。
今日の体験で、福岡に行くたびに気になっている、滑走路に超近い福岡空港撮影ポイントで撮影したいと思いました。



by mash_boss | 2019-02-17 06:55 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
平成最後の… 2月15日(金) 6662
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06270822.jpg今日の東京は「平成最後の最高気温10℃以下の日」だそうです。
寒かったし、雪も少し舞いました。
こちらも、ヨドバシカメラ福岡撮影会の平成最後の審査をしました。
残すところは、年度賞の審査会。
それが済むと、私にとっての撮影会の1年が終わります。
そして、すぐに4月7日の京都・嵐山着物撮影会になり、新しい1年が始まります。

b0069507_07172762.jpg撮影会コンテストですが、応募していただく時に、注意する事がいくつか・・・
まずは、応募要項をよ~く、読んでください。
保険証の約款より、ズ~っと簡単で、短いです。
以下3つは、よくある事です。

その1)応募票は作品の裏面にしっかり貼ってほしいのですが、この作品は応募票の上辺だけにセロテープで付けてありました。
それも2Cm程の長さのテープなので、ちょっとした事で剥がれてしまいそうです。
要注意です。
もし、剥がれていたら審査対象になりません。
b0069507_07172659.jpgその2)こちらは、応募票のテープの糊がはみ出して、別の作品にくっついてしまっています。
この作品は、うまく剥がせましたが、時には傷つく事も・・・
作品を愛しましょう。
何点か応募なさる時は、できれば、作品と作品の間に紙を1枚挟んでください。
b0069507_07172653.jpgその3)これはアウト!です。
応募要項には「応募票は作品の裏面に貼ってください。」と書いてあります。
作品の表、左上にテープで付けてあります。
ルールを厳密に運用するとアウトで、審査対象になりません。
ヨドバシカメラコンテスト審査会のスタッフは、親切なので裏面に貼り直して、審査する私の前に置いてくれました。

この他には、作品と応募票を1点づつビニール袋に入れて、応募票が作品に貼ってないものもあります。
審査準備で、作品を袋から出すと応募票がヒラヒラとどこかに・・・ なんて事もあります。

以上の注意は、ヨドバシカメラのコンテストだけでは無く他のコンテストにも言える事です。

せっかくの応募作品、審査までのラスト1マイル・・・ 最後まで愛情を込めて扱ってください。
Be careful please!



by mash_boss | 2019-02-16 08:37 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
バレンタインのプレゼント? 2月14日(木) 6661
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18490981.jpg昔々、アメリカの禁酒法時代に「聖バレンタインデーの虐殺」と言われる、アル・カポネが絡んだギャングの抗争がありました。
今日のバレンタインデーは、カメラメーカーさんから、写真、いやカメラ大好きにたくさんのプレゼントが・・・

CANON,FUJI,PANASONICから、カメラとレンズの発表が・・・
少し前には、OLYMPUSもSONYも新製品を発表しました。

これって、カメラ欲しい人への一種のバレンタインデーの大虐殺です。
特にカメラを買う予定がなくても、カメラが欲しくなってしまいます。
買う予定がある人は、機種を決められなくなってしまいます。
私は、前者のほうです。
b0069507_02252808.jpg一方、去っていくものも・・・OLYMPUS PEN Fがマップカメラで生産終了扱いになったとデジカメinfoに載っていました。
(写真・上)

早速、Webを見たら「在庫限り(生産完了品)」になっていました。
私は、ブラックボディーを愛用しているのですが、噂によると次のモデルはまだ先のようです。
PENは、ある年代以上には、オリンパスのカメラの代名詞的なカメラです。
次世代モデル、お願いします。


b0069507_18493028.jpg世の中、もう春休み?
原宿のジャニーズショップの行列、どんどん長くなってきます。
なんだかんだと言っても、ジャニーズ事務所なんでしょうね~。
b0069507_18493075.jpg四谷ヒルズのクレーン、2つ揃って高くなりました。
いよいよ最終段階?


by mash_boss | 2019-02-15 08:08 | カメラ | Trackback | Comments(0)
どこまでいくんだろう? 2月13日(水) 6660
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_17315712.jpg凄いレンズが発表されました。
Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3です。35mmフルサイズ換算24mm〜400mmです。
望遠比16.6倍です。面積ですと、1番望遠の200mmで撮影すると。1番ワイド12mmで写した画面の1/275.56の面積の写真が撮れます。(ちょっと分かりにくいですか?)
私が昨年、殆ど毎日ぶら下げていたOlympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは凄い性能のレンズでしたが、新しいレンズはTV用のレンズみたいな望遠比です。
こういうレンズって、新しいガラスとスーパーコンピューターの計算があっての成果物なのでしょうか?
画質は実用上問題ないとしても、突き詰めればPROの名前が付く12mm〜100mmが上回っているのでしょうね。
でも、つべこべ言わず新しいレンズ、使ってみたい1本です。日常写真に腸望遠の世界が加わります。どんな世界が撮れるのでしょう。
この先、ズームレンズってどこまで、いくんでしょう?

b0069507_17305537.jpg本日、スタジオではアシスタントの今井君が新人アシスタント君(まだ未公開です。)のトレーニングを兼ねて機材整備。
これは、35mmスティル系の機材達、カメラ・レンズ類です。
この他には、動画系のSONY、中判カメラのMamiya RZ+レンズ,PHASE ONE 645DF+レンズ ,ビューカメラLinhof M679CCと専用レンズ3本,そしてデジタルバックのleaf3300万画素、Phaseone 8000万画素等があります。
広告系のフォトグラファーのアシスタントは、これらの機材の使い方等を覚える必要があります。
Capture1とPhotoshopも必須科目です。
思うに、フィルム時代のアシスタントより、デジタルになった今は機材面では覚える事が多いようです。

誰だ! 初期の頃、デジタルになれば撮影簡単になります。なんていう戯言(ざれごと)を言ったフォトグラファーは!
確かに、一面ではそうですが、トータルではデジタルカメラ、写真は、フィルムのそれより、遥かに奥が深いです。

2000年にデジタル元年(コンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの出荷比率が50:50になった年)を迎えてから19年。
普通の人が買うカメラも、スマホのカメラ機能も、フィルムカメラより、単純な撮影なら簡単になりました。でも、できる事がたくさんあって(複雑になって)、使わない、使いこなせない機能もたくさんあります。
つまり、簡単ではなくなりました。
「デジタルだから、写真は簡単に写せます。撮影コストも安くなります。」と先人がミスリードしたおかげで、今を生きるフォトグラファーは苦しんでいるのです。

b0069507_17305551.jpg建築中の四谷ヒルズです。
上層階は、まだ組み立て中ですが、下の方では貼り終わった外壁パネルのガラス掃除をしていました。
窓掃除用のゴンドラは使えないので、ロープ1本の職人技で清掃していました。



by mash_boss | 2019-02-14 07:18 | 機材 | Trackback | Comments(0)
フォローフォーカス 2月12日(火) 6659
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_18215551.jpg今日の池嶋チームは、商品撮影ですが、Movieも撮影します。
SONYα7RⅡ+SIGMAMc11+CANON+EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM+フォローフォーカスで撮影です。
三脚も雲台も、Movie用です。

フォローフォーカス付けると、何かプロっぽくなりますね〜


b0069507_18215527.jpg
定点撮影・四谷ヒルズです。
いよいよ最終段階に入る為に、クレーンが高くなりました。
今日は、もう一基のクレーンを高くする工事をしていました。



by mash_boss | 2019-02-13 07:45 | カメラ | Trackback | Comments(0)
東京湾岸。 2月11日(月・祝) 6658


b0069507_22422288.jpg最近ハマっているのは、休日に東京湾岸地域を車で走る事。
どんどん、変化していくのを見て驚き、面白いと思った時に写真を写すのが楽しいのです。
大学生やアシスタント時代、親父の車を借りだして、東京湾岸を走り回った事がありました。
その頃に比べて、東京湾の埋め立て地面積は3倍位になっている気がします。
休日の湾岸地域の道は空いているし、道路は広いし、車で走るのは快適です。
でも、道が空いてて広いからといって、スピード注意です。法の番人白バイさんが、結構います。
今日も、大型トレーラートラックが捕まっているのをみました。
さて、今日の写真は2020東京オリンピック選手村の真ん中から、晴海の交差点方面を撮影したものです。
この場所は、55年前にも晴海国際展示場として、東京モーターショー等が開かれていた、比較的古い埋め立て地です。
この道は晴海の客船ターミナルからの帰り道です。選手村の工事進捗状況によって、その道が変わるのです。
先月来た時は、この道は通れなく別の道を通っていましたが、今は、先月の道は通れなくなっています。
選手村が完成したら、この道は通れなくなり、オリンピック終了後は、分譲マンションになるので、その工事が終わるまでは通れなくなるでしょう。
という訳で、工事中に撮ったこの写真、将来記録写真になるでしょう。(こんな写真、写している人少ないです。)
写真は、写して残しておくと、後世に写した時には思いもつかなかった情報を写真から読み取る人がいて、役にたつ事も・・・ 皆さん、デジタルの彼方に行かないように、写真、残してください。


b0069507_00062395.jpg現在の東京の風景は、昨日見た田沼さんの写真展の70年~55年前の写真からすると、とんでも無い変わり方です。その象徴が今日走った地域。
田沼さんの頃は、まだ海だった場所です。
地図の黒い楕円形部分です。
地図には載っていませんが、埋め立て地と埋め立て地を繋ぐトンネルや橋もできています。
左の地図は1947年の地図です。海、広いです。
(左の地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。)
左の画像の出展先は、今日見つけた「今昔マップ on the web」です。
地図で昔と今が比較できます。とても、面白いです。
霞んでしまった記憶が、甦ってきます。


by mash_boss | 2019-02-12 07:07 | | Trackback | Comments(0)
優しい写真たち。 2月10日(日) 6657 
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_21233878.jpg今日の午後は、外回り。
世田谷美術館で、昨日から始まった「田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964」を拝見しました。
イヤ~ いいですね~!
この写真展中に90才・卒寿になる、前JPS会長、今でも現役の田沼さんの写真展、金曜日に見た2つの写真展と異なり、素朴な写真展です。
これが日本?と思ってしまう、どこかの難民キャンプの子供と思う位の様子の子供達が、たくさん写っていますが、どの子供達も、元気でイキイキして、可愛くて、太った子なんていません。
子供達や下町を見る田沼さんの目が優しくて、それでいて興味津々なのがわかります。
気持ちが和む写真展です。
併設で展示されている、世田谷区に住んでいた、水上勉、遠藤周作、岡本太郎等の文化人のポートレート写真展も、見ごたえがあります。
会期は4月14日まで、平成から次の元号にまたがる、昭和の写真展です。
是非、ご覧になってください。
※掲載した写真は展覧会Webサイトからの転載です。
b0069507_21233677.jpg世田谷美術館の前では、女の子達が遊んでいました。
田沼さんだったら、どう写すでしょう。
でも、色々とうるさくなった現在、オジサンが、街角で子供にカメラを向けるだけで、子供は逃げるかもしれないし、親は怒るだろうし、フォトグラファーは写すことさへ自粛してしまう・・・

こうなったのは「個人情報保護法」のせい、と思うのは極論でしょうね。
もうこれから先は、田沼さんのような、町の子供達の写真展は、開催できなく、されなくなるのでしょうか?
b0069507_21344030.jpg入口です。ここから先は、撮影禁止です。
スマホのおかげ?で、写真展では会場や展示している写真を、どの写真展でも写していいと思っている人がたくさんいます。
何とか保護法で、町の人々は写せなくなり、スマホでルールは破られていく・・・

何かおかしい・・・


b0069507_21233768.jpgここは、フォトスポット、記念撮影を写す場所です。
「SNSアップも大歓迎です!」と書いてありました。

b0069507_21233726.jpg世田谷美術館は、砧公園の隣です。砧公園を挟んで専用駐車場があります。
美術展の半券、レストラン等のレシートと検印があれば、駐車可です。
砧公園、広いです。
私が最初に行ったのは、長友さんのアシスタントをしている時でした。
タレントさんを連れてのロケでした。
東京にもこんな広い場所があるんだとびっくりしました。
もともとは「紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地が前身である砧公園は、戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていました。」との事です。どうりで、平たくなくアンジュレーションがあるのが、代々木公園と違い、よりイイ感じな撮影場所になるのです。

b0069507_21233720.jpg写真展に行く前に、いつもの横浜・都筑区のオートプライドでオイルとフィルターを交換しました。
オートプライドも今日は半休体制でDr.蟹沢とメカニック1名体制です。
実は今日、スタジオを出る時、スターターは回るものの、エンジンは始動しませんでした。
丁度、燃料ポンプが壊れた時のような感じです。イヤ~な予感です。
2~3回、同じ動作を繰り返し、これでエンジンがかからなかったら、レッカーかと暗い気持ちになった時にエンジンかかりました。
警告灯点灯は無し。
オイル交換ついでに、テスターで見てもらいましたが、異常な記録はありませんでした。
Dr.蟹沢曰く、こういう事は、起こりにくい車なので、何かおかしな事があったら連絡ください。となりました。

b0069507_21233723.jpg本日の〆は、国立競技場前のホープ軒のワンタンメン、ワンタンWです。
今年最初のホープ軒です。
時間によっては、ワンタンが食べられない事もあるので、ホープ軒のワンタン好きとしては、今日は大満足です。
本日の夜は、誰にも会わないし明日は休みだし、ニンニクを多めに入れました。それに豆板醤も少し入れて、最後の方にお酢を入れて食べると、口のなかがスッキリします。
ホープ軒ラーメン、どうしても止められないソウルフードです。


by mash_boss | 2019-02-11 07:32 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
カメラが欲しい!  2月9日(土) 6656
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_08363336.jpg今日は、雪の予報が半分外れた寒い東京でした。

さて、何故か、最近カメラが欲しくてたまりません。
デジカメinfoを毎日欠かさず見ているからでしょうか?
仕事のカメラは、アシスタント時代から、フリー、そして会社組織になってもCANON F1から、New F1,AE-1,A-1,D30,D60,
5D,5D MkⅡ,MkⅢ,MkⅣ,5DsとズーツとCanonです。
一方、肩から毎日ぶら下げるカメラは、別のカメラにしたいのです。
ON(仕事の広告系撮影)とOFF(撮影会や作品撮影)を切り替えたいのです。
ONの撮影はADやクライアントさんとの完全共同作業、OFFの場合は、共同作業ではなく、私個人の判断でできるのです。
不思議に、カメラを変えれば気分が変わります。スイッチを切り替わります。
昔、故・藤井秀樹さんの撮影後のスタジオに入った事があります。
仕事の後だったのか、作品撮りの後だったかは不明ですが、いろんな種類のカメラが、スタジオにありました。
旧知のアシスタント君曰く、撮影の直前にカメラを決めるのだそうです。
わかります。その気持ち。でもアシスタント君は、大変だったでしょう。
フィルム時代は、撮影目的によって、フィルムサイズが限定されてしまうので、自ずと使用カメラが変わりました。
デジタルの今は、フィルムサイズにすると35㎜から8x10くらいまで、1台のカメラでOKです。
気分を変えるには、メーカーを変えるしかないのです。
今日掲載の写真は、今年すでに発表されたか、あるいはすぐに発表されるであろうカメラです。
2019年になって、2か月たっていないのにもう5機種です。
CP+に向かってまっしぐらです。物欲、いやカメラ欲、ほっといても、そそられます。
という訳で、欲しいカメラの条件は

・写りが良いこと。
・センサーのおおきさは、気にしないこと。
・高感度ノイズの少ないこと。
・レンズが交換できること。
・レンズは35mm換算、1本で24mm~200mm位のズームが使えること。
・電池の持ちが良い事。
・大きすぎないこと。
・小さすぎないこと。
・肩からぶら下げていても、ダイヤル等が動かないこと。
・肩からぶら下げていても、付属品が落ちないこと。
・丈夫なこと。
・連写機能は適度なこと。
・動画機能も適度なこと。
・お値段も適度なこと。
・雨にも負けず、風にも負けず…。
そういうカメラを、私は欲しい。


by mash_boss | 2019-02-10 08:47 | カメラ | Trackback | Comments(1)
削除警告!  2月8日(金)6655 
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06080270.jpg
今日は、写真の多様性を確認する2つの写真展御紹介です。
最初は、六本木で今日から始まった山縣勉写真展「観察 SURVEILLANCE」です。
山縣君は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員として一緒に活動しているフォトグラファーです。
JPSのなかでも、少ないArt系のフォトグラファー、シリアスフォトグラファーです。

「彼女たちに興味を持ったのは、きっと自分が年をとったせいなのだろう。多くの20歳代の女性から感じる不可解な冷淡さと、同時にもつ大胆さ。彼女たちを覗いてみたい、解き明かしたいという欲望は、こうした方法を私にとらせた。」

ちなみに、写真展紹介のために、写真展プレスレリースから数点の写真を構成し、アップしようとしたら「削除警告」が出ました。
初めての経験です。

「観察 SURVEILLANCE」は、実は写真集を見るべき写真展なのです。



b0069507_06081466.jpg「こうした方法」とはこれです。
動物等の生態を写す、赤外線カメラです。
動きを感知すると、自動的にシャッターが切れます。
フラッシュも赤外線なので、被写体はいつ写されているか、気が付きません。

「趣旨を説明し、動体を検知すると自動的に撮影する赤外線監視カメラを女性たちに預けた。操作が不要で、音や光を発することなく撮影し、画像を確認する機能はない。
彼女たちは自分の部屋でカメラを前に動き回った。
撮影者はいない。
カ メラを回収するとき、彼女たちは私以上に撮られた写真に興味津々だった。
まるで他人を覗き見るかのように。」


b0069507_06082022.jpg山縣君です。
経歴は​慶応義塾大学法学部法律学科卒業し、某大手企業に就職。その後フリーのフォトグラファーになったという、異色な経歴です。

生態観察のようなこの写真展。
改めて、女性という生物と男性という生物は違うな~ と感じます。
女性心理の奥深さ、不可解さは永遠の謎です。

男は、自分の部屋にカメラを据えて自動撮影、それを発表される。なんて事は思いもつきません。
女性写真家は、20代の男に同じような発想をするのでしょうか。
男と女の間には
深くて暗い川がある
誰も渡れぬ川なれど
エンヤコラ今夜も船を出す
(黒の舟歌 作詞能吉利人)

写真展詳細はココからどうぞ!


b0069507_06083008.jpgさて、こちらはフォトグラファー レスリー・キーさんとディレクター井上嗣也さん、有名タレントとのコラボ写真展「Bookish」のオープニングレセプションにです。
会場は、銀座のライカギャラリー東京です。

こちらは、とてもわかり易い写真展です。


b0069507_06083598.jpg
カッコイイ写真の写真展です。

見終わった後、家に帰り何故か、写真家新正卓を思い描いていました。
新正さんは「河を渡った。」といって、コマーシャルフォトから写真表現者に変わりました。
新正さんは、1970年代の日本の広告写真状況を「70年代の職業写真家時代の僕を取り巻く環境は、金髪で碧い眼、八頭身のマヌカンにすべての広告界が主体性なく傾斜した時代で、流行の上澄みというか、風俗の先端に立つためのいじましい努力、そんなことに辟易としはじめた自分自身への悶えみたいなものからの脱却を意識していました。」
この頃、アシスタントをしていた私は、実感としてわかります。
今、デジタルで写真が写しやすく、メディアの種類も増えました。でも、エディトリアル、広告系のフォトグラファーの職業としての寿命は短くなったように思います。経済状況は新正さんの頃より、遥かに悪くなっています。現在を生きるコマーシャルフォトグラファーは、いつ河を渡るのでしょうか?

レスリー・キー写真展詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2019-02-09 09:12 | 写真展 | Trackback | Comments(0)