<   2018年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
世界のハイエースが・・・ 1月30日(火) 6303
人気ブログランキングに参加中です。

世界のハイエースが壊れました。
11年で8万Km走行と距離は走っていません。2.5L のディーゼルです。
ウォーターポンプの故障でオーバーヒートしました。
オーバーヒートの影響で、シリンダーヘッドの変形が疑われ、修理のステップとしては、冷却水が回るようにするまでに¥170,000+工期1週間。その修理後にエンジンを回して、シリンダーヘッドの調査をし、そこでさらに修理の必要があれば修理費¥400,000+工期2週間程度との事。
これまでの整備は全てディーラーに出していました。ディラー整備は時間は短いですが、ちゃんと整備しているのでしょうか、疑問がわいてきます。
運転していたのが、車に興味無いアシスタント君で、走行中に水温計なんて見ていなかったろうし、お尻の下(エンジンは文字通り運転席の下です。)から、水蒸気が出てきて驚いたようです。そこで、止まっていればまだ良かったのですが、スタジオまで少しですが走ってきてしまったようです。
当然ディーラーからは、買い換えの話も出ています。
そもそも、この車はあまりついていません。
b0069507_07013513.jpg購入したのは、カローラ店。
カローラ店ではハイエースを扱っていないのですが、タウンエースから先代ハイエースに乗り換える時に、当時の営業がカローラ店ですが、どうにかするとの事でその店でハイエースに代えました。
その後、今のハイエースに代える時のカローラの営業が、リースアップの時は¥100,000,-で買い取れるようにするとの約束でハイエースを注文。それが途中からすみません、レジアスエースにしてください。車名のバッジはハイエースに代えます。との事で今の車が納車されました。
5年リースが終了した時に、納車時のセールスは辞めていて、約束の¥100,000,-では買い取れないとなり、色々あって¥100,000,-ではありませんでしたが、ディーラー提示額よりかなり低い価格で買い取れました。
故障履歴は、4年程前にカーナビのタッチパネルが鈍感になり車検の時に修理を頼んだらカーナビメーカーに送るので2週間位の修理期間がかかるというので、修理はやめてポータブルカーナビにチェンジ。
昨年には、低回転時にエンジンが異常に振動するので、点検にだしたら燃料噴射ノズルの4本中の1本が詰まっていて、結構な金額で修理しました。
そして、今回です。
先代の4WDのハイエースは故障知らずだったのに・・・
さらに、今回の買い換え話しにセールス君は、ハイエースを使っているのがわかっているのに、カローラ店扱いのハイブリッドバンを勧めてきます。こっちは、大きさが重要だというのに、まったくもう・・・
というわけで、カローラ店のマネージャーから、ハイエースを扱っているトヨペット店を紹介してもらいました。ねじれ解消です。
今回は、ハイエースオンリーでは無く、ニッサンキャラバンとの相見積もりです。
11年前は、キャラバンは全く頭に浮かびませんでした。
ところが、今回はハイエースを管理している担当者がキャラバンも考えるようになりました。
これは、私も影響されましたが、最近頻繁に流されている、キャラバンの安全性を強調するCMに影響だと思います。
CMの効果大です。
両車のカタログを見比べると面白いです。
細かなところで色々違いますし、当然ですがカタログの作り方も違います。
大きく違うのは、トヨタのオートマは6段ですが、ニッサンは5段です。
追突防止は両車とも付いてす。
レーンキーピング、アラウンドモニター等はニッサンの方が豊富です。
トヨタもニッサンも、ディーゼルよりガソリンを勧めます。
どうも、ディーゼル排気ガス対策で、今後のディーゼルには、ベンツのディーゼルのように尿素を触媒として使う事にあるようです。
また、MASHのように、走行距離が少ない場合はディーゼル車とガソリン車の価格差を、燃料代の価格差で割るとガソリン車の方が得なのです。
さて、ハイエースかキャラバンか、どちらに決めるか興味津々です。
車好きの私としては、ハイエース、キャラバン等は卒業して、いっそルノーのカングーの派手な色とかベンツ商用車にしたほうが、写真事務所としてはオシャレでいいと思うのですが、理解してもらえそうにはありません。


by mash_boss | 2018-01-31 07:30 | | Trackback | Comments(0)
撮春?! 1月29日(月) 6302 
人気ブログランキングに参加中です。

b0069507_02472034.jpg
「球春」なんていう活字がスポーツ新聞に踊る季節が近づきましたが、ヨドバシカメラ撮影会の春も動き出しました。
いよいよ、2018年のペナントレースならぬ撮影会シーズンインです。
年度賞目指してスタートです。
先ず最初は、今年はじめて実施するの京都嵐山撮影会~着物モデル散策撮影~です。
いつもの大撮影会とは異なり人数も100人限定、レストラン嵐山での昼食付き撮影会です。
春の京都を散策しながら、ゆっくり撮影しましょう。

以下は、現在決まっているヨドバシカメラ撮影会です。

5月27日(日)大阪万博記念公園モデル撮影会。
6月10日(日)としまえんモデル撮影会。(関東)
8月19日(日)北海道開拓の村モデル撮影会。

この他、例年通り東北、名古屋、京都、九州、東京・秋と開催予定です。
今年は、もう1回撮影会が増えるかも…
各地の会場日程が決まりしだい、お知らせします。
みなさん、撮影会でお会いしましょう!

人気ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いいたします。


by mash_boss | 2018-01-30 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
秘め事・・・  1月28日(日) 6301
人気ブログランキングに参加中です。

b0069507_03001546.jpgこの頃あらためて思う事、「写真はデジタルになって簡単になった、お金がかからなくなったって嘘だよな〜。」
フィルムと現像代はかからなくなったけど、それ以外はお金はかかるし、技術的に奥が深いというか難しくなっています。
「美は細部に宿る」と言いますが、細部にこだわりだすと、僅かな差を埋めるというか縮めるのに、デジタル写真はえらくお金がかかります。
「簡単になった」というのも、写るんですとスマホ、どっちがいつでもどこでも簡単に写るかといえばスマホですが、その程度、せいぜい35mmフィルムを使っていた写真の領域まで。
もっと進むとそうは行きません。
「写真で食べて行く」、入り口は簡単になったけど、続けるのは大変だと再認識する今日この頃です。

今日の写真、2000年代のはじめに写しました。
ハッセルブラッドにプラナー120mmを付けて、フィルムはフジのFP100です。そうテスト撮影のインスタント写真です。
この後、赤い靴にピントをちゃんと合わせて撮影しました。
本番のフィルムの方は、それなりに写っていましたが、このテスト写真の方が気になっったのでしょう、スキャンして残してありました。
露出を決めて、フレーム決めてポラ(テスト)を引く。(写す) 1分まって剥がす時のドキドキ感ってデジタルでは味わえません。
このドキドキ感って「写真を写す作業」に、精神的影響を与えていたと思うのです。
そもそもフィルム時代、誰でもが写せる訳では無かったスタジオ写真、ライティングをしてポラを何枚か写し、最終ポラを依頼者に見せるまでの作業は「秘め事」だったのに、デジタルになってそれが白日の下に・・・
そこから、写真は呪術の世界から理屈(数字)の世界になりました。良い事なのか、あまり良くなかった事なのかは、もう少し時間がたたないとわかりません。


by mash_boss | 2018-01-29 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
氷が張った~!!  1月27日(土) 6300
人気ブログランキングに参加中です。

b0069507_04495060.jpg
今朝のJR市ヶ谷駅そばのお濠です。
お濠の半分程に氷が張りました。
市ヶ谷にスタジオを移して18年。初めてです。
40数年ぶりの-4℃、30数年ぶりの3日連続最低気温氷点下とのニュースが流れましたが、納得です。
左に見慣れぬ鳥が1羽見えます。素人目にはカモメのように見えるのですが…

b0069507_05024457.jpg
ベンツのエアサスの調子を見るためにちょっとドライブ。調子にのって走って久しぶりの軽井沢。
昼は久しぶりの川上庵。
蕎麦もですが、一品料理が旨いです。
厚揚げと山芋の揚げ出しです。
美味しくて写し忘れましたが、今日は鴨のたたきが美味でした。
宿泊だったら、そば焼酎の蕎麦湯割でも飲んで、車は代行を頼むという手もあるのですが、今日はそうも行かず、ノンアルコールビールで我慢でした。
軽井沢の蕎麦といえば、創業明治3年の、かぎもと屋の蕎麦の方が蕎麦らしいのですが、一品料理の差で、ちょっと御無沙汰しています。
次回は、男子旅でかぎもと屋に行くぞ!

b0069507_05533251.jpgスタジオに戻ったら、リンホフM679CCが裸状態でスタンドの上に載っていました。
精密機械工学の成せる技の可動部分です。
寸部も違わずスムーズに動き、ロックはしなやかに締まります。
こういう機械に触ると、高くてもしょうがないな~っと思ってしまいます。



by mash_boss | 2018-01-28 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
心配事… 1月26日(金) 6299


b0069507_01231295.jpg
昨日の朝です。
ロケに行く途中の飯島から、ベンツがこんな警告を出したので、PAで一旦エンジンを切って、再スタートさせたら、アラームが消えたと連絡が入りました。
エアサスだ~!
ベンツEクラスワゴン、124,210は普通のサスペンション+油圧のレベライザーという組み合わせだったのですが、212はエアサスペンションに変わってしまいました。
エアサスの方が、電子制御し易いのかもしれませんが、怖いのは故障の確率と長く乗った時のコスト…
普通のサスが良いと思うのですが、Eクラスワゴンはエアサス仕様しかないので、ノーチョイスです。
何か異常があったらレッカー頼んで と指示しましたが無事に帰ってきました。

b0069507_01503124.jpg
という訳で、朝一に横浜のオートプライドに駆け込みました。
お世話になっている蟹沢さんにPC診断をしてもらいました。
PCからの指示でコンプレッサーを色々動かしたりしましたが、結果は問題は見つかりませんでした。
MASHの駐車場は、坂になっていて斜め右後輪に車重がかかってしまいます。
見ていると、右後輪サスペンションの空気が漏れているのではと心配になり、車検の時に見てもらったら異常は無く、センサーだと思うのですがキャリブレーションを取りなおしました。
やっぱり坂と、雪と寒さが原因なのでしょうか?
今日の横浜往復の時も、警告は出ませんでした。しばらく様子を見るしかありません。
でも、サスペンションの修理費は覚悟しました。

さて、蟹沢さんの後ろの車はベントレーですが、同じような車格のロールスロイス。
数千万円の新車では、年間の維持費は200万円位かかると、どこかで読みました。
保険なんかの費用も入っているとは思いますが、凄いでね。

b0069507_02413043.jpg
話は変わりますが、本日の市ヶ谷のお濠の桜の蕾です。
もうすぐ、春です。






by mash_boss | 2018-01-27 07:35 | | Trackback | Comments(0)
弘法筆を選ぶ…? 1月25日(木) 6298

b0069507_04324730.jpg
カナダから新しい機材が到着しました。
リンホフM679CCカメラとレンズとシャッターです。
Netにカナダのフォトグラファーが出品していたものを購入しました。
レンズが写っていますが、これは撮影用ではなく、ピンと合わせようのルーペです。
かぶりが必要なく、それでいて煽った時に隅々まで覗けるように蛇腹で遮光をしています。
今日使用しているデジタルバックは、8000万画素のフェーズワンIQ180です。
b0069507_04344884.jpgカメラはリンホフM679CC
フィルムの6x9サイズ用のビューカメラです。
これまで使用していた、ジナーPは元々はフィルムの4x5用のカメラなので、デジタルバックを付けて撮影するのはちょっと大きくて、取り回しが不便でした。
このカメラはM679の2世代めのカメラで、前板のアオリはティルトとスイングはできますが、ライズとシフトはできません。後ろは全てのアオリが可能です。

b0069507_05032299.jpg
シャッターは、ローライの電気シャッターです。
手元で、シャッタースピード変更、絞り変更、ブランケット撮影等ができます。
ビューカメラを使った事がある方にはおわかりいただけると思いますが、これはアシスタント1人分の働きをします。
それだけでなく、小物を撮影している時や、ギリギリのライティングをしている時に、シャッターチャージや絞りの調整ようのスペースを考える必要がないので、より良い写真が撮れます。

b0069507_05154434.jpg
レンズはシュナイダーが4本です。
これまでは、今日の撮影では4x5用のN社製75mmをつかっていたのですが、小さいサイズ用に設計されたレンズで写してみてビックリ!
例えば、商品にプリントされたロゴのエッジのシャープさは全く違います。もう、元へは戻れません。
「弘法筆を選ばず」と言いますが、これはアナログ時代の事や、あるレベルまでの事でデジタルやハイレベルで紙一重の差を争う現場ではそうも行かないと実感です。
さて、この「筆」のお値段ですが、¥900,000,-でした。全部新品だと¥5,000,000,-位になってしまいます。

b0069507_05480768.jpg
夜は、今年最後の新年会。
気のおけない仲間とワイワイガヤガヤ… 日本酒美味かった〜!!

b0069507_05505433.jpg会場前の歩道にも雪だるまがありました。通りがかった人が、スマホでパチリ。雪だるま、みんな好きなんです。
b0069507_05540968.jpg
雪は大人を子供にします。
銀座通りでは、それなりの年齢の酔客が雪で遊んでいました。

b0069507_05571865.jpg
こちらは、昼前の市谷・防衛省の崖下でです。北側の歩道はカチカチに凍って一向に溶ける気配はありません。
2人が除雪作業をしていましたが、歯が立たないようでした。
東京の今朝は、48年ぶりのさむさでした。

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2018-01-26 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
世界で・・・ 1月24日(水) 6297

b0069507_05464621.jpg
このセット、ボトル1本を撮影するためのセットです。
池嶋君の撮影セットです。
具体的には言えませんが、このボトルを撮影できるフォトグラファーは、世界で20人もいないかもしれません。クライアントさんは、日本の企業ではありません。
外国の企業は、外国人モデル撮影を東京在住のフォトグラファーに任せる道理は全く無く、モデルの質も量も東京より豊富なニューヨークやロンドンで、モデルとコミュニケーション(意味おわかりですよね。)ができるフォトグラファーに撮影を依頼します。
商品撮影は違います。
商品撮影、地味ですが、日本人フォトグラファーの腕が、世界に発揮できる分野なのです。
Netが発達した現在は、地理上の国境は関係無く仕事は飛び回ります。
必要なのは「腕」なのです。私の時代、フォトグラファーに要求されるのは、レンズ前の「腕」だけでしたが、今はレンズ前と後、画像処理を深く理解する「腕」も必要です。
デジタルになり、スマホが普及し写真は簡単に写せるようになりました。
ハイレベルの撮影は「世界」と身近になりましたが、レンズ後の腕がなければ通用しません。
いずれにせよ、フィルム撮影の時代には、外国の企業のメインビジュアルを東京で撮影するなんて夢物語でしたが、デジタルとネットで夢ではなくなりましたが、世界が認める腕が必須です。
それに、世界を知っているレップと、多少の言葉もね。・・・

b0069507_05471213.jpg
最新原宿情報です。
JR原宿駅、表参道口にマツキヨがオープンしました。調剤薬局部門は2月1日オープンです。
ここは、1Fは手頃な価格の貴金属アクセサリーショップで昨年後半まで営業していました。
2,3Fは昨年6月までDocomo原宿店が入っていました。
次はどんなお店が入るのかな〜 と思っていたらマツキヨでした。
便利にはなりますが、マツキヨの派手な外観は原宿には似合わないと心配していたら、他の店舗より地味でした。よかった〜。
表参道商店街には結構厳しい規制があるのかもしれません。




by mash_boss | 2018-01-25 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
次の日 1月23日(火)  6296

b0069507_02195317.jpg雪の命は儚くて・・・
東京の雪の寿命は短いのです。
昨日、東京を美しくカバーしてくれた雪ですが、次の日は溶け出したり、車で惹かれたりで無残な姿になってしまいます。
とはいえ、場所によっては柔らかく残っていて、靴がこんなに埋まってしまいました。
今日のファーストステップです。

b0069507_02252123.jpgメインの道から一本裏に入れば、こんな状態です。
雪だるまが、通勤の人を見送ります。
こんな大きな雪だるま、大人がつくったのでしょう。
雪は大人を子供に帰します。

b0069507_02282582.jpg現実に戻り、電車は遅れていました。
なんと、47分遅れ・・・
こんでるんだろうな〜 ヤレヤレ。

b0069507_02301768.jpg覚悟を決めて乗り込んだ地下鉄は、こんな状態。
こんな空いている通勤は初めてです。
最初から最後まで座れました。

b0069507_02322062.jpg都心のスタジオ近くの歩道は、もうこんな感じです。
靴は濡れるし、滑るし・・・ 
慎重に歩かなければ・・・

b0069507_02342815.jpg都心でも日陰ではこんな状態です。
親子が雪かきをしているのを、雪だるまが見ています。

b0069507_02362294.jpg昨日、雪で霞んでいた防衛省も今日はクッキり見えます。

b0069507_02374452.jpgバス亭にも雪だるま。
東京の人は雪だるま好きなんですね。

b0069507_02391159.jpg表参道のアップルストアでは、屋根の雪下ろし中でした。
歩道に落とす雪が、飛び散って歩いている人にかからないように、気をつかいます。

b0069507_02412271.jpg夜の表参道では、おねえさま達が雪遊び。
表参道、やっぱり不思議です。

b0069507_02431594.jpg自宅近くの家の玄関にも雪だるま。

b0069507_02441486.jpgこちらは、近くの幼稚園の園庭の雪だるま。
昼間は、子供達大はしゃぎだったのでしょう。目に浮かびます。

東京の雪の次の日でした。



by mash_boss | 2018-01-24 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
雪は降る・・・ Tombe la neige・・・ 1月22日(月) 6295

b0069507_02033942.jpg東京に大雪警報が出ました。
天気予報どおり、昼過ぎから雪が降り始めました。
雨が雪に変わるのでは無く、最初から雪が降り出しました。
16時過ぎの明治神宮境内です。
神宮の森は、墨絵の世界に変わりました。
b0069507_02042590.jpg14時少し過ぎの市谷・防衛省です。
このところ、何かと緊張状態を強いられている防衛省も雪のベールの向こうに霞ます。
b0069507_02045216.jpg16時前の原宿、神宮橋です。
アジアからの観光客は、記念撮影に夢中です。
b0069507_02052206.jpg度々登場する、事務所の前のJR原宿駅前です。
19時過ぎにはご覧のような状態に。
いつもは、ライトアップを楽しめるDocomo新宿エンパイアステート擬きビルも見えません。
雪が降るとわかるのは、東京は意外と坂が多い事です。
そういえば、事務所の前も坂の途中です。
信号待ちからのスタートでは立ち往生する車も・・・
ベンツもBMWもポルシェも関係有りません。
雪道はスタッドレスやチェーンを装備している車が強いのです。
b0069507_02060269.jpg神宮橋から青山方面への表参道です。
一ヶ月前はイルミネーションに輝いていた表参道も、今日は雪に霞みます。
b0069507_02062265.jpg観光客のトランクも雪には弱そうです。
南国からの観光客は雪に喜びつつも寒そうでした。
b0069507_02071966.jpgいつも、人が溢れる竹下通りも、さすがに今日はご覧のように、人もまばらです。
早じまいしたお店も多いようです。
b0069507_02073890.jpg
働く人の帰宅は大変です。
JR原宿駅も電車が遅れ、駅構内へは入場制限がでました。
4年振りに、東京都心部で積雪20Cmを超え23Cmでした。
雪国の人からみると「20cm位で・・・」と思うでしょうが、東京にとっては「大雪」なのです。
怖いのは、明日の朝。
高速道路や電車、バスの交通機関は混乱必至です。
雪で滑って転ぶのも、雪当日より次の日が多いようです。
明日は、いつもよりゆっくり、そして大地に足をつけて歩きます。



by mash_boss | 2018-01-23 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
鬼の霍乱 1月21日(日) 6294

鬼の霍乱・・・??
フリーのフォトグラファーになったら風邪は引かない・・・!!
フリーの仕事や、その人しかできない仕事で一番やってはいけない事は病欠です。
「休んだら仕事が無くなるのでは?」という恐れる心はとても強いのです。
だから、28才でフリーのフォトグラファーになったときに「風邪は引かない」と決めました。
根拠はありません。自分で決めたのです。
もちろん、アシスタントの時代も病欠したら、仕事に迷惑をかけるので病気なんかしませんでした。
でも、最近は年をとったのか、気が緩んでいるのか風邪気味になる事も多くなりました。
私のような事を言うと、若い人から「精神主義」、今はそんんなの流行らないといわれますが、昨年103才亡くなった聖路加病院の日野原先生を以前に撮影した時に「病は気からというのはありますか?」お聞きしたら、「そんなの当たり前」と即答でした。
先週後半3日間、飲み会、オープンニング、賀詞交換会、土曜はアーカイブ撮影と続いたので、今日は完全OFFにしました。でも、風邪気味というかクシャミと鼻がでます。(花粉症ではないのですが・・・)鬼の霍乱です。(笑)
というわけで、今日は完全休養日にして、ゴロゴロしながらネットで「Person of interest」を見ていました。
b0069507_01523415.jpg私の世代、TVは世界への窓でした。という訳で、今の子がNet無しでは生きられないように、TV無しの生活は考えられないのです。
でも、TV好き世代の私でも、最近の地上波のTVは、ニュース等以外は殆ど見なくなりました。
理由は簡単、面白くないからです。
でも、今日見続けたPerson of interestは、以前偶然夜中の日本テレビで放送したのを発見。面白いとおもったのですが、夜中のOAでしたので時々見る程度でした。
それが、Amazon primeで全シーズン5年分配信中なのを知り、ここ1~2ヶ月見ています。
年間23話、計115話も配信されています。
〝我々は見られている。政府の極秘のシステム"マシン"によって常に監視されている・・・〟で始まるこのドラマ、ドラマのできとしては一流とは言えませんが、監視カメラが増え続けている現在、荒唐無稽とは言えない設定が興味深いというか、恐ろしいです。
ウイキリークス等で、アメリカの監視体制が垣間見られるようになって、現実みを帯びてきています。
でも、ドラマの主人公達のようなスーパーマンはいないでしょうね。
Amazon prime,Netflix,Dlife,WOWOW・・・ TV好きにはたまりません。
Netという媒体を作り、新しい使い方をドンドン開発しているアメリカは、多々問題もありますが、やはり凄い国と思ってしまいます。


by mash_boss | 2018-01-22 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)