カテゴリ:イベント( 472 )
今度のライカギャラリーは必見。 9月21日(金) 6531

b0069507_02232552.jpg
ライカギャラリー東京と京都のご案内をいただきました。
次回写真展は、両ギャラリーとも植田正治さん。大好きな写真家の一人です。
特に、東京では未公開のヴィンテージプリントが公開されるそうです。
京都も行きたいな~

東京は10月3日から、
京都は10月6日からです。




b0069507_02414110.jpg
京都のライカギャラリーでは、10月4日まで木村伊兵衛さんの写真展を開催中。
明日はヨドバシカメラ京都撮影会のために京都入です。
午後は、撮影会会場のロケハンなので、新幹線早くして、その前に行こうかな~

この写真、案内状に載っている写真です。
木村伊兵衛さんが持ってるカメラは、ライカが発売したライカフレックスⅰ型です。空中像式のファインダーだったので、一眼レフにもかかわらず、ファインダーの真ん中でしかピント合わせができませんでした。
発売されたのは1965年です。

木村伊兵衛写真展の詳細はココからどうぞ!

b0069507_02500146.jpg
今度の日曜日は、ヨドバシカメラ京都の撮影会です。
このところ、天気不順ですが日曜日は曇り時々晴れの、絶好の撮影会日和です。

皆さん、お待ちしています。

撮影会詳細はココからどうぞ!




by mash_boss | 2018-09-22 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
お祭り  9月16日(日) 6526

b0069507_01385173.jpgこの土日は、牛込の鎮守府、神楽坂の赤城神社のお祭りでした。
昨今は、建築家隈研吾さんが設計した社殿とマンションや赤城カフェ、そして神楽坂という地名で、ちょっと名の売れた赤城神社ですが、歴史は古く設立は1300年、今から718年前という歴史のある神社です。
私の家は、祖父の代からこの神社の氏子です。
赤城神社の氏子地域は、東京の山の手と下町の両方の風情がある、独特の地域です。
氏子地域は、名前のとおり坂が多く、路地も入り組んでいるので神輿の渡御も大変です。
b0069507_01391718.jpg神楽坂、今では「観光地」になっていますが、私の子供の頃は、料亭の町で普通の人びとには、あまり縁が無い町でした。
もっと前、大正時代は新宿より賑わっていた繁華街だったようです。その後、少し停滞してしまいました。
でも、料亭はちゃんと残って、庶民には関係ない繁盛をしていたようですが、時代の流れとともに、料亭も少なくなりました。
いつの頃からでしょうか、近所の日仏学院や暁星学園の前にあったフランス人学校の影響でしょうか、小洒落たフランス料理屋さん等ができ始めてました。
こじつけかもしれませんが、坂が多く伝統のお店が多いこの地域は、モンマルトルの丘をフランス人には思い浮かばせるなんて事をTVでみました。
ただのボート乗り場だったのが、カナルカフェなんいう名前のオープンカフェになったりもしました。
神楽坂の変化が感じられ、雑誌に登場する事が増え始めた頃に放送された2007年のTVドラマ、嵐の二宮和也主演、倉本聰脚本「拝啓、父上様」のヒットで、その後、街の変化と観光地化がすすみました。TVの影響力、健在でした。
今日の夕方は、そんな神楽坂の早稲田寄りにある赤城神社の祭礼のメインイベント、氏子地域の中の赤城下町、築地町、改代町、水道町、西五軒町、横寺町、神楽坂六丁目の7町連合渡御でした。
赤城神社の氏子の町は28あるのですが、昔からの町名が変わったのが通寺町が神楽坂6丁目に変わっただけで、あとは江戸時代からの町名を引き継いでいます。
もう随分前ですが、郵便番号を導入するにあたり、東京の多くの町名と地域が変更されましが、新宿の旧牛込区地域では町名変更反対運動が起こり、古い町名は残りました。

b0069507_01391040.jpg
この地域の最近の傾向は、子供の数が増え始めまた事です。
統廃合の計画があった小学校がそのまま存続になりました。
原因のひとつは、デジタル化? と交通の便の良さ。
赤城神社の氏子町会の半分の地場産業は印刷と製本でした。
千代田区に接する東京のど真ん中にありながら、近くにある大日本印刷(DNP)の本社工場や榎町工場、少し離れていますが共同印刷等のの下請け工場地域だったのです。
デジタルになり、Web発展と反比例して、雑誌や広告の印刷物が減るとともに、DNP等の一次下請けだった大きな印刷、製本工場から小さな工場まで、猛烈な勢いで閉まって行きました。
そして、その跡地にできたのが、マンションです。
交通の便も地下鉄東西線、有楽町線、南北線、大江戸線、JR中央総武線と良いのでマンションが増えていきました。
最近では、地域によっては「裏神楽坂」なんていう呼び名も付き始めました。
最近は、この辺にできるマンションは億を超える物件も増えています。
恐るべしデジタル! 産業が変わってしまったのです。

b0069507_01385743.jpgこのワンちゃんは、ご主人を駅まで送る奥さんと毎日我が家の前を通るワンちゃんです。
人懐っこく可愛いワンちゃんですが、今日はハッピを着て、お祭りに参加です。

2日間のお祭り、天気も持ち無事終了です。
来年は、赤城神社の大きな神輿が久しぶりに出ます。
それはそれで、結構大変なようで氏子28町会の役員さんは、忙しくなります。

神楽坂、4年前には新潮社の倉庫をリノベーションしてLa Kaguというおしゃれなショプになったりして、どんどん変化しています。
東京のどこにも無い面白い街です。



by mash_boss | 2018-09-17 07:47 | イベント | Trackback | Comments(0)
雨ニモマケズ…  9月9日(日) 6518
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05193198.jpg台風21号の大風の被害から間もない大阪。
ヨドバシカメラ大阪万博記念公園ポートレート撮影会、雨で始まりました。
開会式を開始しようとしたとたん、強い雨になりました。
絶望的な気分になりましたが、10分弱で止み、無事スタートしました。

b0069507_05194395.jpg開会式から逆上る事2時間ほど前です。
「腹が減っては戦ができぬ。」といいますが、朝食はしっっかりいただきます。
私は、鯖の塩焼き定食をいただきました。
この時は、青空も見えたのですが…
b0069507_05195391.jpg綺麗どころと、そうでない人達・・・
b0069507_07002570.jpgいつも明るいさくらチャンは、雨模様のなかでも、やっぱり明るかったです。
b0069507_05200052.jpg
今回のトピックス。
織作先生が、金曜日に足の甲に日々を入れてしまいました。
あまり移動ができなくなったので、私と西尾講師が担当する初心者講習を、織作さんに変わりました。
織作さん、お大事に。
b0069507_05200610.jpg戦い住んで日が暮れて、帰りの新幹線は大山さん、モモちゃん、HARUKIの4人が一緒でした。
新幹線で爆睡のはずが、爆飲みになってしまいました。

参加者の皆様、協賛メーカーの皆さん、ヨドバシカメラのスタッフの皆さん、運営スタッフの皆さん、そして講師のみなさん、オツカレ様でした。

次の撮影会は9月23日、京都です。
撮影会詳細はココからどうぞ!



by mash_boss | 2018-09-10 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
大阪です。 9月8日(土)  6517

b0069507_04292448.jpg大阪です。
ヨドバシカメラ万博記念公園モデル撮影会のロケハン中です。
太陽の塔は、台風21号の大風にも負けず元気です。

1970年の大阪万博、訳あって行けなかったのです。
2025大阪万博招致、成功をする事を切に願っています。

b0069507_04292565.jpg元元気な証拠。?
夕方になると、目がひかります。


b0069507_04292482.jpg初参加の、お茶目なポーズの相原講師を内田講師が撮影中です。
b0069507_04292533.jpg夜は、恒例「天気祭り。」
肉タワーを撮影中なのは、X食女子? 
佐藤講師と山本講師。

b0069507_04292532.jpg天気祭りには「大阪のドン」フォトグラファーの友田さんも、特別参加。
友田さんは、9月23日の京都撮影会の講師です。
「悪巧み」乾杯中を、写されてしまいました。

関西地区の皆さん、万博記念公園モデル撮影会お待ちしています。



by mash_boss | 2018-09-09 07:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
再訪  9月7日(金) 6516
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00510635.jpg今日は、珍しい取り合わせです。
左から、元玄光社・フォトテクニック編集部で、今はフォトグラファーとして、また香港ベースでアジアをカバーするフォトコーディネーターとして活動する柴田君、JPS副会長松本さん、そしておなじみ桃井君の4人組です。
b0069507_00484775.jpgJPS・公益社団法人日本写真家協会事務局前に、9時集合。
隣の宝島社の前には、スタイリストさんの返却でしょうか、ロケバスが来ていました。
b0069507_00484769.jpg向かった先は、長野県御代田町の「浅間国際フォトフェスティバル」です。
オープニングレセプションに次いで、2回めの訪問ですが、今日はJPS会報誌の取材です。
b0069507_00484966.jpgTOPの写真はこのイベントカメラ「猫も杓子も」(ダミアン・プーラン作)で撮影しました。
猫が持っているカメラに向かって撮影後、下部にあるモニターに出てくるQRコードをスマホやパッドで読み込むと、写真が送られてきます。
b0069507_00484803.jpg真面目に取材中です。
今日は、カメラ・桃井君、編集・柴田君、つなぎ役・私、視察・松本副会長です。
b0069507_00484961.jpgアニエス・ヴァルダ+JRのフォトトラックで撮影した大きなポートレートが会場にたくさん展示されていますが、その中に見知ったお顔が…
資生堂のCD,フォトグラファー金澤氏ではありませんか・・・

残念ながら、現在はフォトトラックはありません。

b0069507_00484829.jpg今日の不思議な体験。
カメラ・オブスキュラの中です。
ピンホール写真機の中です。
驚いたのは、この写真が撮れた事。
写真ではちゃんと見えますが、肉眼ではここまで見えません。
オリンパスOM-D E-M1 MkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROでISO1600 Rawで1.6秒 F5で撮影、殆どブレていないのです。
恐るべしブレ防止装置。

b0069507_00485038.jpg今回のフォトフェスティバルの中で、普通の写真の展示が2つあります。そのなかの一つ、川内倫子さんの作品です。こうして、透過光で見ると透明感のある作品が紙で見るより、より透明に見えて清々しい感じがします。
もうひとつの普通の写真は、森山大道さんの「北海道」です。
b0069507_00485011.jpgVRのマスクを付けるためのアイマスクを付けた桃井君です。
チャーリー・イングマンのパワフルな母親も写したVR必見です。

b0069507_00485188.jpg8月11日のこのブログにも載せましたが、気になるこの右ハンドルのアメリカ使用のバス。
フォトグラファーの小城君の推察のとおり、在日米軍家族のスクールバスだったそうです。
なんと、仮ナンバー付けてここまで自走してきたのだそうです。!!
走っているバス見たかったです。


b0069507_00534494.jpgアマナの広報の方にご案内いただきながら会場を巡る事2時間弱。
前回は、レセプション中心でしたが、今回は説明を受けながら作品を堪能しました。
終了後にいただいた、IMAcafeのコーヒーゼリー、体に沁みました。

浅間国際フォトフェスティバル、9月30日までです。
高原の秋を感じながらのフォトフェスティバル気持ちいいです。

フォトフェスティバル詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-09-08 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
台風一過…?  9月4日(火) 6513

b0069507_02213501.jpg台風21号で被害にあわれた、四国、関西の皆様、お見舞い申し上げます。
今度の日曜日、9日(日)は秋の大阪万博記念公園モデル撮影会です。
今年から、秋も大阪でモデル撮影会を開催します。
皆さん、お待ちしています。
晴れるといいのですが、それは「神のみぞ知る」です。
本日掲載したのは、今年の5月の春の万博記念公園モデル撮影会のコンテスト結果です。

当日は掲載した結果発表と同じの大きなポスターが展示される予定です。
昼休みに解説ができたらと思っています。

9月9日ヨドバシカメラ大阪万博記念公園モデル撮影会の詳細、申し込みはココからどうぞ!
b0069507_02212247.jpgこれは、本日の万博記念公園外周道路です。
桃井君が知らせてくれた、ツイッターネームなりしさんの写真です。
風で大変な事になっています。
さて、公園内はどんな感じになっているのでしょう?
土曜日にしっかりロケハンします。
b0069507_02212977.jpg本日の定点観測四谷ヒルズ建築現場です。
台風で今日のクレーン工事は中止のようです。
東京は、風は強かったものの、雨はそれ程でもありませんでした。
でも、電車や新幹線が止まり混乱もありました。
さて、私がかってに「四谷ヒルズ」と呼んでいる、この四谷駅前地区第一種市街地再開発事業地区は名称を募集中です。
締め切りは9月28日です。
覚えやすくて、かっこいい名前がつくといいでね。

応募フォームはココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-09-05 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
リラックス   9月1日(土) 6510
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05530323.jpg大分県、久住高原に来ています。
きれいです。
少し前までは、雨でした。
気分も体も、リラックスしていくのがわかります。
人は、自然に触れる必要があるんだと、実感です。

きれいだから、感動を残す。
一番シンプルな気持ちで写しました。




b0069507_05530494.jpgでも、やっぱり世俗的なモノは欠かせません。
温泉入った後のビールは格別です。

世俗に戻れば、やっぱり気になるのはカメラ。
Nikon Z6,7,Canon R 気になります。
b0069507_05530470.jpg大分なので、豊後牛でしょうか?
それとも、熊本にも近いので熊本の牛肉でしょうか?
めちゃめちゃ、旨かったです。
当たり前ですが、「いきなり、ステーキ」とは、だいぶ違います。

今日は、朝、9時代後半の飛行機で羽田を発ち、大分空港に着いたのが、昼少し前。
そこから、車で1時間半と少しで久住高原ロッジに着きました。
そこで開かれた、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の九州支部大会に参加、約3時間の会議に出ました。
台風の影響で、天気の変化は目まぐるしく、移動しながら、曇り、雨、霧、雷、晴れを体験した、1日でした。



by mash_boss | 2018-09-02 06:21 | イベント | Trackback | Comments(0)
名前の秘密 8月26日(日) 6505
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_23070741.jpg何故こんなにNikon Z のカタログがあるのか・・・
今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ作業の日でした。
時々手伝ってくれる、銀座NikonショールームのEさんが、午後から参加しZのカタログを持ってきてくれました。
さて、なぜZは6から始まったのか?という話題になり、フォトグラファーの岡野くん曰く、最高級一眼レフは「5」で終了、つまりD5で終了なのでは?「5」に続くという意味で「6」から始まったのではという仮説をたてました。
妙に納得です。
Eさんは、ネーミングの理由を知っているらしく、岡野説に「ニヤニヤ」でした。
ショールーム勤務のEさんは、Zに社内研修で1回だけ実機に触ったとかです。
9月1日(土)の東京をかわきりに、全国7都市で開催されるNikon Fan Meeting2018では、Zも登場してXQDカードを持っていけば、撮影画像も持って帰れるそうです。
Nikon Fan Meeting2018詳しくはココをクリック!

b0069507_23070622.jpg月一のアーカイブ作業は、順調に進みました。
本日はB全ポスター125枚をデジタル化。
デジタル化を終了したポスター、先月分と合わせて236枚のB全ポスターを、北海道・写真の町・東川町に発送しました。


by mash_boss | 2018-08-27 07:17 | イベント | Trackback | Comments(0)
終わりよければ・・・ 8月19日(日) 6501
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05513583.jpg昨日の「天気祭り」が足りなかったのか、ヨドバシカメラ札幌・開拓の村ポートレート撮影会は雨のスタートになってしまいました。
急遽、開会式を開拓の村講堂に変更しました。
b0069507_05513514.jpg私は、いつものように午前は初心者講習です。軒先を借りてスタートでしたが、途中で雨は止んだので、別の場所に移動して午前0斬の部は無事終了でした。
b0069507_06010718.jpgランチタイムです。
西尾君の弁当を撮影中の山岸巨匠です。
b0069507_06013580.jpg午後の部の開会式前です。
雨は完全に止みました。
b0069507_06010797.jpg

指導中の地元札幌の上村講師です。使用中の建物は、大正末期から昭和33年(1958)まで岩見沢市街で営業していた広瀬写真館を再現した建物です。

b0069507_09010033.jpg


午後の私の相棒は、長谷川ひらりちゃんです。

午後は曇りで雨は降らず無事終了。
「終わり良ければすべて良し。」です。

b0069507_06225430.jpg普通は、撮影会終了後東京に帰るのですが、明日、写真の町・東川町に行くので一人ホテルに戻り、日曜の夜の空いた薄野に繰り出しました。薄野に新宿通り〜?とすると、ヨドバシカメラは?・・・ 札幌のヨドバシカメラは札幌駅の近くです。
一人では盛り上がらず、直ぐに帰って寝ました。


by mash_boss | 2018-08-20 09:13 | イベント | Trackback | Comments(0)
浅間国際フォトフェスティバル 8月11日(土) 6493

b0069507_03171954.jpg世間は、今日からお盆休みが多いようです。
MASHは各自クライアントに合わせて休みですが、やはりこの時期にお休みにするスタッフが多いようです。
今日は、そんなスタッフと一緒に「浅間国際フォトフェスティバル」のプレオープンのレセプションに参加しました。
会場は、軽井沢の隣、御代田の旧メルシャン美術館跡です。
普段はこのブログにあまり出てこない営業のご紹介です。
真ん中、営業チーフの岩佐は上田市の出身、サッカー部にいました。今はフットサルをやっています。左は営業の北川です。富山市出身。以前はレタッチャーでした。右は時々登場する、アシスタントフォトグラファーの今井君。群馬県前橋市の出身。建築学部出身です。
帰省途中の3人を新幹線軽井沢駅で9時にピックアップして、御代田の会場に乗り込みました。

b0069507_03172251.jpg「浅間国際フォトフェスティバル」は「将来、この御代田町に設立される写真美術館を見据えてスタートする、カメラ大国・日本らしい写真の祭典です。
ここは国内外のすぐれた写真家たちの作品の紹介の場であると同時に写真の持つクラフトマンシップの深淵さを伝え、また日々進化するデジタルテクノロジーを駆使しながらカメラや撮影技術が人間に与えて来た多大な功績を知り、写真の魅力や楽しさを五感で感じられる場を目指します。」というイベントです。
オープニングセレモニーには、地元国会議員、御代田町町長、町議会議長、長野県県会議員、協賛企業も参加して開かれました。

ステージの前の作品は マッシモ・ヴィターリ×谷尻誠(Massimo Vitali x Makoto Tanijiri)
Cefalu Orange Yellow Blue 2008
b0069507_03172280.jpgこのイベントは、メルシャン工場、美術館跡をアマナが借り受け、計画したイベントです。
総合プロデューサーのアマナの進藤さんと、招待作家、キュレーターです。

今年の「浅間国際フォトフェスティバル」はプレイベントで、来年からは3倍の規模で実施されるようです。

b0069507_03172034.jpg会場には、美術館やホール、カフェ、飲食のお店もあり、楽しめます。

水谷吉法(Yoshinori Mizutani)
HDR_nature
2016-2018
b0069507_03210114.jpg色々な作品が野外展示されています。

アニエス・ヴァルダ(Agnès Varda)×JR
インサイドアウト・プロジェクト×『顔たち、ところどころ』in 浅間国際写真フェスティバル2018

b0069507_03210249.jpg現代アート的な写真も多くあります。ロジャー・バレン(Roger Ballen)The Theatre of Apparitions2016
b0069507_03210261.jpgこちらは、作品をスマホのアプリを通してみると、変化する展示です。
ルーカス・ブレイロック(Lucas Blalock)
Making Memeries 2016
b0069507_03172168.jpg
会場にはこんなバスも…
アメリカのスクールバスのロングボディーバージョンです。
b0069507_03172117.jpg
アメリカ製ながら、右ハンドル。
ディーゼルで4速オートマティックトランスミッション。
どんんな歴史を持っているバスか気になります。
b0069507_03172424.jpg今回のお役目はギャラリーです。
チャド・ムーア(Chad Moor)
A New Name For Everything
2009-2018

b0069507_03172045.jpg今日はギャラリーツアーも開催していました。
b0069507_03211845.jpgメイン会場の美術館入り口です。
「カメラに帰れ」
この会場には、あのエド・ファン・デル・エルスケンや、森山大道、川内倫子や初めて見る作家・作品まで、今までの美術館と異なるコンセプトで展示してあります。
お薦めです。
b0069507_03211880.jpgこれは、美術館の中の鷹野隆大さんのインスタレーションです。
「緑の部屋」の中の、光を蓄積する蓄光シートに写された私の影です。
1~2分で消えてしまします。

b0069507_03172302.jpg総合プロデューサーの進藤さんと、記念撮影です。

広告写真、映像制作会社のトップに立ち、ビジュアル コミュニケーション エキスパートを標榜するアマナとして、こちらの方向にも進むのは、当然でしょう。
写真全般が、デジタルになり大幅に変わりました。
広告写真もデジタルになり、メディアも増えました。
さらにECの発展で商業写真はデジタル写真産業革命の次の産業革命が起ころうとしています。
これからは、低価格や組織で写す写真に対して、フォトグラファーが個として求められるのは、高いクリエイティビティーと高みを目指す姿勢が一層求められます。
なかなか大変ですが、この気持ちがなければ、今のままでは、カメラマンならまだ良いですが、部品としてのカメラ番になってしまいます。

浅間国際フォトフェスティバルの詳細はココからどうぞ! 9月30日(日)までです。

b0069507_03172324.jpgスタッフも私も、大変すばらしい刺激を受けた日でした。
スタッフと軽井沢で別れて、関越を東京を目指して走りました。
とても空いていて順調だったのですが、東京近くになり局地的な豪雨に遭遇。1時間に60mm超えるの大雨で、こちらも運転に刺激を受けました。


by mash_boss | 2018-08-12 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)