カテゴリ:撮影( 729 )
ポスターはB全が面白い! 6月17日(日) 6438
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00342665.jpg本日は、月一のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブデー。
このところ、B全サイズのポスターのアーカイブ化をしていますが、ポスターはB全が面白いです。
何が面白いかというと、B全サイズはいろんな会社、地域で製作されています。
B倍サイズは、ビジュアル的には効果がありますが、大きくて掲示される場所が限られてしまいます。
その点、B倍は大きさも適度で、それなりのインパクトはありつつ掲示もしやすいのです。
それに、印刷機もB倍まで印刷できる機械はそれほど多くは無いと思います。
撮影中なのは、仙台FORUSの2008年のポスターです。
シリーズ物で、元気いっぱいのポスターです。
2008年は、リーマンショックの年ですが、その前の製作なのでしょう、元気です。
b0069507_00342733.jpg本日の機材は、Nikon D7100+Ai AF Zoom Micro ED 70-180mm F4.5-F5.6D(マクロレンズの名レンズです。)、ティザー撮影用にMzcbook Pro13+C1、エクセルでのデーター整理用にSurface Bookです。
三脚はジッツオ、4x5まで使える大型です。

b0069507_00342862.jpg巻きぐせがついたポスターを伸ばすのには重い本を使用。
先輩たちの写真集や社史、年鑑等を使用させていただきます。
b0069507_00342714.jpg本日、一番撮影が難しかったポスターです。
Panasonicの携帯P705iμのポスターです。
メタリックな黒い紙に黒からグレーのグラデーションのポスターでした。
2008年のポスターです。
日本での最初のiPhone3GがSOFTBANKから発売されたのは、この年の7月です。
まだまだ、ガラケーの時代でした。
b0069507_00342785.jpgこのポスターは2008年の神戸のM-intのポスターです。
レシートをモデルさんの頭に帽子のように巻いて、はさみにはprice cutの文字。
広告らしい表現のポスターです。
2008年製作なので、デジタル合成なのか、実写なのかはわかりませんが、「発想」が私には実写だと思います。

この他にも、大阪のHep Fiveや北九州のリバーウオーク北九州等のポスターが面白かったです。
b0069507_00342758.jpg黒の光沢紙を使ったポスターの撮影では、PCを乗せる台が写りこんでしまうので、それを外して、撮影者も写らないように身を縮めての撮影となりました。

本日は、B全ポスター195枚をデジタル化。実物を北海道写真の町・東川町に送りました。



by mash_boss | 2018-06-18 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
今日はB全181枚  5月20日(日) 6414

b0069507_23404217.jpg今日は月一のAPAアーカイブの日でした。
先月、今月とB全サイズ(横728mmx縦1,030mm)を複写、今日は181枚複写しました。
以前にも書きましたが、B全サイズだとローカル色が出てきます。
神戸、福岡、大阪、名古屋、仙台、大宮、町田といった都市のショッピングモール系のポスターがありました。
また、選挙管理委員会や自治体、AC公共広告機構等のポスターもありました。
これまで主に複写してきた、B倍サイズは東京圏が中心で、全国的にはB全サイズのポスターが主役と実感しました。
年代的には2007年~2012年制作のもの。
写されているタレントさん、例えば宮崎あおいさん、嵐、堀北真希さん等々、みんな若いです。
b0069507_23404228.jpg今日は、先輩フォトグラファー坂本さんも参加です。
このプロジェクトをスタートする時に、坂本さんのスタジオで使っていたストロボを提供してくれました。
本日は、坂本さん提供のヘッド、スタンドとコメットさん提供のジェネで作業を行いました。
撮影後、本日撮影分の181枚を、北海道・写真の町、東川町に送る準備をしました。
今日発送分で発送枚数がついに5000枚を超えました。
この作業は中国の昔のお話の「愚行移山」愚行山を移す、という作業です。
中国の文化大革命の頃「毛沢東語録」に掲載されていて有名になった逸話です。
私の年代では、世界的に「毛沢東語録」がマオイストでなくても、若者の間ではやっていました。以下、「愚行移山」の和訳です。
「むかし、老人がいた。
家の前をふさぐ二つの山をのけようと思いたち、家族でそれをのぞくために山をほり崩しはじめた。
それをみた村人たちは『山を取り除けるはずはない』とあざけった。
それに反論し、老人はこう言った。
『山は大きくならない。
しかし、私が死んでも息子が山を取り除く仕事を受け継ぐ、息子が亡くなれば孫が引き継ぎ、孫が亡くなればその子が引き継ぐ。
そうすれば必ず山を取り除くことができる』と。
それに感動した天帝は二つの山を取り除いた。」※土佐高知の雑記帳ブログより
私の最も苦手な事。コツコツやる事の大切さを説いた逸話です。


 
by mash_boss | 2018-05-21 07:28 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
まわりの機材は重要です。 4月19日(木) 6384
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05110661.jpg
今日のロケは、バリアフリーの水族館内を三ヶ所移動するロケです。
アシスタントの今井くんが選んだのは、この台車です。
昨年夏前に、アメリカのB&Hから色々なパーツを選んで組んだ台車です。
いわばGrip用の台車です。
Gripというのは、アメリカやイギリスの撮影現場で「何でも屋」さん的役割のスタッフです。
細身で長い台車です。
スタンドや三脚をいれる袋も付いています。
折りたたむ事ができないので、車につむ時も使う時の状態で積みます。
今日の撮影アシスタントは今井くんだけなので、現場でいかに効率よく動くかを考慮して、今井くんがMASHにあるいくつかの台車中から選びました。


b0069507_05110610.jpg今日の現場では、こんな感じで使用しました。
ティザー撮影のMacを見て談笑しているのは、アシスタントの今井くんと、ヘアメイクの森君です。
この台車とスタンド類はアメリカ製。
アメリカの撮影機材を使ってみて感じるのは、アメリカ人の発想は「色々な人種や教育程度の人が、いかに効率的に、そして楽に仕事をするためにはどうしたら良いか?」というのが、発想の元のように思います。
日本人は、それぞれが工夫して現場対応ができてしまうので、アメリカ的発想は苦手なように思います。
それが、匠の技や「名人」に繋がる事もあるとは思いますが…
今日使った機材では、三脚はヨーロッパ製、照明機材も外国製。
カメラとレンズとメーター類が日本メーカー製です。

プロ、特に広告やファッションの撮影現場では、日本のカメラとレンズだけでは仕事が完遂できないのです。



by mash_boss | 2018-04-20 07:19 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
ポスターはB倍が面白い! 2月25日(日) 6330


From my exhibition in Sony gallery,

b0069507_01275348.jpg
モザイク模様は、後から入れたものではありません。オリジナルのビルボードに最初から有りました。



ポスターはB全が面白い!
by mash_boss | 2018-02-26 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
テスト撮影 2月17日(土) 6321

b0069507_06520405.jpg今日は、池嶋君のプレゼンテーション用撮影立会。
日本以外の某所の代理店に提出すりるための撮影なので、代理店が希望する事を含めた撮影は大変です。

b0069507_06520566.jpg希望を満たすためには、ストロボも選ばなくてはならないし、レンズもデジタル用レンズを使わないとデジタルバックの性能は引き出せないし、そのデジタルバックは8000万画素。そしてPCと大きなストレージ等々…
1人のフォトグラファーの能力を引き出し、バックアップするための撮影機材、スタジオ… フイルム時代よりはるかに資本力が必要です。

b0069507_06520488.jpg撮影には、こんなものも使います。

b0069507_06520588.jpg
闇雲にプレゼン用の撮影をしても、特に外国向けの場合は趣味も嗜好も違うので方向性が異なるのと努力が実を結びません。
某所の代理店との仕事経験が豊富なプロデューサー浜田君と打ち合わせしながら進めます。
珍しくパヴァロッティを流しながら作業は進みます。


b0069507_06520483.jpg
ところで、本日の桜です。
何日か暖かい日があったので、蕾も随分膨らみ、色づき始めました。
東京の今年の桜の開花予想は3月21日です。






From my exhibition in Sony gallery. Ⅴ
by mash_boss | 2018-02-18 08:47 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
戦い済んで・・・ 2月11日(日・祝) 6315

昨日の尿管結石のエントリー、お騒がせしました。
その後、何事も無かったように元気にしておりますが、本日のアルコール摂取は止めました。
腎臓結石、尿管結石、尿道結石・・・ 石を持っている方は結構な人数いらっしゃる事がわかりました。
御同輩、よろしくです。
b0069507_00233017.jpgさて、今日は建国記念日です。この記念日が制定された頃は「紀元節復活反対〜!」等と運動が盛り上がったのは、今は昔の事です。
今日、スタジオに顔を出したらドドッとハードディスクが・・・
一昨日まで、一週間弱東京・N.Y合同チームが、東京で撮影したデーターの山です。
もちろん、バックアップは取ってあります。
デジタルになり、Webが高速になり、データーは国境を越え、人の行き来も増えました。
フォトグラファー、日本に縮こまっていれば仕事は少なくなりますが、外の世界へ目を向ければ、まだまだ仕事はあるようです。

b0069507_00233777.jpgスタジオに寄る前に写した、市谷のお濠のサクラです。
今日は暖かく、蕾も随分大きくなってきました。
春はそこまで来ているようです。
明日は、振り替え休日。
三連休、嬉しいな〜。

by mash_boss | 2018-02-12 07:28 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
世界で・・・ 1月24日(水) 6297

b0069507_05464621.jpg
このセット、ボトル1本を撮影するためのセットです。
池嶋君の撮影セットです。
具体的には言えませんが、このボトルを撮影できるフォトグラファーは、世界で20人もいないかもしれません。クライアントさんは、日本の企業ではありません。
外国の企業は、外国人モデル撮影を東京在住のフォトグラファーに任せる道理は全く無く、モデルの質も量も東京より豊富なニューヨークやロンドンで、モデルとコミュニケーション(意味おわかりですよね。)ができるフォトグラファーに撮影を依頼します。
商品撮影は違います。
商品撮影、地味ですが、日本人フォトグラファーの腕が、世界に発揮できる分野なのです。
Netが発達した現在は、地理上の国境は関係無く仕事は飛び回ります。
必要なのは「腕」なのです。私の時代、フォトグラファーに要求されるのは、レンズ前の「腕」だけでしたが、今はレンズ前と後、画像処理を深く理解する「腕」も必要です。
デジタルになり、スマホが普及し写真は簡単に写せるようになりました。
ハイレベルの撮影は「世界」と身近になりましたが、レンズ後の腕がなければ通用しません。
いずれにせよ、フィルム撮影の時代には、外国の企業のメインビジュアルを東京で撮影するなんて夢物語でしたが、デジタルとネットで夢ではなくなりましたが、世界が認める腕が必須です。
それに、世界を知っているレップと、多少の言葉もね。・・・

b0069507_05471213.jpg
最新原宿情報です。
JR原宿駅、表参道口にマツキヨがオープンしました。調剤薬局部門は2月1日オープンです。
ここは、1Fは手頃な価格の貴金属アクセサリーショップで昨年後半まで営業していました。
2,3Fは昨年6月までDocomo原宿店が入っていました。
次はどんなお店が入るのかな〜 と思っていたらマツキヨでした。
便利にはなりますが、マツキヨの派手な外観は原宿には似合わないと心配していたら、他の店舗より地味でした。よかった〜。
表参道商店街には結構厳しい規制があるのかもしれません。




by mash_boss | 2018-01-25 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
最高記録  1月20日(土) 6293
人気ブログランキングに参加中です。
b0069507_07331267.jpg今日は月に1度のペースで実施しているAPA・公益社団法人日本広告写真家協会の写真を使った広告作品のアーカイブ作業でした。
広告写真は消費される写真です。
雑誌やポスター、Web広告、デジタルサイネージュ等に使われた広告写真は、掲載期間が過ぎれば忘れ去られてしまいます。
我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品。我々自身がアーカイブしなければ残りません。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役に立ちたいと思います。
月に一度のペースで実施しているこの作業も、今回で50回になりました。
b0069507_07550235.jpg複写といっても、メタリックの印刷もあり、白の映り込みを作らなければ、表現できない印刷もあります。
映り込みを、手早くどう作るか… 商品撮影の知識がなければ、対処はできません。
上の写真も、下の写真も映り込みを作っているところです。
目的のためには、結構アクロバティックな格好もしなければなりません。
b0069507_07554386.jpg今回も連貼のB倍ポスターが何組もありました。
掲載順の指示が無く、順番がわかりにくい作品は某代理店のCDでもある、堤会員を中心に並べ順を考えます。
b0069507_07561170.jpg印刷ではなく、プリンターによる「出力」も多く、その場合はロール紙を使っている事が多く、複写装置の都合上やむなくB倍サイズにカットして複写します。
カット作業をしているのは、レギュラーの岡野会員と大阪在住の友田副会長。
今回は、昨日のAPAの会議、行事の為に東京に来た山口九州支部長、デン中部支部長、友田副会長、坂本会員が参加してくれました。
マンパワー充実していたので、B倍ポスター128枚の複写ができました。
1日分B倍サイズ複写数の最高記録です。
b0069507_07564612.jpg帰りにAGIOで夕食。
AGIOは三笠会館が展開しているイタリアンレストランチェーン。
気軽で、それなりで、好きなイタリアンレストランです。
チーズ山盛りの「ロメインレタスのシーザーサラダ 削りたてのグラナ・パダーノ添え」です。
私は、昔から日本で一般的なプロセスチーズは嫌いで食べられませんが、こういうチーズやカマンベール、ピザは大好きです。
b0069507_07572657.jpgこちらは「ムール貝とハマグリの白ワイン蒸しオリーブオイルとレモンを添えて」です。
ラーメンやカレー南蛮蕎麦も好きですが、イタリアンや貝類、エスカルゴも好きなのです。

明日は完全OFFです。




by mash_boss | 2018-01-21 09:25 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
卒業生 1月15日(月) 6288

b0069507_03480946.jpg久々の三次君です。
以前からのこのブログをご覧になっていただいている方はご存じだと思いますが、 三次君は14〜15年前でしょうか、MASHにアシスタントとして入社しました。
それから、MASHのスタッフフォトグラファーになり、その後フリーランスのフォトグラファーとして独立。
今も、MASHからの仕事を受けてもらっています。
今日は、原宿のコーディネーター岡本発注のレギュラーの撮影で、古巣のMASHのスタジオを使います。
Bossの私から見ると、たくましくなったな〜 と思うのですが、それとともにMASHに来た時の若い時の三次君の姿が頭から離れません。
50代後半から30才チョイ前まで、私やMASHのアシスタントをしていた何人かの卒業生が、MASHに出入りしたり、関わったりしています。
b0069507_05132565.jpgこちらは、2004年11月の三次君です。
この日、大阪出身の三次君は酉の市に行った事が無いというので、一緒にいきました。
もう、14年も前です。
b0069507_03484417.jpg今日の三次君のレギュラー撮影は、ちょっと特殊な撮影で、定常光の小さいライトを9灯使います。
これは、Fiilex P360 Pro というLEDライトです。
Fiilexは2013年に発売開始された、比較的新しい製品です。
このメーカーはLEDライト使用に特化しているようです。

カメラやレンズは日本製品が世界的に幅をきかせていますが、ライティング用品やスタンド、三脚等々は、日本製は振るいません。
最近、レンズ類は韓国、台湾、中国などのメーカーが冒険心を持った製品をどんどん売り出しています。
このままでは、レンズもTVや携帯電話のように品質にこだわりすぎて、ガラパゴス化してしまうのではと思ってしまします。
b0069507_03492712.jpgこちらは、DEDOライトのLEDライトです。
非球面レンズを使ったスポットライトです。
DEDOライトは、ハロゲンランプを使った製品もラインナップにあります。
なぜ、違うメーカーライトを使うのか・・・
Fiilexの方が、レンタル料金がお安いのです。
メインのライトをDEDOライトにして、サブはFiilexという訳です。
プロですから、機材費計算も重要です。

by mash_boss | 2018-01-16 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
結果は満足、でも途中は・・・ 1月14日(日) 6287
人気ブログランキングに参加中です。
b0069507_02340666.jpg1/1033.
本日撮影した1033枚、26GBの撮影データー中1枚にストライプが・・・
昨日の続きです。
会場の小劇場に行ってみたら、広さは小学校、中学校の教室を一回り大きくして、天井の高さを2倍位の高さにした空間でした。
撮影ポイントから舞台全体を写すには、35mmフルサイズの28mmが必要でした。
そこに、観客が60人弱。
やはり、無音シャッターで撮影するしか無い状況です。
一応、持って行った5DMkⅣはキッパリ諦めました。
そうなると、やはり心配なのは昨日のエントリーに書いたミラーレスならはの弱点と、静音シャッターの弱点です。
結論は、かなり改善されていました。
今回の舞台の照明、逆光のスポットライトが画面に入るような照明ではありませんでしたが、カメラは随分改良されていて、以前ではチョット危ないかなという場面でも普通に写りました。
無音シャッターの弱点、ミックス光だと画面の一部がストライブ模様になる事があるという問題ですが、今日2機種を使い分けしながら撮影した1033枚で1枚だけ、掲載したような結果の写真になりました。
私の経験したストライプとは違うストライプですが、こんな事も起こるようです。こういう事、無いにこした事はないですが、1/1000枚を許せるか許せないかは個人の問題です。
通常、一眼レフだと2時間の舞台で、600枚程の撮影ですが、1000枚を超えたのは初めてです。
計算すると7秒に1回シャッターを押していました!
カメラの設定を、ミラーレスで連続して撮影する場合、写した写真を直ぐに液晶モニターやEVFで見られない設定で撮影をするのですが、そうすると、無音シャッターだとシャッターを押した実感、写した実感が無いので、ついついシャッターを押す回数が多くなってしまうようです。カシャッというシャッター音って役にたっているんです。
シャッターを押す回数が多くなるからでしょうか、メインに使った方のカメラが途中でロックして動かなくなってしまいました。
カメラから一旦電池を抜き、再投入したら何事も無かったように動き出しました。
熱の問題かなと、思いましたがカメラのボディーは極端に熱くなってはいませんでした。ボディー個体のもんだいだったのでしょうか?
今日、覚悟を決めてミラーレスで極端な照明下で撮影してみての要望は、EVファインダーの画質を上げる事とAFのスピードをもっと速くというか、迷わないくなるようにして欲しいという事、バッテリーの持ちを長くして欲しいの3点です。
EVファインダーは、もうすぐ発表されるFUJIのXH1では、従来のファインダーより30%高解像度化されるという事です。また、AFのスピードもXH1ではXT2より高速化されるとの事なので、これらは他社のカメラにも反映されるでしょうから、やがてどのミラーレスも今より改善されるでしょう。
無音シャッターの弱点屈服もできると思います。
そうなると、残るはバッテリーです。いろんな事ができるという事は電気が必要になるという事になるのでしょう。更なる省エネとバッテリーの改良を!
いずれにせよ、ミラーレスデジタルカメラは長足の進歩と、一眼レフではできない撮影方法が積み込まれていきます。
今日の撮影も、無音シャッターが無ければ防音ケースにいれるか、お客さんに迷惑を掛けながら写すしかありません。そもそも防音ケースなんて、市販では殆ど無く作るしかないのです。あっても、NikonやCanon用です。
そして、フィルムだったら1033枚、36枚撮りのフィルムに換算して29本も撮影できません。(それが良い事か、悪い事かは別問題です。)
新しい機能は、映像・写真の表現方法を広げるにはとてもすばらしい事です。それをどう使いこなして、新しい表現をするかは、人の問題です。


by mash_boss | 2018-01-15 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)