カテゴリ:写真( 53 )
まだやってます。  7月6日(月)  6968
人気ブログランキング参加中です。
まだやってます。  7月6日(月)  6968_b0069507_05445360.jpgプリント作業、まだやっています。
今日は、紙の違いにチャレンジです。
プリントでの重要な要素、それはプリントに使う紙です。
薄い紙から厚い紙、無光沢から超光沢、お値段もピンキリです。
プリンターメーカー純正から、ペーパー専門メーカー等々「多士済々」です。
フィルム時代の印画紙より、インクジェットプリント用ペーパーの種類の方が、遥かに多くなりました。

自分のポートレート作品は、モノクロームが多いのですが、モノクロのペーパー選択は、とても重要です。
前回のポートレート作品の写真展Old fashioned Portraitの時は、ピクトリコのセミグロスペーパーを使いました。
今、やっている作業は微妙なところで、ちょっと足踏みしています。という事で、「紙」を変えてみました。
事務所にあった、ピクトリコのGEKKOレッドラベルとブルーラベルにもプリント。レッドラベルは、今回求めるものとは違いました。
左は、これまでのセミグロスペーパー、右は同じくピクトリコのGEKKOブルーラベルです。
微妙な違いがあります。結構いけます。思っていたより紙の違い大きいです。
明日、ヨドバシでピクトリコの各種ペーパー手にいれて、テストします。



まだやってます。  7月6日(月)  6968_b0069507_06581145.jpg今回もそうですが、女性ポートレートを写すときにいつも悩むのは、レタッチです。
現在、レタッチなしの女性写真は考えられません。
古くは、プリクラの美肌から始まり、スマホのカメラにも、アプリにも女性を美しく見せる「装置」が当たり前です。
男性は「皺」が物語る事が多いのですが、女性は、そういう人もいらっしゃいますが、そうでない方も多いのです。

仕事の撮影の場合は、レタッチ作業の基準は、ADやクライアントが目的をもって決めています。
でも、作品の場合は、自分で決めます。
レタッチは、デジタルになり出てきたモノではありません。
昔も、ちゃんとした写真館では「修正」という技法で今と同じようなレタッチをしていました。
足の長さも、イーゼルを傾ける方法で、スタイルの調整をしていました。
上手い写真館のお見合い写真に騙された人もいるとかいないとか・・・
私は、作品の場合、フィルム時代にあったソフトフォーカスレンズの表現までにとどめています。

以前、大女優・佐久間良子さんを撮影した時に、ワセリンを使った自製ソフトフォーカスフィルターを付けて撮影しました。フィルターを付けている事にきずいた、佐久間さんは「私は、ソフトにしなければ、ダメなの~」と一言・・・
一瞬、現場はシーン・・・
どうにか、撮影は続けましたが、大女優って凄いと思いました。

小池さん、ご当選おめでとうございます。
近頃の女性候補の選挙ポスター、党派に関係なく、お化粧と同じようにレタッチをなさっています。
小池さんのポスター写真もレタッチしていると思いますが、問題ない範囲だと思います。
凄かったのは、前回の参議院選挙で、東京から出て何回めかの当選をした保守系女性議員さん。
TV出演も多いので、その姿とポスターの違いにビックリしました。
そのうち、公職選挙法でポスター写真のレタッチ範囲の基準を設けなければ、いけないんじゃないのかなと思います。


by mash_boss | 2020-07-07 07:38 | 写真 | Trackback | Comments(0)
街の視線  東京Step3_5 6月16日(火) 6946

街の視線  東京Step3_5     6月16日(火) 6946_b0069507_04121953.jpg

街の視線  東京Step3_5     6月16日(火) 6946_b0069507_04121824.jpg

街の視線  東京Step3_5     6月16日(火) 6946_b0069507_04121988.jpg

街の視線  東京Step3_5     6月16日(火) 6946_b0069507_04121978.jpg

街の視線  東京Step3_5     6月16日(火) 6946_b0069507_04560706.jpg

Who's next?


タグ:
by mash_boss | 2020-06-17 06:59 | 写真 | Trackback | Comments(0)
焼き込み、覆い焼。 緊急事態宣言38  5月16日(土) 6914 
人気ブログランキング参加中です。
焼き込み、覆い焼。 緊急事態宣言38  5月16日(土) 6914 _b0069507_02000932.jpg家に、事務所に、引きこもる時間が多い今日この頃ですが、時間を見つけて楽しんでいるのが「暗室作業」。
「暗室作業」といっても、リアル暗室ではなく、デジタル時代の暗室は「Photoshop」です。
画像処理ソフト、Photoshop以外にも各種ありますが、その差はリアル引き伸ばし機に例えるならば、私なんぞが若い頃使っていたラッキーの引き伸ばし機と高値の花で買えなかったダーストやオメガ、べセラーの高級引き伸ばし機位の差があります。

Photoshop、使い方やテクニックの解説本が出ています。やっぱり若い人の方が上手に使いこなす割合が多いですが、オジサンだって使える領域はあります。
今日の、Photoshop作業は、自分でするしかない領域とオジサンでもできる覆い焼と焼き込みです。

先日、JCIIフォトサロンで、奈良原一高さんの「暗室ノート」が展示されていました。展示されていたページを見ると、1枚のプリントをするために、大変な作業をなさっていました。
その作業は、本日の作業と同じ。
奈良原さんはアナログでマスクを作って、露光時間を調節して作業をなさっていました。それに代わり。Photoshopはデジタルでマスクを作ります。
奈良原さんの時代に、Photoshopがあったら、上手に使われるだろうな~ 
奈良原さんの暗室ノートを拝見したら、Photoshopの作業だったら、何重にもレイヤーができてしまいます。
Photoshopは簡単にやり直しがきくし、結果もすぐわかります。
アナログのプリントだったら、プリントも現像液の温度管理だけでも大変です。

それに比べて今日の私の作業は、覆い焼と焼き込みだけ。Photoshopのレイヤー2枚だけです。
レイヤーの露光量1は覆い焼、影1は焼き込みです。
プリントも簡単です。暗室でプリントした方ならおわかりになると思いますが、今のプロ用インクジェットプリンターで、良いペーパーを使ってプリントしたプリントと同じレベルのプリントを暗室で作ろうと思ったら大変です。
下手ながらも自分でPhotoshop作業した「自分でするしかない領域」とは、誰にも邪魔されない自分の作品だからです。

フィルム時代、私の育った広告写真の世界では、モノクロ写真の撮影後の作業、現像、プリントは全て外注でした。効率と、いつプリントをお願いしても同じ品質を求めるためです。餅は餅屋です。
モノクロは白から黒までで表現するのですから、カラーより大変なのです。
それでいて、なぜ外注でOKかというと、広告の表現の最終目的は印刷です。その為には、ある種のスタンダードがあるので広告用のモノクロはその幅に入っている必要があり、モノクロ専門のラボは仕上がりをその範囲に入れてくれます。
とはいえ、最高級の仕上がりが必要な時は、撮影前に撮影対象、条件(スタジオかロケ)と使いたいフィルムをモノクロラボに相談して、指定された撮影感度で撮影していました。(トライXだってISO400とは限らないのです。)
お願いするモノクロラボは、品質によって松・竹・梅とクラス分けして3つありました。
当時の最高級ラボは、西麻布にあった久保さんでした。今は、久保さんはアマナサルトで活躍中です。

フリーになって、モノクロの仕事が来た時に「上手い、高い、遅い」でもかまわない時は、久保さんにお願いしていました。
独立して、新しい仕事として婦人誌でモノクロ数ページでタレントさんを何号か撮影するようになり、その場合は別でした。
フィルム現像は久保さんにお願いしましたが、プリントだけは自分でしました。
広告のモノクロ表現と違い、雑誌の場合は自由だったので、自分の表現をしようと思えば自分でプリントするしかないのです。
スタジオに臨時暗室をつくり、プリントをしたものでした。
こんな事を思い出しながらのPhotoshop作業は楽しいです。
焼き込み、覆い焼。 緊急事態宣言38  5月16日(土) 6914 _b0069507_05045439.jpg
結果です。
左は何もしていないプリント。
右は、覆い焼と焼き込みをした後のプリントです。


by mash_boss | 2020-05-17 08:09 | 写真 | Trackback | Comments(0)
写真みたいよう~!  緊急事態宣言32  5月9日(土)  6906

写真みたいよう~!  緊急事態宣言32  5月9日(土)  6906_b0069507_17191558.jpg世の中、経済的な面から緊急事態宣言解除の方に動いています。
資本主義の世の中なので、当たり前と言えば当たり前ですが、「文化」の面でも結構辛いですね~。

コンサートが中止になったり、演劇が中止になったりで、TVニュース等でも取り上げられます。それに比べて地味な写真は、とりあげられません。
メーカー系ギャラリーも、独立系ギャラリーも、レンタルギャラリーもクローズ中です。
例えば、東京都写真美術館とキヤノンギャラー銀座は2月29日から臨時休館中です。
当たり前のようにギャラリーで写真が見られていたのが、見る事ができなくなる、当たり前が当たり前でなくなる日が来るなんて、思いもよりませんでした。

最近、亡き父が「食いたいものは、最初に食え」といっていたのを思い出します。
太平洋戦争を経験した父は、最初に好きなものを食べておかなければ、戦場では次の瞬間死んでしまうという経験をたくさんしてきました。
写真展も同じ、写真展オープンしたら、初日に見なければ何が起こるかわかりません。
日本は、地震だってあるのです。
写真みたいよう~!  緊急事態宣言32  5月9日(土)  6906_b0069507_17191491.jpgドイツのカメラ販売店が5月16日に、EOS R5の何らかの発表があると伝えています。
日本では、緊急事態宣言解除の話がでてきましたが、景気づけに日本でも発売発表がないかな~
待ち遠しいです。
写真みたいよう~!  緊急事態宣言32  5月9日(土)  6906_b0069507_17191501.jpgおまけです。
緊急事態宣言で、顔を合わせる事が多くなった愛猫・ダーです。
カメラを向けたら、結構怖い顔をしていました。

この子と私は何故か緊張関係にあります。
こちらは何とも思っていないというか、可愛いと思っているのですが、あちらはどうも違うようです。
私が緊急事態宣言で家にいる時間が多くなったのでさぞ迷惑な事でしょう。


by mash_boss | 2020-05-10 07:31 | 写真 | Trackback | Comments(0)
仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746

仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262406.jpg今日はヨドバシカメラ撮影会札幌、仙台のコンテスト審査会でした。
応募者数は参加者数増加とともに増えて、仙台は500強、札幌は500弱、両方合わせて1000点位になりました。

作品を床に置くのは、気になるところですが、ヨドバシカメラのコンテストはスタッフによる予備審査等は一切なく、応募作品を全部審査員が見ます。
全ての作品を、審査員がいっぺんに見るために床に作品を置いています。
ご理解を。

仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262582.jpg第一次審査は20分程、各審査員が気になる作品にポストイットを貼っていきます。

今日の審査員は、
仙台は榎並、山岸、内田、伏見の4人。
札幌は榎並、山岸(一次審査のみ)、HARUKI、西尾、伏見の5人です。

仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262548.jpg西尾君、気になる作品があったようです。
仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262527.jpg2次審査は、一次審査でポストイットが1つでも付いた作品を残し、今度は2次審査に残った点数をもとに、審査員に一定枚数のポストイットを作品に貼ってもらい、投票枚数の多い作品を残し3次審査に残します。
札幌は、実力拮抗する作品が多く、5次審査になりました。
こうして、最優秀賞1点、優秀賞3点、入選5点、佳作5点、審査員賞を選びます。
写真は、最優秀賞、優秀賞の審査結果のコメントを書くために、審査員の意見を聞いているところです。

仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262454.jpg審査会が終了し、懇親会です。
最近、HARUKI君のPCの調子が悪くなり、相当の量のデーターが読みだせなくなるトラブルが発生、フォトグラファーになる前には、コンピューター関連の仕事をしていた西尾君にアドバイスを受けています。
仙台、札幌 コンテスト審査会  11月19日(火) 6746_b0069507_05262421.jpg懇親会の後、目黒のJPGギャラリーへ。
HARUKI君とハーレーダビットソンを写した、千代田路子写真展『探険記 MOTORROCK-KS 2013-2019』​のオープニングレセプションにお邪魔しました。
千代田さんはタムロンの広報宣伝関係に長く携わって、退職後シリアスフォトグラファーと活躍しています。

HARUKIと一緒はタムロンのマーケッティングの部長齋藤さんです。
タムロンは、最近独自のレンズ製品をヒットさせています。
中国や韓国のレンズメーカーが、究極の性能はともかくとして、アグレッシブに製品を発売しています。
ガンバレ日本のレンズメーカー!

写真展詳細はココからどうぞ! 12月1日まで!



by mash_boss | 2019-11-20 07:13 | 写真 | Trackback | Comments(2)
70回め  11月17日  6745

70回め  11月17日  6745_b0069507_23131732.jpg今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家の広告作品アーカイブの日。
2012年9月に初めて、今日で70回目です。
これまで、アーカイブ化し、現物を北海道写真の町・東川町に送った広告作品枚数は7193枚になりました。
継続は力なり。
70回め  11月17日  6745_b0069507_23131759.jpg昼ご飯は、いつものバーミヤン。
一ヶ月に1度しか行かないですが、色々変わります。
期間限定メニューが「美味なる黄金」x「旨辛の赤」になっていました。
その「赤」の唐辛子です。
+100円のエクストラです。
何でも、今は世界も日本も何度目かの「辛さ」のぶーむだそうです。
人は、ストレス等が溜まると辛い物を食べたくなるそうです。そして辛いものを食べると、幸福感を感じる物質が脳内に発生するそうです。
辛いものが、けっこう好きな私は、知らないうちに、ストレスたまっているのでしょう。

70回め  11月17日  6745_b0069507_23131694.jpgアーカイブ作業が終わり、丸の内・富士フイルムイメージングプラザ東京で開催中の内田ユキオ写真展「青い影」を拝見しました。
あの、筋肉系ヨドバシカメラ撮影会講師の内田君が、新発売のX-Pro3で撮りおろした、ハワイです。
「青い影」と聞くと、私の年代ではプロコル・ハルムを思い出します。
ハワイ、ずい分行っていないな~。

写真展は27日16時まで。


70回め  11月17日  6745_b0069507_23131713.jpg明日の撮影機材です。
カメラは、デジタルになり大きく変わりましたが、ストロボも大きく変わりました。
特に、大型ストロボ進化は凄いものがあります。
そのトップを走るのがスエーデンのプロフォトストロボです。
最新の充電式大型ストロボB10は小さくて優秀です。(イルコ曰く「コマンダーは最低」、me tooです。)

このバックのなかには、
Profoto B10x2 充電器x2
Canon 5D Mk Ⅳx2 充電器x1
Canon EF24-105mm F4L IS II USM
SIGMA Art 24-105mm F4 DG OS HSM
Canon EF70-200mm F2.8L
Canon 600EX II-RT+バッテリーパック
ストロボメーター
カラーメータ
が入っています。
何故、24-105が2本なのか? 明日、メインに使うレンズなのです。
24‐105に何か起こった時の予備として、24‐70を持っていく場合もありますが、70mmでは短いので、SIGMAの24‐105が予備です。(メインとしても十分使えるレンズです。)

カメラは迷いましたが、安心のCanon 5D Mk Ⅳにしました。
やっぱり、5D Mk Ⅳ位の剛性感と完成度のミラーレスでないと、本気に使うカメラとしてのミラーレスにはなりえないのでは…
CANONもNikonも、持てるもの全てを出した本気のミラーレスをお願いします。


by mash_boss | 2019-11-18 07:08 | 写真 | Trackback | Comments(0)
写真ならでは・・・  11月11日(月) 6739
人気ブログランキング参加中です。

写真ならでは・・・  11月11日(月) 6739_b0069507_21180297.jpg日曜日の福岡のヨドバシカメラ撮影会で、写真集をいただきました。作者は武智|Satomiさん。
HAKATAとNAKASUのAKAをとって、赤をキーワードに博多・中洲を写した写真集です。
最初はパラパラとめくっていたのですが、そのうち惹きつけられました。
街を、地理的にだけでは無く、街の気持ちを知り尽くした、街の気持ちをわかっている人だけが写せる写真集です。
なかなか「凄い」写真集です。
福岡でない「博多」の写真集。
地元の力、写真ならではの力を感じました。

いつも、撮影会の前に明日を気にして飲んでいますが、明日を気にせず街にひたりたいと思わせる写真集です。
中洲に行きたくなりました。


写真ならでは・・・  11月11日(月) 6739_b0069507_04010854.jpgこちらはAKAAKAでも、東京・四谷の赤です。
街の記録です。
四谷には、持田製薬の本社があります。
そこには、岡本太郎さんのかなり目立つオブジェがあるのですが、その隣にもうクリスマスリースが登場です。

今年ももう一ヶ月半です。


by mash_boss | 2019-11-12 07:09 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Book調整  8月5日(月)  6642

Book調整  8月5日(月)  6642_b0069507_01572400.jpg札幌モードを切り替えて、今日はBookの調整です。
明日のプレゼンテーションに行く、マネージャー佐々木とフォトグラファーの池嶋と作業をしました。
プレゼンテーション先によって、Bookの構成を変える、これって重要です。

Book調整  8月5日(月)  6642_b0069507_01572423.jpgBook作業の前、ベンツを車検に出しました。
いつもの、横浜・都築区・池辺のオートプライドです。
このところ、洗車以外に登場しないS212ですが、「便りがないのが良い便り」のとおりです。元気です。

さて、私の世代というかフィルム時代のフォトグラファーは、フォトグラファーになったら機材を揃えつつ車も買うというのが、一般的でした。
MASHも、国産ワンボックスとセダンかワゴンの組み合わせで、何年も仕事をしてきました。
今は、ニッサン キャラバンNV350とベンツS212 4Maticです。
これまで、様々な車を外車、国産車を問わず乗ってきました。
ベンツはW108の280Sと280SEL 3.5,W115,W124 E230,S124 E350,S210 E350,S212 E350 4Maticと1台の新車を除いては中古を6台の計7台のりました。
ちなみに、Wはセダン系、Sはワゴンです。
VOLVO940ワゴン 新車1台、中古1台、シトロエンBXブレーク新車1台も乗りました。
VOLVO940ワゴンは、故障は殆どありませんでした、路上で動かなくなって置いてきた事が、6~7年で2回ありました。車としては退屈な車でした。
シトロエンBXは、車としては面白く、パッケージもよく、走りも良くセクシーな車ですが、3年間で路上で動かなくなった事が3回、その他の故障もあり仕事に穴をあけそうになった事もあったので、3年でサヨナラしました。
ベンツはS210以降、故障が少なくなりました。今のS212は、エアサスにもかかわらず、もっと面倒がなくなりました。
とはいえ、ベンツを長く乗るコツは、良い「ガレージ」を見つける事です。
新車のベンツの時は、ヤナセにお世話になりました。ヤナセのサービスや心遣いは最高ですが、お値段が…
今のように、年間固定費でのメルセデス・ケアなんて無い時代でしたが、新車から3年で変えてしまったので、故障はあまりありませんでした。
縦目のベンツのW108,W115の時は麻布アロハモーターズ、S124以降は横浜のオートプライドで面倒を見てもらっています。
特に、オートプライドに会わなかったら、こんなに長くベンツを乗り続けられなかった思います。

「国産車は壊れないもの、外国車は壊れるもの」という前提で乗るのが、今でも正しいと思います。


by mash_boss | 2019-08-06 07:15 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Classic Moments. 7月30日(火) 6636
人気ブログランキング参加中です。
Classic Moments. 7月30日(火) 6636_b0069507_03281481.jpgBRUTUS 8月1日号、写真の特集です。
特集は「決闘写真論」、懐かしいです。
1976年にアサヒカメラに連載していたのと同じタイトルです。アサヒカメラの内容は「篠山紀信vs中平拓馬」の写真論です。この組み合わせ、当時も今も画期的です。
内容も濃い物でした。お二人は凄いです。
若かりし頃、必死に読んだ気がします。
今回のBRUTUSのタイトル、それをオマージュしたのでしょうか?
内容は「現代写真の基礎知識」のサブタイトルのとおりです。
「基礎知識」といっても、カメラやレンズ等の「メカ」ではなく、写真そのものの知識です。
現在の写真表現は突然現れたのでは無く、写真が発明されて以来の様々な表現の上に成り立っています。
それを、お勉強するのも悪くはないです。「クラッシック」を知る。大切な事です。「温故知新」重要です。
デジタルカメラになって、テクニック的にも変わったように、写真そのものに対する「知的欲求」も変わってしまったようです。
「カメラ・写真」雑誌は、どうしてもメカや今の写真に偏りがちです。特にデジタルになり、カメラやレンズがドンドン出てくるので、それを追っかけるのに精いっぱいといった感じです。
フィルム時代は、カメラ・写真誌も「写真文化」にページをさく余裕も、読者からの欲求もあったのでしょう。
いつのころからでしょうか、『ポップカルチャーの総合誌 』と銘打つBRUTUSや、PEN等は「カルチャー」として写真を捉えて、時々特集をしてくれるようになりました。
専門誌が「忙しい」デジタル時代、それ以外の雑誌もチェックする必要があります。

そういえば、美術手帖も以前は面白い写真特集やっていたけど、今はどうなっているんでしょう?


Classic Moments. 7月30日(火) 6636_b0069507_03281469.jpg梅雨明けとともに、暑くなりました。
皆さん、ご注意を!
週末に行く札幌も、144年間の観測史上最高に温度が高い「最低気温」だったとか…
最高気温も30℃以上!
一昔前なら、考えられない札幌の夏です。
地球温暖化の影響でしょうか?
このところ、どんどん気候が変わっています。


by mash_boss | 2019-07-31 06:58 | 写真 | Trackback | Comments(0)
やっぱり、凄い‼のⅡ  7月8日(月) 6615
人気ブログランキング参加中です。
やっぱり、凄い‼のⅡ  7月8日(月) 6615_b0069507_02182094.jpg現在、MASH managementのフォトグラファー達とマネージャー佐々木が面談中ですが、そのなかでの一番変わっているのは、遠藤君です。
もともとは、スノボーの選手。
怪我をして、選手は断念、写真の道へ…
スノボーで慣れ親しんだ、雪を追いかけるフォトグラファーになりました。
現在は「北極」を継続的に撮影中です。
これは、遠藤君が自己紹介をする「Book」です。
海外にも使用するので、全て英語です。
スノボーもプロ級、スキーも上手、山にも上る、それでいてストイックに北極を写し続ける、凄いです。

貴重なフォトグラファー、遠藤君の詳細はココからどうぞ!
やっぱり、凄い‼のⅡ  7月8日(月) 6615_b0069507_02182883.jpgさて、今日の原宿の車です。
この車を見るのは、3~4回目。
見るたびに、何と、ご苦労さんな事と、思ってしまいます。
注目されたいのでしょう?
信号に止まるたびに、自動でこうなるのか、それとも停車時間が長い信号でマニュアルでこうするのか気になります。
やっぱり、凄い‼のⅡ  7月8日(月) 6615_b0069507_02211754.jpg今日の原宿の車Ⅱです。ランボルギーニです。
かつて、イラストレーターの渡辺和博さんは、名著「金魂巻」でBMWの3シリーズを六本木のカローラと呼びましたが、原宿では当たり前のように走っているランボルギーニは、何と呼べばいいのでしょう?
この車は、MASHmanagementの事務所があるマンションの駐車場に駐車している車です。
「金魂巻」の「〇金」です。



by mash_boss | 2019-07-09 06:58 | 写真 | Trackback | Comments(0)