カテゴリ:写真( 46 )
Book調整  8月5日(月)  6642

b0069507_01572400.jpg札幌モードを切り替えて、今日はBookの調整です。
明日のプレゼンテーションに行く、マネージャー佐々木とフォトグラファーの池嶋と作業をしました。
プレゼンテーション先によって、Bookの構成を変える、これって重要です。

b0069507_01572423.jpgBook作業の前、ベンツを車検に出しました。
いつもの、横浜・都築区・池辺のオートプライドです。
このところ、洗車以外に登場しないS212ですが、「便りがないのが良い便り」のとおりです。元気です。

さて、私の世代というかフィルム時代のフォトグラファーは、フォトグラファーになったら機材を揃えつつ車も買うというのが、一般的でした。
MASHも、国産ワンボックスとセダンかワゴンの組み合わせで、何年も仕事をしてきました。
今は、ニッサン キャラバンNV350とベンツS212 4Maticです。
これまで、様々な車を外車、国産車を問わず乗ってきました。
ベンツはW108の280Sと280SEL 3.5,W115,W124 E230,S124 E350,S210 E350,S212 E350 4Maticと1台の新車を除いては中古を6台の計7台のりました。
ちなみに、Wはセダン系、Sはワゴンです。
VOLVO940ワゴン 新車1台、中古1台、シトロエンBXブレーク新車1台も乗りました。
VOLVO940ワゴンは、故障は殆どありませんでした、路上で動かなくなって置いてきた事が、6~7年で2回ありました。車としては退屈な車でした。
シトロエンBXは、車としては面白く、パッケージもよく、走りも良くセクシーな車ですが、3年間で路上で動かなくなった事が3回、その他の故障もあり仕事に穴をあけそうになった事もあったので、3年でサヨナラしました。
ベンツはS210以降、故障が少なくなりました。今のS212は、エアサスにもかかわらず、もっと面倒がなくなりました。
とはいえ、ベンツを長く乗るコツは、良い「ガレージ」を見つける事です。
新車のベンツの時は、ヤナセにお世話になりました。ヤナセのサービスや心遣いは最高ですが、お値段が…
今のように、年間固定費でのメルセデス・ケアなんて無い時代でしたが、新車から3年で変えてしまったので、故障はあまりありませんでした。
縦目のベンツのW108,W115の時は麻布アロハモーターズ、S124以降は横浜のオートプライドで面倒を見てもらっています。
特に、オートプライドに会わなかったら、こんなに長くベンツを乗り続けられなかった思います。

「国産車は壊れないもの、外国車は壊れるもの」という前提で乗るのが、今でも正しいと思います。


by mash_boss | 2019-08-06 07:15 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Classic Moments. 7月30日(火) 6636
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03281481.jpgBRUTUS 8月1日号、写真の特集です。
特集は「決闘写真論」、懐かしいです。
1976年にアサヒカメラに連載していたのと同じタイトルです。アサヒカメラの内容は「篠山紀信vs中平拓馬」の写真論です。この組み合わせ、当時も今も画期的です。
内容も濃い物でした。お二人は凄いです。
若かりし頃、必死に読んだ気がします。
今回のBRUTUSのタイトル、それをオマージュしたのでしょうか?
内容は「現代写真の基礎知識」のサブタイトルのとおりです。
「基礎知識」といっても、カメラやレンズ等の「メカ」ではなく、写真そのものの知識です。
現在の写真表現は突然現れたのでは無く、写真が発明されて以来の様々な表現の上に成り立っています。
それを、お勉強するのも悪くはないです。「クラッシック」を知る。大切な事です。「温故知新」重要です。
デジタルカメラになって、テクニック的にも変わったように、写真そのものに対する「知的欲求」も変わってしまったようです。
「カメラ・写真」雑誌は、どうしてもメカや今の写真に偏りがちです。特にデジタルになり、カメラやレンズがドンドン出てくるので、それを追っかけるのに精いっぱいといった感じです。
フィルム時代は、カメラ・写真誌も「写真文化」にページをさく余裕も、読者からの欲求もあったのでしょう。
いつのころからでしょうか、『ポップカルチャーの総合誌 』と銘打つBRUTUSや、PEN等は「カルチャー」として写真を捉えて、時々特集をしてくれるようになりました。
専門誌が「忙しい」デジタル時代、それ以外の雑誌もチェックする必要があります。

そういえば、美術手帖も以前は面白い写真特集やっていたけど、今はどうなっているんでしょう?


b0069507_03281469.jpg梅雨明けとともに、暑くなりました。
皆さん、ご注意を!
週末に行く札幌も、144年間の観測史上最高に温度が高い「最低気温」だったとか…
最高気温も30℃以上!
一昔前なら、考えられない札幌の夏です。
地球温暖化の影響でしょうか?
このところ、どんどん気候が変わっています。


by mash_boss | 2019-07-31 06:58 | 写真 | Trackback | Comments(0)
やっぱり、凄い‼のⅡ  7月8日(月) 6615
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02182094.jpg現在、MASH managementのフォトグラファー達とマネージャー佐々木が面談中ですが、そのなかでの一番変わっているのは、遠藤君です。
もともとは、スノボーの選手。
怪我をして、選手は断念、写真の道へ…
スノボーで慣れ親しんだ、雪を追いかけるフォトグラファーになりました。
現在は「北極」を継続的に撮影中です。
これは、遠藤君が自己紹介をする「Book」です。
海外にも使用するので、全て英語です。
スノボーもプロ級、スキーも上手、山にも上る、それでいてストイックに北極を写し続ける、凄いです。

貴重なフォトグラファー、遠藤君の詳細はココからどうぞ!
b0069507_02182883.jpgさて、今日の原宿の車です。
この車を見るのは、3~4回目。
見るたびに、何と、ご苦労さんな事と、思ってしまいます。
注目されたいのでしょう?
信号に止まるたびに、自動でこうなるのか、それとも停車時間が長い信号でマニュアルでこうするのか気になります。
b0069507_02211754.jpg今日の原宿の車Ⅱです。ランボルギーニです。
かつて、イラストレーターの渡辺和博さんは、名著「金魂巻」でBMWの3シリーズを六本木のカローラと呼びましたが、原宿では当たり前のように走っているランボルギーニは、何と呼べばいいのでしょう?
この車は、MASHmanagementの事務所があるマンションの駐車場に駐車している車です。
「金魂巻」の「〇金」です。



by mash_boss | 2019-07-09 06:58 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Last month of Heisei  03/30  Bon voyage ! 4月28日(日) 6734

b0069507_02025260.jpg
Bon voyage! in Harumi


b0069507_02013983.jpg
もうすぐ5月、まだ桜が・・・ 市ヶ谷のお堀にて。


b0069507_02015044.jpg
Just shadow in Harumi

b0069507_02025984.jpg
Just door in Meguro


by mash_boss | 2019-04-29 07:25 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Last month of Heisei  06/30  What's happening? 4月25日(木) 6731

b0069507_05292962.jpg
?!


by mash_boss | 2019-04-26 07:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Merry Christmas!だけど・・・ 12月25日(火) 6609

b0069507_17551852.jpg今日はクリスマス。
でも、11時集合でヨドバシカメラ昭和記念公園撮影会コンテストの審査会でした。
今回は、フォトグラファーの山岸さんと、佐藤倫子さんがゲスト審査員です。
ヨドバシのコンテスト審査は、あとは福岡撮影会分を残すのみ。
そしてその後に、年度賞の審査があります。

b0069507_05540283.jpgさて、コンテストで入選、入賞をするには、やはりプリントが大切です。
そのプリントの為のセミナーをやっちゃいます。
審査会で「おしいな〜」プリントがもうちょっと良かったら・・・
アレレ、ピントが合ってないぞ!
なんていう事が、結構あります。

プリントのどこを注意すれば良いのか等をお教えします。

詳細、申し込みはココからどうぞ!
b0069507_17551992.jpg審査は13時過ぎに終了。  
その後、愛新覚羅と大久保の中華のお店「周黒鴨」で昼食です。
このお店、全く知らなかったのですが、愛新覚羅のおすすめのお店です。
彼女が入社して、新大久保、大久保の知らない世界が見えるようになりました。
おすすめ麻辣湯をいただきました。


b0069507_17551937.jpgお店の中は、殆ど中国の大衆的なお店です。
日本人は私だけ。
聞こえる言葉は中国語。
メニューには日本語が載っているし、スタッフは日本語も喋れるので大丈夫です。
まず初めに、この棚から好きなトッピングを選びます。
肉あり、海鮮あり、野菜あり、豆腐あり、揚げパンありで楽しいです。
b0069507_17551929.jpg次に好みの麺を選びます。
今日は初めてなので、愛新覚羅が好きな平打ちのビーフンを選びました。
麺2種類のハーフ&ハーフや水餃子も選べます。
辛さは、小辛、中辛、大辛のから選びます。
辛さは、山椒系の辛さです。
中辛をいただきましたが、結構からいです。
辛さに弱い人は、小辛でも辛いかも・・・

b0069507_17552017.jpgお店のウエイトレスさんが、お客さん一人一人にリンゴをプレゼントしていました。
中国では、クリスマスに何故かリンゴをプレゼントする習慣があるそうです。

肝心の麻辣湯に選んだ平打ちのビーフン、こしがあって美味しかったです。
結構病みつきになりそうなお店です。

「周黒鴨」詳しくはココをどうぞ!
b0069507_17552029.jpg
さてさて、本当に最後の一葉です。
この木の秋は終わりです。



by mash_boss | 2018-12-26 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
プリントセミナー 再度開催です。 12月18日(火) 6602
b0069507_05540283.jpg昨年開催した、フォトコンテスト応募のためのプリントセミナー、来年の2月に再度開催します。

審査員は応募作品の何を見ているか?
応募プリントはどこを注意すればいいか?
今回は、より実践的に行います。
Canon,EPSONのプリンター二大メーカーも参加。
メーカー側からの、ちょっとしたヒントも聞けます。

セミナーで聞いてみたい事、疑問に思う事受付中です。
Messengerかfushimi@mash-jp.netに質問をどうぞ!

詳しくはヨドバシカメラ西口本店にお問い合わせください。
西口本店詳細はココからどうぞ!



by mash_boss | 2018-12-19 07:00 | 写真 | Trackback | Comments(0)
悪巧み・・・の結果? 12月6日(木) 6590
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_11573534.jpg山岸さんと一緒の写真に「男達の悪だくみみ」というタイトルでこのブログにエントリーしたのは9月5日でした。
それから3ヶ月。
「悪だくみ」第一弾が完成し、メンバーのRyu Yudai(ヨドバシカメラ日野専務)さんが送ってくれました。
ありがとうございます!😂👏

悪巧みグループの名前は「Sexy & Sexy Rockabilly's.」
日野さん、山岸さん、大阪の友田さんがメンバーです。
表紙の写真、それなりのチョイワル感があるでしょ?
山岸さんは、爽やかな笑顔過ぎで~す。😅

私の作品は、3月、9月、11月です。
3月の写真は、昨年のSONYギャラリーでの写真展から、9月は写真は2016年のCANONギャラリーでの写真展から、11月の写真は少し前の作品ですが、ポラロイド8x10フィルムのカタログ用に撮影した作品です。オリジナルはポラロイド8x10です。
4名の個性溢れるカレンダーです。

Sexy & Sexy Rockabilly's.来年は、色々やります!
ご期待を・・・

さて、世にも稀なカレンダー、皆様にさしあげます。
ただし、今の所、限定25部です。お好きな月のプリント1枚つけちゃいます。
Facebookにご連絡ください。

b0069507_12253467.jpg大変です!何が大変かというと、広告メディア、ず〜っと1番だったTVが今年はついにWebに抜かれるらしいです。
それとともに、広告の打ち方も変わり、広告代理店を使わず企業コンサルティングの会社が、制作部門を持ち制作するようになってきているのが、海外の流れのようです。
それに伴い、コンサル会社のアクセンチュアが世界で6番目の大きさの広告会社になり、世界5位の電通を追っているとの事。
いつかは、来ると思っていましたが、ついに来た!と言うのが実感です。
そういえば、私だって、殆ど地上波のTV見なくなりました。
よく見るのはNHKスペシャルとニュース位で、後はNetflixやDLife,WOWWOU on demand等で見る日常です。

媒体の変化は、デジタルの影響です。
この時代を過ごす我々は、時代の生き証人です。
b0069507_05120688.jpg

今日のスタジオは、今年最後のメンテナンスです。
ホリゾンとの養生ビニールを剥がして、ホリ塗です。
b0069507_05120629.jpg夜は、キヤノンギャラリー銀座での「EOS R SYSTEM特別企画展野町 和嘉 写真展:地球創生」のオープニングレセプションに伺いました。
さすが野町さんの写真展。超満員です。
そして凄いのは写真です。
写っている内容はもちろんの事、EOS Rというかレンズの性能凄いです。
究極の描写を追及するなら、ミラーレス用のレンズです。
ボディーは、やがてもっと良くなるはずですから、今からレンズを揃えていくのも一考かと思います。
24㎜X36㎜のセンサーから、こんな大きくて精緻なプリントができるなんて、フィルムでは考えられません。
b0069507_05120716.jpg

キヤノンギャラリーの近くの銀座2丁目の交差点は、日本1ゴージャスです。
Burugari、Louis Vuitton、Chanel、Cartierに囲まれた交差点です。
ここのクリスマスシーズンは、自分のお財布は軽くても、ウキウキします。
Burugariは恒例の蛇が巻き付いています。
Louis Vuittonのショウウインドウも本当にきれいです。
この特別なシーズン、皆様も是非どうぞ。



by mash_boss | 2018-12-07 06:50 | 写真 | Trackback | Comments(0)
1ヶ月を切りました。・・・ 12月1日(土)6585 
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_21460886.jpg何が1ヶ月を切ったかというと、毎年撮影している被災地撮影まで、あと1ヶ月を切りました。
毎年、12月28日から東日本大震災に被災地を写しにいきます。
震災の年の12月から始めて今年で8回めになります。
震災が起きた時、フォトグラファーとしては、写したい、記録したいという衝動に駆られました。
でも、私は広告系のフォトグラファー、非常時の場所で被災者の方に迷惑掛けないように、サバイバルしながら撮階影する術は備えていません。
でも、災害があった年の内にはと思い、2011年の12月30日に日帰りで撮影に行ったのが最初でした。
それから7年間、必ず行く地点と、そうでない場所がありますが、かなりの場所に行きました。

b0069507_16382271.jpg
震災後の報道映像で印象に残った場所のひとつ、気仙市沼鹿折地区まで流された第18共徳丸です。
初めて2011年12月30日に行った時、目の前の光景が現実のものとは思えませんでした。
曇り空から雪が降りだし、一層物悲しく見えました。

共徳丸は2013年10月に解体されました。

※2011年12月30日14:14撮影。

b0069507_16382240.jpg石巻雄勝公民館です。
このバスは500mも流されて、公民館の屋上に乗りました。
気仙沼からたいして離れていないのに、こちらは青空。
東北の冬空は気まぐれのようです。
このバスは、震災から1年の1日前の2012年3月10日に撤去されました。

※2011年12月30日16:33撮影。
b0069507_16382357.jpg陸前高田市「奇跡の一本松」です。
2011年の12月に被災地に行き、その様子に驚いた私は、スタジオのスタッフにも被災地の状況を見せるべきと思い、翌年の3月20日にスタッフを引き連れて被災地に行きました。
その時、初めて「奇跡の一本松」に行きました。

※2012年3月20日13:43撮影。

b0069507_16382263.jpg
奇跡の1本松近くの津波で倒壊したガソリンスタンドの瓦礫の中に残っていたカメラです。
ENJOY POHOTO LIFEの文字が、痛々しく空々しく感じたこの日でした。
このカメラは、これまで何を写してきたのでしょう。
楽しい事も、記録したんでしょう。

※2012年3月20日撮影。

b0069507_16382311.jpg陸前高田市「奇跡の一本松」。
山を崩し、その土砂を使い平野部分を嵩上げするための、大規模なベルトコンベアの工事が始まりました。

※撮影2013‎年‎12‎月‎29‎日 ‏‎16:11
b0069507_16382313.jpg流された第18共徳丸があった気仙市沼鹿折地区です。
解体後、区画整理が始まりました。

※撮影2013年12月29日 17:44
b0069507_16382477.jpg「奇跡の1本松」を見渡せる人工の小高い丘ができました。
若いお母さんが、子供に「奇跡の1本松」の事をお話していました。
子供たちは、震災後生まれた子でしょう。
震災後4年9か月、どんどん変わっていきます。
この高台、次の年にはありませんでした。

※撮影2014年12月28日 15:57
b0069507_16382467.jpg2年前に瓦礫の中のカメラを撮影したガソリンスタンドも再開されました。

※‎2014‎年‎12‎月‎28‎日 ‏‎16:27

b0069507_23043524.jpg第18共徳丸があった気仙沼鹿折地区にも、人口の高台が作られました。
たぶん、この高台の下に共徳丸があったのでは・・・

※撮影2015‎年‎12‎月‎28‎日 ‏‎8:42


b0069507_23044391.jpg「奇跡の1本松」とユースホステルです。
震災遺構として両方残ります。
松には、避雷針が…
でも、問題なのはその向こうの高さ15mの堤防です。
昨年はありませんでした。
津波を防ぐために東北の太平洋側の海岸線、全長約400kmにわたり、巨大な防潮堤の建設が進んでいます。
防潮堤には賛否両論。「これじゃ、防潮堤が邪魔して津波が来ても陸側から見えずかえって危険。こんなコンクリートの塊に莫大なお金を注ぐ意味がわかりません。津波対策なら土盛りと植林をした自然の防潮堤で防いだほうがよほどいい」という意見も・・・
陸前高田市は防潮堤をつくる事にし、女川町は防潮堤を作らず宅地を嵩上げする事にしました。
東京の私がとやかく言うのは、はばかられますが「無粋」に感じられます。
でも、人命には代えられないのもわかります・・・

※撮影2015‎年‎12‎月‎28‎日 ‏‎12:29

b0069507_23524096.jpg補修工事中の南三陸町の防災対策庁舎です。
防災対策庁舎では繰り返し「高台へ非難してください」と防災無線で呼びかけ続けていましたが、この3階建て庁舎の屋上を2mも上回る津波が襲い30数人の職員が殉職されました。
この庁舎を解体するか残すかが賛否両論あり決まらず、宮城県が震災の20年後に当たる2031年まで県有化し、一時保存することが決まりました。

※撮影2016年12月28日



b0069507_00141404.jpg復興は第二段階に入りました。
あちこちで建築ラッシュで新しい住宅が建ち始めました。
気仙沼の鹿折地区です。
私は震災10年の2021年の12月までは、撮影を続けるつもりです。
最近は、TVでも新聞でも被災地のニュースは、めっきり減りました。
後3年で震災から10年です。その頃は、被災地の報道量は増えるでしょうが、やがてまた減っていくでしょう。その繰り返しで15年目、20年目と過ぎていくのでしょう。
20年目までは、見てみたいと思うのですが…

※撮影2017‎年‎12‎月‎30‎日 ‏‎8:59


by mash_boss | 2018-12-02 07:29 | 写真 | Trackback | Comments(0)
スポッティング  11月1日(木) 6556

b0069507_17474054.jpg今日は昼過ぎから「スポッティング」。
スポッティングしたのは、この写真。
今は無きPOLAROID8x10フィルムで撮影した作品です。
大きさは8x10inc,20cmx25cmの大きさの密着写真です。
大判ちゅうの大判です。
大判なので、ボケが綺麗です。
さらに、この写真は前玉を少しスイングしてアオッているので、独特のボケがでています。
そして、フィルムはポラロイドですから、世界に1枚しかありません。
モデルさんをストロボで写して、次にスタジオを暗くしてペンライトでギターを演奏する人を描きました。
ペンジュラムです。二重露光です。究極のアナログです。
1枚写すのに時間がかかります。
デジタルカメラの連写とは正反対です。

この大きさで見るときれいですが、ポラロイド8x10は現像する時にジェリー状の現像液に、どうしても泡ができてしまい、小さな白点ができてしまうのです。
網点がある175線のカラー印刷なら問題は無いですが、出力だとちょっと問題かも・・・
しかも、今回の使用目的は拡大する可能性があるので、目立ってしまうかもしれません。

カメラ:TOYO VIEW 810G
レンズ:Nikkor M 450mm F9
フィルム:Polaroid 8x10 Type 809
b0069507_17474061.jpgそこで、スポッティングです。
拡大すると、小さな白い点や、色の付いた点が・・・
これを、消していきます。
フィルム時代は、モノクロプリントをすると、ブロワーでネガやキャリアーを綺麗にしても、小さなゴミ等が残りプリント上に白い小さな点が少しできる事がありました。
それを、専用の絵具で、細い筆で消していくのが、スポッティングです。
デジタルの今は、Photoshopのスポット修復ツールで消していきます。
アナログのスポットに比べて、楽ちんな事、月とすっぽんです。
やり直しは、いくらでもできます。
でも、根気よく、一点づつ作業しなければならないのは、アナログと一緒です。
目がショボショボして、首筋が硬くなります。


by mash_boss | 2018-11-02 07:08 | 写真 | Trackback | Comments(0)