カテゴリ:撮影準備( 237 )
ロケハン騒動  6月15日(土) 6602  

b0069507_05123775.jpg写真好きのおじさん達です。
嬉しそうです。
場所は、名古屋の一蘭です。
今日の宴会は、おじさん講師ばかり5人の不思議な取り合わせです。
山岸さん、伏見、土屋君、HARUKI君、西尾君のありそうで無い組み合わせのフォトグラファー5人組です。
b0069507_05123697.jpg今日は、ヨドバシカメラ名古屋・愛・地球博記念公園大撮影会のロケハン移動日でした。
新幹線でグリンカレーを食べながらの名古屋行き。
外は、大雨です。
b0069507_05123635.jpg豊橋過ぎて晴れ間も見え始めたのですが、名古屋に着いて会場に行ったら、またまた雨でした。
b0069507_05123646.jpgHASEO講師のアシスタントであり、モデルでもある吉川さんです。
ここは、明日は使えないかも・・・
b0069507_05123790.jpg夜は、気合いを込めて「天気祭り」と思ったのですが、ちょっとした事があり、お店を3軒まわる事に・・・
2軒めの居酒屋さんで、ご飯を頼んだら、こんな風にでてきました。
結論として、鍋の〆の雑炊用のご飯と同じ器と盛り方です。
b0069507_05123652.jpg2軒めの居酒屋さんには「十四代」がありました。
「時価」です。
試しにお値段を聞いたら、1合¥3,700,-+!!でした。
もちろんパスして、獺祭にしました。それでも1合¥1,200,-とちょっとでした。

b0069507_05123728.jpg結局、みんなが満足したのは、博多ラーメン「一蘭」でした。
全員基本はラーメン+ニンニク、それに好みのものを足して注文。
私のラーメンは、辛さ2倍、あっさりめです。
これに、生ビールで今日の〆です。

明日は、曇り時々晴れの予報になりました。



by mash_boss | 2019-06-16 06:06 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
初鶴見 6月8日(土) 6955

b0069507_04495774.jpg今日は、午後から明日のヨドバシカメラ總持寺舞子はん撮影会のロケハンお手伝い。
京都からの本物の舞子さんと、芸子さんが来る撮影会です。
b0069507_04495737.jpg場所は、横浜・鶴見の總持寺です。
總持寺は、永平寺と並ぶ、曹洞宗の大本山です。
b0069507_04500868.jpgロケハンも無事に終わり、鶴見駅西口そばの北の国バルで天気祭り。
左から、お馴染み榎並悦子講師、私、大阪の東講師、京都の木村講師。
全員、初鶴見です。
藤里講師とコムロミホ講師は、仕事で欠席です。
b0069507_04495760.jpg榎並さんは、良い調子です。
これで、明日の天気は大丈夫?



by mash_boss | 2019-06-09 07:04 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
美人が美人に見えません… 5月31日(金) 6497


b0069507_01373879.jpg昨日の夜の相原さんのレセプションと、その後のカフェでちょっと飲みすぎたようで、朝からムカムカ。
相原さんのレセプションでは、乾杯でコップにビール1杯、その後は白ワインを3~4杯。その後のAUX BACCHANALESでは、CAFEなのにハイボール2杯。お酒好きだけど、お酒に弱いので限度オーバーしました。
二日酔い? 気分的には1.8日酔いくらいです。
こういう気分では、美人も美人には見えません。
でも、こういう時にキレイに見えるモデルさんは、本当に美人?
6月16日のヨドバシカメラ名古屋 愛・地球博公園撮影会の組み合わせを作りました。
撮影会の詳細はココからどうぞ! お待ちしています。!!

b0069507_01373831.jpgこちらは、最近原宿を走り回っている宣伝バス。
スカーフ、もしかしてヒジャブ?を被った女性グループのプロモーションバスです。
みんなカワイイ子です。

b0069507_06032679.jpgこちらの3人は仙台のモデルさんです。
今度の日曜日2日の全日写連、松島撮影会のモデルさんです。
モデルさんは、この他に2人。

by mash_boss | 2019-06-01 06:28 | 撮影準備 | Trackback | Comments(1)
5月の7日間 資格 5月7日(火) 6473
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03085936.jpg10連休も終わり、今日から仕事再開。
みなさん、調子はどうでしたか?

さて、この連休中にフォトグラファーの池島君が「足場の組立て等作業特別教育」を終了。
「修了証」(資格証)をいただきました。
平成27年から実施された資格のようです。

この資格とフォトグラファー、何の関係があるの?と思われる方が多いと思いますが、広告系の撮影には「イントレ」を組んで、その上から撮影する事もあり、イントレ組み立てには、法的にはこの特別教育を終了している必要があるのです。特別教育を受けていない人が、作業をしても罰則がある訳ではないようです。
安全とコーポレートガバナンスという観点での受講です。
この他にも、高所作業車の免許を持っているフォトグラファーもいます。これも、高所からの撮影が、それなりにあり、免許を取りました。
プロフェッショナルフォトグラファー、周辺機器の発達や社会状況の変化により、写真が写せるだけではだめなのです。(メンドクサイ)

b0069507_03085960.jpg連休明けの原宿・竹下通りです。
空いています。
地面が見えます。
連休中の竹下通りは人が多すぎて、地面中見えませんでした。
人が多すぎて、お店の人も困っていたくらいです。
なぜ竹下通りにいくのか・・・ 行くこと、歩くことに意味があるのでしょう。
イギリスの伝説的登山家ジョージ・マロリーが「なぜ、山(エベレスト)にのぼるのか。そこに、山(エベレスト)があるからだ」と言ったのとおなじです。


by mash_boss | 2019-05-08 07:19 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
Last month of Heisei 25/30 京都ロケハン 4月6日(土) 6712
やっぱり、きれいですが…
予想通り、人がいっぱい。

明日の亀山地区は、思ったより人が好くなく、散策撮影会どうにかいけそうです。
b0069507_04432796.jpg嵐山から花見小路通に移動。
人の多いところから、またまた人の多いところへ移動です。
目的は、ライカギャラリー京都です。
b0069507_04273703.jpg昨日ご紹介したハービー山口さんの写真展「時間(とき)のアトラス」を拝見。
これは凄い!
アイデアも写真も素晴らしい。
そして何より、長い間写真を写す続けていなければできない写真展です。
ハービー山口さんの写真展「時間(とき)のアトラス」の詳細はここからどうぞ!

東京でも、是非開催してほしいです。!

b0069507_04273863.jpg次の予定がまで時間があるので、白川通を散策です。
b0069507_04320213.jpg散策と思ったら、ごらんのとおりです。
今日から、ライトアップも始まるとか…
お仕事で来て、お花見もできるので文句は言えません。


b0069507_04273886.jpg次の予定はこれ!
フレンチバル祇園丸橋で「天気祭り」です。

このお店、榎並さんに選んでいただきました。
女性に選んでもらうと、オシャレでいて、リーズナブルなお店を選んでもらえます。💮

b0069507_04273794.jpg丸橋のサラダです。
バケットも美味しいし、ワインもグラスで豊富だし、個室もあるし…
飲みすぎる前に、お時間になりました。これもまたよしです。
タクシーでホテルに直行、爆睡になりました。
b0069507_04273712.jpgおまけです。
今日のお昼は、人気店と紹介されていた「京都千丸しゃかりき」のラーメンでした。
スープの色は濃いですが、味は色ほど濃くはなく、さりとてあっさりでも無く、けっこういけました。


by mash_boss | 2019-04-07 07:42 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
明日の準備・・・ 1月13日(日) 6229

b0069507_19463303.jpg今日、明日の撮影準備でスタジオに行ったら、バナナが・・・
撮影に使うのでしょう。
スタジオは、撮影のために色々なものがあつまります。
結構不思議な空間です。
b0069507_19463318.jpg明日は、10年近く続けている、劇団唐ゼミの舞台撮影。
今回は、唐十郎作ジョン・シルバーと続ジョン・シルバーの2本立て。
思えば、この舞台撮影で最初に使ったカメラはEOS 5DMkⅡ,それからMKⅢ,Ⅳになり、前回の撮影からは、SONY α7 RⅡとOLYMPUS OM-D EM1MkⅡになりました。今回はPEN Fも公演前スナップ用に持っていきます。
何故、2種類のカメラを使うのか?
両方共、完全に仕事に使いこなせるシステムとして揃っていないからです。
今回の写真の使用目的では、撮影後のトリミングを考慮すると、OM-D EM1MkⅡの画素数でギリギリ。α7RⅡでは、オーバースペックです。故に、OLYMPUSには2400万~2600万画素の次のカメラを望みます。(SHARPがCESで8Kのマイクロフォーサス発表したので、画素数的には可能性は大有りだとおもうのですが?)

両方のカメラとも、ミラーレスの弱みとして、ミックス光の舞台撮影では、無音撮影にするとある条件下では、予想もしない場所にストライプの露出差が出たり、ピンスポットライトの逆光に弱かったりするのですが、観客席からの撮影なので「無音」の「魅力」には勝てません。

2本続けての公演は、初めてです。
2本で4時間は超えるので、SONYα7は予備バッテリーを多く持って行く必要があります。
バッテリーグリップ付きのOM-D EM1kⅡは予備バッテリーを1つ持っていけばOKでしょう。
もちろん、充電器とAC延長コードも持っていきます。
設定は、RAW,ISO1600,AWB,シンングルAF+MF,
露出は、この劇団の照明ではISO1600でシャッタースピード1/60~1/125,F4でOKです。但し、照明の凸凹が大きいのでRAWで撮って後で調整は欠かせません。
同じ理由でAEは全く使えません。
その他、OLYMPUSはLVブースト無し、ソニーはライブニューに露出を反映する設定にします。
レンズは、OLYMPUSはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO,M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO.
舞台撮影では12mm-100mm スーパーレンズです!
SONYはアダプターSIGMA MC11を介して、CANON EF70-200mm F2.8L IS II USM,CANON用SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM,CANON用初期の12-24mm.
の5本です。この組み合わせ、AFのスピードが遅くなりますが、この撮影ではOKです。ただし、12-24mmはマニュアルフォーカスで使用予定です。
メモリーは32GBx1,16GBx3.
一応、Macbook Pro13
劇場が狭いのと、動きが早い舞台なので三脚は持っていきません。(手ブレ補正たすかります。)
2時間と少し、手持ちで望遠付きカメラを持って撮影するのって、私の年齢では結構シビレます。それが今回は倍の時間・・・ どうなる事やら。
その点では、レンズが小さいOLYMPUSはたすかります。
サンニッパ相当のED 40-150mm F2.8 PROの小ささは驚異です。

何れにせよ、こんなに楽に舞台撮影ができるのはデジタルカメラのおかげです。
オリジナルの状況劇場のテント公演が盛んだった1960年台後半~1970年台中頃、写真撮影大変だったと思います。モノクロでトライXをISO1600~3200位に増感現像をすれば、写せましたが、カラーでの撮影はほとんど不可能に近かったと思います。E4現像のハイスピードエクタクロームの感度はISO200も無かったと思いますし、実用に絶えられる増感も2段位までだったと思います。

舞台撮影、デジタルの恩恵、最大限に受けています。



by mash_boss | 2019-01-14 08:15 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
正月気分もTHE ENDです。 1月8日(火) 6224 

b0069507_03465099.jpg今日は、朝からスタジオの事務所ではテスト撮影準備です。
もう、通常活動です。
関東と関西では、正月の時期が違うとか・・・
関東、東京では7日まで、関西では15日まで、地方によっては20日まで、正月の行事が続くとか・・・
関東で7日になったのは、江戸幕府が正月は7日までという、おふれを出したからだそうです。(TVで見ました。)
b0069507_03465195.jpgもんじゃ焼きで有名な月島にある銀一スタジオショップへ、久しぶりに行きました。
本当に久しぶりです。
デコラ2枚購入です。
今日は、1年に1度の「わけあり商品」のセールで、整理券を配る程だったようで、11時過ぎに行ったのですが、まだ少し混雑していました。
駐車場も混んでいたので、店内には入れず商品を持ってきてもらいました。
残念、お店に入りたかった!
b0069507_03465182.jpg原宿の事務所の隣に建った建物、完成間近のようです。
「世界の注目が日本に集まる2020年を軸に、さまざまな文化を世界に向けて発信する『次世代の日本文化のショーケース』を創り出す。」という「神宮前6丁目プロジェクト(仮称)」動きだしたようです。



by mash_boss | 2019-01-09 07:53 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
ラス前 12月26日(水) 6010

b0069507_00543906.jpg毎年この頃になると始めるのが、東日本大震災被災地撮影の準備です。
今年は、国道6号線の福島第1原発の放射線での帰還困難区域を通るコースを選びました。
そこは、窓が閉まる4輪車以外通行禁止。バイクも自転車もトラクターもオープンカーも通れません。
4輪車も止まってはいけません。
帰還困難区域は、時間が止まっています。そこを、走りながら写真を写すために、吸盤付きのカメラホルダーにオリンパスPEN F+17mm 1.8+レリーズの体制で望みます。
カメラのセッティングは、マニュアルで1/250.F5.6に固定。ISOはAUTOに設定してISO感度で露出を調整します。この設定はデジタルだからできる事です。
ピントもマニュアルで被写界深度を利用します。フォーカスリングが動かないようにテープで固定します。
色温度AUTO、Raw、オートパワーOFFを切って撮影します。
b0069507_00543947.jpgさて、アシスタントの今井君、何を思ったかドレッドヘアーにしました。
12時間もかかったそうです。費用は¥50,000,-だそうです。
な、な、な、なんでかな~

b0069507_00543893.jpg今年最後の「四谷ヒルズ」です。
外壁工事が進んでいます。
工事はしているものの、クレーンは動いていませんでした。
そして、いつの間にかクレーンが高くなっていました。
クレーンを高くする行程を、ぜひ見たいと思います。
完成すると、ビルの高さはこの倍くらいになります。
そうなると、オリンパスの12mm~100mmでは入らなくなります。
撮影するレンズを考えないと・・・


by mash_boss | 2018-12-27 06:52 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
正月準備。 11月14日(水) 6568

b0069507_16495944.jpgこの2人はだれでしょう?
おわかりの方もいらっしゃると思いますが、左は写真月刊誌CAPAの表紙撮影等でお馴染みのフォトグラファー土屋勝義君。右はスポーツフォトグラファーの水谷たかひと君です。
2人とも、平成最後のお正月、来年の平成31年1月2日~3日に開催される予定の恒例ヨドバシカメラ正月ポートレート撮影会に初登場です。
「来年の事を言えば鬼が笑う」といいますが、「現場一割」の準備が大切な我々の仕事、やれる事はどんどんやっておかなければ・・・
という訳で、本日の午前中MASHのスタジオでレクチャーをしました。
土屋君は横浜店、水谷君は上大岡店担当です。

b0069507_16500008.jpg今日はもう1人、水谷君をヘルプする下田雅博君も一緒です。
舞台音響と写真が専門です。珍しい!
b0069507_16500054.jpgそれぞれが、写し合いをしてレクチャー終了です。
因みに、撮影会では、土屋君はEOS Rで、水谷君は、スポーツ写真には切っても切れない、EOS 1DX MarkⅡで撮影予定です。
でも、1DX MarkⅡはCFカードを使用。ポートレート撮影現場で使うプリンターは、SDカードのスロットはありますが、CFカードのスロットルは付いていないと思います。
さあ、どうする?
カメラ代える?
b0069507_16500094.jpg昨日は、二の酉でした。
MASHを代表して飯島君が、新宿・花園神社で購入しました。
今年は25日が三の酉です。
三の酉まである年は、火事が多いと言われます。
みなさん、火の用心です。
それにしても、アメリカ、カルフォルニアの山火事、消えません。

by mash_boss | 2018-11-15 07:04 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
ヨドバシカメラと世界に一台のLeicaの日  10月4日(木) 6544

b0069507_02293846.jpg
今日の午後、今度の日曜日のヨドバシカメラ撮影会の会場、昭和記念公園にロケハンに行きました。
広い!本当に広いです。
台風25号もそれるようで、天気もよさそうです。
10月ですが、天気予報では30℃超えの予報も出ています。今年最後の熱中症注意日かもしれません。
園内にはレストラン、売店もありますが混雑が予想されるので、昼食はご準備の上参加した方が良いと思います。
コンビニは、最寄りの西立川駅の公園とは反対側の出口に、コンビニがあるようでが、他で準備したほうが良いかもしれません。
b0069507_02302238.jpg
台風25号の影響か、倒木もありました。

b0069507_02302180.jpg
銀杏も沢山落ちていました。


b0069507_02305172.jpg
昭和記念公園に行く前は、ヨドバシカメラ本社で名古屋撮影会のコンテスト審査をしました。
終了後にロケハンに行くので、お昼はパワーランチ!
同行したマネージャー愛新覚羅が中国ネットワークで見つけて、よく行くという新大久保「小魏鴨脖店」(しゃおうぇいやぼー)にいきました。
「鴨脖」とは鴨の首肉の事です。


b0069507_02305149.jpgこれが、鴨の首肉です。お初です。
ビニールの手袋をはめて、手づかみでいただきます。
ビールを飲みながらが最高のお料理です。

b0069507_02305145.jpg本日のメイン、ビーフンです。
結構なボリュウムがあります。
沸騰した鉄鍋で出てきます。
スープはあっさりしていますが、ジワリと辛さが効いています。
色々なトッピングができます。
今日は、羊肉(¥200.-)をトッピングしました。
店内は中国語飛び交っていますが、日本語通じます。
今日は愛新覚羅同行だったので、彼女と店員さんの中国語やり取りを聞いていると、ここは北京か上海か・・・

b0069507_02311227.jpg夜は、Leica銀座ギャラリーの故植田正治さんの写真展写真展「濱の人たち」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
挨拶をされる、植田正治さんのお孫さん増谷寛さんです。

植田正治さん、大好きな写真家のおひとりです。
70近くになって、ファッション写真を始めたり、福山雅治さんに写真を教えたり、多方面で活躍されました。

わたしは、Polaroid20X24プロジェクトの時に、米子でお会いした事があります。

植田正治さん、詳しくはココからどうぞ!

b0069507_02311187.jpgLeicaギャラリーでお会いした、日本で唯一の“東京駅フォトグラファー”であり鉄道写真歴40数年の佐々木直樹さんが持っていたLeica X2の東京駅バージョンです。
世界で一台のLeica X2です。
東京駅大丸内のLeica大丸店で10台限定で発売され、ボディに貼ってある外装レザーが10台それぞれ違うので、世界で一台のLeica X2となります。

b0069507_02311280.jpgあまりにも有名な植田さんの作品「子狐登場」登場です。
プリントには、色々なバージョンがあって、これは柔らかいプリントバージョンで、Leica京都ギャラリーで展示されるプリントは「覆い焼」がハッキリわかるバージョンです。
そう、今回の植田正治さんの写真展は、銀座と京都のギャラリーで別バージョンを同時開催なのです。東京は2月3日まで、京都は2月21日までです。
どうにか算段して京都のギャラリーに行きたいものです。

b0069507_02311277.jpgこの写真が、今回の東京での写真展で初公開のプリントです。
今年の7月にご逝去された、植田さんの娘さん和子さんの遺品のなかから見つかった、写真です。
植田さんが写した和子さんです。
この写真だけ、Leicaで写した写真ではありませんが、特別公開です。

Leicaギャラリー銀座・植田正治写真展「濱の人たち」詳細はココからどうぞ!
Leicaギャラリー京都・植田正治写真展「風景のなかの静物」詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-10-05 06:46 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)