カテゴリ:機材( 269 )
本気だな~ 7月20日(金) 6470
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00502421.jpgこれは、あるレンズの鏡胴です。
マグネシュウム製で、見た目より軽くて驚きました。
発表会で、参加者に回されました。
私は、初めて見ました、そして触りました。
b0069507_00503535.jpg今日は上の鏡胴を使ったレンズ、FUJIの200mm F2の発表会でした。
APS-C用のレンズなので、35mmフルサイズ換算だと305mm相当になります。
望遠の明るいレンズが、こんな大きさでできてしまうのは、APS-Cの利点です。
手持ち撮影完全OKです。
実物のタッチ&トライでXH1に付けた状態で覗きましたが、適度な重さで手に馴染みました。
肝心のお値段は、1.4倍のテレコン同梱で¥838,500,-との事。なかなかのお値段です。
10月発売予定です。

このレンズの詳細はココからどうぞ。

b0069507_00512315.jpgもう1本、発表がありました。
8-16mm F2.8 35mmフルサイズ換算12mm~24mmの超広角ズームです。
使用感をプレゼンしたのは、ヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしているフォトグラファーの織作峰子さんです。
織作さん人気あります。
織作さんを写す参加者も結構いました。
現在銀座和光のホールで写真展開催中の織作さんは、会場から駆けつけました。

12mm~16mmの詳細はココからどうぞ。
織作さん写真展の詳細はココからどうぞ。

b0069507_00504660.jpg超広角レンズって、こんな光の入り方するんですね~!
レンズ、20枚も使っています。
気になるお値段は¥277,500,-で11月下旬発売です。

b0069507_00512357.jpgレンズ開発・発売のロードマップも発表されましたが、その中でのスターは、33mm F1.0 オートフォーカスです。
35mm換算50mmの1.0のレンズが2020年までには発売されるようです。

製品発売まで3ヶ月、4ヶ月先のレンズの発表会を開催する… これって、もうすぐ発表発売と噂されている、NikonとCanonのミラーレスへの対処なのでしょうか?
フジがレンズのみでの発表会を開催するのは、初めてとの事で力が入っています。

今年の9月のフォトキナ以降は楽しくも騒がしい事になりそうです。


by mash_boss | 2018-07-21 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
伝統…?  7月13日(金) 6464


b0069507_01444285.jpgProphoto A1です。
今、話題のクリップオンストロボを超えるクリップオンストロボです。
現在の広告系、ファッション系のプロが使うストロボの潮流はスイス製ブロンとスエーデン製プロフォトです。
スタジオでは、どちらかと言うとブロンですが、ロケではD1,B2等を揃えるプロフォトが秀でています。
そのプロフォトが昨年発売したA1を実戦投入してみました。
このストロボは、D1,B2やプロフォトのスタジオ用ストロボまで連携して、多様な使い方ができるのですが、今日はシンプルにクリップオンでの使用です。
組み合わせたカメラはEos 5Dsです。
ズバリ感想は、ストロボOK、でもね…
でもね…は、カメラの問題だと思うのです。
CanonとNikonどちらも優れたカメラですが、経験値からですが、こと純正ストロボに関してはNikonに軍配があがります。
ストロボのハードでは両社甲乙つけがたいですが、差はストロボをコントロールする「ソフト」だと思います。
私が「こりゃ、弱いな」と実感したのは、フィルム時代にEos+純正ストロボを使って、金屏風の前の被写体を写した時でした。
金屏風、ホテルの宴席で主催者がお客様を迎える時の背景に使う金屏風です。
フィルム時代のEos+純正ストロボでは、発光時に金屏風から反射する光を感じてか、露出がかなりアンダーになってしまいました。天井バウンスやディフューザーを使っても、露出の傾向は変わりませんでした。
せっかくTTL調光というのに…
同じ条件で純正ストロボで無く、当時ナショPと呼ばれていたナショナル(現パナソニック)製のTTL調光では無く、ストロボのセンサーで調光するオートストロボでは、Eosで写しても適正露出がでたので、どう考えてもEos+純正ストロボは弱いとなりました。
ある時、Nikon+ニコン純正ストロボで金屏風の前で撮影をしたら、ちゃんと写ったのです。
いろいろ聞いてみると、Nikonは報道カメラマンに鍛えられているからとか…?
デジタルカメラになっても、Eosのこの傾向は変わりません。
今や、ナショナルのストロボは無く、MASHではクリップオンストロボ使う仕事も多くはないので、フォトグラファー達は注意しながら、純正ストロボを使っています。
他の選択肢としては、ニッシンや中国製のストロボもありますが、MASHでは使っていません。
そこに登場したのがA1です。
スペック的にも、メーカーの実績としても、申し分ありません。
今日の撮影は金屏風前での撮影もあるのです。
レンタルで使ってみました。
結果は前述のとおり、TTLオートで使用したのですが、A1本体は凄く使いやすかったのですが、金屏風の前では、Eos純正ストロボを使った時と同じ傾向になってしまいました。
Nikon+A1では試していませんが、Eosの悪しき伝統は、A1でも同じでした。やはりTTL調光のソフトの問題なのでしょうか?
以前は、新聞写真部=Nikonでしたが、相当前からCanonを使う新聞社も多くなってきました。
Eos系を使っている新聞社のスタッフカメラマンはどう対処なさっているのでしょう。

※本日の感想は、あくまでも伏見個人の感想です。


by mash_boss | 2018-07-14 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
たかがケース、されどケース・・・ 6月14日(木) 6335
人気ブログランキング参加中です
b0069507_21402159.jpg
6月になってから、3回めの2.5インチポータブルHDD(ハードディスク)関連エントリーです。
このところ、ちょっとだけHDDに悩まされました。
壊れたり、PCとケースの相性があるという事を知ったり、USB電源に振り回されたりで、「データー消えたらどうしよう!」症候群です。
色々あって、再び三度、ケースを買いました。
本日は、評判まあまあの「玄人志向」のケースのなかでも、最安値税込みで¥800-弱!のケースを、ヨドバシカメラ新宿西口店で購入しました。もちろん中国製です。
いったい中国での工場出荷額はいくらなんでしょう。
さて、肝心の動作ですが、WindowsでもMacでも問題なく動きます。
結論、2.5インチHDDケースは価格では無いのです。
問題は電源部なのです。
b0069507_21402987.jpg
歩道にポツンと立つ、中途半端な棒。
何のための棒か知りませんが、時々エントリーしている「四谷ヒルズ」の定点観測写真は、この棒によりかかって撮影しています。
私にとっては、重要な撮影ポイントなのです。
どうか、再来年の1月まで抜かないでください。



by mash_boss | 2018-06-15 07:28 | 機材 | Trackback | Comments(0)
価格設定。 6月5日(火) 6426

b0069507_02235748.jpg1日にエントリーした、壊れたHDDですが、本日、時間があったので状況を診断してもらいました。
結論は、ハードディスクのモーターが壊れていて、モーター交換との事でした。購入してから、半年もたっていません。
交換のお値段は怖くてきけず、そのまま返してもらう事にしました。

ハードディスクの故障は、論理障害と物理障害の2種類に分けられ、今回はあきらかに物理障害です。という事は、修復費はかなり高額になりそうです。
診断していただいたのは、私のブラウザーで最近よく広告が表示される、銀座にある大手のデーター修復業者さん。
Webを見ると、国立大学の研究室等も利用していて安心できそうです。
電話で予約をとり修理会社に行ってみました。
最初の電話の対応ですが、総合案内の女性にアンケートをされ、専門の男性に変わりましたが基本親切でした。

持ち込み先は、銀座7丁目の昭和通り沿いのきれいなビルの2フロアーで営業中の大手です。
時間より少し早く行って待っている間にロビーのモニターに流れているPVを見ていると、HDDのデーター修復ばかりでなく、スマホやタブレットからの写真データー修復が多い事も判明しました。
スマホ普及とともに、こういう修復業者さんも、忙しくなるんだと妙に納得。
なかにはスポーツ写真家のK氏も登場して、64GBのサンデスクCFカードからのデーター修復という例も・・・
待つこと10分程で個室に通されて、いかにもIT系の青年に状況説明をしました。(個室は秘密保持のためだそうです。)
「物理障害だとデーター修復に数十万円かかる事もあります。部品交換になると桁が違うことも・・・」との事。
予算はいくら位かと聞かれたので「10万円くらいと」答えると、ちょっと困った表情をして、どうしても修復したいデーターはどれですかと聞かれました。
結果がわかるまで、時間~1時間半必要という診断をお願いして、事務所にもどりました。
その後、電話がかかってきて診断結果は「モーターが壊れていたので、部品交換になります。」との事。という事は、桁が違うと先言っていたので・・・
ここでも、予算の事を聞かれたので10万円と答えると「クリーンルーム内での作業になるので、うちでは無理なので技術指導をしている業者さんを紹介しますので、そこだったら5~7万円で修理できます。」という事でした。
なになに、数十万以上かかる作業が、業者さんが違うだけでそんなに価格の差がでるなんて、どうなっているんでしょう?
実は、壊れたHDDのデーターの殆どは、他のHDDにバックアップしてあります。
という事情もあり「今回は諦めます。」と言うと「何故ですか」と質問されました。
「ほとんどのデーターがバックアップしてあったので・・・」と返答すると「気持ちが変わったんですね?」と言われました。この場面で男女の話でも無いのに「気持ちが変わる。」という表現に戸惑いながらも「そう、気持ちが変わったので、HDD戻してください」とお返事しました。
後から、Webで調べたら論理障害でも物理障害でも一律\39,800,-と場合によっては、メディア代金¥12,000,-もしくは書き込み料金\5,000,-という、評判の良い修復屋さんもありました。
HDDのデーター修復の価格設定ってどうなっているんでしょう? 

※写真はこれまで使用していたのと、現役のHDDです。

b0069507_02274489.jpg今日も「四谷ヒルズ」の工事です。
鉄骨が見えてきました。


by mash_boss | 2018-06-06 07:12 | 機材 | Trackback | Comments(0)
いよいよ、これから・・・ 6月1日(金) 6423

b0069507_05582620.jpg「安物買いの銭失い」という諺があります。
今回は「安物買いのデーター失い」をしてしまいました。
毎日、バッグの中に入れて持ちあるいている、2.5インチのハードディスク。
以前は、ハードディスク本体を買い、ケースを買ってそれに入れて使っていたのですが、Macbook ProとSurfaceを併用すると、ケースによっては電源部の関係で使えない事がありました。
そこで、メーカー製の2.5インチのハードディスクを使うことにしました。
今年はじめに購入した某メーカー製、価格重視で選びました。最初は調子よく動いていたのですが、最近はPCが認識するまでの時間が長くなり、一昨日に認識されないようになりました。
潔く(?)諦めて、信頼度の高いMade in japanの2.5インチのハードディスクを購入しました。
今回購入したのは、バッファローの耐衝撃性の強いUSB3.1のモデルです。
購入動機は、ケースの色です。
今回は黄色を選びましたが、ピンクやブルー等の6色があります。イエローやピンクのハードディスクってこれまでありませんでした。楽しくなります。
あとは、いつまで使えるか・・・ Made in japanの信頼性は・・・

b0069507_05494366.jpgずいぶん間があきましたが、「四谷ヒルズ」工事現場の定点撮影ですが、クレーンが建ち、「画」になる状態になりました。
工事現場をかこう塀にも、2020年1月オープンの文字が書かれました。
いよいよ、これから、目に見える上モノの工事開始です。
b0069507_05494281.jpgおまけです。
レンズクリーナーです。
ZEISSブランドです。
大阪の撮影会で、フォトグラファーの桃井君からもらいました。
使ってみたら、結構スグレモノでした。
メガネのレンズ、カメラのレンズプロテクター、ノートPCのモニター、はてはキーボードまで便利してます。


by mash_boss | 2018-06-02 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
今日の機材だて・・・ 5月23日(水) 6416

b0069507_03504118.jpg今日の撮影は、1年振りに依頼された撮影でした。
クライアントさん、再度発注いただきありがとうございます。
珍しく「取材モノ」です。
金融関係者が集まる、セミナーでの講師の撮影です。
服装はジーンズは憚られる、ジャケット着用です。
アシスタント君は必要無しです。
写真の使用目的、その大きさもはっきりしているので、本日のカメラはオリンパスです。
機材の大きさと、顔認識瞳優先のAFと音の静かさで機材を選びました。
メインで使うレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROと思いつつ、使わないかもしれなけど、とりあえず持って行こうとバッグに入れたM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROをOM-D MkⅡに着けてメインレンズで撮影する結果になりました。
35mmフルサイズのサンニッパだったら、今回のような撮影には大きくて持って行けません。
サブカメラは、PEN FにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを着けて使用しました。イメージとしては、望遠系はNikon F ワイド系はライカをぶら下げていた、ベトナム戦争当時の報道カメラマンのイメージです。オリンパスのこの組み合わせでちょっと困るのは、2つのカメラの画素数が違う事です。
今日のような会場には、ライター兼カメラマンも何人かいて、高倍率ズームで撮影をしています。
フィルム時代やデジタル初期だったら、カメラマンを連れて行く状況の撮影なのですが、今は手ぶれ防止、高倍率ズーム、高感度OKになったので、カメラマンを必要とする領域が、どんどん少なくなっているのを実感しました。
そんな時代に、フォトグラファーが必要と思い、声をかけてくれたクライアントさん「あんたは、エライ!」です。良い写真写さなければ・・・
設定はオートホワイトバランス、ISOオート上限設定ISO3200、絞り優先オート、顔認識瞳優先AF、Raw、で撮影しました。
ストロボは持って行ったものの、使える雰囲気ではなかったので、使用しませんでした。ISO3200くらいまでなら、今回の仕事では使える画が撮れる、現在のデジカメ凄いです。
今日の会場は蛍光灯照明なので、無音シャッターだと予期せずに画面にストライプが入る恐れもあるので使用しませんでした。
機材は進歩し、撮影のしかたも変わります。



by mash_boss | 2018-05-24 07:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
新しいお店、新しいお店  5月21日(月) 6414

b0069507_04340153.jpg
新しいMac mini届きました。
ベースは、2.6GHzデュアルコアIntel Core i5です。
メモリーを16GB、ストレージを1TBのフュージョンドライブに換えました。
どんな、パフォーマンスを発揮するのでしょう。
b0069507_04340205.jpg
これまで使っていたiMacのTimemachineからMac miniに情報転送。約3時間弱かかりました。
ところで、Macのラインナップ、もうちょっとどうにかならないでしょうか?
昔のタワー型のMacProから円形のMacProにモデルチェンジした時に、スティルの画像処理には、少しオーバースペックで、お値段も高くなり、コストパフォーマンスが悪くなりました。
毎日、何百枚もモデルさんを撮影するのでないMASHにとっては円形MacProは必要ないのです。
東京のプロはめぐまれていて、何日間かに渡って、何千枚もモデルさんを撮影するような仕事の時は、デジタルオペレーターが付き、メモリーてんこ盛りのMacProをレンタルでき、機材費として面倒をみて貰えます。
という訳で、MASHはタワー型のMacProで結構粘ったのですが、リースの延長終了でiMacをカスタマイズしたモデルに換えました。本体にメインモニターとしてEIZOを繋いで使っています。
アップルも、色々な需要をくみとったのでしょうし、円形MacProも発売してから随分たちました、答えとしてアップルはより強力なiMacProを発売しましたが、MASHにとってはiMacProのモニター無しがほしいのです。

b0069507_04340266.jpg
さて、3月中旬まで、ピーカーブーのオリンピア店があった場所ですが、手巻き寿司屋「権八」さんに変わりました。
5月30日オープンのようです。
どんなお店でしょうか? 楽しみです。
という事は、コープオリンピアの建て替えはドンドン遠のきます。

b0069507_04340293.jpg朝、スタジオに行く途中に四谷でフォト俳句の写真家中谷吉隆さんに、バッタリお会いしました。
中谷さんの事務所は四谷にあるのです。
ちょっとだけの立ち話は、時々お会いしたラーメン屋さんが改装したお話でした。



by mash_boss | 2018-05-22 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
交代です。 5月18日(金) 6412

b0069507_18104765.jpg原宿のマネージメントのメンバーが使うMacを、入れ替える事になりました。
今日は、モニターが事務所に到着です。
今回の入れ替えは、現在使用しているiMac27(たぶん2010年位のモデルです。)が、現在の標準としては、とても「遅く」て実用に耐えなくなりました。
USBだって2.0なのです。
経理的には減価償却の必要の無い¥200,000,-以下にしてくれというリクエストを満たすために、今回は、モニターはEIZOダイレクトから、旧モデル未使用品の sRGBのColor Edge CS230-CNXをチョイスしました。
MacはMac miniの新品、2.6GHzデュアルコアIntel Core i5モデルをカスタムメイド。
メモリーを16GBに増設、ストレージを1TBのフュージョンドライブにしました。
モニターをAdobeRGBを発色をするColor Edge だと、PCと組み合わせると¥200,000,-以上になってしまうので、今回は見送りです。
それでも、現在の環境より、色の管理は大幅進歩です。
AdobeRGBの環境が必要な時は、市ヶ谷で作業ができるので、まあ、実用上は問題無しです。
物を買うのに「原価償却」なんて、会社にするまで知りませんでした。
30年以上たっても、馴染めません。

さて肝心のMacは、日曜に届くという事なので、本日はいつも使っているMacbook Pro 13でキャリブレーションを取りました。
やっぱり、今使っているiMac27 2010より良いです。


by mash_boss | 2018-05-19 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
何でだ〜  5月17日(木) 6412

b0069507_02324966.jpg
今日、驚いたののは西城秀樹さんがお亡くなりになったとの知らせ。
私が、フォトグラファー故・長友健二さんのアシスタントをしていたころ、何回も西城秀樹さんを撮影する時のアシスタントをしました。
当時、長友さんは週刊誌「少女フレンド」の表紙やグラビアを撮影していたので、西城さんや、郷ひろみ、野口五郎、山口ももえ、桜田淳子、浅岡めぐみさん達をいつも撮影していました。
タレントさんによっては、カメラの前に立つまでは、不機嫌な方もいるのですが、西城さんは、いつも明るく元気でした。
フリーになってから、残念ながら西城秀樹さんを、撮影するチャンスは有りませんでした。
脳梗塞等で2回倒れられた事は知っていましたが、まさか、こんなに早く亡くなられるとは、驚くとともに悲しいです。
やすらかに、おやすみください。合掌
※写真は中国新聞社から
b0069507_16194526.jpgさて、左の文字の列、私が使用しているiPad mini4の使用状況の解析データーです。
この数日、iPadを立ち上げるとWifiの受信マークが表示されません。
設定のWifiを見ると未接続、オンにしようと思っても、ONのスライドスイッチが薄いグレーでスライドしません。
iPadの電源を何回か入れ直すと、Wifiが使えるようになるのですが、何十分かするとブラックアウト、落ちてしまい、放っておくとアップルマークが表示され再起動されます。
それが、だんだんひどくなり、ブラックアウトまでの時間が数分になってしまいました。
本日、修理を決心。
apple製品の修理「決心」をしなければならない位、めんどうです。 
appleにメール送ったり、Genius Barの予約取ったり・・・ 時間がかかります。
ダメ元で、飛び込みでも修理受け付けてくれる、iPad購入したsoftbank表参道店に持って行きました。
そして、修理カウンターの担当者さんが見せてくれたのが、この文字列。
panicという単語が見えますが、アップルの規定ではpanicが3回以上でたら、重大故障、恐らくこの場合はマザーボード取替で=この場合本体取替になるそうです。
特に、なんにもしていないのに壊れるなんて~ 担当者さんは「経年変化とか…」、でも、実は、このiPad mini 4 昨年の12月1日に故障して本体を取り替えています。
その時は、保険で¥3,000,-で新品と取り替えてくれました。
この保険、使用した時から半年を過ぎていないと、再度使えないとかで、今、取り替えると¥30,000,-、2週間待って6月1日以降なら¥3,000,-、十分の1で取り替えられるとの事なので、2週間待つ事にしました。
その間は、古いiPad miniを引っ張りだして、SIMMカードを移し替えて使います。
今日、ソフトバンクのお店で知ったのですが、iPad mini4の後継機は出ていず、今は一回り大きい9.7インチの第6世代のiPad、128GBのメモリーのWi-Fi + Cellularで、ペンが使える最新モデルが¥63,800,-で買えるのですね〜 物欲が騒ぎ出します。
でも、iPad miniのサイズがいいんだけど、もう新型はでないのでしょうか…
迷うな~ イカンイカン!!



by mash_boss | 2018-05-18 07:54 | 機材 | Trackback | Comments(0)
月曜の朝から・・・ 4月16日(月) 6381

b0069507_02395396.jpg
本日の朝、事務所でMacbook pro13の電源ボタンをONしたら、アップルマークが出て、その下のプログレスバーが途中で止まって、動かない・・・
月曜の朝から、何だよ〜!!
気分が、一変にダークに・・・

金曜日までは普通だったのに・・・
土日はsurface bookを使っているので、この2日に何があったのだ〜

Netで調べて、色々やって最終的にこの画面・・・
macOS could not installed on your computer

何じゃこれ!っていう気分です。
3日前の13日の金曜日の呪い・・・

ここであきらめて、ひとまず週に1回の月朝ミーティングをして、銀行さんが来て、しばし「代表業務」。
午後、オリンパスプロサポートに寄ってから原宿の事務所でapple supportに電話。
色々を繰り返して、セーフモードで起動できて、そこから通常モードで再起動してもこの画面。
結局、OSのインストールを入れ直しました。初体験です。
タイムマシーンからデーター類を復元しなければと覚悟を決めていたのですが、それはしなくて済みました。(少しだけホッ です。)
サポート電話に30〜40分、OSのインストールに2時間+・・・
サポート電話のお兄さんに「今日の午後は、お時間がありますか・・・」と聞かれたのですが、理由がわかりました。
そしてこれもまたお兄さん曰く「他のお客様にも出ている症状です。・・・」
OSのバージョンアップをしたのは、今年になってからです。
それまでは、2世代前のOSを使っていました。最新のOSにしてしまうと動かないソフトがあったのです。
前のOS、全く問題無かったのに・・・
Mac OS High Sierra 10.13.4って問題あり?

PCって動いている時には、こんな便利なものはないですが、一旦動かなくなると「悪魔」のようです。



by mash_boss | 2018-04-17 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)