カテゴリ:機材( 280 )
Last month of Heisei  08/30 テクノロジー 4月23日(火) 6729

b0069507_03384152.jpgヨドバシカメラ撮影会の講師をしていると、最新のカメラを使う事ができます。
それはイコール、最新のテクノロジーに触れられるという事です。
そのなかで、フィルム時代から仕事をしている私の世代のフォトグラファーが驚くのは、オートフォーカスの進歩とシャッタースピードが速くなった事、しすて最高感度が高くなった事です。
今の一眼レフのオートフォーカスの元祖は、1985年2月発売のミノルタα-7000です。34年前です。
メーカーがミノルタだったので、プロの間では使うフォトグラファーは全くと言っていいほど、使う人がいませんでした。
プロの間でオートフォーカスが広まったのは、CANON EOSシリーズの記念すべき1号機EOS650が発売された1987年、NikonはF501が発売された1986年です。
私も、Canon NewF1を使いながら、EOS650,620,EF28~80mm F2.8,80~200mm F2.8を購入し、AFの便利さに驚きました。
それから、30年以上経ちAFは進化し、人物、ポートレート撮影に最適の瞳優先AFが一般的になり、F1.2なんていう明るいレンズの、開放でも目にピントがピタリと合うようになりました。
サンプル写真は、ボディーはオリンパスE-M1X、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROで撮影。目にピッタリとピントがあっています。
こういう写真は、オートフォーカスでも瞳優先AFが無ければ撮影できませんでした。

b0069507_03385191.jpgシャッタースピード高速化も、表現範囲を広くしました。
サンプル写真のシャッタースピードは1/5000秒。
高速シャッターが使えるようになり、薄日の下でもF1.2 という明るいレンズが、絞り開放で使えるようになりました。
瞳優先AFとF1.2 レンズで撮影。
被写界深度浅いです。

3月に発売されたFUJI XT30は何と1/32000秒なんていうとてつもない高速シャッターを備えています。
デジタルにはフィルムにあった相反則不軌なんて無いのでしょう。

そして、最高感度が高くなった事も驚きです。
iso12800なんて、フィルム時代は夢にも考えられませんでした。
モノクロフィルムはISO1600が増感現像をしての実用限度。
広告系の写真ではカラーリバーサルは余程の事が無い限りISO400のフィルムは使いませんでした。
それが、デジタルになり、ISO800で撮影する事も可能になりました。

デジタルカメラは、昭和の終盤に生まれ、平成で大きく成長しました。
もうすぐ来る令和の時代には、カメラはどんな進歩を遂げるのでしょうか?
その第一幕は「フルサイズ」の競演でしょうか? 楽しみです。


by mash_boss | 2019-04-24 07:09 | 機材 | Trackback | Comments(0)
どうしよう… 3月13日(水)  6688
人気ブログランキング参加中です。

b0069507_01503527.jpgレキサーのXQDカードを、ひょんなことからいただきました。

どうしよう、困ったな~ 使えるカメラ持ってません。
カード使いたくて、カメラを買っちゃう…?
チョット無理です。

XQDカードの速さは、Nikon D5+SONY XQDカードを組み合わせたアサヒカメラのタイアップ記事撮影で体感しました。

レキサーはCFカードで「何倍速」という表記で知られたアメリカのマイクロン社のブランドです。
マイクロンが、カメラで使うメモリーカードから撤退して、中国のメーカーにブランドを売却してから、日本で見なくなりました。
このカードも撤退する少し前に販売されていたカードです。
でも、新しいレキサーブランド、復活するようです。
今後はCFexpressカードとXQDが同じスロットで使えるようになるので、中級機以上のカメラでは採用されるようになり、CF,SDカード同様に普及していくと思われます。
MASHの場合、次の5Dがどうなるかで、このカードの出番がきまります。

b0069507_01503501.jpg昨日の文楽の組み立て式1億円檜作りの舞台の分解作業が始まっていました。
次の公演予定はどこでしょう?
b0069507_01503554.jpg2月28日にエントリーした、原宿・表参道に1本だけあるコブシですが、もう満開になりました。
青空背景のコブシ、きれいです。
あと、1週間もすれば、桜の便りも聞こえてきます。


by mash_boss | 2019-03-14 07:20 | 機材 | Trackback | Comments(0)
まだ、あったんだ!  3月2日(土) 6677
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_06420373.jpgCP+で入場手続きすると、入場証と一緒にくれるれる、写真・映像用品年鑑を見ていたら、懐かしい35mmフィルムの現像タンク‼
まだ売っているんだ~!
パターソンのこの現像タンク、大学生の頃使っていました。
当時は、画期的製品でした。
35mmとブローニーフィルムの現像は、現像タンクで現像するのが一般的ですが、フィルムを巻くリール、ベルト式とステンレス製の溝だけのリールがありました。
ベルト式は、簡単に使用できるが、フィルムに傷がつきやすい。
溝式はフィルムが傷つきにくいが、フィルム装填にコツが必要で価格も高いという、どちらも、一長一短の方式でした。
そこに登場したのが、このパターソンの現像リールとタンクでした。
ベルト式とステンレスリールの良さを併せ持つ製品で、使いやすく、フィルムにも優しい画期的製品だったのです。まだあったんだ~!😂

ところで、この年鑑を発行している一般社団法人・日本写真映像用品子業会とCIPA・一般社団法人カメラ映像機器工業会の前身である日本写真機工業会って、仲がおよろしくなく、イベントを開催するにも色々大変でした。
日本写真機工業会は1960年からデパートの催事場でカメラショーを開催し、多い時には全国で、年十か所以上カメラショーを開催していました。
1970年からは日本写真映像用品子業会も写真用品ショーを開いていました。
ズーっと以前は、時期は同じでも、会場が違ったり、そのご会場が同じでもフロアーが違ったり、同じ会場でも区分けがはっきりしていたり・・・
長年連れ添っても、口をきかないご夫婦のような感じでした。
それが、時代の流れとともに(デジタルカメラとともに?)一緒にイベントをひらくようになりました。
この他に、IPPF・国際プロフェッショナル・フォト・フェアやラボショーなんていうイベントもありました。
それが、2005年にカメラショー、写真用品ショー、IPPF、ラボショーが一緒になって、ビックサイトでのPIE・フォトイメージングエキスポになり2010年からCP+になりました。これもデジタルの影響でしょう。
今更ながら、恐るべしデジタル!
世の中が、何か変わる陰には必ずデジタル有です。

by mash_boss | 2019-03-03 08:20 | 機材 | Trackback | Comments(0)
プリンター追加 2月26日(火) 6673


b0069507_04112789.jpg
結局、コンタクトプリント用にプリンター追加しました。
染料プリンターのCANON iP7230,ヨドバシカメラで、¥14,450,- 13%還元ポイント でした。
買う条件は
CDラベルプリントができる事。
複合機でない、単純なプリンター。
各色独立タンク。
以上の条件のプリンターはiP7230だけでした。

複合機ばかりで、単純なプリンター少なくなりました。
結果としては、大満足。コンタクトプリントのスピードの速さ、3倍位になりました。


b0069507_04112700.jpgインクは351シリーズ。
CANONさんには悪いですが、コンタクトプリントなのでコスト優先、次に購入するインクはサードパーティーインクにします。

b0069507_04112739.jpg
今日は、こんなバスが原宿に走っていました。
アメリカのスクールバスです。
しかも、右ハンドル。
これって、去年の8月の浅間国際フォトフェスティバルにあったバスと同じです。
珍しいバスなので、もしかして、塗り替え?



by mash_boss | 2019-02-27 07:03 | 機材 | Trackback | Comments(0)
どこまでいくんだろう? 2月13日(水) 6660
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_17315712.jpg凄いレンズが発表されました。
Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3です。35mmフルサイズ換算24mm〜400mmです。
望遠比16.6倍です。面積ですと、1番望遠の200mmで撮影すると。1番ワイド12mmで写した画面の1/275.56の面積の写真が撮れます。(ちょっと分かりにくいですか?)
私が昨年、殆ど毎日ぶら下げていたOlympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは凄い性能のレンズでしたが、新しいレンズはTV用のレンズみたいな望遠比です。
こういうレンズって、新しいガラスとスーパーコンピューターの計算があっての成果物なのでしょうか?
画質は実用上問題ないとしても、突き詰めればPROの名前が付く12mm〜100mmが上回っているのでしょうね。
でも、つべこべ言わず新しいレンズ、使ってみたい1本です。日常写真に腸望遠の世界が加わります。どんな世界が撮れるのでしょう。
この先、ズームレンズってどこまで、いくんでしょう?

b0069507_17305537.jpg本日、スタジオではアシスタントの今井君が新人アシスタント君(まだ未公開です。)のトレーニングを兼ねて機材整備。
これは、35mmスティル系の機材達、カメラ・レンズ類です。
この他には、動画系のSONY、中判カメラのMamiya RZ+レンズ,PHASE ONE 645DF+レンズ ,ビューカメラLinhof M679CCと専用レンズ3本,そしてデジタルバックのleaf3300万画素、Phaseone 8000万画素等があります。
広告系のフォトグラファーのアシスタントは、これらの機材の使い方等を覚える必要があります。
Capture1とPhotoshopも必須科目です。
思うに、フィルム時代のアシスタントより、デジタルになった今は機材面では覚える事が多いようです。

誰だ! 初期の頃、デジタルになれば撮影簡単になります。なんていう戯言(ざれごと)を言ったフォトグラファーは!
確かに、一面ではそうですが、トータルではデジタルカメラ、写真は、フィルムのそれより、遥かに奥が深いです。

2000年にデジタル元年(コンパクトカメラのフィルムカメラとデジタルカメラの出荷比率が50:50になった年)を迎えてから19年。
普通の人が買うカメラも、スマホのカメラ機能も、フィルムカメラより、単純な撮影なら簡単になりました。でも、できる事がたくさんあって(複雑になって)、使わない、使いこなせない機能もたくさんあります。
つまり、簡単ではなくなりました。
「デジタルだから、写真は簡単に写せます。撮影コストも安くなります。」と先人がミスリードしたおかげで、今を生きるフォトグラファーは苦しんでいるのです。

b0069507_17305551.jpg建築中の四谷ヒルズです。
上層階は、まだ組み立て中ですが、下の方では貼り終わった外壁パネルのガラス掃除をしていました。
窓掃除用のゴンドラは使えないので、ロープ1本の職人技で清掃していました。



by mash_boss | 2019-02-14 07:18 | 機材 | Trackback | Comments(0)
新レンズ  1月21日(月) 6637
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05000000.jpg物撮影のスペシャリスト、池嶋君が新レンズを購入しました。
SIGMA 70mm F2.8 DG MACROです。
SIGUMAは105mm F1.4 DG HSMや135mm F1.8 DG HSMといった、明るいけど大きい派手なレンズで名をはせていますが、マクロレンズでも良いレンズをだしています。
現在MASHが使っているマクロレンズは
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO
CANONEF100mm F2.8L マクロ IS USM
SIGMA 150mm MACRO(少し前のモデル)
SIGUMA 180mm MACRO(少し前のモデル)
です。
微妙なミリ数の差が、物撮影には重要なファクターなのです。
SIGUMAレンズは、12-24mm F4 DG HSMも使用しています。
これ全部MC11を付ければ、SONY α7RⅡに使えます。やがて導入するEOS Rにも使えます。
「大は小を兼ねる」と言いますが、フランジバック大はフランジバック小を兼ねるです。
凄い時代になりました。

b0069507_05000112.jpg今日、「四谷ヒルズ」の定点観測撮影をしていたら、JALがこんなに低空に・・・
これって、もしかして羽田空港の発着枠を増やすために、都心の上を飛ぶコースのテストでしょうか?

都心上を低空で飛ぶようになったら、飛行機好きんは、嬉しいのでしょうね?

b0069507_05000056.jpgその「四谷ヒルズ」ですが、23階まで組みあがりました。
3階づつ組み立てるようなので、次は24階~26階です。


b0069507_05000176.jpg「四谷ヒルズ」近くには、まだ柿がたくさん。
青空に柿・・・
綺麗ですが、東京は昨年の12月から殆ど雨が降っていません。
カラカラです。
異常気象です。
大丈夫かな~ 地球。



by mash_boss | 2019-01-22 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
悩み解決かもね⁉  11月26日(月) 6580

b0069507_05085882.jpg何回かエントリーした、SDカードが「弱い」壊れやすい問題。
「機材愛がたりないな~」なんていうご意見もいただきましたが、解決策が見つかりそうです。
SONYのToughという丈夫なカードが10月20日に発売されました。
SDカードが壊れやすいというのは、私の使い方が荒かったせいではなさそうです。

以下SONYさんの発表した特徴です。
ソニー SONYSF-G64T [SDXCカード SF-Gシリーズ タフ仕様 UHS-II ]
・高い強靭性。曲げ強度18倍(※1)(SD規格曲げ試験基準比)。
・最高等級の防水性(IPX8)(※1)。水深5m/72時間のテストもクリア。
・最高等級の防塵性(IP6X)(※1)。
・リブレス仕様SDカード。端子リブの破損によるトラブルを防止。
・ライトプロテクトスイッチレス仕様。スイッチ破損や予期せぬスライドによるトラブルを防止。
・5m落下試験をクリアする耐衝撃性。一体成型を実現したことで、耐荷重や内部への水の浸入を防ぐなど、ハードな現場の使用を想定した様々なテストをクリア。
(※1)SD規格に対し、18倍の曲げ強度を実現。また、JIS/IEC保護等級(IP68)相当の防水防塵性能を実現。

その他に、フラッシュメモリーの状態を診断するソフトウェア「SD Scan Utility」という、このカードをパソコンに挿入するたびに、自動的にフラッシュメモリーの状態を診断し、書き換え回数の上限に近づくとそのメッセージを表示するというPC用ソフトウェアの無償ダウンロードができるみたいです。
「撮影中に書き換え回数の上限に達したことによりSDカードが突然書き込みできなくなるトラブルを防止します。」との事ですが、そもそも書き換え回数に制限があるなんて知りませんでした。

b0069507_05472042.jpg一番最初に壊れるリブが無いのいいですね。
それと、書き込みプロテクトスイッチも壊れるので、これが無くなるののも大歓迎です。
あとは、お値段がそれなりにするので、なくさないように、注意しなければ!

※写真はSONYのWebから。


by mash_boss | 2018-11-27 06:59 | 機材 | Trackback | Comments(0)
立冬  11月7日(火) 6561

b0069507_02295755.jpgこのところ、暇さえあれば見入っているのが、Netflixで配信開始された「House of Card season6」です。
TVドラマとしてエミー賞も受賞した、最高に面白いドラマです。
season1~5まで夢中で見ていましたが、主演のケビン・スペーシーが昨年「#Me Too」ムーブメントのセクハラで番組から解雇されて、season6はどうなるのかと心配していましたが、制作されて放送開始になりました。
番組詳細はココからご覧いただくとして、私が気になっているのは、番組中に登場するインタビュー撮影やTVニューススタジオのシーンです。
照明やカメラ機材などが、職業柄気になってしまいます。
最近は、ほんの少し良くなりましたが、日本のドラマに出てくる写真の撮影のシーンは、プロから見ると、いい加減な事といったらありません。
それに比べて、ハウス・オブ・カードの撮影シーンは、機材や照明等かなり本格的です。
日本のドラマが、ここまで本格的になるのは、予算面やドラマの制作姿勢等の違いが大きすぎて無理なのでしょう。
世界に輸出する事が当たり前の、アメリカのエンターテインメント産業って、やっぱり凄いです。

b0069507_02295178.jpgところで、今日は立冬です。今日から冬ですが、温かい東京でした。
東京の紅葉はこれからが本番です。
写真は、スタジオに行く途中の防衛省の紅葉です。
なかなかのものです。
12月上旬まで、東京では紅葉が楽しめます。
東京の公園紅葉情報スペシャルサイトはココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-11-08 06:56 | 機材 | Trackback | Comments(0)
プロ向け機材ショー 10月24日(水) 6548
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03443929.jpg今年で2回めの写真関連の機材ショー「photo edge」に行きました。
このショーはコマーシャルフォト誌主催のプロフェッショナルフォトグラファー向け機材ショーです。
機材展示、セミナーまでは他のショーと同じですが、夜は出展社と来場者の懇親会があります。
お馴染みのメーカーさんも出展しますが、例えばフジだとXT-3,XH-1の展示はありますが、シネレンズや動画撮影用のリグフル装備のXH-1も展示されたりするのが、一般向け機材ショーと異なります。
その他、画像処理向けPC屋さん等の出展や、セミナーもプロ向けになっています。

b0069507_03444084.jpg時間の関係でサーッと会場を見るだけでしたが、Leicaさんに声をかけられて、触ったのが9月25日に発表され、日本では初公開のS3です。一眼レフです。6,400万画素。
撮像素子は中判のライカプロフォーマットサイズ(45×30mm)
アスペクト比は3:2。
レンズマウントは今話題のミラーレスのLマウントではなくSマウント。
4KやフルHDでの動画撮影にも対応しています。
触った感じ、持った感じは昔のPENTAX6x7をやや小ぶりにした感じで、独特のフィーリングです。お値段は未定ですが、ボディーのみ200万円くらいだそうです。

b0069507_03443948.jpg夜はグッと庶民的に黒おでんで一杯です。
原宿の竹下通り口の「さくら水産」のおでんです。
たべた事はないのですが、静岡のおでんと似ているようですが少し違うようです。
静岡おでん必須の青のりとダシ粉はありませんでした。甘辛の味でした。
一番驚いたのはお芋。ジャガイモでさくサツマイモでした。
ひと月ほど前、原宿で長く行っていた某居酒屋に行ったのですが、料理の内容も、お酒も、価格も悪い方に変わっていて、常連のメンバー共々2度と行かないと誓いました。それならばと本日行ったのがさくら水産。
以前から同じ場所にあったのですが、そのビルが建て替えられてさくら水産も新しくなったのは、2015年秋でした。
改築前はくたびれた感じの居酒屋で、一度だけ行きました。
新しいお店は、とてもきれいになり、メニューも変わりこれからも楽しめそうです。
オジサン達の小さな楽しみです。😅


by mash_boss | 2018-10-25 07:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
プリンター修理完了 & 色々・・・ 9月26日(水) 6536

b0069507_04114129.jpg
13日に修理りに出した、CANONプリンター Pro10が先週の21日に戻ってきました。
予定では、もう少し時間がかかるはずだったのですが、早い仕上がりと大きなダンボール箱にビックリです。

b0069507_04122063.jpg
ダンボール箱の内は、こんなふうになっていました。
プロの梱包です。
修理内容は、
プリンタヘッド不具合でプリンタヘッド交換。
用紙搬送部吸引力低下の為、交換及び機内清掃。
修理金額は、搬送費も含んで税込み\17,820,-でした。

b0069507_04130418.jpgフォトキナからのLUMIX S1Rの写真です。
ePHOTOzineからの転載ですが、シャドウ部を明るくしました。
前面にもボタンやスイッチ結構あります。

b0069507_04102480.jpg
デジタルカメラは、どのカメラも同じですが、デジタルカメラはボタンがいっぱいです。
それを使いやすく、どう配列するかは各メーカーさんの腕の見せ所です。
LUMIX、比較的使いやすそうな、ボタンとスイッチの配列です。
個人的にはFUJIのXTシリーズのダイヤル多めが使いやすいと思うのです。

b0069507_04102446.jpg
ZENIT M,興味のあるカメラです。
中身はライカM Typ240ベースという事です。
ゼニット、懐かしいです。ソビエト連邦時代から武骨なカメラ作っていました。その名残りあるデザインです。
車の世界では、poor man's △△△なんていう呼び方があります。以前のMaseratiは、poor man's Ferrariなんて呼ばれていました。
このカメラはpoor man's Leica?



by mash_boss | 2018-09-27 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)