カテゴリ:写真世界等々( 1433 )
ねこに未来はない  10月15日(火)  6713
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03220396.jpg今日の午後は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の理事会でした。
会議の後、出席者数人とミライザカで一杯。
お子様ランチ風な、この旗を見て思い出したのが長田弘さんの「ねこに未来はない」です。
学生時代、題名に惹かれて、晶文社版「ねこに未来はない」を読みました。

今日の会議は結構重い話も… ねこに未来はない… 広告写真フォトグラファーに未来はあるか…?

ネコには未来の概念も無く、過去もうっすらとあるだけとか…
つまり、今しかないのです。

やっぱり、デジタルによるインプットのデバイス(デジタルカメラ)とアウトプットのデバイス(紙から、広い意味でのデジタルサイネージュ)の変化が、フォトグラファーの環境を大いに変えているのです。

「ねこに未来はない」といい「かもめのジョナサン」といい、いわゆる先進国が「政治の季節」だった’70年代初頭の本。今思えば、現在より単純な世界だったのかも。

人は、どうして動物を借りて自分の事を考えるのでしょう。

by mash_boss | 2019-10-16 06:57 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ジェンダー問題?  10月10日(木)  6708
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_05534934.jpg
左から、フォトグラファーの織作さん、その江さん、コムロさんです。
ヨドバシカメラ撮影会の講師です。
女性フォトグラファー、元気です。

「話を聞かない男、地図の読めない女」という、とても面白い本があります。
男社会だったフォトグラファーの世界、デジタル写真になって、女性フォトグラファーが急激に増えました。女性の進出著しい、フォトグラファーの世界です。
お嫁サンバで、郷ひろみが「女はいつもミステリー」って歌っています。
男性フォトグラファーやデザイナーは、読むべき本です。
女性と一緒に仕事をする時、⁇?と思ったら、とても役に立ちます。
私も、何度か救われました。

b0069507_05535060.jpg
織作さん達を写したのは、今日から始まった写真展[Time of the Times]のオープニングレセプション。
9人の女性フォトグラファーが写した「平成・令和」の写真展です。




by mash_boss | 2019-10-11 07:01 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
女性フォトグラファー  10月2日(水) 6701

b0069507_05333872.jpg今日の午後は、春のヨドバシカメラ舞妓ハン撮影会の審査の立ち会いをしました。
最初は、関東川崎の鶴見・總持寺の回です。
審査員は、コムロミホさん(左)と榎並悦子さんです。
榎並さん、お酒の席とは全く違う、真剣な眼差しです。

b0069507_05333792.jpg次は、京都・萬福寺の回。
審査員は榎並さんです。

b0069507_05333852.jpg午前は、ギリシャのフォトグラファー・アンドロニキが、プレゼン用プリントを持ってきました。
順番を調整中です。


b0069507_05333890.jpg昼食時、原宿にこんな人達が・・・
サッカーのベルディのホームスタジアムを代々木公園に作ろうととの運動のようです。
Jリーグ発足当時、あんなに強かったのに、今はパットしません。(ファンの皆さん、ゴメン!)


b0069507_05333853.jpg四谷ヒルズのクレーン、小型のクレーンに変わりました。



by mash_boss | 2019-10-03 07:08 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ヒ・ミ・ツ…   9月25日(水)  6694

b0069507_01520965.jpg
撮影の後かたずけです。
飯島チームは、先週一週間都内某スタジオに缶詰めになって、モデル撮影をしていました。
今日は、その撮影の後始末の最後。
撮影に使われた様々な書類をシュレッダーにかけます。
広告、販促系の撮影は秘密のかたまりです。

そういえば、私が子供の頃「私の秘密」というNHKの人気番組がありました。
司会はその後、日本初のフリーアナウンサーになる高橋圭三さんでした。

SNS, Blog,ウエッブサイト,携帯電話、スマートフォン… Netの発達とともに「保秘」が厳しくなってきました。
世の中、複雑になっています。



b0069507_05530749.jpg午後、外国人モデルの顔見せ。
別件で事務所にいたヘアメイクの大門さんと、マネージャーの佐々木とお会いしました。
16才の東ヨーロッパの女子と、細マッチョ系とワイルド系の男子2人の計3人。
男子は何系だったか忘れました。

日本の親だったら、16才の娘をモデルとして一人で遠い外国にいかせるでしょうか?
国によって事情は異なるな~ 日本の親子関係は、甘やかされているのか? 世界的にも普通なのか? かの国は、モデルとはいへ16才の娘を外国に行かせなければならないほど貧しいのか… 
学校はどうなっているんだろう? 
色々考えてしまいます。



by mash_boss | 2019-09-26 06:59 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
 一強他弱・・・  9月17日(火) 6686

b0069507_06141876.jpg今日の、日経産業新聞です。
一時は、膨大な赤字を出したSONYも、今や絶好調のようです。
私達、写真好きがお世話になっている、デジタルカメラの首根っこを押さえているSONY、強いよな〜!

車の自動運転ができるのも、言ってみればデジタルカメラのおかげです。
一強他弱とは言いませんが、強い事だけは確かです。

b0069507_06141752.jpg今日の、四谷ヒルズです。
またまた、クレーンが1基になっていました。
次はどうなる?
ビル建設のクレーンって、何回も組み立てたり、分解したりするものなのです。
準定点観測撮影をしてみて、はじめてわかりました。

b0069507_06141743.jpg劇団唐ゼミ、本番撮影です。
やっぱり、昼より夜です。
テントには、夜があいます。
この風景を上から写したいのですが、ドローンしかありません。

b0069507_06141823.jpg劇団唐ゼミの撮影に、今日も12mm〜24mmを持って行きたいのですが、今のモデル F4 DG HSMはちょっと大きいので、だいぶ小型の同じくシグマの一世代前のCANON用12mm〜24mmを持って行くことにしました。
Panasonic S1RにMC21を介して写してみましたが、どうもシックリきません。
そりゃそうだ、その頃、果たして4000万画素以上の35mm版デジタルを予想して設計したのでしょうか。
レンズの解像力を見るのに一番簡単なのは、新聞を広げて複写をする事です。
事務所のホワイトボードに貼ってあったチラシを12mmで撮影。中心部はどうにか行けそうです。

最新のデジカメには、最新のレンズ! 技術の進歩について行くには、厚いおサイフが必要です。



by mash_boss | 2019-09-18 07:17 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
楽あれば苦あり? 9月16日(月) 6685 

b0069507_03114651.jpg「楽あれば苦あり」諺です。
デジタルカメラにピッタリの諺です。
今日は、昨日のゲネプロ撮影データーを軽くチェックしました。
デジタルカメラでの撮影、それが1台2Kg弱のダンベルのような重さのカメラを2台もって6時間以上撮影して、筋肉痛になろうが、フィルム撮影に比較して「楽」なのです。
それは「写っている」事が、その場で確認できているからです。
特に、RAWでの撮影だったら昨日のような撮影では「鬼に金棒」です。

以前のフィルムの撮影だったら、昨日のように条件の良くない現場では経験上「写っているはずだ」と信じて撮影する以外に無いのです。(結構プレッシャーです。)
もし、フィルム撮影だったら・・・ それも仕事だったら、広告系の私の場合は万全の体制というか、ドキュメント系のフォトグラファーに比べて、大がかりになります。
まず、ゲネプロの日の前に行われる、照明チェックの日に伺って、照明を見ます。できれば明るさを図らせてもらいます。アシスタントも同行です。
ゲネプロ当日には、テスト現像用のフィルムを入れたカメラを用意して、場面や照明が変わるたびに写し、アシスタント君が本番の撮影済みフィルムに番記(説明すると長くなります。)します。
大きく、照明や場面が変わる時には、1本のフィルムに混ざらないように、場合によっては、撮影途中でフィルムを交換する事もあります。
撮影終了後、テスト現像用フィルムを現像し、その結果を見て本番フィルムに現像の指示して、上がりをまちます。フォトグラファーは現像が上がるまで、待っていれば良いのです。

さて、デジタルでは、後が大変です。写っているのがわかっていますが、それを諸々調整するのは、途中アシスタント君に作業をしてもらったとしても、最終的にはフォトグラファーです。
フォトグラファー側がRAWデーターを「現像」して明るさや色を調整します。
スタジオ撮影でしたら、良い条件での撮影なので楽ですが、昨日のような撮影ではそうもいきません。
昨日撮影したデーターは127GB、枚数にして2212枚、35mm36枚撮りに換算すると61本と少し・・・
これを、諸々調整するのです。

この撮影、半仕事なので、アシスタント君の応援無しです。明日、明後日、明明後日と本番撮影が3日間続きます。トホホです。

ところで、今日RAWデーターの凄さを体験。
ISO3000で写すところを、誤ってISO100で数枚撮影してしまいました。それをいわゆるRAW現像をしたら、見事、画が出てきました。凄いです。

「現像」ソフトですが、完全な仕事でしたら、C1→Photoshopですが、このブログや今回の舞台撮影のような、半仕事ではBridge→Camera Raw→Photoshopです。
明日は、本番撮影その1。
いつもの、固定位置からの撮影です。


by mash_boss | 2019-09-17 07:16 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
やっと帰れます。でも・・・ 9月9日(月)6678 
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02041870.jpgやむなく延泊した大阪の朝は、お粥
から始まりました。
ホテルの朝食ビュッフェに、お粥があれば、必ずいただきます。
トッピングに、パクチーやザーサーイ、クコの実、油条があったので、中国風お粥にしていただきました。

b0069507_02041881.jpg朝7時過ぎに動き出した東海道新幹線、9時位までは混んでいるので10時過ぎの新幹線でサヨナラ大阪です。
途中、東京方面に向かって、右側に富士山が見えました。

噂の「左富士」?
つまり、東京から大阪方面に向かうと、右の車窓に富士山が見えるのが普通ですが、1箇所だけ「左」に富士山が見える地点があり、富士山が見えるとラッキーという事になっているとか。
b0069507_02041823.jpgそれが、ココです。
(地図は鉄道ライター恵 知仁氏の記事からお借りしました。)
b0069507_02041844.jpg左富士も見られたし、ラッキーな気持ちで東京に近づいたのですが、新横浜駅手前でSTOP.
運転を再開したのですが、東京に向かう電車が、東京に近づくにつれて数珠つなぎになっていて、遅れが出ていました。
結局、30分遅れで東京駅に到着しました。
b0069507_02041820.jpg14時少し前にスタジオに戻り、JRも私鉄各線もダイヤが乱れているというので、車でイベント準備撮影に横浜へ向かったのですが、首都高も通行止め等があり、1号線は平和島付近から大渋滞でした。
首都高のWebを調べたら、横浜付近でも渋滞があるのがわかっていたのですが、一縷の望みで出発したのですが、やはりNGでした。
台風が去っても、影響が残るのを実感しました。



by mash_boss | 2019-09-10 07:04 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
猫に未来はない??? 、写真家には?  9月7日(土) 6675
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_01055789.jpg今日は、13時から重要文化財の大阪市中央公会堂で開催された、APA・公益社団法人日本広告写真家協会関西支部大会に出席。
淀屋橋に来るのは7〜8年ぶり、随分変わりました。

耳の中では、何故か欧陽菲菲「雨の御堂筋」が流れます。

小ぬか雨降る、御堂筋〜 本町あたりに、あなたはいると〜 

古いな〜!

b0069507_01055741.jpg支部大会の後は、一般の参加者も加わり、APAの常務理事でもあるAMANAのCEO進藤さんによる講演「ビジュアルコミュニケーションと写真家の未来」。
とっても、深い内容で、大会に参加して良かった!

b0069507_01055787.jpg支部大会の後は、西中島南方に移動して、居酒屋「とも𠮷」で明日のヨドバシカメラ大坂万博記念公園撮影会の為に、天気祭り。
台風15号接近中の為、真剣(?)に、天気祭りです。

初参加のイルコさんも、天気祭りで「真剣」に、山岸御夫妻とお話し中。

b0069507_01055799.jpg突然現れて、スピードも速い台風15号のため、HARUKIテルテル坊主様も、今回はかなり熱がはいっています。
大丈夫かな〜。

b0069507_04555857.jpg28名のモデルさんが、お待ちしています。
当日受付もOKです。

by mash_boss | 2019-09-08 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
さらば、夏の日… 8月31日 6667

b0069507_02111990.jpg今日は、朝から14時過ぎまで、スタジオでテスト撮影の立ち合い。
テスト撮影をしたフォトグラファーのカメラは3900万画素のハッセルブラッドH3D-39 +HCマクロ120mmです。
b0069507_02115493.jpg15時からは、ヨドバシカメラ秋葉原で開催された山岸伸写真集「輓馬」の出版記念トークショーに行きました。
山岸さんのトークショーのお相手は、佐々木前アサヒカメラ編集長。

写真集「輓馬」、山岸さんのばんえい競馬愛を凄く感じられる写真集です。
ステキな写真集です。オススメ!

b0069507_02115589.jpgトークショーの後は、写真集へのサイン会。
サインをするのは、山岸さんのはもちろんの事、発行者の佐々木さんもサインする、珍しく、そして貴重なサイン会です。

右端の横顔は、ヨドバシカメラ撮影会講師としてお馴染みの豪君ことフォトグラファーの西尾豪君。
正面は、ご主人のサイン会を撮影する、山岸さんの奥様、フォトグラファーの佐藤倫子さんです。
b0069507_02115457.jpg帰りの地下鉄有楽町線です。
思わず撮影。
持ち主は、20代後半か30代前半の男性でした。

何といっていいか… 凄いですね~(色々な意味で)




by mash_boss | 2019-09-01 07:07 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ホルモン…  8月28日(水)  6664
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_04394721.jpgホルモンの前に、先ずはこちらです。
フジフイルムの「プレミアムプリントサービス」に「講評サービス」が追加されたようです。
「富士フイルムが認定するプロフェッショナルアドバイザーがお客さまの作品を講評する講評サービス。撮影方法/プリントについてわかりやすくアドバイスいたします。」との事です。
講評サービスは、1点¥1,500,-だそうです。

アドバイザー、結構大変でしょうね。
b0069507_04394810.jpgホルモン焼きです。
労働者の食べ物、「ホルモン焼き」が原宿のど真ん中にあるのです。
だいぶ前に見つけたのですが、本日初めて行きました。
大トロホルモンを焼いています。
盛大に炎が… 油が燃えます。
大阪あたりでは、肉の捨てる部位を焼いて食べる「放るもん=ホルモン」から名前がついたという説がありますが、これは間違いで1920年代に精力を増強する料理として登場し、内分泌のホルモンから名前が付けられたのが正しいようです。
b0069507_04394755.jpg今日行ったのは「もつりき」。
原宿東急プラザから50~60m程、明治通りを新宿方面に行った「てんや」の2Fです。
正に原宿のどまんなか。
「てんや」と「もつりき」は、原宿のこの辺では「異色」の存在です。
「てんや」は昼時に行くと、半分以上が外国からの観光客という事も…
以前、この店限定で、天つゆの代わりにバーベキューソースをかけた天丼があったのですが、今もあるのでしょうか?1度だけ食べましたが、不思議な食べ物でした。

ホルモン焼きなので、原宿とはいへ、オジサンがいるのかなと思ったら、オジサンは我々5人だけで、あとは若い人でした。
さすが、原宿。

昔の「鶴橋」が懐かしいです。



by mash_boss | 2019-08-29 06:59 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)