カテゴリ:カメラ( 242 )
今日もノスタルジー &・・・   11月16日(金) 6570



b0069507_17424249.jpg今日も、昨日に続きノスタルジックなエントリーです。
1958年版のアメリカのPHOTOGRAPHY ANNUALです。
昨日行った、公益社団法人・日本写真協会にあった雑誌です。
記事ページは興味津々もので、バートスターンやアベドン等の写真も面白いです。
ただ、印刷の質は、今の雑誌には全くかなわないレベルです。
カメラの広告も面白いです。
日本製のカメラの宣伝が多いのに驚きます。
これを見ると、カメラが太平洋戦争後の日本の輸出の花形だった事がわかります。
今は無きYASHICAの広告も載っています。
Nikonはレンジファインダーの銘機SPです。当時は、日本円で¥100,000,-弱。
当時のサラリーマン初任給の7.5ヶ月分位だったようです。
まだNikon Fは発売されていません。
多謝の日本製の一眼レフの広告は未だ無く、ドイツ製の一眼レフのExaktaや写真のPRAKTINAの広告が幅を効かせています。
このころのプラクチナは、50FEETマガジンを付けられたり、無線でシャッターがきれたりのシステムカメラだったんですね。

この他にも何冊かの年代的に見た事の無い雑誌があり、時間を忘れて、見入ってしまいました。

b0069507_04061321.jpg四谷ヒルズです。
ビルもクレーンも高くなり、カメラ、縦位置でないとクレーンの先までフレームに収まらなくなりました。
今日は、Photoshopで垂直を修正しました。
フィルム撮影だと、4x5のビューカメラで撮影するしかない撮影を、デジタルだと、小さいカメラで写せて「電子アオリ」できてしまいます。
35mm系カメラにもアオリのできるレンズはありますが、レンズ部分のアオリだけで、しかもアオリ量が少ないので、4x5カメラ使いとしては、フラストレーションがたまります。

b0069507_04062230.jpg
別のポイントからの撮影です。
色々な場所から、見られる高さになりました。
こうしてみると、一度に3フロアーづつ組みあがっていくようです。
現在組み立て中の3フロアー分は、いつもの四谷駅前からのアングルでは、奥のほうにあるので、まだ見えません。


by mash_boss | 2018-11-17 07:28 | カメラ | Trackback | Comments(0)
面白い〜! 11月15日(木) 6569

b0069507_17462905.jpg今日は、面白いカメラ店に行きました。
そのものズバリ「カメラショップ」という名前です。
場所は千代田区一番町25 JCIIビル5F。
JPS・公益社団法人日本写真家協会と同じビルにあります。

知人の父上が亡くなり、ハッセルやニコン等のカメラが遺品となりました。
お父上の大切にしていたカメラを、大切にしてくれる人に譲りたいとのお話しがあり、売却先を探していました。
公益社団法人日本写真協会の事務局の神谷さんに相談したら、カメラショップを紹介してくださいました。
b0069507_17463517.jpgオフィスビルの5階。
普通の事務所のドアを開けると、内はこんな感じです。
外とは全く違います。
雑誌を見ている女性が、オーナーの小林ひとみさんです。
以前は、銀座の名門カメラ店に勤務されていました。
カメラショップのWebによると、「25年 間で培ったカメラに対するノウハウを活かし2016年10月10日、半蔵門にカメラショップをオープンしました。
世界最高峰のコレクショ ンを誇る日本カメラ博物館に隣接し、1階にはJCIIフォ トサロン、地階にはJCIIライブラリーと、写真史の全てがここにあります。
これまで世界中のカメラショーを回り、世界中の コレクターとともに研鑽を積み、また、オーストリアのカメラオークションヴェストリヒトの日本窓口としてカスタマケアと市場価格 の勉強をしてまいりました。
これらの機会と経験を活かし、銀塩カメラ文化を 後世に繋げていくお手伝いが出来ればと考えております。
これからもカメラ研究を重ねながら皆さまに喜んでいただけるカメラ ショップを目指してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」との事です。
b0069507_17463938.jpg
こちらは修理部門です。
電子や電機でない、機械式のフィルムカメラを修理しています。
いかにもカメラ修理職人という方が、楽しそうに修理をしていました。
杉木スタジオのアシスタント時代、ハッセルブラッドの修理に通った、銀座のタジカさんを思い出しました。
b0069507_17464362.jpgライカをはじめ、ローライもハッセルもあります。
キヤノンⅤ型の初めて見るブラックボディーもありました。

b0069507_17465144.jpgニコンFです。
旧マーク付きボディーです。

カメラ、レンズ以外にも様々なアクセサリーやケースもありました。
小型カメラばかりでなく、4X5のウッドカメラ等もあります。
b0069507_17465574.jpg35mm以前のベスト判やブローニーフィルムのカメラもたくさんありました。
カメラ好きにはたまりません。
カメラショップの詳細は、下記URLからご覧になってください。

by mash_boss | 2018-11-16 07:02 | カメラ | Trackback | Comments(0)
今日は、飛行機入り。 10月30日(火) 6554

b0069507_17070453.jpg今日もお月様ですが、飛行機入りです。
空気澄んでいます。
オリンパスOM-D EM1MkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROで35mmフルサイズで200mm相当で撮影し、トリミングしました。
400mm~500mm相当でしょうか?

飛行機写す人の気持ちわかるな〜

b0069507_17071365.jpgモデル事務所の社長のお父上が亡くなられて、愛用していたカメラの行く先の相談にいらっしゃいました。
お父上は富士山を写すのが好きで、富士山撮影で有名な写真家、岡田紅陽さんの教室に通っていたそうです。
Nikon F フォトミックT,Nikon F3チタン、ハッセルブラッド500C等の名機が揃っています。
一番大きいレンズは、ハッセルブラッド用Schneider-Kreuznach Variogon C 140-280mm F5.6です。
初めて見ました。

デジタルカメラ時代になり、残念ながらフィルムカメラの価格下がっています。
レンズも、フィルム時代より高性能が求められるようになりました。
フィルム時代に名レンズと言われたレンズでも、デジタルカメラの高画素に追いつけない事が多々あります。
更には電子的な補正をするようになり、それに対応した新しいレンズの方が需要が高いのです。
やっぱり、デジタルは革命です。
もしかして車も、純粋なガソリン車はフィルムカメラのようになってしまうのでしょうか?


by mash_boss | 2018-10-31 07:16 | カメラ | Trackback | Comments(0)
SONYは・・・  9月25日(火) 6535

b0069507_02433235.jpg写真・カメラ業界の、今日の話題の1番はなんといっても、Panosonicのフルサイズミラーレスカメラ開発発表とPanasonic,Leica,SIGMAのアライアンス発表でしょう。
このアライアンス、Star allianceかOne worldか、はたまたSKY Teamか知りませんが、他のアライアンスを生むのでしょうか? 
いずれにせよ、一眼レフ時代のスクリューマウントのプラクティカ、LeicaのL39以来の事です。
Panosonicのドイツでの発表の頃、私はNikonのAPA・公益社団法人日本広告写真家協会向けのZ6,Z7の説明会後の懇親会に参加中でした。
やはり話題は、Panosonicの発表と、SONY大変だという事でした。
何故SONYが大変か? それはマウントの大きさです。
SONYは最初、フルサイズカメラ作る気はなかったのですが、APS-Cのカメラの発表会の質疑応答で、役員が記者の質問に「フルサイズもやる。」と答えてしまったので、急遽フルサイズを開発したと、聞いた事があります。
つまり、APS-C前提なのでマウント径が小さいのです。
SONY Eマウントの直径は46mmで、35mmフルサイズの対角より小さいのです。
これに対して、Nikon Zマウントは55mm,Canon RFマウントは54mm,3社のアライアンスのLマウントは51mmです。
マウントが小さいと、広角や超望遠のレンズ設計に影響があるとの事です。
将来を考えるとSONY どうするのだろう? と技術者は考えるようです。
Nikon FマウントのジレンマがSONYに変わるのでしょうか?
でも、NikonとSONYでは発売されたレンズの本数が全く違うので、そこで、ここからは、SONYの未来についてのかってな推論です。
1)SONYのもうひとつのマウント、直径50mmのAマウント(ミノルタα)を使ったミラーレスに切り替えて、従来のEマウントはアダプターで対処する。
Aマウントレンズもアダプターでフランジバックを稼いでミラーレスに対応する。
2)別の会社とアライアンスする。
3)独自の規格の直径が大きいマウントに早めに移行する。
4)SONY Eマウント続ける。

さて、今回公開されたPanasonic LUMIX S1Rの写真で、私が1番注目したのは、シンクロターミナルが付いている事です。
私のような古いフォトグラファーにとっては、シンクロターミナルがあってこそ「プロ用」の証なのです。
実際の撮影では、ワイヤレスのシンクロ持っていきますが、何かあった時の為にシンクロコードは必ず持っていくのが私の世代です。

そして、もうひとつのM4/3、来年1月に何らかの新機種という噂のオリンパスはどうするのでしょう?

いずれにせよ、2018年秋から2019年春にかけては、カメラ史上、デジタルカメラ史上の大転換点というかメルクマール的な時期になりそうです。



by mash_boss | 2018-09-26 07:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)
R or Z 9月15日(土) 6525
EOS R発表会。
目指すは「進化」と「拡張」のようです。
発表会初日、混んでました。
カメラに触るのに、40待ち!!の表示も。

でも、プロ向け招待状の威力で、別室でゆっくりと見られました。

EOS R、確かに良くできています。
新しいR用のレンズは、レトロフォーカスの呪縛から開放され、小さくなりました。
フランジバックの短さは、広角系レンズに効果があるでしょう。
EFレンズをアダプターを介してRに装着しても、AFのスピードは変わりません。さすが純正です。
Rレンズで1番気にいったのは、絞り操作リングがレンズ側に新設され、レンズでも絞りが変えられるようになりました。
この機能はEFレンズをRシリーズのボディに使う、4種類あるアダプターの一つにも付いています。
バッテリーは5D Mk Ⅳと一緒です。良いことです。
細かい事ですが、バッテリーグリップに入れるバッテリーマガジンのバッテリーをロックする方法が、5D Mk Ⅳから改良されました。

でも、きになる事もいくつかありました。
先ず、撮影モード変更がダイヤル直接でなくなった事。
ティザーに使うUSBがType Cになりました。
両方ともCANONの一眼レフユーザーとしては、ちょっと面倒です。
特にUSB。5D MkⅣと5DSはMicroB、時々使う5D MkⅢは別のタイプと併用するには3種類のコードが必要です。アシスタント君達要注意ですよ!

そして、やっぱり残っていた「ミラレース」ならではのEVFの問題。
ミラーレスカメラ共通の問題ですが、メーカーによって差があります。
当然、CANONもそこは気づいていて、改良はされていくでしょう。

MASHの仕事では、一眼レフとミラーレスは、それぞれの特徴を生かして使い分けするのがベターでしょう。
そこは、CANONもわかっているようで、一眼レフの開発は止めるとは言っていません。Nikonも同様です。
レフレックスの最高峰と、ミラーレスの両方をもっている、強みをどう生かしていくか・・・
そういうメーカーは、世界でCanon、Nikonの2社だけです。
レフレックスとミラーレス、All or Nothingではありません。

CANONがやがて出すであろう、このカメラの上位機種がMASHとしては注目です。

b0069507_03360549.jpgCANONの発表会に行く前、銀座に出たついでにNikonに寄り、Zシリーズを触ってきました。
こちらも、良くできたカメラでした。
写真は、マウントアダプターを介してNikon Fマウントの24mm~70mm F2.8を付けたNikon Zです。
限られた条件でしたが、EVFはきれいでした。
ニコンのプロ担当が自信を持つ事、納得です。
「ミラーレス」ならではの問題は、試する条件ではありませんでした。
こちらのカメラも、アダプターを介しての、これまでの一眼レフ用のレンズのAFスピードは問題ありません。
ただし、試してみたのは最新の一眼レフ用レンズです。
Nikonは、Nikon FマウントのAF仕様はいろいな方式のレンズがあるので、全てのレンズでスムーズかは不明です。
USBはNikonもType Cでした。
OLYMPUSのOM-D EM1 MkⅡもType Cです。
これからは、Type Cが主流になるのでしょうか?

さて、Panasonicのフルサイズミラーレスの「噂」も出てきて、今年の冬から来年前半はカメラ史上歴史に残る半年になるのでしょうか?

CANONの東京の発表会は、15~16日の三日間。場所は品川のキャノンマーケッティングの本社です。
その後、全国を回ります。


by mash_boss | 2018-09-16 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
EOS R 購入決定⁉ パナソニックも… 8月31日(金) 6509

b0069507_01303059.jpg
噂は真実に…
やっと出てきました、CANONフルサイズミラーレスの発表時期。
名称はEOS Rで 5日発表?
MASHは、CANONを35㎜メインカメラとして使用している広告写真撮影事務所のトーン&マナーとして、EOS R を購入します。
位置づけは、5DSの代わりです。
という事は、高画素タイプです。(たぶん、発表すると思います。)
NikonのZシリーズのレンズ、フランジバックが短くなったためでしょうか、素晴らしいレンズという評判です。同じように、ミラーレス用CANONのRシリーズのレンズもきっと良いレンズだと思います。という事は高画素のカメラにも十分対応できると思うので、5000万画素の5DSの代わりに導入です。
前回のCANON EXPO 2015 TOKYOで1億画素のカメラの試作品を展示していましたが、近い将来ミラーによるブレの無いミラーレスで1億画素の壁を突破でしょうか?

パナソニックも、ライカSLマウントで9月25日にフルサイズミラーレス発表か・・・?という「噂」も出てきました。
43仲間のオリンパスはどうするか・・・
秋から冬、そして2019年の春にかけては、嵐の季節になりそうです。

b0069507_01471322.jpg29日に修理に出した212 E350 4Matic 修理終わりました。
修理代は¥21,600,-です。
イグニッションコイルはHELLAを使いました。
コンピューターで制御された今の車は、修理した後にエラーコードのリセット等の工具を使っての作業以外にもする事があります。
ヤナセやシュテルンに出すより、だいぶお安いと思いますが、比べる対象とは、だいぶターゲットが異なりますが、かなりお高いです。




by mash_boss | 2018-09-01 07:03 | カメラ | Trackback | Comments(0)
とりあえず・・・ 8月25日(土) 6504
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_01104235.jpg今日の午後は、APA・公益社団法人・日本広告写真家協会関西支部大会でした。
支部大会には賛助会員さんも来ます。
という事は、ニコンさんも来るので、もしやZ6,Z7の実物が来るのではと、淡い期待をしていたのですが、とりあえず、やってきたのはカタログだけでした。
このカタログ、珍しいのは掲載写真に撮影者の名前が、ちゃんと載っています。
著作者人格権の一つで、氏名標示権というのですが、広告やカタログでも、撮影者は自分のクレジットを入れるように、要求する事ができるのでます。
実際は、日本の会社はクレジットを、色々な理由で掲載してくれません。
みなさんも、色々なカタログやポスターに撮影者の名前が入っているのは、あまり見た事は無いとおもいます。
今回のカタログは外国の写真家の作品も使っているからクレジットを入れたのだと思いますが、日本人だけのカタログでも、入れて欲しいと思います。
さて、対向のC社ですが、社内的に来週の何曜日化に時間を空けとくように指示がなされているらしいです。
という事は、以前「噂」に載っていたように、9月初旬に何か発表という事も・・・
秋の陣楽しみです。
b0069507_01103429.jpg関西支部大会の会場は、昨年と同じ重要文化財に指定されている、京都府旧本庁舎の旧議事堂です。
歴史と趣のある建物で、支部大会は粛々とすすみました。
この建物、撮影や結婚式にも貸してくれます。
明日はAPA・公益社団法人・日本広告写真家協会のアーカイブ作業の日なので、懇親会後、20時56分の新幹線で帰ってきました。
日帰りでも、京都はいいものでした。


by mash_boss | 2018-08-26 07:37 | カメラ | Trackback | Comments(0)
? Z 8月23日(木) 6504
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02561069.jpg今日外せないのは、Nikon Zシリーズの「予定」どおりの発表です。
かなり良さそうです。
でも、でも、? が2つ。

何故XQDカードだけなのか?
何故ミラーレスの象徴、AFに瞳認識モードが無いのか?

お高い方のZ7は9月下旬の発売だそうなので、ニコンさん次第ですが、10月7日のヨドバシカメラ昭和記念公園ポートレート撮影会のレンタル機に登場するのでは・・・
でも、その場合XQDカードは自前で持って行かなければ、撮影できません。
ちなみに、本日の午後はヨドバシカメラの本社にいたのですが、17時30分時点で、11月下旬に発売されるZ6は100台 オーダーの予約が入ったようです。
購入を予定している方は、お早めに!

b0069507_02561775.jpgさて、ヨドバシカメラ本社で何をしていたかというと、フォトグラファーの西尾君と、6月10日に開催されたヨドバシカメラ豊島園ポートレート撮影会のコンテストの審査をしていました。
当日は、あいにくの雨だったのですが、雨ならではの優れた作品が多く選考も時間がかかりました。
東京の撮影会コンテスト応募作品は、レベルが高くかなりの作品でも入賞は難しい事も…
発表は10月7日の昭和記念公園ポートレート撮影会で行われる予定です。
b0069507_02562301.jpgコンテスト審査が終わり、JR新大久保駅についたら、なんと山手線がトラブルでSTOP中!
しかたなく、地下鉄副都心線の東新宿駅まで、裏道を歩いていたら、懐かしいKODAKの看板が・・・
こんなところに、恐らくプリント屋さんでしょうか、あったのですね。
店構えからするとプロ向けだったのでしょう。
もう、営業はしていないようでした。
「夏草や 兵どもが 夢のあと」です。


by mash_boss | 2018-08-24 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
狐と狸のばかしあい? 8月6日(月) 6488 

b0069507_05223658.jpg
海外のTwitterにNikonのミラーレスのリーク画像が掲載されていると「噂」が伝えています。
さて、このリーク、果たして本当にリークなのか、話題を盛り上げるための「やらせ」いや「戦術」なのか、少しでも広告関係やマーケッティング関係にいる人なら疑ってしまいます。
もちろん、噂を立てられる側に聞くと「否定」しますが、その否定の仕方を観察するとなかなか興味深いものがあります。
そもそも、このブログもその戦術に乗せられているのかもしれません。
狐と狸のばかしあいです。

フィルム時代の1970年代の有名なリーク話は、今でもご活躍の長老Sフォトグラファーが写した、今では家庭に入られている元有名歌手YMさんのセクシーな写真のNGカットが、現像所から漏れて大騒ぎになったという事がありました。
フィルム時代は、現像所に「秘密」扱いを依頼すると、現像し終わったフィルムは割り印を押された封筒に入って届けられました。少なくとも、現像所を出てからの配達過程で見られていないという事が、ある程度担保されます。
そんな、悠長な時代はとっくに過ぎ、フィルムからスキャンしてデジタル化していた時代を含めると、もうかれこれ25年近くのデジタル化の歴史の中では「リーク」は簡単になったのでしょうか?
丸山眞男さんの「イメージの独り歩き」ではないですが、今やデーターの独り歩きです。
丸山先生がご存命だったら、デジタルが基盤となった現在をどう書かれたか… タラレバの世界ですが読んでみたいです。



by mash_boss | 2018-08-07 07:30 | カメラ | Trackback | Comments(0)
Nikonの自信。つばぜり合い? 7月31日(火) 6481

b0069507_06583671.jpg今日の夜は、熊切大輔写真展「刹那」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
見応え満点の、本格派スナップです。
見る事おすすめの写真展です
会場は、ニコンプラザ新宿内のThe Galleryです。
写真展の詳細はココからどうぞ!

The Gallery、オープンして1年になりますが、いいギャラリーを作ったと思います。
ニコンといえば、ニコンサロンですが、サロンは歴史も長く日本の写真界に貢献をしているのですが、作品審査をドキュメント系の著名写真家達の委員会がするので、審査に応募する方も、バイアスがかかってしまいます。
という訳で、私みたいな、女性写真や柔らか系のスナップで応募するフォトグラファーは、最初からニコンサロンには応募しません。
結果、展示作品に幅のあるCanonやSONYのギャラリーに応募しての写真展開催となっていたのです。
ニコンサロンとは違う目的のThe Gallery、この1年、その役目を十分果たしています。
そう言えば、The Galleryオープンの昨年の今頃は、D850のテザーWeb告知をしていました。

ニコンのギャラリーでの写真展オープンニングなので、当然ニコンのプロ担当が来ます。
当然、噂の「ミラーレス」の事を聞きました。
結論、自信満々です。
・これまでのミラーレスFVFの弱点は、ほぼ無い。
・これまでの一眼レフのレンズはアダプターを介してもスムーズに使える。
・8月から始まる、ヨドバシカメラ撮影会シーズンの後半には実機はまにあうだろう。

そうなると気になるのは、キヤノンの動きです。
キヤノンのプロ担当とも話しました。
海外の「噂」では9月13日か14日に新製品発表か?となっています。
キャノンとしては、周知の事実となっているフルサイズミラーレスの発表時期、悩んでいるようです。
まさか、ニコンのようにWebでのテザー広告はできないし、ニコンのミラーレス発表で話題沸騰の時に発表すると、焦って発表したみたいになるし、かといって遅すぎると話題を全部ニコンにもっていかれそうだし…
いずれにせよ、9月26日から開催されるフォトキナまでには、キヤノンから何らかのアナウンスはあると思います。

ところで、カメラ誌にとっては23日発表というのは「最悪」だそうです。
毎月20日発売が多い写真誌です。9月号が発売されたばかりの23日発表だと、掲載が1ヶ月遅れになって、その間にWeb等の電子メディアでたくさん取り上げられてしまうという事になってしまいます。
いずれにせよ、今年の秋の陣は面白くなるのは、請け合いです。
SONYはどうでるのでしょう?


by mash_boss | 2018-08-01 07:28 | カメラ | Trackback | Comments(0)