カテゴリ:カメラ( 268 )
設備投資中断‼ 7月16日(火) 6623
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_02224450.jpg今日の話題は、何と言っても23時過ぎに発表された、SONY α7R Ⅳです。
有効画素数61000000画素。
APS-Cにクロップしても26000000画素。
そして、個人的に気になるのは576万ドットになった、UXGA有機EL EVFです。
一足先に、今年の春に576万ドットを採用したPanasonic S1のファインダーを覗いて、感嘆しました。
これは、もう凄いです。

さて、本日MASHでは、一眼レフには今後投資しない、つまり買わない事を決定しました。

理由は簡単です。
クライアントの「ピント」に関するレギュレーションが変わり、それに対応するには、高画素で顔認識AFが使えるミラーレスカメラが合理的だからです。
絞り開け気味のロケのピントが、きついです。
クライアントさんは、某アパレルメーカーさんで、モデルさんのロケでの撮影もスタジオでの撮影もあります。
ピントの新レギュレーションは、フィルム時代で、紙媒体への印刷時代に比べると、比較にならない位厳しいものです。
こうなる理由はいくつかあります。
・印刷ではなく、大判プリンターでの出力も増えた。印刷では難しかった大きな出力が簡単になった。(若いフォトグラファーには、印刷とプリンターからの出力の違いがわからない人も多いと思います。)
・撮影をする時に、撮影後使用する媒体が、紙に印刷する印刷か、出力か、Webか決まっていず、あるいはすべてにつかうので、大きくてピントがシャープなデーターを求められるようになった。
・画像チェックに使うモニターの高精細化が一般的になり、細かいディティールが見えるようになった。TVも4K、8Kになるとより細かいディティールがわかるようになり、女優さんが困るのと同じです。

撮影も変わりました。
デジタルカメラの性能があがり、ロケでのモデル撮影ではISO800や1600での撮影が可能になり、大げさなライティングをしなくても写せるようになり、1カットあたりの撮影時間が短くなってきました。そうすると、色々な「事」が起こるのです。
つまり、1日でたくさん写せる、写させられるという事です。

別のアパレルメーカーさんも、写した写真を同じような使い方をするのですが、スタジオでのストロボ撮影が多く、絞りも11位まで絞って撮影します。それで、ピントの問題はありません。
でも、そのメーカーさんではカメラは5Dsが必要な事が多々あります。大は小を兼ねるのです。

以上のような理由から、今後一眼レフへの投資をやめて、高画素のミラーレスに切り替えます。
つまり、弊社の場合CANONなので、レンズ資産を生かすためにもCANONのミラーレスで5000万画素位のカメラが出るまでは、カメラは買いません。
CANONさん、来年の後半くらいまでには条件を満たすカメラ出してください。
あまり遅いと、SONYやLマウントのPanasonic,SIGMA連合も視野に入ります。

それまでの対策といっては何ですが、Photoshopのプラグインソフトでピントをチェックするソフトを試します。

コダクロームをライトボックスの上で、ルーペで覗いてピントチェックしていた頃が懐かしいです。
あの時は、ピントが合ってエッジのたったコダクロームのシャープさに惚れ惚れしたものでした。

b0069507_02193110.jpg個人的な事ですが、一昨年の秋に亡くなった母の亡骸を献体したのですが、今年の9月に、骨になり戻ってくるとの連絡が東京女子医大からありました。
10年と少し前に亡くなった父も生前に献体の手続きがしてあり、父の場合は昭和医大でした。

ごくごく当たり前ですが、医学教育のために、お役にたてて良かったと思います。

私も、献体の手続きをそろそろしようかと思う年になりました。
献体というと、以前読んだ大江健三郎の「死者の奢り」を思い出します。60年以上前に書かれた小説では「アルコール水槽に保存されている解剖用の死体」になっていますが、今はアメリカのTVドラマのように「冷蔵」保存になっているのでしょうか?

b0069507_02193130.jpg午後は作品撮影したデーターのコンタクトプリント作業。
デジタルカメラは、どんどん進歩しますが、プリンターの画質は進歩しますが、顔料タイプのプリンターのプリントスピードとインクの消費量、もっと「進歩」してください。
コンタクトプリントだったら、他の事しながら作業をしないと、時間がもったいないです。
でも、「アレッ、プリンター動いていない」と気が付くとインク切れだったりします。
メーカーさん、プリンターの改善、よろしくお願いします。



by mash_boss | 2019-07-17 07:11 | カメラ | Trackback | Comments(1)
君もか〜! 7月12日(金) 6619

b0069507_13225417.jpgSONYよ、君もか‼️
毎日、肩からカメラをぶらさげていると、メーカーの方達が思ってもみない事が起こります。
どのメーカーさんのカメラでも、よく起こるのは、ファインダーのアイカップとレンズフードが外れてしまう事。
この2つは、メーカーさんも把握されているようです。

6月29日から使用し始めたSONY α6500ですが、本日アイカップの2つめを、ヨドバシカメラで購入しました。
装着するのに結構硬く、しっかりはまっているのに、しらない間に外れて、気がついたらどこかへいってしまいました。
アイカップ、ヨドバシカメラの店舗で、在庫のあるお店が多いので、無くす人が多いのでしょうか?
レンズフードも2回ほど外れて、落ちましたが、こちらはカランコロンと音がしたので、気がつきました。

この他、α6500を2週間ぶら下げていてよくあるのは、モードダイアルが動いてしまいます。
オリンパス OMD EM1 M2はロックボタンがついていたのですが・・・

カメラを作るって、いろんな所からいろんな要望が出されて大変なのでしょうね。

b0069507_03223601.jpg今日の原宿の車です。
スーパーカーもいいですが、このての車いいですね~。これだったら買えるかも…
50年代末~60年代のイギリス車だと思います。

この頃の車は、壊れる事覚悟して、修理してくれる良いガレージを見つけて、そして自分でもいじれないと、なかなか乗れないと思います。
特に日本の夏は、大変だと思います。

車種は何でしょう?
どなたか、お教えください。



by mash_boss | 2019-07-13 07:08 | カメラ | Trackback | Comments(1)
SIGMA やるな~!!  7月11日(木) 6618

b0069507_04514102.jpgシグマから突然発表された「fp」やりますね~。
Leica,Panasonic,SIGMA共通のLマウントレンズが使えて、最小から最大まで変化の基になるカメラです。
コンパクトな外づけEVFが発売されないでしょうか?
それと標準ズームの組み合わせなんていうのができれば、欲しいです。
プロモーションムービーもカッコいいし、SIGMA元気です。
これまでのシグマのカメラは、ニッチ過ぎた感じがありますが、この製品はニッチ感を残しながら、少し普遍的になりながらもコンセプトが大胆なカメラ、シグマ元気です。
大メーカーもしっかりしないと…
かっこいいプロモーションムービーはココからどうぞ!

b0069507_04514188.jpgマネージャー佐々木面談シリーズ。
今日は、俊太郎君こと、細川俊太郎君です。
何年か前に、Bookを持ってMASHmanagementに来た時は、作品がまだそろっていなくて、色々話した結果、レタッチもできるのでレタッチャーとして登録しました。
それから、何年たったでしょうか?
働きながら、日大芸術学部の大学院に通い、日本でただ一人のファッション写真の博士になりました。
Bird & insectsという制作会社を起こし、今はCEOでありプロデューサーであり、フォトグラファーでもあります。
レタッチャーとしての登録は、本日抹消。
新たにフォトグラファーとして登録する事になりました。


b0069507_04514205.jpg久しぶりの四谷ヒルズです。
もう、高層棟の工事は終了したと思ったのですが、実はそうではなかったようです。
またまた、工事が始まりました。
この角度ではあまりわかりませんが…
b0069507_04514294.jpgこの場所からの写真だとわかります。
新たな、外壁パネルの貼り付けが始まりました。



by mash_boss | 2019-07-12 06:51 | カメラ | Trackback | Comments(0)
Day off.  6月30日(日)  6617

b0069507_04282238.jpg今年も、今日で半分終わり。
今年は、平成から令和に変わり、記憶に残る年になるのでしょう。
今日は完全休養日。
土日連休は久しぶりの週末でした。
今日みたいな、完全休日の日は1日2食で十分な年齢になりました。
夕方、食事に出た時にご近所の「緑」を撮影。
雨上がりの緑、きれいでした。
新しく「肩ブラ」カメラ(毎日肩にブラ下げてスナップを撮るカメラ)に加わったα6500+E 18-135 mm F3.5-5.6 OSSで撮影。
AUTO設定のISOは2500になっていました。
ISO2500でも、ノイズは少なく実用上全く問題はありません。
でも、レンズが…
これまで、常用していたのが、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROなので、比べる方が酷というものです。
αのAPS-Cシリーズで画質を求めるなら、Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSになるのでしょう。
こうなると、8月末には発表されるというオリンパスE-M5 Mark IIIが俄然気になります。
きっと、高感度のノイズも改善されているでしょうし、画素数もアップされているかも…
もしかして、今年後半からは、やがて発売されるOlympus E-M5 Mark IIIとPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.が「肩ブラ」カメラには最適かも…
Olympusの12-40mmは短く、12-200㎜はちょっとレンズが大きいです。
その点、Vario-Tessar12-60mmはレンズの大きさも、望遠側の焦点距離もちょうど良いのです。20mmの差は大きいのです。

b0069507_04282274.jpg日高屋さんの食品サンプルのレバニラ炒めです。
食品サンプルの妙なリアル感が良く出ています。
AUTO設定のISOは800です。
ノイズは全く問題ありません。
E 18-135 mm F3.5-5.6 OSSで撮影。


by mash_boss | 2019-07-01 06:42 | カメラ | Trackback | Comments(0)
first shot. 6月28日(金) 6615

b0069507_01585877.jpg毎日肩からぶら下げるカメラをチェンジしました。
そのカメラの最初の1枚です。
JPS・公益財団法人日本写真家協会の広報委員会のメンバーです。
これに、桃井君、山縣君と理事の田沼武能さんが加われば全員です。(私も入ります。)
一番左の関君は、本日で10年に渡る広報委員生活を終了します。
b0069507_02240813.jpg広報委員会の後、いつもの居酒屋の付け出しの塩昆布キャベツを新ぶら下げカメラで1枚撮影。
35㎜フルサイズ換算160㎜ 1/30 5.6 ISO3200です。手振れ補正も効いています。
ISO3200でも、これまでのカメラよりノイズが少ないです。
フィルム時代、カラーポジではISO3200なんて、まったく考えられませんでした。

b0069507_02561200.jpg
あくまでイメージですが、ISO400のカラーポジを3段増感現像してISO3200にしたら、こんな感じになったと思います。

b0069507_01585987.jpg本日の記録です。
大阪は、交通規制で大変な事になっているようです。
宅急便なども仕事にならないようです。

さて、この3人、50年後にはどう評価されるのでしょうか?
その頃、世界は…
平和で存続している事を願っています。


by mash_boss | 2019-06-29 08:17 | カメラ | Trackback | Comments(0)
ミラーレスカメラ  6月26日(水)  6613

b0069507_01590212.jpg愛読紙・日経流通新聞、最近ミラーレスカメラの記事がよく載ります。
今日は、家電の夏商戦の括りで掲載されていました。

・2018年のレンズ交換ができるデジタルカメラ出荷台数は、初めてミラーれすが一眼レフを上回った。
・とは言え、5月のミラーレスカメラの販売台数TOP10はCanon EOS Kiss MやSONY α6400、OLYMPUS PENシリーズ等の初心者でも手に取りやすい機種が上位をしめ、フルサイズ機はSONY α7Ⅲだけだった。
・原因は、フルサイズ向けは交換レンズが高いのも一因だ。
・今後、デジタルカメラ市場は縮小が続くが、ミラーレスの成長は続くとみられ、各社とも製品ラインアップの充実を計っている。

一方、ミラーレスの高級機、プロ向けでもCANONもNIKONもミラーレス機発売の「噂」がチラホラ…
来年の今頃、オリンピック直前のカメラ地図はどうなっているのでしょう?

b0069507_01590310.jpg今月号のCAPAには、5月のヨドバシカメラ豊島園撮影会のレポートが掲載されています。
一ヶ月半前の事ですが、懐かしいです。
今秋の東京のヨドバシカメラ撮影会会場は昭和記念公園です。
10月に開催されます。

b0069507_01590321.jpg初心者講習中の私も載っています。
カメラを始めて触った人でも、参加できるポートレート撮影初心者講習です。
カメラメーカーの担当者もいますので、各種カメラの使い方も、どんな事でも教えてくれます。
贅沢な環境での初心者講習と自負しています。

b0069507_01590364.jpg今日の昼、キャスティングの池田さんが事務所にいらっしゃいました。
池田さんはモデル業界歴が40年近く、モデル業界の生き字引です。
そんな池田さんの特技、本日初めて知りました。
わざと左で、さらさらと一筆。


b0069507_01590386.jpg「座右の銘は何ですか?」と聞かれたので、「写真は楽しく!」と答えたところこんなものができあがりました。
押し花の貼ってある台紙は、池田さんがお持ちになっていました。
左で書くと、相田みつおさん風になるとか・・・
失礼ながら、「人は見かけによらぬもの」という諺ががありますが、その通りです。😅



by mash_boss | 2019-06-27 06:57 | カメラ | Trackback | Comments(0)
カメラ、カメラ、カメラ。 6月25日(火) 6612

b0069507_06004851.jpg仕事のスタンダードカメラ、Eos 5DMk Ⅳがオーバーホールして、CPS(キヤノンプロフェッショナルサービス)から戻ってきました。
オーバーホールで見つかった、故障していた内容ですが、シャッター階数過多(シャッター交換)がありました。
これは、シャッターが壊れて写らなくなったいたという訳ではなく、シャッターを切った階数が24万回を超えているので、シャッターを交換した、という意味です。
フィルム世代なので、24万回って35㎜36枚撮りフィルムにしたら、何本写したのだろうと計算すると66.666本です。
MASHには3台の5DMkⅣと1台のMkⅢ、5Dsがあります。
残る、2台のMkⅣも順次オーバーホールに出していますが、シャッター回数は同じようなものです。
3年で24万回って多いのか、少ないのか・・・
雑誌のファッション誌でファッションページを写している、フォトグラファーや、スポーツ専門のフォトグラファーだったらもっとシャッターの回数は多いと思います。
MASHは仕事としてアパレルメーカー2社をクライアントとして持っているので、普通の広告系の撮影プロダクションより、シャッターを切る枚数は多いかもしれません。


b0069507_06004946.jpgさて、こちらは今日の貴金属商品イメージ撮影のカメラです。
マミヤRZに110㎜2.8+近接撮影用リングを付けて、選んだデジタルバックはLeaf AptusⅡの3000万画素。
phaseoneの8000万画素もあるのですが、こちらよりleafの方が、貴金属撮影には「硬」過ぎずにむいています。



b0069507_06004951.jpgこれは、本日のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会の賛助会員事業説明会にハッセルブラッドが持ってきた、発売前のCFV II 50CデジタルバックとCFVII 50C 907Xです。
同じ日に発表、すでに発売されているミラーレスカメラX1D II 50Cより、こちらの方がプロには興味がわきます。
X1DⅡがバーゲンプライスで発売されたので、CVF Ⅱ 50Cも同様にい願いします。

b0069507_06004816.jpg久しぶりの定点撮影・四谷ヒルズです。
ほぼ完成していた壁面パネルを、再び外しました。
ここから、何かを搬入するのでしょうか?


by mash_boss | 2019-06-26 07:20 | カメラ | Trackback | Comments(0)
A long time ago… 究極のアナログ 6月24日(月) 6611

b0069507_03024705.jpgマネージャーの佐々木と、昔の写真の話をしていて、ゴソゴソと引っ張りだした、ズーっと前のBookです。
ポラロイド8x10で撮影した作品のBookです。
1年近く同じモデルさん、同じヘアメイクさんと組んで撮影。
Polaroid galleryで写真展をしました。

使用したフィルム、ポラロイド8x10は20Cmx25Cmの大きさの写真が、撮影後90秒で出来上がります。

もともとは、偏光サングラスを作っていた、ポラロイド社。
その社長のランド博士が、ある時娘さんの写真を写したら「パパ、どうして、その写真すぐにみられないの?」と聞かれて、ランド博士はすぐみられる写真の研究を開始しました。
そして、1948年に発売したのがPolaroidフィルムとカメラです。
2008年にアメリカのポラロイドが2回目の破産。同年フィルムの生産を停止しました。
現在販売されているポラロイドは、ミッションインポッシブルというグループが、閉鎖されたポラロイドのオランダ工場を使って、作り始めたのが始まりです。

b0069507_03024791.jpgこれが、8x10カメラです。
2007年の年末に撮影した写真です。
笑顔なのは当時アシスタント、今はフリーランスフォトグラファーの三次君です。

カメラはTOYO VIEW 8x10です。
レンズはNikkor M450㎜ F9だと思います。
8X10の標準レンズは300㎜ですから、35㎜だったら75㎜相当のレンズです。

8x10カメラにはディアドルフという、木製の名機があるのですが、フィールドカメラなので、フィルム側のアオリができず、蛇腹も固定されているので、広告関係、とくにスティルライフの撮影には使えませんでした。
こんな大きなカメラをロケに持ち出して、作品撮影をしていました。

b0069507_03024708.jpg1980年代初期の撮影です。
メイクが、今とはずいぶんちがいます。
モデルは、現在は画家になりアメリカで暮らしていると風の便りに聞く、クレズミノリコ(漢字不明)さん、ヘアメイクは、あの嶋田ちあきさんです。
撮影場所は、千葉県のリソル生命の森(撮影した頃は、別の名称だったと思います。)のプールサイドです。
b0069507_03024690.jpgこちらは青山墓地。

b0069507_03024665.jpgこれも青山墓地です。
桜の季節でした。

フィルムはポラロイド8x10の初期型Type808です。
独特の発色は、後から発売されたタイプ809より好きです。

当時は、一生懸命働き、土日はワンボックスを麻布スタジオから借り、ロケで作品を写していました。
フィルムはポラロイドから提供してもらいました。
何たって、1枚2000円以上したので自腹では到底無理です。
自社のギャラリーでの写真展用とはいへ、当時の日本ポラロイドは、余裕がありました。
100万円分くらいのフィルムは使ったと思います。

昔々、あるところに… ポラロイドという会社がありました・・・



by mash_boss | 2019-06-25 07:19 | カメラ | Trackback | Comments(0)
本気です。  6月21日(金) 6608
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_16371627.jpgこの写真は昨日写しました。
マクラーレン720Sです。
場所は、MASH原宿の事務所のお隣、イベントスペースの「ジング」の外に展示されていました。。
昨日、この車とは違う、マクラーレン『GT』の発表会が「ジング」で開催されました。
マクラーレン『GT』は日常での使い勝手を考慮した実用性のあるスーパーカーだそうです。
どこが実用的かというと、ゴルフバッグや大きめのバッグも積めるスペースがあり、歩道を乗り越えるときの段差や路面のバンプなども考慮して、車高も上げているとの事です。
マクラーレンは日本での累計販売台数が1000台を超え、今年度の販売台数は前年比で64%増と絶好調のようです。
新しい「GT」投入で、本気で日本市場を開拓していくようです。
気になるプライスですが、2645万円~(消費税込み)という事で、実用性があっても庶民には買えません。

b0069507_16371530.jpgさて、こちらは買える可能性がある「本気」です。
今朝の日経産業新聞です。
「パナ『ルミックス』ブランド強化」
言わずもがな、ミラーレスカメラの事です。
今年、外国語堪能なスタッフを揃えたショールームとギャラリーを銀座にオープンし、オリンピックの外国人観光客にも、日本のユーザーにも対応します。
2017年には、日本でプロサービスを開始、2018年には、アメリカでもプロサービスを開始、2019年からは、ヨーロッパ各国でもプロサービスを開始しました。
もちろん、来年のオリンピックにはプレスセンターにプロ向けサービスブースをだします。
パナソニックの販売は9割が国外。その内の5割がヨーロッパという事です。
2021年のフルサイズミラーレスカメラ出荷台数は100万台と推定され、そのうちの10%のシェア獲得を、パナソニックは目指します。
パナソニック、本気ですね〜!



by mash_boss | 2019-06-22 07:21 | カメラ | Trackback | Comments(0)
102000000画素! FUJI GFX100  5月23日(木) 6489

b0069507_04035483.jpg突然、私の顔で失礼します。驚いたと思います。朝からじじいの顔のアップなんて…
今日のFUJI GFX100のプレス発表会兼ワールドワイドのディラーミーティング?でフォトグラファーの桃井君に撮影してもらいました。
1億200万画素弱、jpg撮って出し、肌を少しきれいにするモードを使った画像です。(アマチュア向け美肌効果、ポートレートモードとは違います。私の顔では効果なし?)
この画は、1200x900Pixにトリミングしてありますが、オリジナルは凄いです。
ついに、ここまで来たか… ただただ驚くばかりです。
b0069507_04040255.jpgやっぱりこっちの方がいいですよね。
こちらは、RAWで撮影、CAMERA Rawで現像、少し画像処理をしました。
今日は、自分のカードを入れて、好みの設定で撮影して、画像持ちかえりOKでした。
Auto WB,ISO AUTO,絞り優先Autoで撮影。
レンズは110㎜,F2 絞り開放 瞳優先AUTO Rawとjpg最高画質で撮影です。
b0069507_04041050.jpg上の写真のオリジナルです。
11648x8736Pix 101756928画素。
1枚で291MB!の容量があります。
この写真をトリミングした、上の写真でも20000000画素あります。毎日ぶら下げている、オリンパスOMD-EM1と同じです。

ムービーの性能も凄いです。
世界で70台程、レンタル専用機として稼働しているムービーデジタルカメラARRI ALEXA 65より若干センサーが小さいだけなので、高画質ムービーが撮影できます。

b0069507_04305374.jpgハンズオンコーナーでのフォトグラファーの山田久美夫さんと赤城耕一さんです。
GFX 100の詳しくは、私が説明するよりも、このお二人が書く記事をお読みいただいた方が、遥かにわかりやすいです。

とにかく、たまげたカメラです。
お値段は、ボディーのみ¥1,200,000,+です。
MASHでは、現在Phase oneの8000万画素のデジタルバックを使用しています。
ビューカメラにつけて、商品撮影をする撮影も多いのです。
GFX 100のデジタルバック作ってくれないでしょうか。
Phese one、故障の場合修理は国外、修理期間も長くて代金も高い等諸々の問題もあります。
FUJIがこのデジタルバックを作ってくれたら、そのへんも解決になるでしょう。

私は、先進技術てんこ盛りのこのカメラをを小さくした、3000万画素くらいのAPS-C規格のカメラが欲しいです。



by mash_boss | 2019-05-24 07:34 | カメラ | Trackback | Comments(0)