Thanks! Polaroid. 時代の終わり。 2月27日(水)1446


今日、ポラロイドフィルムの全製品が、今年の8月をもって生産終了する事をしりました。
日本ポラロイドからのリリースは2月21日付の発表です。
思えば、私が杉木直也さんのアシスタントをしていた、1975年にBossの仕事でポラロイドにかかわったのが、ポラロイドとのかかわりの始まりでした。
それから、昨年の液晶TVのカタログ用撮影までの32年間、小さな仕事から大きな仕事まで、お世話になりました。仕えた社長は5人でした。撮影の仕事ばかりでなく、アメリカ式の経営も勉強させていただきました。
今、MASHがあるのも、ポラロイドのおかげです。
1947年に、当時の概念を破るフィルムとして発表発売されたポラロイド。それが、61年めに、デジタルという新技術に押されて、市場から姿を消します。
インスタントフィルムの生産をやめても、その他の製品でポラロイドブランドは残ります。
今年の夏にも、インクを使わないプリンターを発表するという話題もあります。
末長い、米国ポラロイド本社、日本ポラロイドのご繁栄を祈念します。

ちょっと長いですが、Polaroidが元気だった頃、世界で十数台しかない20x24インチのポラロイドカメラをMASHで預かっていた事がありました。
その記録をご紹介します。



※以下の文章は、当時のプレスリリースからの抜粋です。

「2002年4月より、米国ポラロイド社製のポラロイド20x24インチ (50Cmx60Cm)フィルムを使用する超大型ビューカメラカメラ のオペレーティングを開始します。
今回日本に常駐することになったタイプのカメラは、世界に9台あります。New Yorkでは商業目的用のレンタル等を実施していますが、日本では米国ポラロイド本社のコレクショ ンのために、ポラロイドが指定した写真家に撮影を依頼し使用 していましたが、2002年4月中旬からは撮影希望者は、オペレーター付きでカメラ をレンタル使用できるようになりました。」
b0069507_2023840.jpg

上の写真は、富士山を撮影しにいった時のものです。
当時のMASHのウエッブサイトには、Polaroidの20x24日記を掲載していました。
そのなかから、No10とNo1を掲載します。
世の中には、超アナログの、超巨大なカメラが存在した事がありました。
当時は、といっても「たった6年前」ですが、デジタル写真が話題の中心になりつつあり、フィルムの最後の抵抗のように、20x24カメラは、一瞬の間、話題になりました。
でも、それは、はかない抵抗でした。
デジタル産業革命により、銀塩方式の画期的なフィルムが、世の中から消滅しようとしています。「革命」とは、そういうものなのでしょう。大げさに言えば、歴史の証人になれたと言えるかもしれませんが、やはりさみしいです。

20x24Polaroid Diary10

2002年4月15日 5月15日売りのコマーシャルフォト特集の為の撮影です。
b0069507_19341822.jpg
アップの撮影なので蛇腹が伸びます。露出倍数は二段位かかってしまいます。メインはノースライトを使い6200WSを使用しました。
b0069507_19355675.jpgヘアメイクは、衛藤君。
20x24の描写力は抜群なのでメイクは手を抜けません。
b0069507_19421027.jpgスタイリストは沢田さん。
b0069507_19441640.jpg1枚撮影するごとに、細かく調整します。
b0069507_19461220.jpgモデルのガブリエルはブラジル生まれの17才。
b0069507_19475538.jpgポーズを決めてからシャッターが切れるまで、30秒近必要になるので、若いモデルは、撮影のリズムを分かるまで、少し時間が必要です。
b0069507_19494621.jpgできあがった写真をみんなで検討します。
b0069507_19513415.jpg何やら、注文を付ける伏見です。
b0069507_19533652.jpg
できあがった、写真の前で大きさ比較を撮影する。コマーシャルフォト編集部の上松さん。



20x24 Polaroid Diary1
b0069507_17461382.jpg2002年1月25日(金)
Polaroid20x24用の三脚と雲台が届きました。
足は木製です。
b0069507_17491546.jpg雲台は金属製のしっかりした製品ですがカメラを止めるネジが通常のカメラと同じ大きさで、しかも1つなので、大きな本体をしっかる止められるか不安です。
b0069507_17511291.jpgb0069507_17564671.jpgドーリー到着
2002年2月1日(金)三脚を開いた状態で乗せて、移動させるための道具が到着しました。
カメラが、ついに到着
b0069507_1825016.jpg2002年2月21日(木)
Polaroid20x24がついに到着!DHLのミスでボストンに16時間んほっておかれたため、予定より1日遅れて成田に到着。MASHの沖が直接成田空港にピックアップしに行きました。
到着を喜ぶ岡安君(右)と藤田君(左)
b0069507_18282666.jpg慎重に運び入れます。何しろ世界に9台しかないカメラなのですから・・・
b0069507_18304979.jpgだいじな物のため、搬入用のリフトは使用せづ手持ちで運びます。
b0069507_18322856.jpgスタジオに運びこまれた20x24カメラとそれを見守る日本ポラロイドの方々。
b0069507_18333790.jpgいよいよ、梱包を開けます! ドキドキする瞬間です。
b0069507_18351114.jpgb0069507_18354720.jpg左は、フィルムホルダー。右は、折りたたまれたカメラ本体。
b0069507_18375729.jpg梱包からカメラを取り出すカメラの製作会社の社長ロン・ウイズナー。
b0069507_1839421.jpg昨年はイイノ・スタジオのスタジオマンとして20x24のプロジェクトに参加した浜田君(左)は、今年はポラロイドの20x24プロジェクト担当になりました。

b0069507_1910505.jpgプロセッサーの最終調整を見守る藤田君(右)
b0069507_19145163.jpgカメラ本体の最終調整です。
b0069507_19172448.jpgフィルムホルダーの調整中!いよいよ最終段階です。
b0069507_19193982.jpgフィルムを最終チェックするロン。

※インスタントフィルムは、富士フィルムのフォトラマが残る事になりました。
フィルム製造は、巨大な設備産業です。ある、一定以上の生産をし、売れなければ赤字になります。「文化」を守といっても、企業である限り、赤字を続ける事はできません。
現在、フジフイルムさんのインスタントフィルム部門の収支はわかりませんが、前途洋洋とはいかないでしょう。やがては、完全にインスタントフィルムは消えてしまうかもしれません。
 最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングへ参加中です。クリックよろしくお願いします。

by mash_boss | 2008-02-27 17:40 | 写真世界等々 | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/8101532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 釈由美子 海外旅行で大.. at 2008-03-28 16:56
タイトル : 釈由美子 女友達だけ海外旅行で衝撃的な映像をポロリ
. 釈由美子女友達と海外旅行で大胆トップレス映像友達が保存していたファイルが流出!! 釈由美子のとんでもなく衝撃的な裏映像 を入手!長期の休暇なのか海外での出来事です!人の少ない海岸でビキニ姿の彼女ははしゃいでいる!日本ではこれだけ自由に遊べないからきっとテンションもMAXだったんでしょう! 女友達数名での旅行らしくまさにはじけまくってました!すると!期待通り思いっきりポロリしてくれてます!女友達だけだったので慌てる素振りもみせずそれどころ... more
Tracked from レンタルスタジオ貸しスタ.. at 2008-04-02 17:15
タイトル : レンタルスタジオ貸しスタジオならレンタルスタジオ情報NAVI
レンタルスタジオ貸しスタジオならレンタルスタジオ情報NAVIにお任せください... more
Commented by photo_poto at 2008-02-27 21:09
でかいカメラですね。構造は簡単そうでも操作は難しそう。
ポラロイドへの思い並々ならないようですね。
Commented by KOKI at 2008-02-27 23:17 x
巨大化は絶滅への前兆とも言えるのでしょうか?カメラシステムも印画
紙もあまりの大きさに唖然! しかし、その時代時代で技術を磨く人々の
たゆまぬ努力は続くのですね。インスタントフィルムが消え去っていくこと
にはbossも感慨ひとしおでいらっしゃるでしょうが、今後も形を変えて
ポラロイドの技術が世の中を潤していって欲しいものですね。
Commented by pretty-bacchus at 2008-02-28 03:06
真夜中に素晴らしいレポートに感動しています。
写真の歴史のまさに一頁ですね。

いつもプロのお仕事を拝見させていただいてパワーと情熱をいただいています。
ありがとうございます。
Commented by mash_boss at 2008-02-28 07:40
Photo_potoさん、MASHを育ててくれた会社です。
現在は、あちらの都合で縁は薄くなりましたが、心の中ではとても大切な会社です。
Commented by mash_boss at 2008-02-28 07:44
KOKIさん、そのとおりですね。恐竜も絶滅しましたし・・・・
ポラロイドの技術、直近では今夏発売されるという、インクの不要なプリンターにも生きているようです。長い目で見れば、目に見えぬところでも、気がつかないところでも、技術は生きる事を願います。
Commented by mash_boss at 2008-02-28 07:45
pretty-bacchusさん、ありがとうございます。
素直に、嬉しいです。
Commented by at 2008-02-28 11:07 x
はじめまして。
やっと過去ログ読み終わりました。読み応え十分で最近はやりの
blog本として売り出してもいいのではないかとふと思ったりしてしまいました。

実はこのポラロイドのプリンター結構期待していたりします。
フイルムがどの位の値段で出てくるかと入手のしやすさが肝のような気はしますが。
今はfujiのpiviを使ってモデルさんに写真あげたりしています。
Commented by BlueDog at 2008-02-28 16:22 x
現在、ムービーではデジタルハイビジョンがあり、今後ますます綺麗な映像を残せるでしょうが、スチールに関して言うと、まだまだ先になるでしょうし、今回のように、20×24のフィルムで撮影することによるすばらしい写真が消えることは、とても寂しく思います。
出来れば、今のうちにこれを使用して、すばらしい作品を残してもらいたいものです。
Commented by mash_boss at 2008-03-01 12:24
朧さん、コメントありがとうございます。
ポラロイドの新プリンター、結構きれいみたいです。ドットする針(?)の深さの差で発色する色を変えるという事らしいですね。
Commented by mash_boss at 2008-03-01 12:28
BlueDog さん、20x24Polaroidフィルムは残念ながら生産中止になってしまったようです。
Commented by redbadgee at 2008-03-04 17:42
こんにちは。
昨今のSX-70ブームに乗ってポラロイドを使うようになりました。
企業側の事情は色々あるでしょうが、現在ポラロイドカメラを使っているユーザーにはフィルム生産中止は深刻です。
というのも、昨年夏にポラロイドカメラは生産中止になりましたが池袋ビックカメラなど今でも普通に在庫があって販売されています。
通常、購入時の補償は1年。修理部品の保有期間は10年と定められています。つまり、昨年のポラロイドカメラ生産中止発表時に購入したユーザーなどはカメラの1年補償があるのにフィルムがなくて使えない、、、という笑えない状況です。
企業側の事情はあったとしても製造中止後せめて6,7年くらいはフィルムを作るくらいのことは企業倫理として必要ではないかと思います。
Commented by mash_boss at 2008-03-07 06:05
redbadgeeさん、コメントありがとうございます。
何せ、アメリカの会社なので自社の都合と、損失がでない事がプライオリティーのNo1になります。この事は、新製品発表のたびに、色々苦労しました。アメリカの会社は、消費者より株主優先のようです。
8月に生産中止をしても、全世界の在庫が無くなるのはどのくらいの日数なのでしょうか?
フィルムなので、使用期限がありますので、半年といったところでしょうか・・・
<< Ennuiな日々 2月28日(... 226事件の日&D200入院し... >>