Barでの撮影 2月16日(土) 1433


b0069507_637049.jpg今日は、銀座のBarで、料理と飲み物の撮影です。
輸入建材、椅子、照明器具等でインテリアをつくってあるこのお店、店内照明がとてもきれいなので、できるだけその雰囲気を生かして撮影する事に、昨日のロケハンで決めました。
店内やその場の照明を「地明かり」といいますが、フィルム時代から地明かりを生かした撮影はありましたが、色温度やフィルムのラチチュード等々いろいろ大変で敬遠しがちな撮影方法でした。デジタルですとそのへんはいとも簡単に解決します。
撮影時間は、16時~18時の開店前2時間。今週と来週に分けての撮影になります。
基本セットです。窓の外からの外光を遮断するためと、余計な写りこみを防ぐために大きな黒布を使います。
照明器具は、ストロボですが発光させずに、モデリングランプを使用して、地明かりの補助光として撮影をします。ホワイトバランスは3500Kに設定し、温かみのある仕上げにしました。
ただし。シャンペンや発泡系の飲み物の撮影では、泡を止めるためにストロボに切り替えます。その場合はホワイトバランスを6500Kに設定して、やはり温かみのある仕上げにします。
b0069507_77161.jpgメインライトのライトボックスのデフユーザーは通常2枚ですが、状況に応じて、外側の1枚をはずして、使用します。
トップライトにはグリッドを付けて、スポットライト的な照明にします。背景にも1灯使用します。
余計な写りこみはPLフィルターを使用して取り除きます。
水物の撮影なので、要領良く撮影しないと、氷や、グラスについている霜が変化してしまいます。「細心の注意と大胆な決断」が必要です。

 ブログランキングへ参加中です。クリックよろしくお願いします。

by mash_boss | 2008-02-17 07:06 | ロケーション | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/8063170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Dark at 2008-02-17 09:56 x
シャンパンにしても泡との勝負ですよね(笑
(何度も撮影できるならいいんですけど)
飲むほうも後生大事に飲むのではなく、すぐ飲まないといけないんですが・・・どうも高級なのを飲むときはちびりちびりと(苦笑
そんな貧乏性なDarkです。
Commented by mash_boss at 2008-02-18 05:31
Darkさん、me too です。
<< 寒いロケ 2月17日(日) 1434 ロケ→物件探し→ロケハン→B級... >>