アサヒカメラ休刊!  東京Step2_1  6月1日(月) 6930

アサヒカメラ休刊!  東京Step2_1  6月1日(月) 6930_b0069507_00450989.jpgアサヒカメラが休刊になります。次号6月20日発売の7月号で94年の幕を下ろします。
本日、正式に発表されました。
5月29日に、朝日新聞出版から何の変哲もない、封書が届きました。
中には編集長の伏見美雪さんと、今は雑誌本部長(前アサヒカメラ編集長)佐々木広人さんの連名のアサヒカメラ休刊のお知らせが入っていました。
文面の最後の方に、正式発表まではSNS等での発表は控えてください・・・とありました。

Black Mondayです。
驚きとショックは、表しようがありません。
月刊カメラマンが休刊になったりしたので、写真誌は大変なのはわかっていました。それでも最後まで残る写真誌はアサヒカメラだと思っていたのですが・・・
中学生の頃、バス停の前の本屋さんで初めて買った写真誌が、アサヒカメラでした。
いつかはこの雑誌に写真を載せたいと思いました。
私の入った写真の世界は、アサヒカメラに載る写真とは別の広告写真の世界です。それでも、色々繋がりができて、アサヒカメラ別冊表紙撮影3回、デジタル写真の取材を受けたのが1回、SONY XQDカードタイアップ、OLYMPUSタイアップ等を経て、作品を掲載してもらったのが、2017年11月号にSONYギャラリーでの写真展から作品を載せてもらいました。死ぬまでにもう一回と思っていたのですが、先にアサヒカメラの方が・・・

朝日新聞出版局の時代、出版は新聞社の文化事業みたいなものと言った人がいました。つまり、採算にはあまり捕らわれる事なく、出版をするという事でしょうか・・・
新聞社も、Webの時代になり本体の発行部数が減ってくるとともに、高コスト体質の「出版局」から、独立採算の出版社に組織替えをしました。
それでも、ついに休刊。その理由は「長年の部数低迷と、新型コロナウイルスの影響による広告費の激減が原因」との事です。わかりやすいです。

アサヒカメラの日本雑誌協会による2020年1~3月の印刷証明付発行部数は約29,000部です。6年前の2014の同時期の発行部数は38,634部でした。これは印刷部数です。販売部数は日本ABC協会によると、各年1~6月の平均販売部数は、2006年4万482部、2010年3万1346部、2014年2万1159部、2018年1万6573部との事です。

お金と文化、難しい問題です。
今のコロナウイルス禍で、モニカ・グリュッタースドイツの文化相は「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」と断言し大幅なサポートを約束したそうです。文化に対するとらえ方、凄いです。
バブルの頃、メセナというのが流行りました。メセナとは企業が主として資金を提供して、文化・芸術活動を支援することです。朝日新聞社はメセナ活動的視野で「アサヒカメラ」を残せなかったのでしょうか?
「角を矯めて牛を殺す。」という諺があります。赤字は小さな事ではありません。でも、どうにかならないのでしょうか?
戦争中は何年か休刊し、戦後復刊しました。新型コロナウイルスとの闘いが終わったら、復刊なんて事は無理でしょうね~
今回の休刊、今後もっと悔やまれる事になると思います。
でも、廃刊ではなく、休刊です。つまり「おやすみ」です。一縷の望みを託します。

写真雑誌の苦境を明快に説明した日刊サイゾーの記事です。こちらからどうぞ!


アサヒカメラ休刊!  東京Step2_1  6月1日(月) 6930_b0069507_00450860.jpg
今日の原宿です。
観光客がもどってきたのでしょうか?

by mash_boss | 2020-06-02 07:06 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/30085052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mypottea6 at 2020-06-02 07:43
おはようございます m(__)m
はじめまして、。
いつも 楽しく拝見させていただいておりましたが
今日の記事は アマチュアカメラマンだった私にとっては 感慨ひとしおだったので 門外漢なのに
コメントさせていただきました ^^
私は一番佳境だったころにカメラ毎日が廃刊になり、 その後 愛機だったCONTAXが なくなり、
アマチュアだった私は なすすべもなく
フィルムの プロラボもなくなってしまい、グレ?て カメラを止めてしまいました、、^^。
だから このブログは とても楽しく拝見させていただいております。

スタジオの 三密は もう解除なのでしょうか、、
もし フィルム暗室が まだ主流だったら すごい三密のような気がします、、。

ご活躍 また 楽しみにしています?
Commented by mypottea6 at 2020-06-02 07:47
追伸です
すいません、最後の文章に 間違えてクエスチョンマークをつけてしまいました、失礼をお許しください m(__)m m(__)m m(__)m
余談ですが、、カメラの手ブレ装置は ボディ側、
レンズ側に ついても 前後にブレる揺れに対しては
無力なんです、、^^
おじゃましました。
Commented by mash_boss at 2020-06-03 09:54
mypottea6さん、コメントありがとうございます。
若い頃は、カメラ毎日派でした。
カメラ毎日が無くなった時にはショックでした。
それから、三十有余年アサヒカメラまで無くなるとは・・・
原因は、Web,デジカメ、スマホの三大要因にコロナウイルスでとどめに刺されたのでしょう。

広告写真業界ですが、できるだけ参加スタッフを減らして撮影は再開しています。
コロナウイルスでも、季節は変わるし、新製品は出るしで広告表現は変えていかなければならないので、撮影は必要です。

これからも、拙いブログですがよろしくお願いします。
<< 珍しい! 東京Step2_2 ... 距離について・・・ 東京Ste... >>