これでいいのだ?  11月22日(金) 6749

今日はJPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員会でした。
隣の席の桃井君と、色々いじりながら「これでいいのかな~」と思ったのが、Luminar4という画像処理ソフト。
4の前のLuminar 3を知ったのは今年の春前でした。
3もなかなか優れたソフトでしたが、4になって更に「凄く」なりました。が、これでいいのかな~ という疑問も沸々と…
例えば空。

これでいいのだ?  11月22日(金) 6749_b0069507_03184279.jpgこれがオリジナルです。
これでいいのだ?  11月22日(金) 6749_b0069507_03183179.jpgワンクリックで、こんな空に・・・
これでいいのだ?  11月22日(金) 6749_b0069507_03182795.jpgそして、こんな空にもなってしまいます。

何が凄いって、AIを使っての切り抜きの凄さです。
風景だけではなく、ポートレートのモデルの肌や、背景、色等いとも簡単に変えられます。

何でもできてしまうからこそ、フォトグラファーの倫理観が求められます。
世界報道写真コンテストで、画像処理が問題になり、入賞取り消しになったのは数年前。
外国の通信社などでは、画像処理を見抜くソフトを導入しているとか。

風景写真のコンテスト、応募には必ずRAWデーターも必要なんていう事になったりして…
1994年公開の映画「フォレストガンプ」以後、写真の証拠能力は無くなったなんて言われたのが、もう20年以上前。
その当時は、画像処理の専門家のテクニックと時間と高いコンピュータで、色々処理をしていましたが、現在はスティル写真ですが、今はノートパソコンでワンクリックです。
AI+デジタル+PCのパワーアップ… 大変な世の中になってきました。


by mash_boss | 2019-11-23 08:10 | 機材 | Trackback | Comments(0)
<< 久々の土日連休だ~  11月2... 久しぶり! 11月21日(木)... >>