やっぱり、プリント便利です。 2月21日(木) 6668


b0069507_01483031.jpg今日から10年分撮り続けた舞台写真のコンタクトプリントのプリントを開始しました。
今日は、2009年に撮影した、劇団員の打ち合わせ飲み会と2010年春の講演の唐十郎作「愛の乞食」のコンタクトプリントをしました。
A4に28コマプリントして「打ち合わせは」7枚、「愛の乞食」は26枚になりました。
コンタクトプリント、大量にプリントするには、染料インクのプリンターの方が印刷スピードが早くいのですが、残念ながら事務所にはありません。
いつも、作品プリントに使用しているCANON PRO 10でプリント開始。
このプリンターは、染料インクプリンターより、プリント速度は遅いですが、変退色に強い顔料インクのプリンターです。
覚悟はしていましたが、やはり時間かかりました。
このコンタクトプリント、3人に回して見ます。
こういうのには、やっぱり、いつでもどこでも見られる紙のプリントが便利です。
ところで、コンタクトプリントをするソフト、なかなか良いものがありません。
Photoshopでコンタクトプリントはプリント準備に時間がかかりすぎます。
Lightroomのコンタクトプリントは、細かなレイアウトができて、色々なデーター形式からプリントできて理想的ですが、ヘッダに文字が入れられません。(私の使い方が未熟なのかもしれません。どなたかヘッダに文字を入れる方法ご存知ですか? もしかして IDプレートでいいのかも? 明日ためしてみます。)
結局、今日はヘッダに文字が入れられるCANONのDPPでコンタクトプリントしました。
明日も、コンタクトプリント作業続きます。


by mash_boss | 2019-02-22 07:04 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/29269862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kooky at 2019-02-22 11:00 x
プリントまではしていませんが、IDプレートでいいようです。余白を作ってそこにIDプレートを移動させればOKのようです。
Commented by Mac使い at 2019-02-22 23:36 x
Adobe Bridgeの「出力」で作るコンタクトシートを使えば、ヘッダに文字を入れる事が出来ると思いますが。PDFで複数枚を1ファイル化してくれますし、RAWでも直接作る事も出来て重宝しています。
<< お勉強  2月22日(金) 6669 リスク  2月20日(水) 6667 >>