ヨドバシカメラと世界に一台のLeicaの日  10月4日(木) 6544

b0069507_02293846.jpg
今日の午後、今度の日曜日のヨドバシカメラ撮影会の会場、昭和記念公園にロケハンに行きました。
広い!本当に広いです。
台風25号もそれるようで、天気もよさそうです。
10月ですが、天気予報では30℃超えの予報も出ています。今年最後の熱中症注意日かもしれません。
園内にはレストラン、売店もありますが混雑が予想されるので、昼食はご準備の上参加した方が良いと思います。
コンビニは、最寄りの西立川駅の公園とは反対側の出口に、コンビニがあるようでが、他で準備したほうが良いかもしれません。
b0069507_02302238.jpg
台風25号の影響か、倒木もありました。

b0069507_02302180.jpg
銀杏も沢山落ちていました。


b0069507_02305172.jpg
昭和記念公園に行く前は、ヨドバシカメラ本社で名古屋撮影会のコンテスト審査をしました。
終了後にロケハンに行くので、お昼はパワーランチ!
同行したマネージャー愛新覚羅が中国ネットワークで見つけて、よく行くという新大久保「小魏鴨脖店」(しゃおうぇいやぼー)にいきました。
「鴨脖」とは鴨の首肉の事です。


b0069507_02305149.jpgこれが、鴨の首肉です。お初です。
ビニールの手袋をはめて、手づかみでいただきます。
ビールを飲みながらが最高のお料理です。

b0069507_02305145.jpg本日のメイン、ビーフンです。
結構なボリュウムがあります。
沸騰した鉄鍋で出てきます。
スープはあっさりしていますが、ジワリと辛さが効いています。
色々なトッピングができます。
今日は、羊肉(¥200.-)をトッピングしました。
店内は中国語飛び交っていますが、日本語通じます。
今日は愛新覚羅同行だったので、彼女と店員さんの中国語やり取りを聞いていると、ここは北京か上海か・・・

b0069507_02311227.jpg夜は、Leica銀座ギャラリーの故植田正治さんの写真展写真展「濱の人たち」のオープニングレセプションにお邪魔しました。
挨拶をされる、植田正治さんのお孫さん増谷寛さんです。

植田正治さん、大好きな写真家のおひとりです。
70近くになって、ファッション写真を始めたり、福山雅治さんに写真を教えたり、多方面で活躍されました。

わたしは、Polaroid20X24プロジェクトの時に、米子でお会いした事があります。

植田正治さん、詳しくはココからどうぞ!

b0069507_02311187.jpgLeicaギャラリーでお会いした、日本で唯一の“東京駅フォトグラファー”であり鉄道写真歴40数年の佐々木直樹さんが持っていたLeica X2の東京駅バージョンです。
世界で一台のLeica X2です。
東京駅大丸内のLeica大丸店で10台限定で発売され、ボディに貼ってある外装レザーが10台それぞれ違うので、世界で一台のLeica X2となります。

b0069507_02311280.jpgあまりにも有名な植田さんの作品「子狐登場」登場です。
プリントには、色々なバージョンがあって、これは柔らかいプリントバージョンで、Leica京都ギャラリーで展示されるプリントは「覆い焼」がハッキリわかるバージョンです。
そう、今回の植田正治さんの写真展は、銀座と京都のギャラリーで別バージョンを同時開催なのです。東京は2月3日まで、京都は2月21日までです。
どうにか算段して京都のギャラリーに行きたいものです。

b0069507_02311277.jpgこの写真が、今回の東京での写真展で初公開のプリントです。
今年の7月にご逝去された、植田さんの娘さん和子さんの遺品のなかから見つかった、写真です。
植田さんが写した和子さんです。
この写真だけ、Leicaで写した写真ではありませんが、特別公開です。

Leicaギャラリー銀座・植田正治写真展「濱の人たち」詳細はココからどうぞ!
Leicaギャラリー京都・植田正治写真展「風景のなかの静物」詳細はココからどうぞ!


by mash_boss | 2018-10-05 06:46 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28705747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日曜は撮影会! 10月5日(金... 押忍! 10月3日(水) 6543 >>