本気だな~ 7月20日(金) 6470
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_00502421.jpgこれは、あるレンズの鏡胴です。
マグネシュウム製で、見た目より軽くて驚きました。
発表会で、参加者に回されました。
私は、初めて見ました、そして触りました。
b0069507_00503535.jpg今日は上の鏡胴を使ったレンズ、FUJIの200mm F2の発表会でした。
APS-C用のレンズなので、35mmフルサイズ換算だと305mm相当になります。
望遠の明るいレンズが、こんな大きさでできてしまうのは、APS-Cの利点です。
手持ち撮影完全OKです。
実物のタッチ&トライでXH1に付けた状態で覗きましたが、適度な重さで手に馴染みました。
肝心のお値段は、1.4倍のテレコン同梱で¥838,500,-との事。なかなかのお値段です。
10月発売予定です。

このレンズの詳細はココからどうぞ。

b0069507_00512315.jpgもう1本、発表がありました。
8-16mm F2.8 35mmフルサイズ換算12mm~24mmの超広角ズームです。
使用感をプレゼンしたのは、ヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしているフォトグラファーの織作峰子さんです。
織作さん人気あります。
織作さんを写す参加者も結構いました。
現在銀座和光のホールで写真展開催中の織作さんは、会場から駆けつけました。

12mm~16mmの詳細はココからどうぞ。
織作さん写真展の詳細はココからどうぞ。

b0069507_00504660.jpg超広角レンズって、こんな光の入り方するんですね~!
レンズ、20枚も使っています。
気になるお値段は¥277,500,-で11月下旬発売です。

b0069507_00512357.jpgレンズ開発・発売のロードマップも発表されましたが、その中でのスターは、33mm F1.0 オートフォーカスです。
35mm換算50mmの1.0のレンズが2020年までには発売されるようです。

製品発売まで3ヶ月、4ヶ月先のレンズの発表会を開催する… これって、もうすぐ発表発売と噂されている、NikonとCanonのミラーレスへの対処なのでしょうか?
フジがレンズのみでの発表会を開催するのは、初めてとの事で力が入っています。

今年の9月のフォトキナ以降は楽しくも騒がしい事になりそうです。


by mash_boss | 2018-07-21 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28482547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アーカイブ  7月21日(金)... 39日め  7月19日(木) ... >>