気になるな~ 6月26日(火) 6447
人気ブログランキング参加中です。
b0069507_03092309.jpg
始まる前は、あまり盛り上がっていなかった2018FIFAワールドカップ。
日本代表の活躍もあり、大いに盛り上がっています。
ご同慶の至りです。が、どうにも気になってしょうがない事が、2つあります。
その一つは、選手の刺青。
きれいならまだしも、品が無い刺青多いです。
世界基準は知らないですが、日本では刺青は良い目では見られません。
タトゥーならと思っている若い人もいるかもしれませんが、タトゥーだって刺青です。
若いうちはいいですが、年をとって皺くちゃになると、入れ墨も皺くちゃになってしまいます。
二つめは、「半端ない」という言い方。
私の世代、いや私には奇妙に思えます。
「半端ではない」「半端じゃない」なのです。
歌は世につれ・・・ ではないですが、言葉も世につれ変わっていくのでしょうが、半端では無く、半端ないが、耳障りです。

b0069507_03514985.jpg刺青、入れ墨と言えば、こんなエントリーを昨年の5月にしていました。
前列右端が30代前半の私です。
撮影場所は、当時新宿の西五軒町にあったMASHのスタジオ。
真ん中の女性はニューヨークのフォトグラファーサンディー・フェルマン Sandi Fellman です。
ポラロイド20X24を使っての日本の刺青写真集を制作中の記念写真です。
このエントリーに、たぶん医療関係の方からでしょうが、こんなコメントがありました。

「ヤクザに肝炎→肝硬変→肝癌が多いのは、刺青による肝炎ウイルスの感染が原因の1つです。(これとは別に、薬物の不衛生な注射による感染という問題もあります)
疫学調査したら、1人の彫り師にたどり着いたけれど、彫り師の命がかかっているので公表できなかったという話を聞いたことがあります。
これが刺青を軽々しく考えてはいけない理由です。
刺青は磁性体ですから、MRIを撮影するときに、皮膚に電流が流れて、やけどをすることがありますので、原則拒否しています。
脳梗塞など多種多様な疾患で、高度な医療の恩恵を受けられない覚悟が必要になります。
別に非難しているわけじゃないんですけど、刺青の話をするときは、良くない面も知っておいて下さい。
次元の違う話なんだけど、模様に飽きない?」

元のエントリーはこちらです。


by mash_boss | 2018-06-27 07:17 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28407908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Breaktime. From... 匠の技? 6月25日(月) 6446 >>