写真の力 4月4日(水) 6370


b0069507_03370014.jpg
今日は、JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員会のついでにJCIIフォトサロンで昨日から始まった「吉田謙吉写真展・満洲風俗・1934年」を拝見しました。
吉田謙吉(1897-1982)さんは、舞台装置家として、また「考現学」提唱した人で多方面に才能を発揮した方のようです。
この写真展は『経済知識』特派記者として1934年8月に満洲を取材した時に撮影した写真の写真展です。
「風俗の問題は、余程客観的態度を持つてかからない限りうかうかと物珍らしさに掠はれてしまひ、その真を伝へられない結果に陥り易い」という方針で、当時の小型カメラのライカで撮影した写真展です。
「機関銃的な風俗採集の役割はライカ」と、約1カ月間に384枚を撮影したとの事ですが、今の感覚では「機関銃的」と書きながらでも、1ヶ月でたったフィルム10本と少し… デジタルの今だったら撮影枚数の「桁」が違ったと思います。吉田さんの時代にデジタルカメラがあったらな~
展示方法も面白く、動画では表現できない写真の記録生が分かる写真展です。写真的にも、記録としても面白い写真展です。
写真は「写しておくもんだ!」と実感です。
連休中も開館している写真展です。
お時間のある方は是非どうぞ!
詳細はココからどうぞ。

b0069507_03370974.jpg夜は平田ヒロモトさんの写真展「カリフォルニア ファインダーfly and drive in good breeze」のオープニングレセプションに伺いました。
会場は、恵比寿のアメリカ橋ギャラリーです。
平田さんは広告写真家ですが、普段の仕事から解き放れてカリフォルニアを旅した、気持ち良い写真展です。
こちらは「客観的」では無く「主観的」な撮影ですが、10年も経てば自然に記録になります。それが写真の面白いところです。

平田さんの仕事の写真はココからどうぞ。
写真展の詳細はココからどうぞ。

開催期間が短いのでご注意を!でも土日オープンしています。

by mash_boss | 2018-04-05 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28230722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 凄いな~  4月5日(木) 6371 This is America... >>