Breaktime. From my exhibition in Sony gallery.ⅰ 2月13日(火) 6317
b0069507_04410538.jpg
今日の仕事は「社長の日」でした。そんな日は写真です。
昨秋のSONYギャラリー銀座での写真展「Toward the landscape みえる時、見えない時」からの写真を・・・
展示順に掲載します。すでに、ブログで発表した作品もあります。あしからず・・・





作品展のタイトル「Toward the Landscape」を日本語に訳すと「風景に向かって」です。
毎日の行動の東京生まれ、東京育ちにとっての“風景”写真です。
仕事の時もそうでない時も、私はいつも肩からカメラをぶらさげている、プロとしては珍しいフォトグラファーです。
カメラをぶら下げていれば、さまざまな写真を撮ります。
街かどや行く先々で気になる “風景”があればシャッターを切ります。今回はその気になる“風景” を私なりの視点で集めた作品展です。デジタルカメラになってからの作品から選びました。
 私は風景写真家のように、撮影目的で旅に出ることはありません。
展示する作品は、すべて私の普段の行動範囲の中で見つけた“風景”ばかりです。
今回の作品には、常にカメラを持っているからこそ撮れたシーンがたくさんあります。でも、いい写真を撮ってやろうなどとは思って撮っているわけではありませんし、何か決まったテーマを設けて撮っているわけでもありません。自分のイメージに追い込んでいくようなストイックな撮影はプライベートではしません。目に飛び込んできたシーン、気になったシーンをサクッと直感で撮るだけです。

合間、合間で撮るのですが、常に気になる“風景”が見えるわけではありません。ですから「-見える時、見えない時-」というサブタイトルを加えました。それは前述したように被写体を追い求めているのではなく、日常の中で気になった光景に気づいたときに撮る、それが私のスタンスだという意味もあります。

作品を何人かにお見せしたとき、「都会的なスナップ写真ですね」と言われました。
東京で生まれ、生活しているからイメージとしての “都会らしさ”が直感的にわかるのかもしれません。でも、都会を意識したことはありません。“スナップ”を撮っているつもりもありません。見えた時、感じた時に感じたままに撮っているのです。
でも、長年、広告写真家として撮影を続けていると「ここからこう切り取れば、こういう仕上がりになる」ということを自然と身に付けているのでしょう。
気になったシーンをサクッと撮ってはいるのですが、どこかに広告写真家の“イヤラシイ(苦笑)”撮影テクニックが入っているのかもしれません。
見方は自由です。何かを感じていただければと思っています。

Having been born and raised in Tokyo, these photographs are “landscapes” to me. As a professional photographer, Iʼm a bit unusual since, whether working or not, Iʼve always got a camera over my shoulder. And, having a camera with me all the time means that I take all kinds of pictures. If thereʼs a street corner or a “landscape” up ahead that interests me, Iʼll snap a photo of it. For this exhibition, I have amassed a bunch of these “landscapes” in my own personal way. All of these works were taken after the advent of the digital camera.

Like any landscape photographer, I do not set out on a journey with a specific photographic objective in mind. All of the works I am showing here are “landscapes” I came across within my usual scope of activity. In fact, many of the scenes youʼll see were captured purely because I always carry a camera with me. Not once was I obsessed with “taking good photos” or working with a fixed theme. Stoic photography is about running into an image -- itʼs not personal. I intuitively photograph scenes that pop up or draw my attention.

I entitled this exhibition “Toward the Landscape”, but I then added “Now you see them, now you donʼt” as a subtitle, because, even though I take pictures in-between the things I do everyday, I do not always come across a “landscape” that speaks to me. That also explains how I go about taking pictures: I donʼt set out looking for something in particular; I photograph everyday scenes I realize that interest me.

A number of people I showed my works to simply saw “snapshots of a city”. Maybe because I was born in Tokyo and live there now, I might be automatically tuned into “the city” with my imagery. But, I honestly am not conscious of the city per se. And, I havenʼt the least bit of intention of “taking snapshots” either. When I see something or feel something, I photograph it just the way it is. Admittedly, having worked for years as a photographer in the advertising business, it comes natural to me to anticipate how “the angles will come out”. I am definitely photographing scenes I like the moment they present themselves, but somewhere in there may very well be this “ignoble” (mockingly) technique I picked up in the advertising business.Look at my work any way you want. I just hope you get something from it.

by mash_boss | 2018-02-14 07:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28122168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Breaktime. From... 休日診療  2月12日(月・振... >>