¥270,000,- vs ¥0 2月5日(月) 6309

b0069507_16215205.jpg
すみません、写真のブログなのに車の事ばかりで・・・
それだけ、フォトグラファーにとって、車は大切な商売道具と思ってください。
本日契約成立、世界のハイエースからキャラバンになります。

さて、ここから先が、本日わかった「なんだかな~」と思った事です。
これまでの経緯ですが、ウオーターポンプが故障してオーバーヒート、レッカーでトヨタに持って行かれたハイエース。
最低でも、¥170,000,-、もしかしてこれに¥400,000,-修理代が加わり、計¥570,000,-の修理代と3週間の修理期間が必要と見積もりがでました。
11年乗っていますが、走行距離は80000kmと少ないのですが、買い替えも検討する事になりました。
買い替えの商談に入ると、最初、トヨタは旧車の廃車費用として¥15,000,-必要になります。と言っていました。でも、ニッサンとの競争とわかると「廃車費用無料にします。」になりました。
一方、ニッサンは最初から「ハイエースは人気があるので、壊れていても下取り価格が付くと思います。」との事でした。
結局、¥270,000,-!! で下取りが決まり、販売価格から相殺する事になりました。
なんだ〜 この差は!!
もちろん、これ以外に値引きがありました。値引き額はニッサンもトヨタも同じくらいでした。
車が無い間のレンタカーの条件も、ニッサンの方が良かったですが、これも最後の方ではトヨタは同条件になりました。
ニッサンはハイエースの客をキャラバンに変えるために、目一杯がんばって下取り価格をだしたのでしょうが、それにしても、トヨタ、ちょっと酷いとは思いませんか?
おまけに、車を引き取りに行ったニッサンからの報告ではニッサンのディーラーまで、自走できたとの事です。たぶん、距離は1Km弱だと思います。
まあ、街の修理工場でリビルトされた中古エンジンを探して積み替えればそれで済んだのか、そこまでしなくても、外れた冷却系のパイプとウオーターポンプを取り替えるだけですんだのか、いずれにせよトヨタより安いお値段で修理できたのでしょう。
ディーラーにしてみれば、法人客だし11年も経っているし、ディーラーはディーラーとしての修理をしないと、これまた問題になるので、最大限の修理見積もりだったのでしょう。当然街の修理屋さんより高くはなります。
一方、セールスにしてみれば、重修理っぽいし長く乗っているし、買い換えてもらうには良いチャンスと思ったのでしょう。
まあ、車をディーラーに持って行ってしまったのが、そもそもの間違えだったのでしょう。

私のFacebookに「いまだにT社の従業員はそんな営業・サービスをしているのですね。私は25年前、人生で2度とT社の車は買わないと決心する出来事がありました。それ以来、H社のみを購入しております。」とのメッセージを頂きました。世界のT社もいろいろあるんですね。
車やメーカーは何も悪くはないのに、車を売る人(ディーラー)によって、良くないイメージが付いてしまう… 車がかわいそうです。
今回の事で、トヨタの車はもう乗らないなんて事はありません。デザイン的にもトヨタの方が好きだし… 
もし、次にトヨタの車を買うことがあれば、今回の教訓を生かしてディーラーとおつきあいをして行きます。
今回の事は、何千人もいるトヨタのセールス、何百とあるトヨタのディーラーさんの一部でしょうが、残念です。
これまで、11年間働いてくれた、ハイエース君ご苦労様でした。第2の人生いや車生に幸多い事を!

気分を変えて、キャラバンの待望の納車は2月中です。
カラーは、ダークメタルグレー
グレードはPremiumGX
オプションで
アラウンドビューモニター
ナビレコお買い得パック+ETC2.0
ルーフインナーバーを付けました。
それに、納車まで、必要な時にキャラバンのレンタカーを1日¥5,000,-で貸してくれます。
ナンバーは、前の車と同じで1234です。


by mash_boss | 2018-02-06 07:30 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/28075887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あいうえお・・・  2月6日(... 立春 2月4日(日) 6308  >>