師走 23 継続  12月23日(土) 6263

b0069507_05254957.jpg
今日は、土曜日ですが大先輩・写真家大山謙一郎さんの写真展「凝視展(その41)Pigalle」のオープニングレセプションに伺いました。
オリンパスギャラリーは土日オープンしている貴重なギャラリーです。
まず、ビックリするのは、昨日からいろんな方々のFacebookに載り始めた芳名帳です。
大山さんが、これまで開催した写真展の芳名帳が合体したものです。
これって継続のなせる技です。
なんせ、写真展41回めです。!!!

b0069507_05265069.jpg
大山さん、富楽君(右)と記念撮影。
30年くらい前、大山さんから一本の電話がありました。
「九州から出てきた若いのがいるんだけど、面倒見てくれ…」というわけで、私のアシスタントになりました。
富楽君は、九州のアマチュアフォトグラファーでした。
スポーツ、特にサッカーのセリアA撮影するプロを目指して上京したのですが、とりあえず私のところでプロの写真の基礎を勉強。
その後、初期の目的の達成のためにスポーツ写真の世界にもどり、スポーツ写真では日本のトップ、アフロのフォトグラファーになり、オリンピックも何回か撮影。
その後フリーになり、イタリアで数年過ごし、日本に帰ってきて活躍中です。 
昔は簡単でした。「よろしく頼むよ。」「ハイ」で決まり、決められちゃった若者も、とりあえず素直に従い、今ではフォトグラファーです。
愛燦燦ではありませんが「人生って不思議なものですね」
という事でMASHはアシスタント募集中です。


b0069507_06075187.jpg
ちょっと酔ったエッチャンこと、榎並悦子さん。
注目は足元です。!!!
充電式だそうです。白、グリーン、ブルー、ピンク、レッド、点滅と色々変えられます。
これで、おいでになったのでしょうか?



b0069507_06131596.jpg大山さんのパーティーに行く前は、毎年末に行く東日本大震災定点撮影の準備を始めました。
今年で7回めになります。あの震災から6年と9ヶ月過ぎた事になります。
3.11の後、熊本地震などもあり、最近では根室沖や釧路沖でも東日本大震災に匹敵する地震が起きる可能性が大きいとのニュースがありました。
東京にいると、とかく忘れがちになってしまいますが、現地に行くと、まだまだ「現実」です。
私は報道写真家では無いですが、写真を生業とする者としては、現地の方々の迷惑にならないように、写して行かなければとおもっています。
1年に1回ですが同じ所を写していると、写真の記録性に感心します。
よそ者ですが、この記録は続けていきたいと思います。

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-12-24 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/27889209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 師走 24   サンタ追... 師走 22 審査結果 12月... >>