審査、通夜 12月4日(火)3597

今日は、私の関係する撮影会のコンテストの審査をしました。
2回分の審査をしました。以前にも書きましたが、上手い人はどんな状況でも上手いです。
上位に入る写真は、私ばかりでなく、スタッフの方達も感心です。
アマチュアの人にとって、デジタルカメラの恩恵と貢献は本当に大きいと思います。写真的感性のある人はどんどん写真が上手くなります。
さて、みんなが、あるレベルの写真を簡単に写せるようになったらプロのフォトグラファーはどうするか・・・ 自分の写した写真を「再現」ができる事、しっかりとした撮影とデジタルのテクニックと知識を持つ事、写し方の発想と感性を柔軟に豊かにする事・・・ う〜ん 気持ちが若くなければ・・・
b0069507_7381531.jpg

審査会の後の予定がキャンセルになったので、急遽、上野寛永寺での友人の通夜に・・・
私の出た学校は、長い人で小学校から高校まで12年一緒。大学も同じ大学だったら16年も一緒という学校。小学校から高校まで一緒のクラスという友人もいたりして、親戚みたいな感じです。
通夜の後、小学校の時の友人8人と痛飲。献杯。
4年と少し前、サイレント癌といわれる、ある癌を発症、友人、先輩、後輩のネットワークを生かして最高の治療を受けましたが11月29日に逝去。
結婚式に参加が多い年代があり、友人や会社の同僚の親の葬儀に参加が多い時代があり、いよいよ、友人の葬儀に参加する年代になったのです。
もう、みんないい歳であり、それなりの仕事をしている友人達と、これからの人生と人生観を語り合いました。
生きている事を大切にして、明日から、効率良く充実した日々を送らなければ・・・ もう、生物としての先は見える年代なのです。


ブログ ランキングに参加中です。ブログを続ける元気の源です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2012-12-05 08:11 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mashtokyo.exblog.jp/tb/19614947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年の表参道は寂しいです。12... 本番撮影、オープニングパーティ... >>