世の中休みだ〜 敗戦66年め・・・ 8月15日(月)3035
ランキングに参加中です。

今日は、66回目の敗戦記念日。朝の地下鉄はガラガラ。世の中夏休みの真っ最中です。
事務所で高校野球を「ながら見」をしていたら「全国戦没者追悼式」にTV中継が変わりました。
世の中休みだ〜 敗戦66年め・・・ 8月15日(月)3035_b0069507_5135742.jpg
午後、高村規元APA・日本広告写真家協会会長のお宅に現白鳥APA会長と、事務局長と訪問しました。
そこで、66年前の「秘話」をお聞きしました。当時、高村さんは、父上の鋳金家高村豊周と長野に疎開していたそうです。そこに、某新聞社の記者が終戦の数日前に「日本の敗戦が決まったので、敗戦の詩をお願いしたい・・・」と来たそうです。記者は豊周と兄の光太郎を間違えて訪問して来たのでした。その事がわかると、真っ青になって終戦が発表されるまでは、内密にしてくれと頼んで、高村光太郎が疎開していた岩手県の花巻に向かったそうです。そして8月17日の朝日新聞に「一億の号泣」という詩が発表されたとの事でした。当時は、電話等の連絡手段も無く確認する術も無く訪問して来たとかで、電話、FAX、メール等々連絡手段が豊富な今では想像できません。
15時過ぎに原宿事務所着。今日も広告トラックが走り回っていました。
夜、NHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編 果てしなき戦線拡大の悲劇」をみました。少し長いですが引用します。番組解説曰く「12月8日の真珠湾攻撃。その直後から、開戦を決めたと同じリーダーたちのトップ会議で、戦争をいかに終結に持ち込むかの方針模索の議論が始まった。しかし、そもそも無理を承知で始めた戦争。アメリカとの早期講和を狙うのか、長期持久戦でひたすら耐えるのか、首脳部の意志は割れて統一できない。結局、防御と戦線の際限ない拡大の両方を、陸海軍が各々バラバラに追求するという矛盾した決定に至る。この決定が日本の悲劇を一層深刻にしていくのである。資源や補給船は陸海バラバラに運用される一方、作戦情報も共有しないまま南方へ送られた兵士たちは次々倒れた。軍官僚たちは占領利権を争い、戦線拡大のエスカレートは止まらない。重大事に危機感を共有できず、統率力を発揮できない国家指導者の下で犠牲者は膨らんでいく…。」そして、問題は先送りにして、色々面倒くさい事は「想定外」にしてしまう。・・・ これって、今の政局、東電、官僚組織と全く同じでは・・・
310万人も戦没者をだしながら、大震災があった敗戦66年後のこの国の為政者は全く変わっていない・・・ 
この番組を見た方は、私と同じような思いを持たれた方が多かったと確信します。
何もしなければ、時間は無駄に流れていくだけです。

ランキングに参加中です。
by mash_boss | 2011-08-16 05:14 | 日常生活 | Trackback(1) | Comments(3)
Tracked from AKB柏木由紀巨乳は偽物.. at 2011-08-17 02:32
タイトル : 【AKB】柏木由紀ダイナマイト偽おっぱい画像マジ流出【偽..
AKB48柏木由紀のダイナマイトおっぱいは作り物・・スピルバーグ監督もびっくり! ... more
Commented by photo_artisan at 2011-08-16 07:43
毎年三万人を越える自殺者と特攻隊にも同じ「根」を感じます。
生命を粗末にする事に関して。
Commented by tes_music_system at 2011-08-16 08:10
TVを見ながら、なんともやるせない気持ちになってしまいました・・・
Commented by Dark at 2011-08-16 13:14 x
はだしのゲンなど残虐な描写の絵や写真を娘たちに見せたくはないという本音があります。しかし、そういうのを見せずして戦争の悲惨さを伝えていくにはどうしたらよいものかと思ったりもします。戦争を経験していない親が子に何をどう伝えるべきか。自分の中での答えがまだ見つかっていません。
<< まだまだ休み? 8月16 日(... 温故知新。8月14日(日)3034 >>