タグ:Canon ( 6 ) タグの人気記事
師走 04  またまたアシスタント募集です。 12月4日(月) 6243

「You 天才ね 国へお帰りになったら?」
これは、1977年のCANON F1のCMアシスタント編でフォトグラファーが、動きの良くないアシスタントに発する言葉です。(コマーシャルを見たい方は、ココをクリックしてください。)
私の時代も、この頃もアシスタント君は打たれ強かったのですね~
次の日にはケロッとした顔で事務所に出社、フォトグラファーも何も言いませんでした。
この構図は、基本的には今でも変わってはいないと思うのです。

先週の撮影中、フォトグラファーにCMと同じような事を言われた、MASHのアシスタント君が、次の日から出社しなくなりました。世にいうバックレです。
9月に入ったアシスタント君の1人です。
同期入社の社会経験豊富なもうひとりのアシスタントが、その日の帰り道に「フォトグラファーに謝ったらいいんじゃない」と話したとの事でしたが、彼は出社しない道を選びました。
フォトグラファーがその言葉を言った直接のできごとは、マンフロット雲台のクイックシューにカメラやレンズを装着するプレートのレンズ側とフォトグラファー側を逆にカメラボディーに付けてフォトグラファーに渡したのです。プレートのレンズ側にはLENSと刻印がされています。「3ヶ月もたって何やってんだ」となり、その言葉が出てしまいました。というのが、大雑把な経緯です。
まあ、それまで、色々あったにはあったのですが・・・
3日、3ヶ月、3年、人が色々な事がらを辞めたくなると言われる周期ですが、彼の場合3ヶ月と24日でアウトになりました。
今回辞めたアシスタント君の応募時の触れ込みは、北海道の大学を今年の春に卒業、東京の撮影プロダクションにフォトグラファーのアシスタントとして入社しましたが、その会社、お給料はちゃんとくれるのですが、撮影の仕事は月に1~2本と少なく、このままでは、いけないと思ったそうです。(立派です。)写真関係の知人に相談したら、その人が以前に、ロケアシとして何回かMASH来た事があり、あそこは忙しくて勉強になる・・・ と薦められて面接を受ける事にしたとの事でした。
私も、薦めてくれたロケアシをしてくれた人を覚えていました。
その他には大学に在学中、夏休みや春休みには東京の「助っ人屋」というロケアシの会社に、北海道からアルバイトに来ていましたという触れ込み。(なかなかやるじゃないかと思いました。)
ロケアシの経験から、フォトグラファーには様々なタイプのフォトグラファーがいるのは、体験しているとの事です。(打たれ強そうです。)
チョット線が細そうだけど、やる気満々そうなので、9月から来てもらいました。
ところがです・・・ いろいろあったようなのです。
結局、今回のようになりました。

出社しなかった日、飯島くんが携帯に電話しましたが直留守電状態。連絡するようにメッセージを入れました。
次の日も、連絡つかず。
もしかしたら、急病で倒れているのでは等と心配になってきます。
辞めたくなったり、来なくなるのは致し方ないですが、こちらが大変なのは辞めたアシスタントが持っている鍵等の回収です。
先週の金曜日、昼まで待っても連絡がつかないので、午後、飯島と多比良が彼のアパートを訪ねました。
午後3時過ぎだというのに、起き抜けの顔で出てきたという事です。「フォトグラファーに怒られて、出社するのが怖くて…」という事で結局退職する事になり鍵と健康保険証を回収してきました。(こういうのって、疲れます。)
心配して何人かが、彼の携帯にメッセージを入れたそうなので「そういう人には連絡をするんだよ」と言い残したようですが、現在まで結局何の連絡もありません。
今までも3ヶ月くらいで辞めるアシスタント君は、何人もいましたが、たいていは「お話があるのですが・・・」というので始まるのですが、今回のように完全バックレは珍しいです。
同世代の営業くんは「聞いた事はありますが、本当にあるんですね」とビックリです。
以前、朝来たらフォトグラファーの机の上に鍵と辞表が置いてあったと事もありました。
ちゃんとした辞め方だな〜 なんて変に感心しました。ところが、しばらくして離職に関する書類を送ってくださいと連絡してきたのは、本人では無く母上からで、みんなちょっとガッカリ。ある面、きちっと辞めたのに、自分で連絡しろよ~

アシスタント君に関しては、これまでも色々ありました。こちらも勉強になる事もたくさんあります。
こんな事ではめげないでアシスタント募集です。
普通の人でだったら、勤まると思うんだけどな〜
こんな、エントリーすると、ますますアシスタント希望者いなくなるかも・・・
「水は低きに流れ…」という諺があります。妥協せずにクオリティーの高い写真をめざすのだ!(貴乃花親方みたいです。)という訳で

MASHでは、アシスタントフォトグラファーを募集します。
甘い言葉で誘う気はありません。修行のできる方を募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影60%、人物撮影40%です。経験は問いませんが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
人にもよりますが、約3年間の無事アシスタント生活を終了後、MASHのフォトグラファーになるもよし、フリーランスフォトグラファーになるもよしです。
待遇は以下ですが、必ず「アシスタントの覚悟」を読んでください。

募集職種:撮影アシスタント
募集人員:1名
仕事内容:撮影助手。スタジオ・機材の維持管理。
資格:26歳位まで(経験不問)。学歴不問。国籍不問(外国籍の方は不法滞在で無い事。日本語でコミュニケーションができる事。)
大学卒業程度の学力または写真専門学校卒業程度の写真、カメラの知識は必要です。
要普通自動車免許。免許を持っているだけで無く実際に運転できる事。
給料:¥180,000,- 交通費支給。21時以後夕食補助有。
賞与:業績に応じての金額
勤務日:月〜金。土日、祝日休み。夏期、年末年始休暇有。休日出勤の場合は代休。2年め以降有給休暇有り。
勤務時間:原則9:30〜18:30  ロケーションの場合早朝出勤あり。
社会保険完備
※保証人必要
応募方法: メールで履歴書、職務経験がある人は職務経歴書もお送りください。後日面接日をお知らせします。

履歴書 等送り先、問い合わせ先。info@mash-jp.net


「アシスタントの覚悟」
デジタル時代になり、写真へのハードルは低くなり、光を読める才能、画面構成力があれば一定程度の良い写真が誰でも撮れるようになりました。
しかし、プロフェッショナルフォトグラファーへのハードルは低くなった訳ではありません。
使い捨てにされるプロでは無く、力のあるプロフェッショナルフォトグラファーになる道は、フィルム時代と変わらないか、あるいはフィルム時代とは違う修行が必要です。
東京に廉価なワンルームを借りて暮らせるだけの給料はお支払いします。原則土日は休みですが、ウイークデーはかなりハードです。撮影で遅くなれば食費の補助が出ます。
学歴は問いませんが、地頭の良さは必要です。数学の必要はありませんが、算数はある程度必要です。デジタル写真ではMacやPCは切っても切れない仲なので、PCが苦手の人はMASHのアシスタントには不向きです。
男女は問いませんが、スタジオがあり仕事がハードなので女性でも体力と、ある程度の「力」は必要です。また、照明機材も扱うので男女とも身長は160Cm以上は必要です。
早朝ロケの場合、スタジオで前泊という覚悟も必要です。(シャワーは完備しています。)
時間にルーズな方はアシスタントには不向きです。(社会人としてNGです。)
よく、30才過ぎてから一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、応募可能年齢は26歳位までです。(それでもという方は、挑戦は可能です。)
アートな写真は自分でやってください。MASHでは写真は仕事です。一生食べて生ける技術とシステムを給料をもらいながら学べます。2~3年の「修行」の覚悟は必要です。

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-12-05 07:30 | 撮影準備 | Trackback | Comments(2)
プリントセミナー 10月10日(火) 6190
b0069507_06175464.jpg
プリントセミナーをする事になりました。
「フォトコンテスト応募のための作品づくりプリントセミナー」です。

写真は「プリント」です。
プリントで審査する写真コンテストは、プリントが良くなければ勝負にはなりません。
デジタルカメラになり、入り口、写真を写す事は簡単になりましたが、出口はフィルム時代より難しくなりました。
フィルム時代は、写した後は「プロ」が処理をしてくれましたが、デジタルになり、出口部分もフォトグラファーがするようになりました。そこをちゃんとしないと「作品」はできません。
ヨドバシカメラ・ポートレート撮影会の講師とコンテスト審査をさせていただいていますが、審査の時、もうちょっとプリントが良ければ入選だったのに・・・ なんていう作品が結構あります。
フォトコンテストに応募する時の注意点や、実際のコンテスト入賞者の作品を見ていただき、次のコンテスト応募の時のヒントにしていただこうというセミナーです。
ポートレートだけでは無く、他の写真コンテストでの注意点も、JPS・日本写真家協会の会員によるレクチャーもある予定です。
CANON、EPSONさんからも、よりよいプリントをするためのtipsを紹介してもらいます。

セミナー参加、申し込みはココからどうぞ!



by mash_boss | 2017-10-11 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
アシスタント 9月1日(金) 6152

b0069507_03385445.jpg新しいアシスタント君が入社する事になりました。今日の夕方は、入社時に渡す新人教育用の書類をチェックです。
「アシスタントの基本業務」は文字どおりアシスタントの仕事が書いてあります。
これは、歴代のアシスタント君達が撮影中に、フォトグラファーから言われた事をまとめた物です。
MASHには、複数のフォトグラファーがいます。当然、アシスタント君は複数のフォトグラファーのアシスタントをし、色々な事を言われます。
その言われた事をまとめたものに、フォトグラファー側からの要望を付け加えたのが「アシスタントの基本業務」です。
フォトグラファー達が言った事を、アシスタント君達の間で共有する事で、彼らの勉強にもなるし、無駄な時間が省けます。
この他に、会社概要、仕事の流れ、社則等を入社初日に渡します。
渡した書類は、全部読んでもらって、そこからアシスタントスタートです。





b0069507_04174294.jpg

SONY α7ⅡR +SIGUMA MC11にCANONのレンズを付けたら、どんな具合かを試してみました。
EF24-70mm F2.8LとEF70-200mm F2.8 L IS ⅡUSMは、AFもスムーズに動きます。
ピント合わせのスピードも通常の撮影には、問題が無いと思います。
BODY内手ブレ防止はレンズに手ブレ防止機能の無い24-70mmは効くようですが、レンズに手ブレ防止機能を持っているF70-200mmでは効かないようです。
もう、かなり以前に発売されて、今はもう売っていない28-135mmはAFは全く使い物にはなりません。
NikonもCanonも、やがてフルサイズのミラーレスを発売すると思いますが、自社の一眼レフ用レンズ資産を生かすためには、当然アダプターを介してのレンズ装着になると思います。そういった事もあり、レンズアダプター、これからどう進化していくのか注目です。


by mash_boss | 2017-09-02 07:30 | スタジオ | Trackback | Comments(0)
たいした、たまげた!ⅲ 8月24日(木) 6144

人気ブログランキング
b0069507_04093353.jpg今日は1日、Photo directorとして三次君の撮影に立ち会いました。
撮影を違った立場で見られるので、おもしろい立場でした。
機材ですがカメラは、Canon 5D MkⅣ+EF24-105mm F4L IS II USM, ティザー、現像ソフトはC1version10という組み合わせでの撮影でした。
b0069507_04420843.jpg昨日のエントリーで発表発売間近と書いたら、D850,今日発表になりました。そして、発売日は何と9月8日!
お値段は価格.comの最安値で¥359,640,-という驚きのバーゲンプライス!!
同じく価格.comの最安値で、CANON 5D Mark IVは¥321,480,- 5Dsは¥387,647,- 5DsRは¥403,675,- SONY α9は ¥448,880,-です。他のメーカーさん、どうするんでしょう?
来年モデルチェンジが噂されている、5Ds、5DsRや、やがて発表されるだろう α9Rの価格設定は悩むところでしょう。
噂では、まずα9からコンシュマーの眼をそらすのが、他のメーカーさんの目下の目標とか… そういう意味での価格設定もあるのかもしれません。
いずれにせよ、D850はエポックメーキングなカメラだったと、後世では評価されるかもしれません。
そして、9月8日発売だと、10日のヨドバシカメラ京都撮影会のレンタル機材として、登場するのでしょうか?
今から、楽しみです。



by mash_boss | 2017-08-25 07:03 | カメラ | Trackback | Comments(0)
締め切り1分前。  8月9日(水)   6128
人気ブログラムランキング

写真展「Toward the Landscape. ~見える時、見えない時~をSONYイメージングギャラリー銀座で開催する事になりました。
開催期間は10月13日(金)〜26日(木)までの2週間です。
これまでのポラロイドギャラリー、キヤノンギャラリーでの4回の個展は、全部人物、しかもモデルさんを写した写真展でした。
今回は、私なりの「風景」写真展です。
私は、毎日肩からカメラをぶら下げている「珍しい」プロフェッショナルフォトグラファーです。
カメラをぶら下げていれば、当然様々な写真を写します。
写真展のパーティーや、このブログ用の写真等々・・・ そして、気になる風景があれば、シャッターを押します。
今回はその気になる「風景」の写真展です。
私は、風景写真家の皆さんのように、撮影目的で旅に出る事はしません。私の行動範囲の中の「風景」です。
b0069507_424779.jpg東京生まれ、東京育ち、東京ベースで活動してしているので、東京中心の「風景」になりました。
毎日の行動の途中に撮る「風景」写真、「風景」が毎日、見える、感じられる訳ではありません。ですから題名に~見える時、見えない時~を加えました。
撮影期間は2003年位から現在まで写した写真から、40数点を展示しようと思います。まだingです。
撮り貯めた写真をどうしようかと思う今日この頃です。(歳ですね。)
「風景」写真、ブログで発表したり、共同展に数点出展したりした事はありますが、まとめてプリントで発表した事はありませんでした。
現在、社会全体がデジタルになり、写真の発表メディアの種類も増えましたが、最終的には紙媒体、プリントで発表したいと思い続けていました。
そんな時にSONYのWebサイトに写真展公募が載っているのを見つけました。
迷いましたが、応募してみる事にしました。
迷ったのは、SONYのカメラとは縁が無かったのです。
これまでのキヤノンギャラリーでの写真展ではキヤノンのカメラを使い、ポラロイドギャラリーでは、ポラロイドフィルムを使っていました。
応募規定には、使用カメラ問わずとはありますが、本当にいいのかな〜 と逡巡しました。
SONYは、Netでの応募です。急に応募する事にしたので、プリントをする時間もなくNet応募でなければ、応募できませんでした。
決心がつき、応募の行動を起こしたのですが、応募の締め切り時間を午後3時と思っていたのですが、締め切り時間は13時。勘違いしていました。2時間も早かったのです。
大慌てで応募フォームに記入し、Enterのキーを押したのが、締め切り1分前でした。
しばらくして、受付たとのメールが来てホットしました。
1ヶ月くらいして、1次審査受かりましたと連絡があり、それからSONY本社で面接の2次審査があり7月中旬に合格、写真展開催決定のメールが来ました。
そして今日、SONYでDMや写真展紹介用の文章の打ち合わせがあり、写真展を開催する事をオープンにして良くなったというわけです。
SONYのサイト等には順次掲載されます。
これからしばらく、プリントのできに試行錯誤しながらの日々が続きます。


ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-08-10 06:50 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
Ink Eater 7月20日(木)  6109

b0069507_18223285.jpgちょっと訳ありで、最近プリントをする事が多くなってきました。
そうなると自然にインクの消費量が多くなります。
と、言う訳でデスクの引き出しにとっておいた使い終わったインクのカートリッジの整理をしました。
昨年の初めから、約1年7ヶ月分で、使用済みは写真プリント用のプリンター、CANON PRO10 用インクカートリッジが81本、事務用のEPSON PX-M5040F用の黒インクカートリッジ2本、カラーカートリッジ9本ありました。
さて、インクにいくら支払ったか計算してみました。
CANON用約¥74,000,-
EPSON用 約¥21,000,- 両方で10万円弱です。
あまり、プリントしない原宿の事務所では、このくらいですみますが、プルーフプリントやレタッチ結果のプリントをそれなりの数を出す市谷のスタジオでは、エプソンさんに相当のインク代をお支払いしていると思います。
車のガソリンと同じで、燃費が良いプリンター望みます。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-07-21 06:53 | 機材 | Trackback | Comments(0)