タグ:風景 ( 5 ) タグの人気記事
雪国 1月6日(土)  6279
雪国に来ています。
完全OFFのリラックス旅です。
雪道を4Maticで走りたいのです。
この車に変えてから完全な雪道を走ったのは極わずか。
車好きとしては、雪道を堪能したいのです。
さて、雪国、雪國、國がちがうだけで結構感じ方が違います。國だと「追いかけて 追いかけて 追いかけて・・・雪國」なんてフィレ−ズが浮かんできてしまうのが、私の年代です。
b0069507_04061650.jpgリラックス旅ですが、雪国の温泉宿で相原さんのブログを拝見したら、風景写真家について、アサヒカメラに掲載されたフォトグラファー清水氏の文章「今の風景写真は伝統芸能化している」を引用して、書かれていました。
私も、同感です。
私のオリジナルの分野は広告写真。
自分の感性のみで勝負する事は、正直少ない科目です。
廻りとの共同作業やテクニックが要望されるのです。
高度にデジタル化された今では、写真以外のテクニックやリソースも必要です。
そんな写真の世界にいる私から見て、一番尊敬するのは風景写真家です。
風景は、万人に平等に眼前に提供されます。
それを、どう切り取るか、どう表現するかは風景写真家の感性だけです。
自分の感性を100%信じて勝負するなんて勇気があります。カッコいいです。
写す題材が万人の前に平等に提供されている分、相原さんが引用した、清水氏が言っているように「今の風景写真は伝統芸能化」しやすくなるのでしょう。
ある、アマチュアからプロになりかけている、フォトグラファーと話した時に、彼は信州在住の風景写真家の作品と人柄が好きらしく、風景写真でその人の流派を作りたいというのを聞いて、ビックリしたと同時にこういう考えもあるんだ〜と、目から鱗というか、感心しました。
風景写真はついに、いけ花の世界になったのか〜 とビックリでした。
風景写真△△流〜 
以前、ある生け花流派の仕事を何年かしたときに、最初に「いけて」(その流派は撮影対象の生け花の作品をつくる、先生の事を「いけて」と呼んでいました。)から私に「先生はどの流派の先生ですか?」と聞かれてびっくりした事がありました。
お家元のいる世界に生きている方達ならではの発想なのでしょう。
その生け花流派は、戦後有名写真家が作品を撮影し、その後も別の有名写真家とその一門が何年も撮影しているます。そこに、どこの馬の骨かわからない私が、撮影現場登場したとので、いけてさんは、ちゃんと写せるか、不安になったのでしょう。(でも、ポラをお見せしたら安心してくれました。)
流派になれば、形や決まり事は必須です。
流派創立を目指すフォトグラファー君は、流派ができた暁には、ゆくゆくはその「家元」を継ぎたいらしいのです。
良いか悪いかは別として、そのフォトグラファー君は写真とは全く別の、知的レベルの高い世界の出身なので、外側から風景写真の世界を分析すると、こういう発想もあるんだと思います。
家元制度は「経済学」としては、あり得るのです。
良いか悪いかは別として、アマチュアの写真愛好家が一番撮影しやすく、デジタルになり、さらにスマホ時代になり、ある意味写真人口が増えて、裾野の広がった風景写真の「伝統芸能化」はビジネスチャンスとしてはあるのでしょう。
相原さんのように、風景写真家としての矜持をお持ちの方は何人もいらっしゃいますが、
現実には、今でも風景写真で「商売」している世界が写真界には多いのも事実です。
東京に戻ったら、アサヒカメラ読んでみます。
昨年、SONYで開催した私の写真展、自分では風景写真と思っていたのですが「伝統芸能化」にそまりつつある方達は驚かれたとともに「自由」が大切だと感じていただけたようでした。
さあ、明日は待望の雪国を走ります。
私なりの風景写真も写します。


by mash_boss | 2018-01-07 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ご挨拶。写真展§4 9月12日(火) 6163
人気ブログランキング

b0069507_02243109.jpg昼過ぎ、六本木の立木義浩事務所へ、ご挨拶に伺いました。
10月14日(土)17:00~ から「写真展Toward the landscape -見える時、見えない時-」ギャラリートークのゲストを引き受けてくださったので、展示する作品を見ていただきました。
持っていった作品を肴に1時間ちょっと、色々と楽しいお話ができました。
この続きをギャラリートークでできたらと思います。
立木さんは、私の世代のフォトグラファーにとっては、憧れの人なのです。
1960年代後半から始まった日本の高度経済成長時代、立木さん、篠山紀信さん、沢渡朔さん、荒木経惟さん、繰上和美さん、有田泰而さん・・・達は、それまでの土門拳さん、秋山庄太郎さん、中村昌也さん達と違った「風」をまとって登場しました。
特に、立木さんは「夜のヒットスタジオ」という番組で、毎週タレントさんやミュージシャンのステキな写真を発表していました。それを憧れの眼差し見ていたのが、我々の世代の写真少年だったのです。
2014年暮れにCANONギャラリーの忘年会で初めて立木さんと立ち話、2015年の暮れにCANONギャラリーの忘年会の流れで立木さんを中心にみんなでお酒を飲み、その時に写真展Old fashioned portraitのギャラリートークのゲストを無謀にもお願いし、2016年前の1月にギャラリートークをして、その年の秋に立木さんの写真展でお会いしたくらいで、しらふで、ちゃんとお話するのは初めてなのです。
立木さんにギャラリートークのゲストを、図々しくも再度お願いしたのは、憧れの写真家だからだけではありません。
立木さんがCAPAに連載している「スナップショット - 日常茶飯事」や写真集「動機なき写真」などの、立木さんの、私には絶対撮れないであろうスナップ写真がすきなのです。
さて、お話の名手である立木さんとどんなギャラリートークになるやら、全く予想はつきません。
(ギャラリーには、皆様におすわりいただける椅子がありません。もしかしたら、ギャラリーの床におすわりになっていただく事になるかもしれません。)

写真展Toward the landscape -見える時、見えない時- の詳細はココからどうぞ

ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-09-13 07:45 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
次はSONYです。写真展開催 §1お知らせ 8月28日(月) 6418
人気ブログランキング
b0069507_04383705.jpg
写真の銀座スペース6FにあるSONYイメージングギャラリーで写真展を開催する事になりました。
今度の写真展は「風景」です。
「Toward the Landscape -見える時、見えない時-」
風景に「」付きなのは、私は風景写真と思っているのですが、風景では無いと言われても、そうかも知れないとおもうからなのです。
仕事とは関係の無い撮りためた写真が結構あるのですが、これまでグループ展に少し出展したり、Webで発表したりした事はあるのですが、ここらでまとめて発表しようと少し前から思っていました。
ある時Webを見ていたら、SONYのギャラリーが出展者を公募しているのを発見しました。しかも、Webからの応募だったので、プリントをする必要も無いので、応募をしてみる事にしました。
急いで、作品をまとめて締め切り最終日に「Enter」を押しました。
おまけに、応募締め切り時間は13時だったのですが、午後3時と間違えて12時から最終応募作業をし始めて、そこで締め切り時間を勘違いしていたのがわかり大慌てでした。
どうにか作業を終了して、Enterを押したのは締め切り2分前。しばらくして「応募受付ました。」のメールが来てホッと一息でした。
それから約一ヶ月、1次審査をパスした連絡があり、2次審査は面接。1時間弱3人の方から質問をお受けし、こちらも写真についてお話して終了。
面接日から一ヶ月程して、合格のお知らせをいただきましたが、写真展開催を発表してよくなったのが最近です。
DMはデザイン修正中です。

写真展 Toward the Landscape -見える時、見えない時-
会期:10月13(金)~26日(木)
開催時間:11時~19時
開催場所:SONYイメージングギャラリー銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6F




by mash_boss | 2017-08-29 08:03 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
秋なんですね・・・  10月6日(木)  5825


b0069507_5533177.jpg今日も暑かったですね。
10月というのに東京は30℃を越えました。千葉の茂原は、何と34℃を越えて完全に夏です。
地球、おかしくなっている感じがします。
都会の真ん中を徘徊している私は、最近急に日が短くなったとは思いますが、あまり秋は感じられません。
今日、東京の郊外、東京の町田市と神奈川県川崎市の堺に、打ち合わせで行きました。
打ち合わせ場所まで歩いていると、柿の木がたくさんありました。
都心には、殆ど無い柿の木です。感動して思わず1枚。
そういえば、近くに柿生(カキオ)という地名があるのです。
b0069507_6111064.jpgもう稲刈りは終わっているんですね。
家が迫りつつある田んぼ。
私にとっての、日本の風景です。
この収穫量から、茶碗何杯分のご飯が採れるのかな? なんて思ってしまいます。
秋を感じた日でした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-10-07 07:23 | 打ち合わせ | Trackback | Comments(0)
オープニングレセプション 10月22日(木)  5340
b0069507_825472.jpg今日の夜は、銀座キヤノンギャラリーでHARUKI写真展「遠い記憶」のオープニングレセプション。
ズバリ、カッコイイ風景写真です。風景写真というか、心象風景写真です。
レセプションの後、MASH市ヶ谷のマネージャー多比良と飲み会。
ちょっと、お酒が残っているので、本日(23日)は今のところ、これでおしまい。
写真は、挨拶をするフォトグラファー横木さんと、神妙(?)に聞き入るHARUKIです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-10-23 08:14 | 写真展 | Trackback | Comments(0)