タグ:機材 ( 490 ) タグの人気記事
それでも購入・・・  2月7日(火) 5947


b0069507_340818.jpg先週の木曜日のロケに、フォトグラファーの川上君から拝借して使ったクリップオンストロボNisshin Di700A、導入しました。
導入するにあたり、オリンパスPEN Fも、OM-D E-M1(MkⅡではありません。)もファームウエアを最新バージョンにしました。
OM-D E-M1との組み合わせでは、絞り優先、マニュアル、OVFシミュレーション等どのモードでも全く問題無く動作しますが、PEN Fではまだ動作不安定な動きがありますが、使えるモードで使っていこうと思います。
それでも導入したのは、コストパフォーマンスと性能です。
残念ながら、純正ストロボはちょいと高め、さりとて中国製は驚異的に安いですが、今回のように電子機器的ソフトウエアーが原因でのトラブルが起きた時の対応に心配です。
やがては、ファームウエアのバージョンアップ等で完動する事を期待します。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-08 07:26 | 機材 | Trackback | Comments(0)
レンズの自由   9月7日(月)   5295


事務所にタムロンから、新シリーズレンズのプレスレリーが送られてきました。
最近の傾向の、明るくて、高性能の単焦点レンズです。
フィルム時代には、レンズ専門メーカーのレンズは純正レンズより劣っているというのが「常識」でしたが、デジタルになり、ここ数年はレンズ専門メーカーが、それぞれの特徴を持った高性能レンズが発売されるようになりました。この傾向はとても良い事だと思います。
MASHでは、仕事に使うカメラはCANONなのですが、CANON純正以外ではSIGMAの180mmと150mmを使用していますが、現在のところは、この2本以外にレンズ専門メーカーのレンズを使う予定はありません。
b0069507_4301388.jpgそれには、プロの事情があるのです。それも、広告系写真の特殊事情があるのです。
まず、開放値や解像力、ボケ味といった事以外に、MASHが経験したのは、フレアーの問題。
ある、レンズ専門メーカーの高級レンズで、スタジオで「バック飛ばし」というライティングで、ファッション撮影をしたのですが、濃い色のパンツの上に、わずかですがフレアーが出てしまいました。
メーカーで、調べてもらったら「バック飛ばし」のようなスタジオライティングの経験値が少なく、要は逆光撮影と同じ条件になり、フレアーが出てしまうとの事でした。
これを無くすには、コーティングやレンズの設計を変更する必要があるので、順次解決していくとの事でした。このレンズは、もう仕事では使えなくなりました。
次に、高画素化していくデジタルカメラとレンズの回折現象の問題です。
フィルム時代には、35mm版では、あまり問題にならなかった、回折現象ですが高画素化していくデジタルカメラでは、大きな問題です。
そもそも、フィルム時代には、広告系のフォトグラファーにとっては、35mmカメラはメインの機種ではなく、ブローニーフィルムを使うカメラがメイン。商品撮影なら4x5のカメラがメインでした。
広告写真に求められるのはピントです。アオリを使い絞りを絞ってピントを稼ぐという撮影をします。
デジタルになり、商品の単品切り抜き等も、イメージ撮影等も、人物も35mm版デジタルカメラでの撮影機会が多くなり、ちょっと絞ると、F8や11でも回折現象がわかるようになりました。
これに、対処をするのには、キヤノンでしたら、純正の現像ソフトに付いている、純正レンズにしか対応していないデジタルオプティマイザーのようなシステムです。
デジタルカメラは、カメラのボディー、レンズ、現像ソフトまでの、言わば三位一体で完成するのです。
難しい問題です。
最後はサービス、故障対策です。
オートフォーカス以後、レンズはますます複雑になってきます。更にレンズ内ブレ防止装置が付いているレンズの鏡胴内は複雑です。こういうレンズは調子が悪くなる事が結構あるのを経験しています。
プロに対して、ちょっとした調整や、故障の時にすぐに対処できるのか、代替えが出るのかが大きいのです。
この点では、プロサービスが整っている、キヤノン、ニコン、オリンパスは安心です。ソニーもプロサービスを始めましたが、ソニーのカメラは使っていないので、何とも言えません。

色々書きましたが、仕事以外では、使ってみたいレンズがどんどん出てきます。例えば今回のタムロン45mmレンズ面白そうです。昔CONTAXに45mm 2.8のレンズを付けて使っていた事がありましたが、面白いミリ数でした。
新しいレンズ、表現の幅が広がっていきます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-09-08 08:08 | 機材 | Trackback | Comments(0)
改良工事  8月21日(金)   5278


b0069507_143899.jpg本日は、APAアーカイブ作業に使う複写装置の改良をしました。
回収後の記念撮影。
おじさん、4人でがんばりました。

APA・公益社団法人・日本広告写真家協会アーカイブは「我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品。我々自身がアーカイブしなければ残りません。」とコマーシャルフォト誌の協力を得て、始めました。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役に立ちたいと思っています。
その主旨に北海道・写真の町東川町が賛同し、複写後のポスター等を全部受け入れてくれる事になり、今日の時点で1982枚を東川町に送りました。
b0069507_171029.jpg改修前の複写装置です。
何が問題かというと、
元々B全用の複写装置2台を簡易的に改造して使っていたので、2つの装置の間に隙間ができてしまいまう事。
複写する時に2つを1つにしてつかうので、装置の強度が弱い事。
この2つを改良すれば、複写スピードも、複写の質も上がり、後の画像処理が楽になるので、今月は、アーカイブ作業をやめて、複写装置に改良作業を行いました。
b0069507_116583.jpgまずは、装置をばらばらにします。
右の段ボール2つは、撮影済みのポスターです。B倍191枚、B全以下92枚です。
本日、写真の町東川町に発送しました。
b0069507_1213532.jpg複写装置は、静電気でポスターを吸着させるようになっています。
その電源部も外して、若干の改良をしました。
b0069507_1235317.jpgベースの足の部分をネジでくっつけて、3x6の合板2枚から切り出した板で、撮影装置を固定するベースを作ります。
b0069507_1261647.jpgベースと装置を固定すえう枠は、元々のアルミ製の枠を改修して使用。
b0069507_1283296.jpg電源部を取り付け、枠を取り付け、装置をはめ込んで最終作業です。
b0069507_130840.jpg完成後、記念写真を写す前には、掃除をしっかりします。
フォトグラファーは掃除が上手です。

朝10時に集合、途中ホームセンターでの買い物等があり、作業終了完全撤収は17時過ぎでした。

次回の複写作業は9月中旬を予定、約20%スピードアップする予定です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-08-22 07:00 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
スタジオ整備   4月21日(火)  5160


b0069507_5375230.jpgノースライトを廃棄したら、やはり、スタジオ整備になりました。
ノースライト、金属部分は昨日産廃業者に持って行き、¥1,800,-になりました。(トホホ・・・)
後輩フォトグラファーのフードフォトグラファー福原君が、このブログを見て「ひきとったのに〜」と連絡をくれましたが、チョット遅かった! こちらも、役に立つところに、引き取ってもらった方が気持ちがいいのですが、まさかこんな大きな物を、身近に引き取ってくれそうな所があるとは・・・  「灯台もと暗し」でした。残念!
私は、午後出てしまったのですが、午後からは三次君も手伝いに来てくれるので、明日までに片付いていると思います。

午後はいろいろ事務作業。
毎週後半には、ジャンルマスターの写真選びがあるようになったので、やれる事はやっておかなければ・・・
私なんぞは、何か課題があったほうが、動けます。自分できちっと計画をたてて、実行できる人、尊敬です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-04-22 07:35 | スタジオ | Trackback | Comments(0)
流行廃り   4月20日(月)   5159


b0069507_4202439.jpgスタジオ整備をしました。
本日のめだまは、NORTH LIGHTの分解・・・
MASHがこのスタジオに引っ越してきたのは2000年でした。
その前にスタジオを使用していた、フォトグラファーから引き継いだのがNORTH LIGHT 4x4Parabola Reflectorという照明器具です。
以前は、先進的照明器具だったのですが、今ではちょっと・・・・
最近は、全くと言っていいほど、使われないでスタジオの隅に鎮座していました。
これからも、使う機会は無く、場所をとるので廃棄する事にしました。といっても、廃棄するのも大変です。
分解しなければ、スタジオから出せません。
もったいない、と思われる方もいらっしゃると思います。が、前のオーナーが置いていったのは、次のスタジオには入らないという問題からでした。
高さが、3mとちょっとあるので、普通のビルを改装したスタジオでは、使えないのです。
業者さんに引き取ってもらい、中古で売ればという方法は、この照明器具の大きさと今は流行らないので、売れないのです。業者さんも積極敵には引き取ってくれません。というわけで、廃棄となりました。

b0069507_4375973.jpg4人係で1時間と少しで分解しました。
明日、豊洲の産廃業者へ持ち込むのですが、ハイエースロングに積める大きさに分解しなければ、なりません。
1番心配なのは、実寸3m4Cmある柱です。斜めに積めばどうにかハイエースロングに積めそうです。
心残りですが明日、廃棄です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-04-21 07:38 | 機材 | Trackback | Comments(0)
君の瞳に恋してる・・・  3月12日(木)   5121


b0069507_5184138.jpgどこかの、予備校のポスターです。
四谷駅に貼ってあったB倍のポスターです。
こういうポスターを見ると、つい見つめてしまうのが「瞳」です。
ライティングがわかるのです。
職業病です。
b0069507_5301265.jpg「瞳」のクローズアップです。
ライトが二つ映っています。
メインライトはアンブレラを使っているようですが、下からのライトは何をつかっているのでしょうか・・・  レフではなさそうですし・・・ 等といろいろ推理するのです。
以前は、瞳に映るキャッチライトは一つが良いとされていましたが、最近はそのへんは構わなくなったようです。
でも、この頃は化粧品系の写真では、瞳のなかの映り込みもレタッチする事もあるので、要注意です。

今日の題名「君の瞳に恋してる」は、フランキーバリーの60年代のラブソングの名作です。原題は“Can't Take My Eyes Off You” 若い人は知らないだろうな〜  古き良き時代のアメリカです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。


by mash_boss | 2015-03-13 07:22 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
新しい機材   2月23日(月)  5104


b0069507_4532160.jpg今日、 ニューヨークのB & H から届いたトリガーです。
音、レーザー、雷(光)等に感じて、カメラのシャッターを切る装置です。
今、流行っている水物の撮影には有効な機材です。
これに、最短閃光速度が1/12000秒のスタジオ用ストロボ、ブロンを組み合わせると、いろいろな表現ができます。
なにか、撮影が化学実験のようになっていきます。
ちなみに、お値段は本体とコードで、1$=¥118として約¥25,000,- これに送料と税金が¥2,400,-程かかりました。円安になったのですが、B & Hでしか買えないのです。
どのように使うかはココでご覧下さい。
b0069507_5555067.jpg春節休日も明日までとなった原宿。先週に比べて、心なしか人出が減りました。そんな原宿の事務所の窓の外で、女性の声がするので、覗いてみたら自分撮り棒で撮影中でした。
「自分撮り棒」あるいは「自分撮りモノポッド」、新しい「機材」です。
中国系の観光客を中心に、この棒を持っている人を見かけます。必要から生まれた発明なのでしょう。
こういうの、良いと思います。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-02-24 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(1)
さらっと CP+ 2015   2月13日(金) 5095


今日は、13日の金曜日。キリスト教徒でもないので気にする必要はありませんが、気をつけて1日を過ごしました。
さて、今日の午後は、CP+へ行って来ました。
MASHmanagementのフォトグラファー ヤギシタが「ムービーの撮影から編集まで ~ 小規模映像制作の心得 ~」というプロ向け動画セミナー(協力 コマーシャルフォト)を担当させていただいたので、受講しました。我田引水ではありませんが「ムービーと静止画、ヤギシタよくできるな〜」と感心でした。
b0069507_7534060.jpgさて、今回のCP+の目玉は何と言っても、CANON EOS5SとCANON EOS5SRでしょう。
35mmフルサイズでRaw,jpgとも5030万画素の圧倒的な画素数。
M Rawでは2800万画素、jpgではM1で3930万画素、M2でも2210万画素という高画素数という凄さ。
CANONのCPS会員用特設会場で、ゆっくり触る事ができましたが、操作性は5DMkⅢと同じで使いやすそうです。
気に入ったのは、水準器がファインダー上部に控えめに表示される事。水平垂直が大切な広告系にはありがたい事です。
触った、ボディーに付いていたのは11mm〜24mmの超広角ズーム。フィシュアイ風ではない11mmの画角は新鮮です。インテリア撮影等では、5DS最高画素で水平垂直をキチッと出して撮影した、任意の場所をトリミングして使えば、アオリのライズをしたのと同じ効果が得られます。こんな事ができるのは、高画素と高性能レンズの組み合わせのなせる技です。
今後、各社高画素化にシフトチェンジが行われると思います。その時、考えなければならないのは、やはりレンズの性能です。良いレンズを付けなければ、最高の画像は得られません。
CANONも今後、高画素対応のレンズを出して来るでしょう。高画素ボディー+高性能レンズは、普通のラインの1つ上のラインと思った方が良いと思いました。
b0069507_9143820.jpg金曜日の午後の会場は、そんなに混んではいませんでしたが、大手カメラメーカーのブースは、それなりに混んでいました。
私は、混んでいるブースは素通りして、気になったブースを幾つかまわりました。
やはり、撮影した後に、自分の気に入った所にピントを合わせられるカメラLYTOROは気になります。
実機を見てみたら、数値以上に大きく思いました。
でも、この技術、これからどうなっていくか楽しみです。
b0069507_9223338.jpg私は、何となくバッグが好きなのですが、なかなか気にいったカメラバッグがみつかりません。
今回、CP+で「ONA」というカメラバッグをみつけました。イタリアンレザーを使った、インポートのハンドメイドのバッグです。女性がCEOのこのカメラバッグ、これまでのカメラバッグに無いオシャレさです。
15インチのラップトップが入る、メッセンジャーバッグ¥68,000,- と少しお高いですが、丈夫で長持ちしそうです。
b0069507_1061315.jpgこちらは、今、流行の撮影ヘリコプターメーカーのブースです。
CP+も時代とともに変わります。
b0069507_10141142.jpg今年からCP+が始める、フランスと日本で写真展が開催できる、新進写真家発掘育成のための、支援プログラムZooms Japan2016のブースがありました。
このブースは「フランスの写真とカメラのイベント「サロン・ドゥ・ラ・フォト」が主催、有力写真雑誌のエディターが選者に名を連ねる、新進気鋭の写真家の発掘・育成を目的としたフォトアワード「LES ZOOMS(レ・ズーム)」。2014年11月、プレス部門とパブリック部門で受賞した写真家2人の作品を展示します。」との事です。
今年4月1日応募開始で、日本でも同じ主旨でフォトコンテストを始めるそうです。
審査員は、アサヒカメラ、月刊カメラマン、CAPA、デジタルカメラマガジン、日本カメラ、PHaT P
OHOTO、フォトテクニックデジタルの編集長というコンテストが始まります。

この他、大型ストロボやムービー機材を見たかったのですが、時間が無くあきらめました。
ちなみに、来年のCP+は2月25日からとか・・・ 随分遅く開催ですが、多くが毎月20日発行が多い写真誌にとっては、この開催日は良いのではとも思います。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-02-14 10:36 | イベント | Trackback | Comments(0)
月曜日は色々と・・・   2月9日(月)  5091


b0069507_14368.jpg朝、スタジオに朝日新聞出版「極上インクジェット プリント入門」が送られてきました。この雑誌、JPS・日本写真家協会の会員で写真に関するMook等の編集もしている、小城君からのプレゼントです。
そういえば、昨年、小城君とインクジェットプリントについて少し話した事がありました。
コンテストの審査をしていると、プリントの善し悪しが、最終的には審査に響く事がおおくあります。
そのへんの事を、話しました。
各種コンテストに、応募される方、必読の書かもしれません。
そして、最近、モノクロプリントに挑戦中の私としても、ありがたい贈本です。
初心に返って、勉強します。
b0069507_1553427.jpg金曜日に修理の上がって来た、27inch iMacの再セットアップをしました。
今回の修理、本来の修理以外に、内蔵の1TBのハードディスクに10.6.8を入れて交換してくれました。返却されてきたMacに同封のピンクのペーパーの指示どおり、何も考えずタイムマシーンからデーターの復元をしたのですが、最終段階でストップ。動かなくなってしまったのが金曜日、どうしようも無いのでMacのコールセンターに電話をしました。今回も、親切に教えていただきました。
原因は、OSのバージョン違い。
新しくしてくれたハードデスクに入れてくれたOSは10.6.8。タイムマシーンのデーターは、最新版の10.10.2でのもので、バージョンが違いすぎて、データーの復元ができない事がわかりました。
27inch iMacの附属のインストールディスクから立ち上げてOSを再インストールしました。インストールディスクのOSのバージョンは10.6.8.1でした。これを10.6.8.の最終版までアップして、そこからYosemiteにバージョンアップして、今度はタイムマシンからデーターの「移行」でデーターを戻す事になりました。
本日は、10.6.8再セットアップで終了です。
b0069507_2192468.jpg今日の午後は、MASHmanagementに所属する、フォトグラファーの岡安君と平田君にBookを見て欲しいというスタイリストさんがお見えになりました。
それぞれ、1時間ずつの時間を取り、面談でした。
b0069507_2271434.jpg夕方、スタジオに戻り、私と営業岩佐、フォトグラファー飯島の3人で、ご近所の制作プロダクションに打合せに行きました。
スタジオに戻ると、明日の撮影の為に、岡安君がセット組中。
明日のカメラは、ハッセルブラッド503CMにゾナー150mm+フェーズワンで撮影です。
今週は、水曜日が祝日です。
短い1週間になりそうです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-02-10 07:41 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
出てきました、もうできました。 2月6日(金)5088


b0069507_7213781.jpg噂どおりに、噂のカメラが発表されました。
Eos 5DS 5DSRです。
実機は見ていませんが、今日の夜、カタログを手にいれました。
まだ、詳しくは読んでいませんが、高画素を生かそうとするには、撮影時のブレには注意が必要だそうです。
手でシャッターを押すと、ブレてしまう事もあるのでレリーズのタイムラグを設定できて、シャッターを押して、最大2秒後にシャッターが切れる設定もできるそうです。また、ボディーも可動部がブレ防止になっているようです。
気になるお値段は、量販店で¥40万と少しになるようです。
高性能のカード、PCのパワー等々カメラ以外の環境も整えなければ、快適な運用は難しいでしょう。
すぐに買えるかどうかは別として、発売が楽しみです。
b0069507_7384418.jpg一昨日、修理に引き取られた27inch iMac、もう出来上がってきました。2泊3日でした。
マザーボードの交換でした。
また、サービスに電話したときに「その他に気になる事はあるか」聞かれたので、「全ての動作が遅くなっている。」と伝えたのですが、対応としてハードディスク交換をしてくれました。
今回、初めて引取修理に出したのですが、ヤマトの宅急便との連携といい、Webでの修理行程が確認できる事といい、修理のスピードといい、大満足です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-02-07 07:52 | カメラ | Trackback | Comments(0)