タグ:東京 ( 17 ) タグの人気記事
Break time Ⅵ  3月12日(日)  5978
b0069507_134284.jpg

Look at me.




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-13 07:28 | 写真 | Comments(0)
 Break time Ⅴ  3月4日(土)   5970


b0069507_6572654.jpg

東京・銀座でのスナップ。
As time goes byという、フレーズが浮かびながらの撮影。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-05 07:30 | 写真 | Comments(0)
Break time Ⅳ  2月28日(火)  5967


b0069507_4294716.jpg

今日で2月も終わりです。早いです。
短い2月ですが、色々あった今年の2月。あしたからは春の3月です。さて、どんな月になるのでしょうか・・・ 



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-01 07:19 | 写真 | Comments(0)
Break time Ⅲ 2月18日(土) 5958


b0069507_7285566.jpg空を見るのが好きです。
空に興味を持ったのは、ハワイにロケに行くようになってから。
ホノルル周辺でロケハンをしていると、青い空に白い雲、それに虹がかかった空を、当たり前のように見られます。
それから、いろいろな場所で空を見るようになりました。
東京の空は、メッセージがいっぱいです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-19 08:00 | 写真 | Comments(0)
Break Time Ⅱ   1月28日(土)   5937


b0069507_751030.jpg近くの空き地です。
今日の東京は比較的に暖かい1日でした。
冬の忘れ物でしょうか?

写真の無断転用について、アサヒカメラ編集長が怒っています。
興味のある方というか、写真を表現として写す方は、必読です。
知的財産、ちゃんと守らないと、どこかの国の事、ああだこうだ言えないですよ。
興味のある方はココをクリックです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-29 07:30 | 写真 | Comments(0)
久々の都写美  1月15日(日)  5924


今日は、久しぶりにTOPミュージアムに行きました。
昨年の秋、2年間のリニューアル工事を経てオープンした都写美ですが、TOPミュージアムという愛称がつきました。
「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字でTOP、Webも替わりました。
今日は、リニューアルオープン後の第2回めの展示3つを一気見です。

b0069507_21551862.jpgまずは、3Fの総合開館20周年記念 
TOPコレクション 東京・TOKYO
開催期間2016.11.22(火)—2017.1.29(日)です。
以下、同展の解説からです。
「リニューアル・オープン後最初のコレクション展は、「東京」をテーマに開催します。
東京は、誰もがその言葉からさまざまなイメージを思い浮かべることのできる都市です。しかし、そのイメージは人それぞれに異なり、一つのイメージへ集約しきれない不思議さを持っています。また、東京はこれまでたくさんの写真家のインスピレーションの源にもなってきました。写真家たちは、この多層的な都市とそれぞれどのようなアプローチで対峙し、どのような視点で切り取り表現してきたのでしょうか。
本展では、『東京を表現、記録した国内外の写真作品を収集する』という、当館の収集方針の一つのもとに集められた作品の中から、戦後から現代の作品を中心に紹介いたします。」
東京を戦後すぐから今までを、多面的に捉えたフォトグラファー41人の作品を展示しています。
一見の価値有り写真展ですが、見をあったあと、一人一人の作家の作品をもっと見たくなりました。
※写真は、撮影が許されている林ナツミさん、本城直季さんの展示室です。
b0069507_2228180.jpg今年の「日本の新進作家vol.13」も東京です。
総合開館20周年記念 
東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13
「毎年異なるテーマを決めて開催している『日本の新進作家』展です。シリーズ第13回目となる本展は『東京』をテーマとして、東京というメガ・シティに対してアプローチしている現代作家たちをとりあげていきます。
東京は世界有数の都市として認知されています。しかし東京というとメディアに表現されるような、足早に大勢の人々が交差点で行き交うような風景だけではありません。人々が生活し、変化し続ける都市でもあります。写真技術が輸入されてから、多くの写真師、写真家によって記録され続けていた都市ですが、現在の写真家たちの眼にどのような形で映っているのでしょうか。今回は6人の新進作家による表現された『東京』をテーマにした展覧会を開催いたします。」
こちらの写真展は、一人一人の展示点数も多く、今の東京を感じられます。
個人的には、元田敬三さん<ツッパルナ>と佐藤信太郎さん<東京|天空樹.>が面白かったです。
※写真撮影が許されている田代一倫さんの展示室。
b0069507_22554330.jpg撮影が許可されている、小島康敬さん<東京>です。

今回の2つの「東京」写真展。撮影が許可されているコーナーが3つありました。
最近は、SNSなどで発信してもらうために、撮影を許可している写真展がけっこうありますが、都写美では、私の知る限り初めてです。時代のながれでしょうか。

B1Fのアピチャッポン・ウィーラセタクン映像展「亡霊たち」は短時間しか見なかったので、サッパリわかりませんでした。
ちゃんと理解、感じようとしたら数時間は必要です。
結構おもしろそうです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-16 07:28 | 写真展 | Comments(0)
はしごⅡ・・・  12月8日(木)   5886


b0069507_6253141.jpg銀座のライカギャラリー東京のオープニングレセプションに行きました。
ライカギャラリーの展示期間は長く、この前のオープニングはまだ暑かった季節です。
今回の展示は、マーク・デ・パオラ写真展「60 Seconds」。
ソフトな、作品が並びます。
b0069507_6304068.jpgこの方が、ニューヨークに拠点を構えるファインアートフォトグラファー、マーク・デ・パオラ(Mark de Paola)さん御本人です。
いささか、作品のイメージとは異なります。(失礼)
「60 Seconds」は、ライカMで60 秒間の長時間露光を手持ちで撮影した作品です。
マークさんは、ファインアートフォトグラファーですが、ファッションやビューティの分野で、写真と映像の制作で活躍しているとの事。CF監督も約700本もしています。
クライアントも、Vogue Spain、Vogue MexicoやInterview Magazine、アンハイザー・ブッシュ、ジョルジオ・パフューム、ダナ・キャラン、ニュートロジーナ、セフォラ、ソニー、トヨタ、カワサキ、フォード・モーター等々。凄いですね。
ライカギャラリーは、世界で活躍している「知らない」フォトグラファーを紹介してくれます。
【ライカギャラリー東京】マーク・デ・パオラ写真展
開催期間:2016.12.09 - 2017.02.28
開催場所:ライカギャラリー東京 東京都中央区銀座6-4-1
開館時間:火曜日 - 日曜日 11.00 am - 7.00 pm  月曜日休館
b0069507_650874.jpgライカギャラリーの次は、歩いて10分程のキヤノンギャラリー銀座の「EOS M5 特別企画展 『カメラをもって遇いにいく』 横木 安良夫 写真展:Dance on the Shore・鶴巻 育子 写真展:Stories Everywhere 」のオープニングレセプションへいきました。
こちらは、好評発売中のEOS M5のプロモーション写真展で、全国のキヤノンギャラリーで開催されます。
EOS M5、少し触りましたが、結構気になるカメラです。
M5までのEOS Mシリーズは触手がのびませんでしたが、M5になって関心が沸いてきました。
やがて、開発されるだろうM6,M7楽しみです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-09 07:33 | 写真展 | Comments(0)
今年最高・・・?   11月23日(水・祝)  5871



今日は、若い頃に影響を受けたロバート・フランクの写真展に行って来ました。
この写真展が開催されているのを知ったのは、昨日です。MASHmanagementのコーディネーター岡本がネットで見つけました。
残念、開催を知ったのがちょっと遅かった・・・ 開催期間は24日まで・・・ 。今日行かなければ行く時間がありません。
この写真展、CINRA.NETによると「貸し出しに高い保険料がかけられることからフランクの作品展示の機会が限られているという現状を背景に、フランク自身とドイツの出版社Steidl社の創業者ゲルハルト・シュタイデルが企画。学校や美術館など公共性の高い場所を会場として世界50都市を巡回している。展示作品は廉価な新聞紙に印刷され、会期終了と共にパフォーマンスによって破棄される。なお同展の展示構成やイベントの立案、広報、什器の制作などは東京藝術大学の学生が主体となって行なっている。」との事。行かなくちゃ・・・
b0069507_1471479.jpgという訳で、色々済ませた夕方近く、「ロバート・フランク ブックス アンド フィルムズ 1947-2016 イン トウキョウ」に行って来ました。
会場は、上野の東京藝術大学 陳列館です。
秋深い上野の森の一画にある東京芸大、前を通ったことはありますが、中に入った事は初めてです。
16時近くに着いたのですが、結構長い入場待ちの列ができていました。
b0069507_159277.jpg待つ事30分、秋の日はつるべ落としといいますが、日がだいぶ沈んできました。
b0069507_22323.jpg会場内は全面的に撮影可でした。
1Fの入り口近く、写真集が天井から吊ってあり、自由に見る事ができます。
b0069507_2214360.jpg1Fはいくつかのコーナーに分かれています。写真は大きな新聞用紙に、何点かづつ無造作にプリントされています。
使われている新聞用紙、新聞用紙と言っても日本の物より色は少し白いし、厚さも厚いように感じました。
b0069507_2263365.jpg1Fでは、ムービーはこんな風に、投影されています。
b0069507_2273693.jpg小さいコーナーがいくつも続きます。
b0069507_2284632.jpg壁面にも、写真が貼ってあります。
撮影可です。
b0069507_2324321.jpgこれが、この展覧会の図録です。
新聞風です。価格は¥500,-。 もう、とっくに売り切れになっていました。
残念です。
b0069507_2441247.jpg1Fから2Fへの階段の踊り場にもムービーが投影されています。

b0069507_2383519.jpg2F会場です。
壁面には写真が、奥の壁面はムービーを流しています。
真ん中は、手作り写真集や写真集の製作過程の指示書等々が展示されていました。
b0069507_2345441.jpg名作中の名作、The Americansも新聞風の大きな紙にプリントアウトしてあります。
b0069507_2365279.jpg会場にて。

b0069507_2382326.jpg2F会場の中央の作品からです。
1951年にニューヨークで撮影した、ロバート フランクの最初の妻と子。
b0069507_2383067.jpg凄い写真です。

改めて、表現しつづける事の大切さ。写真、映像の面白さを実感です。
毎日カメラを持っている私としては、もっと気づきがなければと思いました。
スマホが普及し、質の良い写真、動画データーが大量に残るようなった現在、優れた編集者がまとめれば、凄く面白い写真展が開催できると思います。
b0069507_2574652.jpg興奮気味で外に出たら、もう真っ暗。
時間的に無理しても来てよかったです。今年、私が見たBestの写真展のひとつになるかもしれません。
明日が、最終日です。
時間のある方は是非是非見にいってください。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-24 07:41 | 写真展 | Comments(0)
東京紅葉見ごろです。 11月21日(月)  5869


b0069507_6353544.jpgこのところ、何日か寒い日があったせいか、東京の紅葉すすみました。
今日は、朝から曇りですが、鮮やかな紅葉が目にしみます。
この木は、私の紅葉標準木、あともう一歩で紅葉完成です。
b0069507_644955.jpg東京は午後から冷たい雨。
表参道の欅は、もう落葉が始まっています。Nikeストアーの前です。
もうすぐ、クリスマスイルミネーションの準備が始まります。
東京の冬の始まりです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-22 07:23 | 写真世界等々 | Comments(0)
東京都心紅葉 11月17日(木) 5865


b0069507_03444191.jpg東京都心の紅葉がきれいになってきました。
11月初旬が寒かったせいで、去年より10日も早い色付きとTVの気象番組…
皇居のお濠に氷がはっていた頃の東京都心の紅葉は、今頃だったと思います。地球温暖化のせいか、だんだん紅葉が遅くなり、今では11月下旬、ともすれば12月初旬が東京の紅葉時期になりました。
ここ十年は、年々秋と春が短くなってきています。
地球温暖化の影響でしょうか?だいじょうぶか、地球?


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-18 07:57 | 日常生活 | Comments(0)