タグ:新人 ( 1 ) タグの人気記事
 門で    7月16日(木)   5242


b0069507_6175577.jpg今日の夜は「公益社団法人 日本写真家協会JPS2015年新入会員展・わたしの仕事」のオープニングレセプションでした。
会場は、新宿御苑前のアイデムフォトギャラリー『シリウス』です。
今年入会した33人の新人(新人といっても、年齢はバラバラです。)の写真展です。
私も、今年は2名を推薦・保証しました。推薦したからといって、100%入会できるわけでは無く、また、推薦したメンバーが入会後、会費を滞納したり、JPSやAPAの個人経営(フリー)のメンバーが入れる文芸国保の保険料が滞納になると、推薦者に連絡があり、会費の督促をしたりします。
結構、大変なのです。
今年は、会場で今回の安保法案強行採決反対の署名活動を「有志」として、していました。
「有志」でするのは、公益社団法人なので、色々めんどうくさい事があるのでしょう。
今回のような事に反応するのはJPS,反応しないのがAPA。どちらが良い悪いではなく、協会誕生のバックボーンが違うのです。
JPSは特定秘密保護法の時にも反応しました。
JPSは元々、ドキュメンタリーや報道のフォトグラファーが多い団体です。
以前だったら、もっとビビットに反応していたと思うのですが、'70 年安保以降、日本が成熟社会になったからなのか、会員が歳をとってきたからなのか、マイルドになってきたように思えます。最近、公益社団法人になってからは、より大人になったようです。
そもそも、公益社団法人とは「一般社団法人のうち、公益事業を主たる目的としている法人で、申請により民間有識者から構成される委員会等で公益性を認定された社団法人のことです。一般社団法人のワンランク上の社団法人」欠格事由は「暴力団員等が支配している法人 ・滞納処分終了後3年を経過しない法人・認定取消し後5年を経過しない法人」です。政府の施策に反対するのは、できない事なのでしょうか?
放送法下にある放送局ではないですが認定という、二文字が気になります。

難しい事は抜きにして、新入会員諸君。
入会おめでとう! 本番はこれからです。!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-07-17 07:54 | 写真展 | Trackback | Comments(0)