タグ:撮影 ( 651 ) タグの人気記事
13 年前・・・ 3月19日(日) 5985



b0069507_135013.jpg部屋のかたずけをしていたら、13年前、2004年の1月号のアサヒカメラが出てきました。
「総力特集デジタル革命 写真家108人の証言」という号です。
コンパクトカメラのフィルムvsデジタルの比率が50%50%になり、カラーフィルムの出荷量のピークだったのは2000年でした。
この号が発売されたのは2003年の12月。その2003年にはカラーフィルム出荷量が2000年比10%減になっています。
2003年はNikon、Canon以外の一眼レフデジタルとして9月にペンタックスがistDを発売、11月にはシグマSD10発売された年でした。
このころは、フィルムをデジタル化する、スキャナーの記事も広告も載っています。
「総力特集 デジタル革命」では、篠山紀信さん、立木義浩さん、竹内敏信さん、水谷章人さん、奈良原一高(故人)さん、長友健二(故人)さん、稲越巧一(故人)さん、織作峰子さん等がデジタルについて語っています。
「診断室」はEos Kissデジタル、NikonはD100、高級機はD2H、D70を発表、Canonのプロ用最高級機はフルサイズの1Dsで1000万画素と連写に重点を置いたAPS-H 850万画素の1D、中級機は630万画素の10Dの時代でした。
2004年1月号の内容は、現在のカメラ業界の状態を予想しているようです。
b0069507_1422132.jpgこの号で、広告写真のデジタルカメラ撮影現場として、私の撮影風景が取材されています。
現場撮影をしてくれたのは、2011年に第6回キヤノンカレンダー写真作家公募でカレンダー撮影作家に選ばれた古市智之さんでした。
内容としてはプルーフプリントで印刷本番前に、印刷時の色がわかる事、モデルさんとのコミュニケーションが楽な事などが、デジタルの利点等と話しています。
印刷時の色がわかるようにするには、エプソンの顔料インクプリンターPM-4000PXとペーパーはピクトリコプルーフペーパーを使っています。
部屋を掃除していたら、マイクロドライブなんて物も出てきたので、一緒に撮影しました。
6GBのマイクロドライブは2005年に発売、128MBのCFカードは2000年に発売されています。
若い人はマイクロドライブなんて知らないでしょうね?

掃除をしていると、古い物がでてきてしまい進みません。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-20 07:30 | 写真世界等々 | Comments(1)
楽あれば苦あり・・・   2月9日(木)  5949


b0069507_6245871.jpgデジタル撮影、撮影が終われば必ず何らかの作業があります。
デジタルカメラで育ったフォトグラファーは、そんなの「あたりまえ」って言うでしょうが、フォトグラファー生活の2/3近くをフィルム撮影で過ごしてきた私には、撮影後の作業は「苦痛」です。
特に、今、続いている企業冊子系の撮影は、色々な現場で撮影します。
広告系の撮影ですと、ロケハンをしてライティングを考え、ディレクターが明確な目的を示し、アシスタントも同行しての撮影となり、ギャラも安くなったとはいへ、少しはいただけますが、企業等のエディトリアル系の取材撮影では、結構大変です。
アシスタント君も、若いフォトグラファーの大きな仕事の方に付けるので、この種の撮影では、全て一人で対処する事が多くなります。ディレクターとの撮影では無く、ライターや編集との撮影で、ロケハンも無く、現場の情報は少ない事も多く、現場での撮影の裁量は大きいので、フォトグラファーとして撮影は楽しいですが、撮影状況によっては後処理の役割も大きくなります。
もちろん、専門のレタッチャーに後処理をお願いする予算は無く、フォトグラファーとして満足する仕上がりにするには、それなりの時間がかかります。プロなので、全体のギャランティーを考えて、ギャランティーに見合う作業にしないと、時給に換算すると、最近人出不足で時給が高くなったコンビニのアルバイト代より安くなってしまいます。モノを作る人間としての良心と、「仕事」としての割り切りのバランス必要です。
やっと、一つ終わりました。明日からはもう一本の作業開始です。撮影から納品まで時間がある仕事なので、助かっています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-10 07:25 | 写真世界等々 | Comments(0)
紅葉散らし・・・  11月29日(火)  5877


b0069507_250447.jpg昨日の東京は、そんなに寒くは無かったですが、昼前から風が強くなりました。
今日の朝、私の紅葉標準木の前を通ったら、風でこんな状態に・・・
紅葉もう少し楽しめると思ったのに・・・
b0069507_2541530.jpgこの写真は、1週間前の写真です。
私のかってな撮影プランでは、少し緑が残っている葉も全部色づいて、それを撮影して、今年の紅葉撮影は終わるはずでした。
世の中、何事も計画通りにはいかないものです。
b0069507_2581140.jpgこちらは、外堀どおり沿いの桜の紅葉です。
風に耐えて残っています。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-30 07:30 | 日常生活 | Comments(0)
久しぶりに2本だて・・・   2月26日(金)  5467


b0069507_7133673.jpg2本立て・・・ 昨日は違うクライアントの撮影が違うフォトグラファーで、スタジオで2本あり、2本め終了は午前3時過ぎでした。
事務所に置いてあった、写真のファンは1本目の撮影で、フォトグラファー岡安君がスカートをヒラヒラさせるために使用したRE-FAN IIです。
この送風機、風量を微風から強風まで、自由にコントロールできる優れものです。
b0069507_7461095.jpg2本目の撮影は、締め切りが迫っていて、少しでも早く撮影したいとの事で、1本目が終了した昨日夕方開始、結局、本日午前3時まで撮影、久しぶりの午前様でした。3時まで撮影しても終わらず、再開は午前10時。
2本目の撮影は、どうしても昨日撮影しなければ間に合わないという事で、夕方から撮影開始。
制作会社さん・クライアントさんも午前3時まで立ち会いました。
フォトグラファーは、アシスタントからフォトグラファーに脱皮しつつある長井君・29歳。若くなければできない仕事です。
本日の朝。長井君のセットを見た、上司池嶋曰く「長井も成長したな〜」
長井君、大阪から出てきて良かったね。これから、スケールの大きな仕事をどんどんして、そのためには、より高い技術と、物事を大きく考える習慣をつけてください。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-02-27 08:48 | 撮影 | Comments(0)
テストのテスト・・・  ラフスケッチできあがり。 9月17日(木) 5305   


b0069507_3235.jpg連休を前に、結構バタバタが続いています。
締め切りまじかの原稿を書いていたら、突然アイディアが出てきて、事務所にいたコーディネーター岡本をモデルにテストのテストシューティング。
21日にテストシューティング(作品撮影)をするのですが、ヘアメイクさんは決まっているのですが、スタイリストさんが今日まで見つからず・・・ 撮影場所もモヤモヤ・・・ 困ったな、どうしようと思いながら、原稿の作業をしていたら、スタイリストさんを使わないで撮影するアイディアが浮かび、忘れないうちに、急いで、ラフスケッチ代わりのテストになりました。
撮影場所は、原宿の事務所にしました。灯台もと暗しです。本番は、岡本の代わりに、モデルさんが入ります。
この写真を、ヘアメイクさんとモデルに送り、イメージを共有して、それぞれがそのパートでのイメージを作ります。
火事場の馬鹿力というのでしょうか、人間、切羽詰まると眠っていた力が出て来るようです。
頭のなかで引っかかっているものが解決すると、他の事もすすみます。テストの後、原稿もあっというまに、終わりました。

実際のモデルは、ヴェローナという事務所のTenです。
height 175
bust 80
waist 58
hips 89
マレーシアのモデルさんです。

岡本ちゃんも、なかなかいけてるけど、本物のモデルさんが入ると、ガラッと変わるのです。(岡本ゴメン!)

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-09-18 07:30 | 撮影準備 | Comments(1)
銀座 少し裏も、変わります・・・  8月6日(木)  5263


まず、忘れてならないには、今日は1945年8月6日に広島に原爆が落とされた日です。
一瞬で、約14万人が亡くなられたと推計されています。
被爆地も広島ですら、今日が「原爆が投下された日」と答えられる人は60%になったしまったようです。長崎は50%代後半になってしまったと報道されていました。
12月8日、8月6日、9日、15日は決して、風化させてはいけない事です。先の大戦で亡くなられた、全ての方に、合掌。
b0069507_6373472.jpgきょう、銀座のキャノンサロンへ行ったら、ギャラリーの斜め前にある新聞開館ビルの解体工事が始まっていました。
このビルの1Fと地下には、飲み屋さんもはいっていて、キヤノンギャラリーのオープニングレセプションの後に、よく行ったものでした。
新聞開館、1966年に建てられた築49年にもなるビルです。銀座3丁目の裏手にあるこのビル、どんなビルに建て変わるのでしょう。
このところ銀座は、外国人観光客の増加、色褪せ始めたアベノミクス、何かとお騒がせな東京オリンピック2020のせいでしょうか、どんどん変わっていきます。
b0069507_6485550.jpgスタジオでは、朝からMASHmanagementのフォトグラファー・小川君が家具の撮影。
スタジオ事務所整備の日といい、今日といい、暑かったですが雨が降らなくて良かったです。
もし、雨が降ったら、この撮影どうなっっていたでしょう?
フォトグラファーと天気は、切っても切れない間がらです。

若手のスティルライフフォトグラファー・小川君の作品はココからどうぞ。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-08-07 07:29 | 写真世界等々 | Comments(3)
Happy meeting  8月3日(月)  5260


b0069507_40403.jpg今日は、打合せ2本。
打合せ、ミーティング、広告系の撮影業界の打合せ回数、多いのか少ないのか、他の業界知らないのですが、「佐藤可士和の打合せ」という本が、売れるくらいなので、打合せ、確認は重要なのです。
大勢の人と制作費そして多額のお金が動くので、どうしても打合せが必要になるのは当然と言えば当然です。
タレントさんが出演するムービー(CM)絡みのPPM(pre production meeting)等では、参加メンバーが30~40人位になってしまう事も・・・
タレントさんの契約料や制作費、媒体料金等で経費が億単位になってしまい、CM効果で売上が伸びれば10億、100億単位になるのですから、打合せも真剣になります。
今日のミーティングは、そんな大げさなものでは無く、3人でのミーティング。
18時30分からのミーティングは、次の作品撮影のモデルさんの顔見せと、撮影プランの打合せ。
ヘアスタイリストのKAZUTO君が紹介してくれたTOMOMI(Satoru)さんと3人で、ビールを飲みながら楽しいミーティングでした。
最初思っていたのと、違う方向になりましたが、かえって面白くなりそうです。それが、良いミーティングの醍醐味です。
b0069507_4361933.jpg16時からは、フォトグラファーであり、出版プロデューサーの小城君とMASHフォトグラファーの池嶋君との打合せ。
写真はLCC(格安航空会社の事ではありません。)についての打合せ中の2人です。
9月に出るこの本は、表紙とあと一つを私が撮影、4P分の企画ページを池嶋君が担当します。
最初は、ヒントを少し提供した私が担当するという話しでしたが、感覚的に使っている私より、チャンと整理して使い込んでいる池嶋君の方が適材と判断しました。今日の打合せで、それが正解だったのが確認できました。
池嶋君、執筆デビューです。

今日の2つの打合せは「良い」打合せでした。「悪い」打合せの後は疲れが、「良い」打合せの後は、心地良い疲れが残ります。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-08-04 07:30 | 打ち合わせ | Comments(0)
今日も元気で撮影です。  6月25日(木)  5222

b0069507_714639.jpgスタジオでは、朝から「預かり」の撮影。
担当は、池嶋君。
「預かりの撮影」というのは、撮影商品を預かり、クライアントさんもデザイナーさんも立ち会わず、打合せの内容を元にフォトグラファーの判断で撮影をする事です。
発注がクライアントさん直で、カタログのなかの商品撮影等の定番的な撮影に多いのですが、フォトグラファーとして、信頼されているからこその仕事です。
広告系の撮影では、定番的撮影が多いのですが、以前に10年近く携わった月刊のビデオ関係の雑誌は、メインのイメージカットも、預かりや、預かり的撮影も多く、これは鍛えられました。
毎月、撮影するものはビデオデッキとビデオカメラ。これを背景や小道具、並べ方、アングル等をフォトグラファーのアイディアで決めて、イメージカットにしていく撮影でした。
当時は、イメージカットは4x5でアオリを使い、部分カットはマミヤのRZで撮影をしていました。
毎月毎月、よくやったな〜 と思います。
b0069507_723133.jpgスタジオの外では、椎の木の余分な枝の伐採作業です。
駐車場の車は避難です。
秋になると、椎の実がなります。結構な料の実が落ちてきます。
だいぶ前には、どこかのお婆さまが、飼ってるリスのために、実を拾っていかれました。
都会の大きな木、手入れにも費用がかかるようですが、大家さんが大切にしています。
夏には、木陰を作ってくれます。この木があると無いとでは、気分がだいぶ違います。
自然は偉大です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-06-26 07:08 | 撮影 | Comments(0)
APA・公益社団法人日本広告写真家協会 第21回アーカイブ作業  5月23日(土)  5190


b0069507_5204782.jpgAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ作業でした。
回を重ねる事、21回めになりました。
ボランティアに参加者してくれたのは、APA会員の佐藤氏、岡野君、新入会員の太田君、前回に続いて京都造形・・・の江藤さん、フリーフォトグラファーの片山さん、アマチュアの岡本君、そして私の7人。これまでの最高人数です。
最初は、岡野君による簡単な座学を10分程からはじまりました。
b0069507_5352258.jpg次は、複写のセットを組みながら四角いものを、ちゃんと四角く写す大切さ、方法のお話し。
b0069507_5381936.jpg本日複写するポスター類のチェック中です。
今日の複写目標は100枚以上。
b0069507_5405067.jpg今日は、2006年〜2008年のポスター類を複写しましたが、この頃から、大判プリンターによる、長尺のポスターが制作されています。B倍サイズにカットをして複写します。現物を保存するので、本当はカットしたくは無いのですが、現在のところカットしないと複写できないので、泣く泣くカットします。
b0069507_555080.jpg本日のメインフォトグラファーは正会員の佐藤氏です。
仕事は、風景撮影が主なのでティザー撮影は仕事では使用しません。
DPP4と格闘中??
b0069507_6391698.jpg何故かVサインのフリーフォトグラファー片山さん。
ボランティア初参加です。
PHaTPHOTのプロ養成講座を経て、フリーのフォトグラファーになりました。
b0069507_6475724.jpg撮影終了したポスター類を北海道・写真の町・東川町への発送のために、綺麗にまとめます。
b0069507_650419.jpg16時少し前に本日の作業終了。
B倍117枚アーカイブ化しました。
7人の人出があると、早いです。
最終的には、1日で200枚ふくしゃできるようになるのが、目標です。
次は、6月下旬に開催予定です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-05-24 07:02 | 撮影 | Comments(0)
フォトグラファーの憂鬱  4月24日(金)  5163


昼過ぎにイタリア人のフォトグラファー ガエタノ君が事務所で、プリント出力。
日本語、日に日に上達しています。
それに伴い、日本の仕事をするようになって、憂鬱が少し・・・
その憂鬱は「感覚」の差・・・
今回は、西洋系外国人モデル選びとポージング・・・
日本のクライアントの西洋系外国人モデル選びと、好きなポージングが、彼と違い、それがイマイチ納得できない様子です。
イタリアでは、選ばれないモデルが日本で好まれ、自分では納得できないポージングの写真が選ばれる事に、わかっているんだけど、なんか納得できないのです。
まあ、それは、外国人が選ぶ日本人の美人と、日本人が選ぶ美人が結構違うな〜と思う事って有りませんか? それと同じです・・・
b0069507_7215883.jpgその辺の事と、広告やエディトリアルのフォトグラファーは、誰のための何の為の写真かを写しているのかを、よ〜く考えて・・・
自分を全面的に出せるのは、アート系のフォトグラファーと、我々のようなプロでは自分の作品しかないのです。と基本の基本をアドバイス。
だいぶ前ですが、私は、フリーになってしばらくして、かつてのBoss・杉木直也に「良い写真ってなんですか?」と聞いた事がありました。
「伏見君、それは簡単だよ、目的に合った写真が良い写真だよ。」と即答。
目から鱗が落ちました。
プロは、クライアントや編集者の目的に合った写真を写さなければ、それに自分の味付けをできなければ、プロではないのです。
もっとも、外国人モデルに関しては、経済の影響が大ありです。
1970年代の中頃、日本では西洋系外国人モデルブームが始まり、それから10年以上、TVCFや雑誌、広告は、猫も杓子も西洋系外国人モデルという時代がありました。その頃は、日本の経済もイケイケドンドン・・・
西洋系外国人モデルへのギャラも、今から比較すれば、必要以上に高額でした。日本は西洋系外国人モデルには良い仕事場でした。西洋系外国人のトップモデルもお金の力で、どんどん日本に呼びました。その時は、良い西洋系外国人モデルがたくさん日本にきていました。
そのうち、彼女彼らは日本、韓国で仕事をするようになり、やがて台湾が加わり、シンガポールが加わり、中国が加わりました。恐らく、今は、中国やシンガポールがメインの市場ではないでしょうか・・・
最近は、日本の経済も回復しつつあるようですが、景気が良くなったとしても、西洋系外国人モデルを必要以上には有り難がらない、大人の社会に70年代よりは、なっていると思うのですが・・・

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-04-25 08:45 | 写真世界等々 | Comments(1)