タグ:原宿 ( 64 ) タグの人気記事
秋・冬の準備   7月19日(水)  6108

b0069507_18145915.jpg関東地方、本日梅雨明け宣言がでました。
42日間の梅雨終了です。
さあ、これから夏本番というのに、我々の業界、とくにファッション関連では秋冬物の撮影真っ最中です。
広告系ファッション撮影で、複数のチームが動いたり、オーディションが重なると色々足りないものが…
本日は、EIZOのモニター3台レンタルです。
広告系はティザー撮影が当たり前なので、ロケになるとPCにモニターは必需品。
デジタル撮影、本格的になると持って行く機材、カメラ、レンズ以外に多くなります。まあ、現像所持って行くのと同じです。
フィルム撮影だったらポラロイドフィルムだけで良かったのに〜
ちなみに、前の箱は小さい缶の飲み物です。
これも、夏のロケには欠かせません。
b0069507_18253561.jpgヨドバシカメラ撮影会、ついこの前、8月の札幌、仙台撮影会のモデルさんの組み合わせを決めたところですが、もう、秋のシーズンの最初の9月10日の京都撮影会のモデルさんの組み合わせを決めなければ…
8月を過ぎると、年末まで4ヶ月、あっというまに暮れになるのです。またひとつ歳をとります。
b0069507_1831817.jpg原宿と車、第2弾です。
今日走っていたのは、ランボルギーニ アヴェンタドール クーペです。
お値段はディーラーのwebで見ると、税込4,317.3万円だそうです。価格的には動くマンションですね。
どういうお方がお買いになるのでしょう? 


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-07-20 07:16 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
 単焦点復活  7月12日(水)  6101

b0069507_61155.jpg今日は、原宿のMASHmanagement事務所でモデルさんのテストシューティング。
ヘアメイクは、クリエイティビティーいっぱいの森君です。
撮影するモデルさんは、ベテランマネージャーさん一押しのモデルさんです。

結果は大満足でした。
b0069507_6121892.jpg本日は、この機材で撮影です。
ヨドバシカメラ撮影会でAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDとパナソニックLEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.を使って以来、単焦点の明るいレンズがマイブームですが、仕事となると、私のジャンルの撮影では、思い切り開放撮影は殆ど無理です。
今日のような、作品・テストシューティングでは自分のおもったままの機材をえらべるので、オリンパスプロサービスからM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROとM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8をお借りして開放撮影にチャレンジしました。
夏の室外では、NDフィルターを使わなければ1.2や1.8というレンズは開放での撮影は、ちょっと大変ですが、室内ならOK。明るいレンズ+画像劣化の少ない高感度デジタルで、フィルムでは無理だった自然光を生かしての照明機材無しの室内撮影ができました。
機材の発達と共に、新しい撮影方法が可能になり表現が広がります。
機材の発達はいいですね〜!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-07-13 06:57 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Hasselblad Japan 7月10日(月)  6099

b0069507_326312.jpg18時過ぎに、MASHmanagementのご近所、ハッセルブラッド ジャパン ショールーム謙ギャラリーへ伺いました。
目的は明日から始まる「金澤 正人 写真展 Avsökning|Blomma  Hasselblad CFVの世界」のプライベートビューです。
b0069507_3373414.jpg金澤 正人氏 は由緒ある資生堂宣伝部のフォトグラファー。
端正な作風は、まさに「写真」です。
今回の写真展は、ハッセルブラッドを使ったBlomma(花)の写真展です。
b0069507_3422715.jpg会場には、今回の撮影に使ったカメラ、ハッセルブラッド503CWに5000万画素のデジタルバックCFV50Cを付けたカメラが展示されています。
赤い皮は特注品です。カッコイイですね〜。
ハッセルブラッドは、私の世代にとっては、あこがれのカメラでした。
長友さんのアシスタントをしていた頃は、ハッセルのマガジンのフィルム交換を何秒でできるかを、アシスタント達で競争しました。たしか十数秒でできたと思います。
独立して4年目だったと思います。ハッセルを買うために、一生懸命働き、中古でしたが500C+プラナー80mmを買った時の事はわすれられません。ハッセルを持って初めて、ちゃんとしたプロになったような気がしました。
ハッセルはある種の勲章です。六本木にあったレンタルスタジオでは、スタジオマンとして勤め上げて退職するときにハッセルブラッドを贈っていました。同じ事をやっている他のスタジオもあったと聞きます。現在こんなにも憧れになるカメラがあるでしょうか?
その後、500EL,120mm,50mm,250mmを買いました。
私のフィルム撮影での経験ですが、逆光撮影での女性外国人モデルの肌の金髪の体毛はハッセルのレンズだと柔らかい感じで表現されますが、マミヤのRZ系レンズではシャープですが針金のような感じで表現されます。また男性の紋付きの黒のトーン、黒い毛皮のトーン等は、ハッセルではギリギリまで潰れませんでした。
最後にハッセルにフィルムを通して何年くらいたつでしょうか?
500ELは電池がダメになったのを潮時に使わなくなり、500Cも遮光幕がおかしくなったまま、使っていません。
今日の金澤さんのハッセルを見て、やっぱりハッセル、それも500シリーズでなくちゃ と思ったのでした。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-07-11 07:25 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
原宿と車 6月28日(水)6087  


b0069507_4133442.jpg一昨日から始めたプリント作業、これからしばらく午後の空き時間を見つけて作業をします。
作業をしながら、外を見ると目につくのが車です。
私の世代は、スマホどころか携帯も、ピッチ(今や死語です。)もない時代。通信費なんていう出費項目は若い子の小遣い帳にはありませんでした。その代わりといってはなんですが、若い男の子のとりあえずの目的は、カッコイイ車を持つ事というのが多かった時代です。それだけに、平均的に車に対する興味は今の若者よりありました。そんな世代の私にとって、事務所の窓から見る原宿の街は、色々な車が通って、面白いのです。
さて、今日もやってきました、マリオカーです。
著作権騒ぎや、警察からの安全指導もなんのその、月に2~3回は見かけます。
利用者は非アジア系外国人観光客が多いようで、1コース¥6,000,-~¥10,000,-程で乗れるようです。
皆さん楽しんでのっています。
b0069507_439533.jpgさて、コチラはベンツです。
ベンツと言ってもただ者ではありません。AMG GTかGTSです。
色々なメーカーの車、そしてベンツがタクシー以外のクラウンより多く見る原宿でも、記憶では多分初めてみました。
お値段は1,600万円代後半から1,900万円代前半まで。
イエローの塗装はAMGソーラービームという有料のオプションで、塗装代は¥1,112,000もします。軽自動車1台分です。!

フェラリー、ランボルギーニ、ベントレー、ポルシェ、アウディ、ジャガー等々、外車ショーのように見られる表参道です。
b0069507_5104484.jpg車をついつい見ながらのプリント作業、今日から本腰テストプリントです。
ピクトリコのサイトからICCプロファイルをダウンロードをして、細かな色調整と部分調整をしながらのプリントをして、評価光の下で一昨日のプリントと比較です。
もう一種類比べたいペーパーがあるので、それにもプリントしてプリント用紙を決めてから、本格プリントスタートです。
「どうしたいか」という明確なものがなくて、手を入れだすと迷宮に入ってしまうプリント作業です。
本日は1時間で3枚プリントして終わりでした。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-29 07:05 | | Trackback | Comments(0)
ink eating machine   6月2日(金)  6061

b0069507_6281970.jpg今日は、プリンターのインク補充です。
Canon Pro10 用インク15個とEPSON A3 複合機用のインク1パックを買いました。
何回買っても、プリンターのインクって、割高感があります。
良い紙を使ってきれいにプリントをすると、インクはどんどん減っていきます。
車の燃費と同じように、インクの消費量も気にしないといけません。
今、MASHで稼働している写真用プリンターはCanon Pro10、Canon PIXUS Pro 9500,EPSON PX5V Ⅱの3台があり、みんなインクをよく食べてくれます。
その他に、事務用A3複合機EPSON M PX5040Fと5041F、OKIのA3カラーLEDプリンター、オーディション用キヤノンA4複合機3台とプリンターだらけです。1年間でどのくらいインク代とトナー代使っていつのでしょう?
b0069507_6292755.jpg夕方、麻布十番商店街を歩いていたら、撮影をしていました。
ひとりのモデルさんを、3~4人のフォトグラファーが撮影しています。規模とかモデルさん、全体の雰囲気からすると、アマチュアの個撮的撮影会にようですが、ヘアメイクさんがついています。そして、フォトグラファー自体のファッションをみると、日本人の感じではありません。中国・台湾の写真好きの人も、結構来日しているようです。
国際的になりました。
b0069507_630162.jpgこちらは、昼の原宿駅前です。
EOSでムービー撮影をしていました。
昼間、私が動き回る地域には、プロ、アマ問わずに、よく撮影をしています。
職業柄、どうしても目についてしまいます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-03 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
やっと見つけた… 5月31日(水) 6059

b0069507_3313716.jpg原宿でのオジサンの昼食事情の悪さを何回もエントリーしたこのブログですが、本日、その問題少しですが解決しました。
表参道と明治通りの神宮前交差点に面した1FにBrooK's CAFEがあるビルの2Fにある北京烤鴨店・原宿店のランチ、美味しくて、お安くて最高です。
本日いただいたのは、麻婆豆腐ランチ。
石鍋にグツグツ煮立った状態の麻婆豆腐とおかわり自由のご飯、スープと漬物、小さな杏仁豆腐、ドリンクバーが付いて、600円です。
麻婆豆腐は、横浜中華街に本店があるお店だけあって、山椒の辛味が効いた本物です。
そして、北京ダックがのったワゴンサービスで、写真の北京ダッグをサービスでしてくれます。このサービスは期間限定でなく、ズーット続けると言っていましたが、店員さんが中国の人なので、こちらの質問が正しく理解できたかは、不確かです。
ランチは、雲呑麺+炒飯、担々麺+炒飯等もあり、こちらは¥850です。。
b0069507_4222796.jpgお店には、調理前の北京ダッグが吊るされています。こういうのが弱い人には向いていません。
オープンしたのは、昨年12月5日。お店は気づいていましたが、ランチメニューがあるのを知ったのは、今日なのです。
お店は、ガランとしていて無駄な装飾は無く、以前北京で行った北京ダッグ専門店と似た感じです。
北京ダッグ、一羽まるごとは¥9,000で約10人前。まるごと一羽色々調理してくれるそうです。
そして、このお店の売りは、¥2,980で北京ダックと全106種の本格中華食べ放題。
一度、トライしてみようと思います。
安くて美味しい昼食の午後は、幸せな気持ちでお仕事もはかどりました。単純です。
ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-01 07:29 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
原宿駅近況 5月30日(火) 6058

b0069507_539168.jpgJR原宿駅が2020年の東京オリンピックに向けて、改築工事が決定したとの報道があってほぼ1年。工事は着々と進んでいるようです。
MASHmanagementの事務所が入っているコープ・オリンピアにも、夜間工事のお知らせが度々届くようになりました。
昼間、原宿駅を乗り降りしていても工事をしている様子は全くありません。それはそうですよね。4時39分の始発から、午前1時4分まで電車は走っています。電車運行に支障が出そうな大きな工事は、この4時間35分の間にやるのでしょう。
新しい駅舎は、明治神宮側にできるようなので、その工事は昼間でもできそうです。
b0069507_445462.jpg昨日の原宿駅です。
大きなクレーンが立ちました。これが、お知らせにあった360tクレーンというのでしょう。
まだ、行く末が決まっていない木造駅舎側は何の変化も無さそうですが、表参道口にあった緑の窓口は1月31日に閉鎖されてしまいました。同じく表参道口にあったJR系のNewdaysというコンビニは工事のため昨年閉鎖されてしまいました。
緑の窓口閉鎖は、合理化なのか新しい駅舎ができるまでなのかは不明です。その代わり、新しい自販機が設置されましたが、駅員さんと相談しながら切符が買える緑の窓口の方が断然良いです。
いずれにせよ、現在は基礎工事の段階。これから目に見えるような変化が起きるのでしょう。
b0069507_5411567.jpgそして、もう一つ大きく変わるのが駅のまん前。2020年春オープンを目指して、新旧の原宿アパートメント2棟を解体して新たな商業・住居施設を作る工事の解体工事がだいぶ進みました。
2020東京オリンピックの時には、原宿駅周辺は大きく変わります。

それにしても、今日も暑い原宿でした。
外国人観光客は夏のかっこうで歩いています。
日本には、初夏という季節があったはず… 気候変動は恐ろしいです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-05-31 07:30 | 原宿 | Trackback | Comments(0)
ちょっと珍しい・・・ 5月24日(水) 6052

b0069507_4135491.jpg今日の午前中は、午後からの撮影に向けてセット組。
ごく一般的な、バック飛ばしの人物撮影セットです。
メインライトの位置は、まだ決まっていない状態です。
b0069507_4221948.jpg夕方、原宿では最近ではちょっと珍しい、白人系外国人の団体旅行御一行が… それにしても、皆さん左を見ていますが、いったい何を見ているのでしょう? 気になります。
このグループ、体型、着ているものの趣味等で判断すると、アメリカの地方都市あるいはその周辺地区からのグループでしょうか?
Have a nice trip!!

私が小さい時に、たまに見る外国人は殆ど駐留米軍関係者だったような気がします。外国人=アメリカ人みたいな刷り込みができてしまいました。
みんな背が高くてスラッとしていた印象が残っています。
それが壊されたのは、70年代中頃にハワイにアシスタントとしてロケに行った時。
白人の凄い太めの女性達を見てからでした。ビックリしたのは、そのオバチャマ達が食べている、パフェの大きさでした。まだ、ダイエットなんて、殆ど言われていなかった頃でした。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-05-25 07:30 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
祝・三冠 オリンパス 5月22日(月) 6050 

このところ、毎日ぶら下げている、オリンパス OM-D E-M1 MkⅱとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが2017カメラグランプリの「カメラグランプリ2017大賞」「レンズ賞」「あなたが選ぶベストカメラ賞」の三冠を受賞しました。
先ずは、めでたい事です。
選ばれたレンズは 12-100mmは言うこと無し、ボディーはまだまだ改良して欲しい点もあります。
その他、オリンパスだからという事ではなく、ミラーレス全体に言える事ですが、ミラーレスの特徴を生かして、AFの追従性や連写性能は、一眼レフより優れたカメラを各社が発売しはじめましたが、一眼レフでは難なくこなせるシチュエーションでも、ミラーレスだと難しい事があるのも事実。
電子部品はどんどん性能が上がっています。やがては解決されると思いますが、それまでは一眼レフは手放せません。b0069507_04453350.jpg

そんな、OM-D E-M1 MkⅱにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを付けたカメラをぶら下げて、ランチに行きました。
原宿、竹下通りです。
いつ行っても凄い人です。
非アジア系の外国人も多く、雑多な感じと、今日の暑さは、バンコクのカオサンロードを連想させる、今日の竹下通りでした。
b0069507_04544797.jpg
ランチと書きましたが、日常のオジサンの昼ごはん、そんな洒落たものではありません。昼飯です。今日は「なまるうどん」でした。
竹下通りの真ん中になるので、人混みをかき分けて行くのが、時には面倒ですが、オジサンの数少ない食事処@原宿なのです。
蕎麦好きなのですが、原宿には立ち食いそばどころか、大衆的な蕎麦屋さん等はありません。(高級蕎麦屋さんはあります。)


本日いただいたのは「塩豚おろし、ぶっかけの冷」です。
b0069507_561656.jpg原宿の名物はクレープです。
竹下通りにも何件かあります。
今日、思ったのですが、これってボリュームもあるので、昼食になりそうです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-05-23 07:12 | カメラ | Trackback | Comments(0)
コピーの力。   5月20日(日)   6049

広告に欠かせないもの、それはコピーです。
コピーといっても、複写の事ではありません。
広告の文章の事です。
ヘッドコピーにボディーコピー。
広告は写真がなくても、イラストがなくても、コピーがあればできるのです。
そのコピーをつくる人が、コピーライター。
「ほぼ日」の糸井重里さんだって、作家の林真理子さんだって、元々はコピーライターでした。
コピーライターから、CDやディレクターになる人もいます。
コピーライターは広告の「肝」だと思うのです。
写真も、コピーひとつで「意味」づけられてしまいます。
広告だと、それでよいのですが、報道写真だとコピー、報道の場合は写真説明の文章で、違った方向の意味を持ってしまう場合があり、とんでもない事になる場合も… このへんは丸山真男さんが「イメージの一人歩き」という事で、いろいろ論じていらっしゃいました。
フリーになって数年の頃、仕事で出会った秋山春男さんというコピーライターの方が、私の写真を気にいってくれて、いろいろ助けてくれました。きょうも古い話で恐縮ですが、ゴソゴソかたづけていたら、秋山さんに助けていただいた作品が出てきたので、ご覧になってください。コピーライターの力、想像力って凄いとおもいます。
b0069507_2244543.jpg大人の小言は、決まってる。「遊んでばかりで、どうする気!」
「悪い友達、できたんじゃない?」「おとこのくせにちゃらちゃらして!」
でもね。若者は、いつだって爆弾みたいに生きている。
危なかしくて、限度がなくて、真面目なことでもふざけっぽい。
だらしなく見える服装も、素肌に香るシャワーコロンも、みんな、みんな、若い心の合い言葉。
お父さん、お母さん。こんな息子で、ごめん。

毎日広告デザイン賞の一般公募作品 特選3席 第1部広告主課題の部を頂いた作品です。
アシスタント時代、休みの日に原宿に集まるロックンローラーを写していました。
その写真を秋山さんに見ててもらったら、こんな広告をつくって応募して、結果として特選3席。
CD,Dは秋山さんの会社の若いデザイナーの中村君。
秋山さんは当時40代なかば、受賞式で「秋山さん、まだ授賞するの、若いね」みたいな事を言われていました。
秋山さんは若い頃は受賞歴がたくさんあるコピーライターだったのです。
若い2人を、秋山さんは、育てたかったのでしょう。
b0069507_2293348.jpg観るものが、何もないから
額縁だけ見て帰った、展覧会。

読むものが、何もないから
煙草1本だけ喫って帰った、図書館。

聴くものが、何もないから
見知らぬ人に恋をして帰った、音楽会。

私の、きょう1日の
生活は、以上です。

フリーになって、1年間モデルさん2人をポラロイド8x10で写していました。
ポラロイド8x10フィルムは日本ポラロイドさんに協賛していただきました。(そうでなければ、とてもできません。)
写真展を開催する事になり、その写真も秋山さんに見てもらい、DMのディレクションをお願いしました。
DM用に数点選んだなかからの1枚に、コピーをつけてくれました。
思ってもみなかった、イメージが膨らむコピーで、おどろきました。

秋山さん、どうしているかな〜


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-05-22 07:35 | 写真 | Trackback | Comments(0)