タグ:写真 ( 411 ) タグの人気記事
Break Time ⅹ  4月30 日(日) 6028
b0069507_2472999.jpg
Untitled



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-05-01 06:21 | 写真 | Trackback | Comments(0)
今日は2009年が中心・・・   4月29日(土・祝)   6027

本日は、月1回のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブデーでした。
広告写真は消費される写真です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品は、我々フォトグラファーがアーカイブしなければ残りません。
「広告は時代を写す鑑である。」現在リニューアル休館中の東京汐留のアド・ミュージアム東京に掲げられていた言葉です。
我々が制作に協力した広告作品は、時代を経るとそれを制作した時代の様々な情報を得る元にもなります。その情報は、今の我々には想像もできないものかもしれません。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役にたちたいと思います。
その、第一歩が広告作品の複写によるデジタル化です。
デジタル化したオリジナルポスターは、写真の町・北海道・東川町が保管をしてくれます。
コマーシャルフォト誌の協力で2012年9月から開始したこの作業、これまで3600以上の作品をデジタル化し、3400以上の作品を東川町が収納してくれました。

b0069507_3135959.jpg本日は、長尺デーでした。
デジタルになって、印刷ではなく大判プリンターを使った「出力」といわれる、プリントによるポスターが作られるようになりました。
印刷ですと、印刷機と印刷用紙の制約で印刷できる大きさの規格は決まっていますが、プリントだとその自由度は高まります。
大判プリンター用のロール紙を使った長尺ポスターが、2000年代の初期の頃からでてきました。
長尺ポスターの複写には、人手が必要なので通常は避けているのですが、今日は参加者が多かったので、たまっていた長尺ポスターの複写をしました。本当は長いポスターを切らずに撮影したいのですが、撮影装置の都合上、B倍サイズに切って撮影するしかありません。
写真は、本日一番長かったポスターです。B倍4枚分、1.03mX5.824mのポスターです。
b0069507_412653.jpg撮影順番待ちのポスターです。
本日は2009年のポスターが中心です。
最初は、デジタル化したポスター類は捨ててしまう予定でした。ところが、作られた年代や技術で「紙」といっても多種多様で、オリジナルを残す必要性を感じました。
特に「出力」用紙は、紙の厚さ、光沢、マット、半光沢と様々です。
問題は、オリジナルを保存する場所です。そこに名乗りをあげてくれたのが、北海道の写真の町・東川町でした。
b0069507_49552.jpgAPAが既製の製品を改良してつくったB倍複写装置です。
ホワイトボードのように見えますが、静電気で紙が貼り付くようになっている装置です。
静電気だけでは貼る力が弱い場合は3Mの両面テープ 561Wの力をかります。
本日は88枚をデジタル化しました。
b0069507_4235410.jpg作業をするとお腹が空きます。
お昼は、いつも近所のバーミヤン。
本日は、4月13日〜5月10日限定の「しっとり赤身のローストビーフまぜそば」をいただきました。
これで税抜¥799,- 満足です。ついでにビールも飲んでしまいました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-30 07:14 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
アシスタント募集です。  4月24日(月)   6022

MASHでは、アシスタントフォトグラファーを若干名募集します。
甘い言葉で誘う気はありません。修行のできる方を募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影60%、人物撮影40%です。経験は問いませんが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
人にもよりますが、約3年間のアシスタント生活を終了後、MASHのフォトグラファーになるもよし、フリーランスフォトグラファーになるもよしです。
待遇は以下ですが、必ず「アシスタントの覚悟」を読んでください。


募集職種:撮影アシスタント
募集人員:若干名
仕事内容:撮影助手。スタジオ・機材の維持管理。
資格:26歳位まで(経験不問)。学歴不問。国籍不問(不法滞在で無い事。日本語でコミュニケーションができる事。)
大学卒業程度の学力または写真専門学校卒業程度の写真、カメラの知識、要普通自動車免許。
免許を持っているだけで無く実際に運転できる事。
給料:¥180,000,- 交通費支給。21時以後夕食補助有。
賞与:業績に応じての金額
勤務日:月〜金。土日、祝日休み。夏期、年末年始休暇有。休日出勤の場合は代休。2年め以降有給休暇有り。
勤務時間:原則9:30〜18:30  ロケーションの場合早朝出勤あり。
社会保険完備
※保証人必要。
応募方法: メールで履歴書、職務経験がある人は職務経歴書もお送りください。後日面接日をお知らせします。

履歴書 等送り先、問い合わせ先。info@mash-jp.net


アシスタントの覚悟
by mash_boss | 2017-04-25 07:27 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
お勉強 4月7日(金)6004

b0069507_5483020.jpg今日は、撮影が無いのでアシスタントの堀内が、自習です。
昨年の12月に、前任の長井君の後任で入社した、堀内は農学部で造園を学び社会人になり、写真の道に入ってきました。
アシスタントになり4ヶ月、見るとやるとでは大違い。
実際に撮影をすると、アシスタントの仕事もグンと成長します。
前任の長井君は、この4月から故郷の大阪でフォトグラファーとして活動を始めました。
b0069507_6545867.jpg18時からは、今日から新宿エプサイトギャラリーで始まった、JPS・公益社団法人日本写真家協会とエプソンの共同企画写真展「第2回JPS会員によるプリント競演展 我が絶景」のオープニングレセプションに出席しました。
「2年目の今回は統一したテーマに基づく作品創りを6人のJPS会員作家が自ら制作したプリントと共に披露します。 JPS会員作家が捉えたそれぞれの「我が絶景」をご覧下さい。」という写真展です。

会場:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
会期:2017年4月7日(金)~4月20日(木)10:30~18:00
(最終日は14:00まで)
休館日:日曜日
b0069507_6555553.jpg今日の桜です。
写真展2次会で行ったライオンの期間限定・桜ハイボールです。
ハイボールの中に、桜の花が入っています。
日本人、桜好きです。かくいう私も桜、大好きです。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-08 07:02 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
Break time Ⅷ 3月26日(日) 5992


b0069507_03322002.jpg
冬に戻ったような、冷たい雨の日曜日でした。
不思議にどこで写したか忘れてしまった写真です。
でも、気になる写真です。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-27 07:36 | 写真 | Trackback | Comments(0)
できました。  3月1日(火)   5968


b0069507_5102882.jpgここ何ヶ月か編集作業を行っていた、年に3回発行されるJPS公益社団法人・日本写真家協会会報164号ができました。
今号は、
追悼・石原悦郎-写真に捧げた人生。
第10回フォトフォーラム「写真はこれで良いのか? 撮影のモラルとマナー」
等々です。
JPS会報は、JPS会員、賛助会員、官公庁、マスコミ、著作権関係、教育関係、写真業界団体等に配布されます。
b0069507_5263398.jpg本日は、3名が仕事で欠席しましたが、このおじさん達がJPS会報を編集しています。
全員フォトグラファーです。
スポーツ写真家、アート系の写真家、ドキュメンタリーの写真家、建築写真家、元編集者の写真家、写真学校の講師の写真家、香港をベースにアジア全体で活動する写真家、アフリカ撮影が中心の写真家、写真誌を中心に活動する写真家等、多士済々です。それに、広告系の私が加わります。
広告系の写真だけを写していたら、経験のできない事を学べ、写真の多面性を知り、感じられるので編集委員を続けています。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-02 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
Break timeⅠ 1月23日(月) 5932


b0069507_3115352.jpgこのところ、トランプさんに振り回されたのでブレークタイム。
「写真箱」をひっかきまわして選びました。

最近、都会の猫少なくなりました。
ノラ猫、都会に残る数少ない野生だったのに。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-24 07:28 | 写真 | Trackback | Comments(0)
写真の力   1月16日(火)  5925


b0069507_1583193.jpg今日の昼、JPS・公益社団法人日本写真家協会前会長の田沼武能さんの個展「ふる里悠々 武蔵野日記PartⅡ」を拝見しました。
この写真展は、四谷のポートレートギャラリーの新春企画展です。毎年1月5日にポートレートギャラリーの新年会としてオープニングパーティーが開かれるのですが、今年は参加できなかったので、きょう伺いいました。
1964年からライフワークとして撮り続けている武蔵野の写真の近年分、約60点の写真展です。
大先生に大変失礼な言い方ですが、正直、本当に良い写真展です。
力む事無く、まめに丁寧に、自然に、そして優しく武蔵野を写されています。それでいて「写真の力」がハッキリわかる写真展です。
この写風、お歳のなせる技ではなく、浅草生まれ浅草育ちの「粋」というものなのでしょうか?
ギャラリーにいらした先生に「まめに写されているんですね〜」とお話したら、「会議の前に写していたんだ」と、いたずらっぽくお答えになりました。
ギャラリーにいらした田沼先生を、1枚写させていただきました。
今年米寿の田沼先生、いつまでも写し続けてください。
b0069507_25743.jpg田沼先生から、写真展の図録というのでしょうか、作品のなかから選んだ8点のプリントセットをいただきました。

ご紹介が遅れてしまった「ふる里悠々 武蔵野日記PartⅡ」、1月18日(水)15時までです。
お見逃しなく。
ポートレートギャラリー
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-12
日本写真会館5F  TEL 03-3351-3002
開館時間 午前10時~午後6時・開催期間中無休(最終日午後3時終了)



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-17 07:28 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
復習大切です。!!   11月20日(日)  5868


b0069507_303847.jpgこんな本を頂きました。著者は宙玉レンズの上原ゼンジさん。
デジタル写真の諸々の知識、私のような、勉強嫌いで、その上非数学的頭の持ち主で、実践上で覚えたり、周りにデジタル画像処理の凄い人達がいて「門前の小僧習わぬ経を読む」的に覚えた人間にとって、基礎を確認し再チェックをするには、とても良い本です。何事も、基礎がしっかりしていないといけません。今になって、復習の大切さを感じます。
タラレバの話になってしまいますが、小学校、中学校時代に予習・復習がちゃんとできていれば、人生変わっていたかもしれません・・・

著者の上原ゼンジさんと、監修者の庄司正幸さんとは、今から12年程前にAPA・公益社団法人日本広告写真家協会が主体となって作った「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」2004年版と。その後の2007年版という小冊子の制作に関わった時にご一緒しました。
私は、APAの役職上名前を連ねただけなのですが、その他の皆さんは、デジタル撮影、印刷のエキスパートで、お話をきいているだけで、勉強になりました。
上原さんとは、その後、NPO法人 日本の写真文化を海外へプロジェクトの写真展でお会いし、その時に宙玉レンズを見せていただきました。
「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」は、sRGBかAdobeRGBか、RGBかCMYKか・・・ デジタル写真が一般的になってきた頃、今では考えられない、デジタル撮影による印刷上の色のバラツキが出ていた時期があるのです。それを、編集者やデザイナーから、みんなフォトグラファーのせいにされてしまう「暗黒」の時期が少しだけあったのです。何でもかんでもフォトグラファーのせいにされてはたまらん、ちゃんとしたワークフローを作って、デジタル撮影時にフォトグラファーのやるべき事を決めようと、フォトグラファー自身にと、後工程の作業する方達に提案した、ガイドブックです。
その後、わずか10年でフィルムは殆どなくなり、写真=デジタル撮影になり、色もちゃんとでるようになった現在です。
「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」基礎中の基礎として、今、当たり前に行われている事が書かれています。
デジタルカメラでフォトグラファーになった方は、一度ごらんになるといいかもしれません。

「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」
2004年版はココからダウンロードできます。
2007年版はココからダウンロードできます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-21 07:29 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
こんな本見つけた・・・ 11月16日(水) 5864


b0069507_327174.jpg今日の夕方は、JPS・日本写真家協会 の会報誌編集委員会でした。
JPSには、いろんな本が送られてきますが、本日の編集会議で一番話題になった本がこれ・・・
適当なハウツー本だと思って、パラパラめくってみたら、あに図らんや結構面白い本でした。
見積もりの書き方や、営業ツール、経理関係まで紹介されていたりして、本格的です。
出版社は、日本で唯一の広告系写真の月刊誌として歴史も長い「コマーシャルフォト」を出している玄光社。
本屋さんの事実用書の棚に置いてある種類の本とは違いました。
但し、間違ってはいけないのは、この本が役にたつのは、いい写真が撮れる事が前提です。
いい写真が撮れない人、写真のセンスが無いのにフォトグラファーになりたい人が、この本を読んでいくら頑張っても、ちょっと無理だとは思います。その辺の塩梅がちょっと難しい。
反対に、凄くいい写真が撮れる人は、私のこれまでの経験から言える事は、いろいろ熱心で集中力も行動力もあるので、このような本が無くても、フォトグラファーになっているかもしれません。
フォトグラファーになりたくて、この本を読んむ若い人たちは、著者が写真新世紀で優秀賞をとった青山裕企さんだという事を、ゆめゆめ忘れないようにしてください。
特に、感性を元にフォトグラファーになろうとしている方達、努力をしても無理な事がある、なりたい事となれる事は違う世界なのです。
青山さんだからこそ、スタジオライティングなんて知らなくてもスタジオの人に聞けばいい・・・  なんて言えるのです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-11-17 07:31 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)