タグ:フランス ( 3 ) タグの人気記事
修正済みです。 10月11日(水) 6191

b0069507_04164379.jpg広告写真系撮影には無くてはならないツール、ドキュメント写真系にはあってはならないツールPhotosopに代表される画像修正に関して、フランスからニュースが…

フランスの官報の10月1日付けに「フランスで出版やネット上での公開またはポスターやカタログなどで使用する写真において、その写真が画像修正を行われている場合は、その旨明記しなければならない法律が10月1日から施行さる。」と掲載されたとの事です。
2017年10月1日以降はモデル等に施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記する義務があり、罰則規定もある強制力のある法律のようです。
日本でも、だいぶ以前に経産省が化粧品のポスター等には、画像修正してある事を明記しなければならいという規制をするという噂がながれましたが、その後、沙汰止みになったようです。

私がビックリしたのは、何年か前に世界報道写真展に出品された多くの作品が画像処理をされていたというニュースです。
自分自身が広告系フォトグラファーなので、広告写真は何でもありという事はしょうがないな~と思っていますが、ドキュメント、報道写真は真実を伝えるという矜恃のもと、画像処理なんかはしないと信じていただけにショックでした。

その後、世界的な通信社は画像処理を見抜くソフト等を開発、使用して処理をチェックいるようです。
報道写真の画像処理問題の詳しくはココからどうぞ。少し長いですが問題がわかります。
報道・ドキュメント写真だけは、あのトランプ大統領から「フェイクだ」なんて言われて欲しくありません。

フランスの画像処理明示義務の影響、世界にどう影響するでしょうか?
注意して見守っていきたいと思います。



by mash_boss | 2017-10-12 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
増床準備 7月14日(金・パリ祭) 60103

b0069507_04294952.jpg今日はパリ祭です。
私の世代でも、あまりピントきませんが、1950年代の日本では、シャンソンが結構流行っていて、シャンソンの祖国フランスの革命記念日をパリ祭として日本でも祝っていた時期があったようです。美輪明宏さんが、丸山明宏でシスターボーイで人気をはくしていた頃なのでしょう。
なんでも、フランス以外でパリ祭が盛り上がっていたのは、遠い東洋の日本だけだったとか。
銀巴里も無くなり、シャンソンも下火になり、パリ祭?になり、不思議なパリ祭現象も全くなくなりました。
フランス革命の結果、ラ・マルセイユズがフランス国歌になりましたが、歌詞に「首をかっ切れ」とか「血塗られた軍旗」とか、結構きつい歌詞の国歌って他の国では無いのではないでしょうか?
フランス国歌で印象に残るのは映画「カサブランカ」のなかで、ドイツ軍歌を遮るようにラ・マルセイユズを歌うシーンです。
カサブランカのハンフリー・ボガード、かっこいいです。イングリッド・バーグマンきれいです。フォトグラファーのロバート・キャパとイングリッド・バーグマンは一時いけない関係にあったそうで、キャパはもてたのですね。

b0069507_03585531.jpg市ヶ谷のスタジオはそのままに、スタジオの上にあった事務所をご近所に移転する事になりました。今日と、明日で床の工事をして、来月には新しい事務所が使えるようになります。打ち合わせスペースも、レタッチスペースもあります。
電話番号等はかわりません。

b0069507_04431325.jpg夕方、原宿の事務所にスタイリストの依りちゃんが来ました。お酒好きの依りちゃんと岡本でさっそく「酒盛り」に… 私は、車の運転があるのでパス。

二人とも旦那様募集中です。
今日、急にだれかいないかと、言われたって、困ってしまいます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-07-15 07:20 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
いつも元気な山岸さん。 3月17日(金)5983  



b0069507_2422087.jpg今日は、13時から17時までAPA・公益社団法人日本広告写真家協会の会議集中日でした。
会議が終わり、頭も肩もコリコリになって向かったのは、新宿オリンパスギャラリーのフォトグラファー山岸伸さんの写真展「瞬間の顔 Vol 9」のオープニングレセプション。
山岸さんのパワフルさには、いつも頭が下がります。
山岸さんとお近づきになったのは、亡きボス長友健二さんを通してでした。もう四半世紀前になります。長友さんからの、弟子たちに山岸伸という元気なフォトグラファーがいるぞ、お前たちも頑張れ!というメッセージでした。そんな山岸さんが、慢性骨髄性白血病をカミングアウトして8年。その他の病気もかかえ、自分で病気のデパートなんて言いながら、人を元気にさせるパワーを周りに発射し続ける山岸さんって本当に凄いです。
残念ながら、別の約束もありレセプションは少し早めに失礼しました。
山岸さん、今年もヨドバシ撮影会よろしくお願いします。
b0069507_36374.jpgレセプションを抜け出して向かったのは、人形町の人気フランス家庭料理のお店「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」。
年に2回程のペースで開かれる、お世話になった、昔のクライアント旧日本ポラロイドOB・OGの何人かとの食事会。今も、同じ写真業界のメンバーもいます。
ハワイ在住の姉御的OGが日本に帰ってきた時に開かれます。このお店での開催は2回めです。
始まりの時間より40分程遅れての参加。お腹ペコペコで頼んだのは熱々のエスカルゴ。
なんでも食べて、特別な好物はないと自分では思っていますが、エスカルゴは好きなお料理です。
若い頃、サイパンにロケに行った時に大きなカタツムリがたくさんいて、これって食べられるのかな~ と思ったので、エスカルゴ結構好きなのかもしれません。
エスカルゴを食べた後に、残ったガーリックの効いたソースをバケットに染み込ませて食べるのは最高です。
b0069507_3334690.jpgこちらは、オニオングラタンスープ小サイズです。
こちらも、熱々です。
とろけそうな玉ねぎとチーズと半分は歯ごたえが残り半分はスープが染み込んで柔らかくなったパン、寒い日には本当に温まります。(でも、今日はそんなに寒くはありませんでした。)
今日、シェアしていただいたのは、パテ、チーズ盛り合わせ、エスカルゴ、鴨のロースト、ミートソースとマッシュポテトのグラタン、オニオングラタンスープ、Wエスプレッソ、しっとりしたチーズケーキ、お酒は白ワイン1杯、ハートランド生ビール1杯と少なめでしたが、すきっ腹に飲んだのでききました。
居酒屋ばかりでなく、時々はこういうお店も良いものです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-18 07:07 | 写真展 | Trackback | Comments(0)